高田 延彦。 高田延彦、安倍政権の拉致問題対応「当事者意識ない」フォロワーは「美しい国を逆から読むと…」/芸能/デイリースポーツ online

向井亜紀の旦那・高田延彦との双子の子供は代理出産!二重国籍の理由がヤバい!?戸籍と名前と年齢と学校は?【画像】

高田 延彦

元格闘家でタレントの高田延彦が7日、自身のツイッターを投稿。 北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親で拉致被害者家族会の初代代表の横田滋さんが5日に亡くなったことを受けて拉致問題についてつづった。 「拉致問題解決に関しては安倍さんならやってくれるだろうな、なんてかなり期待をしていたけど、言ってるだけでやってる感がまったく伝わって来なかった、もちろん今もね。 罪づくりな人だよね。 」と拉致問題解決に向けての安倍政権の対応を批判した。 その上で、「当事者意識がないんだろうな、コロナ対策しかり。 あの方確か美しい国へとか言ってたっけ?どうした日本だよ。 」と記した。 コメント欄には「安倍は拉致被害者を政治利用してたんです。 蓮池透さんが実情を話されています。 」「高田さん、うつくしいくに(美しい国)は逆から読むと、にくいしくつう(憎いし苦痛)ですよ。 」などの声が寄せられている。

次の

高田延彦は総合で弱かった?前田日明との不仲理由など紹介【RIZIN】

高田 延彦

提供 出産会見で喜びの表情を浮かべる高田と向井(2004年1月15日) 照りつけるような太陽に、カラリとさわやかな風。 8月中旬でも、ジメジメとした日本の夏とは違い、のんびりとした空気が流れている。 アメリカの風光明媚な海岸線から車で数十分ほど離れると、住宅地に出る。 その一角にある高校は寮を備え、留学生も学びやすいという。 その平日は、高校に新入生が初登校する日だった。 校舎に吸い込まれていく生徒の中に、高田延彦(57才)と向井亜紀(54才)の双子の長男・万里くん(15才)の姿があった。 「入学するには特別に高い英語力が必要なわけではありませんが、相応の学力と規律正しい生活態度が求められる。 「バンリ・タカダは今春、両親と学校に来て、面接のみの入学試験を受けました。 友人家族の紹介もあったそうです」 ただ、記念すべき入学の日に、両親の姿はなかった。 高田家の知人はこう話す。 「代理母の出産で、あれだけ世間の注目を集めた双子ですから、本人たちが変に意識しないで伸び伸びと生活できるように、ご両親は本当に慈しんで育ててきました。 ただ、出産の経緯もあり、2人は『日本国籍』だけでなく、『アメリカ国籍』も持っています。 1994年に高田と結婚した向井は、2000年9月に妊娠と子宮頸がんが同時に発覚し、同年11月、子宮の全摘出手術を受け、胎児も失う悲しみを味わった。 出産ができない体になった向井は、戸惑いから高田に離婚を持ちかけたこともあった。 しかし、向井は「愛する人の遺伝子を残したい」と、2002年から代理出産に挑み始める。 2度の失敗を経て、3度目の挑戦で妊娠に成功。 2003年11月、当時31才のアメリカ人のシンディ・ヴァンリードさんが代理母として、アメリカで双子を出産した。 翌年1月、帰国したふたりは満面の笑みで会見を開いた。 双子の写真を掲げ、《万里 結太》の名前を書いた色紙を披露した。 夫妻の逡巡と決断や、母体になる母親のリスクなどが話題になり、日本中の注目を集めて誕生したベビーだった。 日本の法律では『出産した女性』しか母親とは認められず、向井さんのケースでは、出産したシンディさんが実母であり、生まれた子供たちの国籍もアメリカでした」(全国紙社会部記者) 実際、日本の役所は向井を母とした出生届を受理しなかった。 壮絶な出生秘話をオープンにしてきた向井は2009年に、「特別養子縁組」(養子となる子供が実親との法的な親子関係を解消し、実の子と同じ親子関係を結ぶ制度)の成立を公表。 ブログに喜びの声とともに、《今は日本とアメリカの重国籍ですが、21歳までにどちらの国籍にするか、本人が決めることになるでしょう》と綴った。 「長年住んでいた豪邸を売却し、引っ越しされたんです。 お子さんが中学2年生という半端な時期だったので不思議に思いました」(近隣住人) 2人は都内の自宅近くの幼稚園に通い、小中学校も地元の公立学校を選んできた。 「お受験させなかったのは、友達が近所にいたからです。 仲のいい友達と学校生活を送ってもらいたいと考えたようです」(前出・高田家の知人) 双子は何かと比較されやすいが、向井はその点にも気を使っていたという。 「それぞれ得意分野を生かせるようにと子育てをしてきた。 「昨年1月、丸岡いずみさん(48才)が代理出産した時も、向井さんは次男の結太くん(15才)と一緒にニュースを見て、代理出産について話し合った。 彼らは「二重国籍」を持つ。 成人する頃には、「どちらかの国籍を選択しなければならない」という決断も迫られている。 「留学は本人たちが行きたいと希望したんです。 中学2年生の時にサマースクール(夏休み期間だけの特別な短期留学プログラム)に行ったんですがそれから(アメリカへ)行きたくなったみたいで、卒業前の中学3年生の途中から2人一緒に学校に入学しました。 去年は9年生(日本でいう高校1年生)なので入学式に出席しましたが、今年は10年生なので行きませんでした。 それで1年が経ち、2人があまりに仲よしでつい日本語で話をしてしまうので、1年間は別々の学校に通ってみてはどうかと。 結太はそのまま学校に残って、万里は違う学校に行ってみたんです」(向井・以下同) 一方で、今春、日本で通っていた中学校の卒業式にはそろって出席した。 卒業アルバムにも載せてくださいました」 大学も海外が考えられる。 悩み抜いた末に国籍の選択もアメリカになるのだろうか。 「本人たちは今はすごい楽しいけれど、大学は日本に行きたいって言っています。 ただ、これからだとは思うんです。 進学のことは正直わかりませんし、いつ戻ってくるかわからないです。 留学も本人たちが決めましたし、進学、国籍の選択も本人たちに任せようと思っています」 双子の代理母であるシンディさんとは、今も連絡を取り合っているという。 「会っていますし、(高校の)卒業式には来てくれると言っています。 向こうの卒業式は、みんなで踊ったり帽子を投げたり、派手みたいなので、そこに来てもらう予定です」 手塩にかけて育てた息子たちが、遠く離れたところで暮らしているが、向井は寂しいそぶりを見せなかった。 「LINEとかで頻繁に連絡を取り合っていますので。 手を離れていくのは、これからだと思います」 前出の校長は、万里くんの成長に期待を寄せる。 「地元の学生と出会って、英語の理解が深まり、学校で成功することを期待しています。 すべては生徒と自分が選んだ友達次第です。 すばらしい仲間を見つけて、学校社会の一員として楽しんでほしい」 親離れ、子離れの時期が近づいていた。

次の

向井亜紀の旦那・高田延彦との双子の子供は代理出産!二重国籍の理由がヤバい!?戸籍と名前と年齢と学校は?【画像】

高田 延彦

91年(29歳)UWFインターナショナルを設立。 97年(35歳)キングダムを旗揚げ。 PRIDEに参戦。 02年(40歳)現役引退。 ・弟がいる。 ・小学校時代、大の巨人ファンだった。 多摩川で開催された野球教室で王貞治に「敬遠は悔しくないですか」と質問した。 ・小学校時代、少年野球団に入っていた。 小6の時に横浜で2回優勝してオール横浜に選ばれた。 ポジションはキャチャー。 ・小学校時代、跳び箱と器械体操が苦手だった。 ・小3の時、両親が離婚して父親に引き取られた。 父親はとても真面目で会社は無遅刻無欠勤、毎朝早く起きて朝食と弁当を作ってくれた。 ・小6の時、長嶋茂雄が引退してぽっかり空いた心にアントニオ猪木が入ってきた。 ・中2の時、アントニオ猪木に憧れてプロレスラーになる事を決意した。 アルバム「燃える闘魂」の「アントニオ猪木のトレーニング教室」を聞いて自主トレした 3年間ヒンズースクワットを毎日1500回やった。 ・中学校にはたまに出席日数を稼ぐためにだけに行った。 きしめん。 ホルモン鍋。 ジンギスカン。 ハンバーグ。 リコッタチーズ。 ガム(1日中噛む、味がなくなっても噛み続ける)。 甘いもの。 ・その時食べたいと思ったものを必ず食べる。 ・食べてもすぐにおなかが空く。 ・酒が好き。 若い頃は大酒飲みだった。 よく記憶がなくなるまで飲んだ。 ビールをジョッキで10杯飲んだ後で日本酒を3升飲んだ事があった。 子供ができてからはあまり飲まなくなった。 ・健康法…ヨーグルト(毎朝食べる)。 顔面ストレッチ。 ウォーキング。 ジョギング(炎天下の一番暑い時間にあえてひなたを汗だくで走るのが好き)。 ・豆乳とパインのジュースで約8㎏のダイエットに成功。 ・汗っかき。 ・おならが異常に臭い。 ・いびきがうるさい。 ・パソコンを使えない(何度か挑戦して挫折した=15. 01現在)。 ・極度の高所恐怖症。 3階程度の高さも怖い。 ・怖がり。 ホテルでひとりで寝るのが怖い。 ・注射が苦手。 ・飛行機が大の苦手。 搭乗する度に後悔する。 かすかな揺れに大声で叫んでしまった事がある。 無事着陸すると神様と航空会社に感謝の祈りを捧げる。 ・エルメスの小さなポケット手帳を愛用。 ・30歳過ぎから毎日日記を付けている。 ・ニャロメのイラストを描くのが得意。 ・片手で卵を割るのが得意。 ・動物が信用できない。 ・ゆで卵を作っている事を完全に忘れて自宅が火事になりそうになった事がある。 ・いきつけ… 穴子料理「玉ゐ 本店」(東京・日本橋=15. 09現在)。 洋食「カサローエモ」(五反田、ハンバーグ、家族で10年以上通っている=12. 07現在)。 韓国料理「香龍園」(五反田、家族でよく行く=12. 06現在)。 そば「更科堀井 麻布本店」(麻布十番、家族でよく行く=12. 06現在)。 「すし屋の中川」(用賀)。 高級中華「登龍」(麻布十番、餃子がおいしい) ・足つぼマッサージが好き。 ・クルマの中にいるのが大好き。 ・愛車…フォルクスワーゲン・トゥアレグ(=07. 10現在)。 ・花火が好き。 打ち上げ花火をクルマのトランクに積んでいる。 ・ゴリラが大好き。 ・人混みが苦手。 デパートやディズニーランドに行くと30分程度で背中が張って意識が朦朧としてくる。 ・LINEをやっている(=15. 01現在)。 ・若手芸人と一緒に飲むのが大好き。 ・テレビ番組に出ている妻に一目惚れして「この人と結婚したい」と思った。 知人の紹介で妻と知り合って猛烈にアプローチして5年交際して結婚。 ・妻との初デートの日にふたりでワインを15本空けた。 ・初デートの帰りにタクシーの中で「結婚しましょう! 」と絶叫した。 酔っていて自分も妻も覚えていなかったがタクシー運転手が証言した記事を読んで知った。 ・プロレスラーという職業のせいで妻の両親はずっと結婚に反対だった。 義母は高田の試合をテレビで観てめまいをおこした事があったらしい。 ・結婚式の引き出物は2㎏の鉄アレイ2個だった。 ・結婚当初に500枚の年賀はがきに80円切手を貼って妻に怒られて離婚しようかと思った。 「その年になってそんな事も知らないの? 社会人失格よ」と言われた。 ・妻を「向井」と名字呼び捨てで呼ぶ。 ・妻の子宮頸ガンを手術(妊娠で発覚=00年)。 子供が産めなくなった事で妻から離婚を切り出されたが「それは理由にならない」と断った。 ・積極的に子育てを手伝う。 幼稚園の送り迎えをする。 ・妻は外食する時に新しい店を開拓するのが好き。 自分は決まった店しか行きたくないのでよくケンカになる(別々に食事する事がある)。 ・体外受精に成功して代理母(サンドラ・ジョンソン=アメリカ人)が長男と次男を出産。 出生届受理が認められなかったのでアメリカ国籍。

次の