ガラス屋 小田原市。 小田原市のガラス修理・交換のおすすめ業者を料金で比較|生活110番

小田原市蓮正寺【ガラス屋 ガラス修理 ガラス交換 ペアガラス 防犯ガラス】ガラス戦隊8マン

ガラス屋 小田原市

小田原市 ガラス修理 交換 ガラス屋 窓ドアサッシ業者割れ料金 小田原市でガラスのトラブル出張業者が小田原市でガラスのお困りごとやご相談を承っております。 現地での お見積り・ご相談は一切無料 点検作業を伴う見積もりは有料 です。 緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。 ご予約の際はご都合の良いお時間をお知らせください。 休日・祝日、昼夜問わず受付中です。 出張業者を初めてご利用になられる、という場合でも心配ありません。 コールセンターのオペレーターが優しく丁寧にご要望をお聞きいたします。 いつ、どの場所で、どのようなご依頼をされたいのか、しっかりと確認いたします。 安心して信頼できる業者に任せたい、いますぐ何とかしたい、料金の見積もりを取りたいなどお問い合わせはいつでもお気軽にお電話ください。 詳しい料金は現場見積もりでご確認ください。 詳しくは現地見積でご相談・ご案内しております。 お気軽にお問合せください。 小田原市で出張 ガラスのトラブルサービス 小田原市のガラスのトラブル駆け付けます! 泥棒は堀が高い家を侵入のターゲットにします。 セキュリティを高める場合、頑丈なフィルムと二重ガラス構造の防犯ガラスで割られないようにします。 また、防犯フィルムによって紫外線をカットするため、家具や床の色褪せを防ぎます。 マンションのドアのガラスにヒビが入っているので、新しく取付けたい、お店のドアのガラスが割れてしまっている。 交換したいが方法がわからない、店舗のガラスの結露が気になるので断熱ペアガラスに新品の物に取替えてほしい、自宅の窓ガラスの防犯性が気になるので防犯ガラスに取り替えたい、といった様々なご用命緊急で伺います! 健やかな人生のサポートができればと社員一同真摯に対応いたします。 お困りの際はぜひ、お問い合わせください。 小田原市でガラスのトラブルは小田原市出張のガラス屋が対応します。 小田原市栄町• 小田原市中町• 小田原市浜町• 小田原市本町• 小田原市城内• 小田原市南町• 小田原市寿町• 小田原市東町• 小田原市城山• 小田原市扇町• 小田原市荻窪• 小田原市谷津• 小田原市池上• 小田原市井細田• 小田原市多古• 小田原市蓮正寺• 小田原市中曽根• 小田原市飯田岡• 小田原市堀之内• 小田原市柳新田• 小田原市小台• 小田原市新屋• 小田原市府川• 小田原市北ノ窪• 小田原市清水新田• 小田原市穴部• 小田原市穴部新田• 小田原市久野• 小田原市板橋• 小田原市風祭• 小田原市入生田• 小田原市水之尾• 小田原市早川• 小田原市下堀• 小田原市中里• 小田原市矢作• 小田原市鴨宮• 小田原市上新田• 小田原市中新田• 小田原市下新田• 小田原市南鴨宮• 小田原市曽比• 小田原市栢山• 小田原市飯泉• 小田原市成田• 小田原市桑原• 小田原市別堀• 小田原市高田• 小田原市千代• 小田原市永塚• 小田原市東大友• 小田原市西大友• 小田原市延清• 小田原市曽我原• 小田原市曽我谷津• 小田原市曽我別所• 小田原市曽我岸• 小田原市国府津• 小田原市田島• 小田原市酒匂• 小田原市西酒匂• 小田原市小八幡• 小田原市石橋• 小田原市米神• 小田原市根府川• 小田原市江之浦• 小田原市上曽我• 小田原市下大井• 小田原市鬼柳• 小田原市曽我大沢• 小田原市前川• 小田原市羽根尾• 小田原市川匂• 小田原市中村原• 小田原市上町• 小田原市小船• 小田原市山西• 小田原市沼代• 小田原市小竹• 小田原市曽我光海• 対応地域についてはお気軽にお尋ね下さい。 小田原市 エリア情報 小田原さかなセンター 小田原さかなセンターは、魚市場のすぐそばにあり鮮魚や水産加工品を主に扱う、お土産やお食事・バーベキューなどが楽しめるマーケットだそうです。 店先ではセルフで干物を焼いて味見をすることもできるそうですが、干物とはそのまま干した素干しからひと手間加えられた塩干し、煮干し、焼干し、文化干し等様々なものが存在しているそうです。 小田原市(おだわらし)は、神奈川県西部の市です。 国から特例市に指定されています。 市の中心部 丹沢山地より見た小田原市 関東地方の南西端に位置し、戦国時代には後北条氏の城下町として栄えました。 また、北条早雲から北条氏直まで北条五代の隆盛を影で支えたという風魔忍者の里。 江戸時代には小田原藩の城下町、東海道小田原宿の宿場町として盛えました。 箱根峠より東側の宿場町として、現在も箱根観光の拠点都市です。 1876年(明治9年)4月17日までは、現在の神奈川県西部と静岡県伊豆半島を範囲とする足柄県の県庁所在地でもありました。 西湘地域の中心的な都市です。 小田原ちょうちんとかまぼこ、梅、オシツケ等の特産地として全国的に有名です。 最近では小田原バーガーや小田原どん、かまぼこドッグ、スミヤキ、オリーブを売り出しています。 一時期は東京のベッドタウン化したとも言われましたが、長期不況で人口動態が減少に転じました。 一時は20万人を超えた人口も20万を割り込み、新幹線通勤定期代に対する補助制度を設けるなど人口確保のための政策を実施しています(ただし、2008年(平成20年)3月31日までに転入した対象者をもって新規受付は終了)。 また駅周辺の再開発、および郊外での住宅、都市開発も少しずつ進んでいます。 小田原市の月ごとの平年気温 小田原市の月ごとの平年降水量 神奈川県のほぼ南西端に位置し、酒匂川の流れる足柄平野を中心に、東は大磯丘陵の南西端である曽我丘陵と呼ばれる丘陵に、西は箱根に連なる火山の外輪山の跡である山地となっています。 南は相模湾に面し、遠浅の海に小漁港が点在しています。 沖合いには、関東大震災の震源地となった相模トラフが伸びている為、地震対策に力が入れられています。 気候は太平洋側気候の地域で、四季を通じて温暖ではありますが、冬場は海側から風が吹き込みます。 7 降水量 mm inch 80. 0 mm 6. 5 7. 1 12. 0 10. 8 11. 0 13. 3 12. 3 9. 5 12. 6 11. 0 8. 1 5. 5 119. 7 平均月間日照時間 164. 4 150. 9 152. 5 177. 1 171. 4 133. 2 158. 9 199. 4 134. 4 133. 0 142. 4 165. 2 1,884. 4 出典 1 気象庁 出典 2 観測史上1~10位の値(年間を通じての値) 歴史 古代 先史時代の小田原の中里遺跡は、縄文人と渡来人が共存共栄した数少ない遺跡(地域)として知られ、人口比率は縄文人が多かったと考えられていますが、他の地域と違い、点々と存在した渡来人のみの小規模の集落ではなく、縄文人と共存した大集落でありました。 また、縄文文化と渡来文化の境界の東端であったとも考えられ、日本の文化人類学や考古学において貴重な資料を提供しています。 古代の相模国足下郡(あしがらのしものこおり)の地です。 古名を「こゆるぎ」といい、「小由留木」「淘陵」などの字が宛てられました。 「小田原」という地名は、「小由留木」の草書体を読み間違えたものという説があります市内千代にあった千代廃寺は相模国国府とも足柄下郡郡衙の所在地といわれます。 中世 平安時代末期から鎌倉時代にかけて、平将門を討伐したことで有名な藤原秀郷の子孫・佐伯経範が1030年(長元3年)頃に秦野に移り住んで波多野氏を名乗ったのです。 後に支流として、松田氏・渋沢氏・河村氏・栢山氏・大友氏・沼田氏などが出て、相模西北部にその一族の勢力を伸ばす。 現在の秦野市内、足柄上郡松田町・山北町、南足柄市、小田原市の一部。 波多野城は一族の居館です。 波多野城のあった田原の、その支城として「小田原」が設置されたと言う説もあります。 平安時代の末期1180年(治承4年)に、蛭ヶ小島(伊豆国)で挙兵した源頼朝と平家方の大庭景親らとの、石橋山の戦いが行われました。 戦国時代 戦国時代には伊勢平氏流を称する北条早雲が小田原城を奪取し、その子孫である後北条氏は小田原城を中心に関東一円に台頭し、鎌倉府足利氏、関東管領上杉氏、常陸国守護佐竹氏、下野国国司宇都宮氏、その他関東八屋形に列せられた諸氏による当時の関東の統治体制を転覆しました。 なお、下野国守護小山氏は後北条氏により滅亡に追い込まれました。 近世 1590年(天正18年)、豊臣秀吉の小田原征伐による後北条氏の滅亡と徳川家康の江戸入府によって、小田原は歴史の表舞台から姿を消す。 家康が関東を治めるようになった後は、部下の大久保氏が小田原に入ったのです。 また後北条氏が滅亡するまで、関東一円の被差別民を支配し、皮革業に独占的な権益を持つなど勢力を誇った小田原太郎左衛門の本拠地がありました。 後北条氏が発給した判物が現存しています。 江戸時代 江戸時代には東国の要衝として、譜代大名を領主とする小田原藩が置かれ、小田原はその城下町となりました。 1686年(貞享3年)以降は代々大久保氏の城下町となりました。 城下町・小田原は東海道の沿線で、小田原宿は箱根の山越えを控えた宿場として東海道五十三次中最大の規模を誇ったのです。 又、小田原郊外の栢山(かやま)は、農政家・二宮尊徳の生地として有名です。 近代 1871年(明治4年)8月29日の廃藩置県によって、小田原藩は小田原県となりました。 同年末の県合併により、相模川以西の旧相模国と旧伊豆国全域を管轄区域とする足柄県が設置され、県庁が小田原に置かれました。 しかし1876年(明治9年)に足柄県は分割され、小田原を含む相模国部分は神奈川県に、伊豆国部分は静岡県となり、小田原は県庁所在地ではなくなりました。 神奈川県となった後に設置された支庁も、間もなく廃止されましたが、1878年(明治11年)の郡区町村編制法によって足柄下郡が編制されると、足柄下郡の郡役所が小田原に置かれました。 東海道本線は当初、小田原~熱海~沼津間の急鋭地帯を避けるために現在の御殿場線経路で敷設されました。 その後、小田原経由の路線として、小田原馬車鉄道という馬車鉄道が1888年(明治21年)に開通したのを皮切りに、熱海線(現在の東海道本線)・小田原急行鉄道(現在の小田急電鉄)なども開通しました。 1923年(大正12年)9月1日の関東大震災では、直下が震源地だったために激しい被害を受けました。 1934年(昭和9年)の丹那トンネル開通で、東海道本線はやっと小田原市街地を通るようになりました。 この辺は吉村昭の小説『闇を裂く道』(文春文庫)に詳しいです。 1945年(昭和20年)8月15日、熊谷市と並び、太平洋戦争最後の空襲を受けます。 戦後、1951年11月28日に「小田原大火」が発生し市街地300戸あまりを全焼。 1962年(昭和37年 新小田原市民歌を制定しました。 1964年(昭和39年)には東海道新幹線も開通し、東京・横浜への所要時間も大きく縮んだのです。 1990年(平成4年)市制50周年を記念して、ときめき小田原夢まつりが開催されました。 人口 小田原市(に相当する地域)の人口の推移 1970年 163,631人 1975年 173,519人 1980年 177,467人 1985年 185,941人 1990年 193,417人 1995年 200,103人 2000年 200,173人 2005年 198,741人 2010年 198,373人 行政 行政区域の変遷(市制施行以後) 1940年(昭和15年)12月20日 足柄下郡小田原町・足柄町・大窪村・早川村・酒匂村の一部(網一色・山王原地区)が合併して小田原市が発足 1948年(昭和23年)4月1日 下府中村(しもふなかむら)を編入 田島村が国府津町に編入 1950年(昭和25年)12月18日 足柄上郡桜井村を編入 1954年(昭和29年)7月15日 豊川村を編入 1954年(昭和29年)12月1日 国府津町・酒匂町・上府中村(かみふなかむら)・下曽我村・片浦村と合併 1955年(昭和30年)4月1日 下中村と前羽村(まえばむら)が合併し橘町に 1956年(昭和31年)4月1日 足柄上郡曽我村から西大井・上大井を除く地区を編入 1971年(昭和46年)4月1日 橘町を編入 2000年(平成12年)11月1日 特例市に指定される 2007年(平成19年)2月8日 県西地域2市8町合併検討会発足 歴代首長 初代市長:益田信世(ますだ のぶよ、小田原三茶人の一人、益田孝の次男、任期:1941年(昭和16年)3月27日 - 1944年(昭和19年)5月7日) 第2代市長:鈴木英雄(すずき ひでお、任期:1944年(昭和19年)6月13日 - 1946年(昭和21年)4月11日) 第3・4代市長:佐藤謙吉(さとう けんきち、任期:1946年(昭和21年)6月14日 - 1948年(昭和23年)12月27日) 第5~9代市長:鈴木十郎(すずき じゅうろう、元歌舞伎座支配人、任期:1949年(昭和24年)2月20日 - 1969年(昭和44年)2月17日) 第10~13代市長:中井一郎(なかい いちろう、任期:1969年(昭和44年)2月18日 - 1985年(昭和60年)2月17日) 第14・15代市長:山橋敬一郎(やまはし けいいちろう、ときめき小田原夢まつり実行委員会 会長、任期:1985年(昭和60年)2月18日 - 1992年(平成4年)4月1日) 第16~19代市長:小澤良明(おざわ よしあき、任期:1992年(平成4年)5月24日 - 2008年(平成20年)5月23日) 第20~21代市長:加藤憲一(かとう けんいち、任期:2008年(平成20年)5月24日 - ) 行政機構 財政 当初予算規模(2004年度) 602. 50億円(一般会計) 696. 19億円(特別会計) 市議会 市議会議長:武松忠(たけまつ ただし) 市議会議員数:28人(2015年(平成27年)4月 - ) 会派の構成 会派名 議席数 代表者 誠風 5 加藤仁司(かとう ひとし) 政和 5 大村学(おおむら まなぶ) 公明党 4 小松久信(こまつ ひさのぶ) 光政会 4 木村正彦(きむら まさひこ) 新生クラブ 3 井原義雄(いはら よしお) 志民の会 3 細田常夫(ほそだ つねお) 日本共産党 3 関野隆司(せきの たかし) 無会派 1 都道府県議会議員 2007年(平成19年)4月実施の県議会議員選挙から小田原市の議員定数は-1の2議席となりました。 守屋輝彦(もりや てるひこ) 小澤良央(おざわ よしなか) 指定金融機関 横浜銀行、スルガ銀行、さがみ信用金庫の3行庫による1年交代の輪番制です。 市以外の行政機関 国家機関 小田原税務署 小田原拘置支所 小田原少年院 関東農政局神奈川統計情報事務所小田原出張所 関東地方整備局横浜国道事務所小田原出張所 横浜地方検察庁小田原支部 小田原区検察庁 横浜地方法務局小田原支局 横浜保護観察所小田原駐在官事務所 小田原労働基準監督署 小田原公共職業安定所 神奈川県の機関 西湘地区行政センター 小田原警察署 小田原県税事務所 小田原児童相談所 小田原保健福祉事務所 温泉地学研究所 酒匂川下水道整備事務所 神奈川県産業技術総合研究所工芸技術センター 神奈川県広域水道企業団 神奈川県広域水道企業団曽我ポンプ場 酒匂川流域下水道扇町管理センター 酒匂川流域下水道酒匂管理センター 水産総合研究所相模湾試験場 農業総合研究所根府川試験場 西部漁港事務所 裁判所 横浜地方裁判所小田原支部 横浜家庭裁判所小田原支部 小田原簡易裁判所 土木 小田原土木事務所 国土交通省横浜国道工事小田原出張所 中日本高速道路株式会社東京支社小田原保全・サービスセンター 公庫 国民生活金融公庫小田原支店 経済 年間商品販売額(万円)(2004年) 45,899,952 (神奈川県全体の2. )(2004年) 255,513 (神奈川県全体の3. 漁業 小田原漁港を代表とする漁港では、オシツケやスミヤキ、ナガスミヤキなどの小田原独特の食文化を代表する魚をはじめ、さまざまな魚が水揚げされることにより水産加工品の製造も盛んです。 ことにかまぼこは小田原の特産品として各地に販路を広げています。 石橋漁港 米神漁港 江之浦漁港 農業 かながわ西湘農業協同組合 商業 小田原駅周辺 ラスカ 有隣堂 成城石井 プラザ(旧ソニープラザ) ハックドラッグ 築地銀だこ アプリ タワーレコード 十字屋 ヴィレッジヴァンガード EPO 西友小田原店 リブロ ドン・キホーテ 小田原地下街 HaRuNe小田原(旧:アミーおだちか) 鴨宮駅周辺 Dynacity イトーヨーカドー小田原店 西武百貨店小田原店(旧:ロビンソン百貨店) 無印良品 新星堂 近沢レース カルバン・クライン 資生堂 ミキハウス TOHOシネマズ 小田原シティーモール(クレッセ・フレスポ) ユニクロ トイザらス ニトリ ノジマ TSUTAYA コロナワールド ヤマダ電機 かつてあった商業施設 地元に本店を置く百貨店、志澤が県内、藤沢、本厚木、平塚などに店を構えていましたが、西武百貨店の傘下になり、その後、低迷を続け、現在では全面的に撤退をしています。 小田原駅近くの志澤ビルのあった場所には万葉の湯(万葉倶楽部)が建てられています。 なお、西武百貨店自体は、2013年3月1日に旧ロビンソン百貨店の業態転換により久々に小田原市に存在することになりました。 また、小田原駅前には丸井と箱根登山デパート(1980年に箱根登山ベルジュに業態転換)が出店していましたが、前者は2000年代前半に撤退し、後者は2013年(平成25年)3月31日に閉店されています。 姉妹都市・友好都市 日光市(栃木県) 1980年(昭和55年)12月19日今市市と姉妹都市提携、今市市の合併による日光市の発足に伴い2006年(平成18年)10月20日改めて提携。 江戸時代後期の小田原出身の篤農家・二宮尊徳がその生涯を終えた場所であるという縁により、姉妹都市となりました。 4Mhz)が中継局を置いています。 また関東広域圏のTBSラジオ(954Khz)・文化放送(1134Khz)・ニッポン放送(1242Khz)の他、千葉県のbay fm(千葉本局 78. 0Mhz)、静岡県のSBS静岡放送(熱海中継局 1557Khz)とK-MIX(熱海中継局 83. 0Mhz)も市街地では良好に受信出来ます。 交通 古くより、交通の要衝として栄え、現在でも小田原駅は数多くの路線が乗り入れるターミナル駅です。 80km離れた東京へは、新幹線・在来線・私鉄路線で結ばれています。 なお、小田原市鴨宮は東海道新幹線の開業前に実験線(鴨宮モデル線区、現在は新幹線の路線の一部となっている)が建設された、新幹線発祥の地です。 一方道路は近年整備が進んだものの、地理的に箱根や伊豆方面から、東京や横浜に向かう交通が市内で輻輳するため、行楽シーズンの休日は市内の各道路で大渋滞が発生することがありますなお、港町でありながら水上交通は盛んではありません。 鉄道路線 中央駅:小田原駅 東日本旅客鉄道(JR東日本) 東海道本線: - 国府津駅 - 鴨宮駅 - 小田原駅 - 早川駅 - 根府川駅 - 国府津車両センター 国府津運転区 東海旅客鉄道(JR東海) 東海道新幹線: - 小田原駅 - 御殿場線: - 下曽我駅 - 国府津駅 小田急電鉄 小田原線: - 栢山駅 - 富水駅 - 螢田駅 - 足柄駅 - 小田原駅 足柄電車区・足柄車掌区 箱根登山鉄道 鉄道線:小田原駅 - 箱根板橋駅 - 風祭駅 - 入生田駅 - 伊豆箱根鉄道 大雄山線:小田原駅 - 緑町駅 - 井細田駅 - 五百羅漢駅 - 穴部駅 - 飯田岡駅 - 1956年(昭和31年)までは、路面電車として箱根登山鉄道の小田原市内線も存在しました。 隣接・近隣都市への連絡 南足柄市? 伊豆箱根鉄道大雄山線利用(大雄山駅) 箱根町? 箱根登山鉄道利用(箱根湯本駅) 二宮町・湯河原町・真鶴町? 東海道本線利用(二宮駅・湯河原駅・真鶴駅) 松田町・開成町? 小田急小田原線利用(新松田駅・開成駅) 山北町・大井町? 東海道本線国府津駅・小田急小田原線新松田駅乗換えで(山北駅・相模金子駅) 秦野市? 小田急小田原線(秦野駅) 平塚市? 東海道本線(平塚駅) 静岡県熱海市? 1990年以降、順延はありますが、中止は東日本大震災の2011年だけ) 御幸の浜花火大会(かつては8月15日、2000年から数回11月に不定期開催、2008年以降開催なし) 民俗芸能・伝統行事 相模人形芝居 1980年(昭和55年)1月28日に国の重要無形民俗文化財に指定されました。 主な団体:下中座 寺山神社の鹿島踊 1976年(昭和51年)10月19日に神奈川県の無形民俗文化財に指定されました。 多古白山神社の小田原囃子 1976年(昭和51年)10月19日に神奈川県の無形民俗文化財に指定されました。 曽我別所の寿獅子舞 1998年(平成10年)8月1日に小田原市の無形文化財に指定されました。 山王原大漁木遣唄 2006年(平成18年)12月27日に小田原市の無形文化財に指定されました。 名産品 かまぼこ 干物 梅干し(十郎梅) 梅干し(杉田梅) 塩辛 外郎薬 湘南ゴールド 和菓子(外郎餅など) みかん 片浦レモン 水れもん 寄木細工 小田原漆器 足柄刺繍 梅ワイン 箱根地ビール 日本酒 小田原おでん 小田原鋳物 小田原ちょうちん 梅エキス 地ネギ 湘南ゴールドワイン レモンワイン 梅丸 ときめき小田原夢まつり マスコットキャラクター 片浦イエロー 北條シソ オシツケ(アブラボウズ) スミヤキ ナガスミヤキ 梅シロップ アジ 江之浦生ワカメ 小田原城と城址公園 1990年(平成2年)頃(バブル経済崩壊前後)までは小田原城には毎年多くの観光客が訪れていましたがその後は減少し、一時期の年間来場者数は29万人を下回ったのです。 しかし、2009年(平成21年)頃からの歴史・城ブームや不景気による国内旅行の増加などもあり、2010年(平成22年)4月には15年ぶりに来場者数が40万人台まで復活しました。 小田原城址公園には2005年(平成17年)ほどまで動物園(無料)があったのですが、城址は国の史跡に指定されていて、歴史的な観点から不適当であると判断されたことに加え、動物園の環境調査で全国最下位の劣悪な環境と格付けされたこともあり、動物たちは順次、市内に新設された小田原こどもの森公園わんぱくらんど等に移されました。 2009年(平成21年)9月にゾウのウメ子が死んだのを最後に城址公園から動物たちはいなくなりました(サルは一時的に引越しという形になっている)。 かつてはクマやハクチョウ、ライオン、アザラシ、シカなど様々な動物がいました。 過去に、蓮池化の断念という苦い経験を持ちます。 現在の旭丘高等学校の地に、元々蓮池があり、その蓮池再建計画の為に移転を要求しました。 しかし、移転の為の補助金を一切出さなかったことが仇となり、学校側は全校あげて同地の建て直しの署名活動を起こしました。 そのことから、当時の文部省(現在の文部科学省)の外局文化庁との3者協議を数回に亘り行った結果、同地の蓮池化計画を断念せざるを得なくなってしまったのです。 関連有名人 小田原出身者 歴史上の人物 二宮尊徳、篤農家・幕臣(1787年 - 1856年) 政治家・軍人・官僚 河野一郎、衆議院議員(1898年6月2日 - 1965年7月8日) 河野謙三、衆議院議員・参議院議長(1901年5月14日 - 1983年10月16日) 河野洋平、衆議院議長(1937年1月15日 - ) 神山洋介、衆議院議員(1975年5月24日 - ) 井上義行、安倍晋三内閣総理大臣政務担当秘書官参議院議員(1963年3月12日 - ) 財界人 和田一夫、ヤオハン元社長 鈴木家、(最大の網元) 文化人 北村透谷、作家(1868年12月29日 - 1894年5月16日) 辻村伊助、園芸家・登山家・作家(1886年4月22日 - 1923年9月1日) 牧雅雄、彫刻家(1887年 - 1935年) 福田正夫、詩人(1893年3月26日 - 1952年6月26日) 尾崎一雄、小説家・文化勲章受章者(1899年12月25日 - 1983年3月31日) 牧野信一、作家(1896年11月12日 - 1936年3月24日) 相田二郎、歴史学者、東京帝国大学史料編纂官(1897年5月12日 - 1945年6月22日) 井上康文、詩人(1897年6月20日 - 1973年4月18日) 川崎長太郎、作家(1901年11月26日 - 1985年11月6日) 北原武夫、作家(1907年2月28日 - 1973年9月29日) 島田祐子、声楽家 富野由悠季、アニメーション監督(1941年11月5日 - ) 阿藤快、俳優(1946年11月14日 - 2015年11月14日) 夢枕獏、作家(1951年1月1日 - ) 小宮孝泰、俳優・お笑い芸人(1956年3月11日 - ) 柳沢慎吾、俳優・タレント(1962年3月6日 - ) 柳家三三、落語家(1974年7月4日 - ) 浅野ケン、作曲家(1975年2月3日 - ) 吉野きみか、女優(1975年9月5日 - ) 深澤ゆうき、グラビアアイドル(1986年7月3日 - ) 藍坊主、ロックバンド(2004年にメジャーデビュー) ammoflight、ロックバンド(2008年にメジャーデビュー) 後藤羽矢子、漫画家 天野真知、NHK横浜放送局キャスター EmiLy 橋本絵美利)、シンガーソングライター、作詞家、作曲家 前田公輝、俳優(1991年4月3日 - ) スポーツ 田中大二郎、元プロ野球選手、(1988年4月29日 - ) 田代富雄、元プロ野球選手(1954年7月9日 - ) 元大洋ホエールズ。 元横浜ベイスターズ2軍監督 森笠繁、元プロ野球選手(1976年10月4日 - ) 元広島東洋カープ、横浜ベイスターズ。 現広島東洋カープコーチ 加藤明、バレーボール監督(1933年1月3日 - 1982年3月20日) 今宮純、モータースポーツジャーナリスト、フジテレビ フォーミュラ1中継 解説者(1949年2月18日 - ) 福の守尚、大相撲・元十両(1922年12月6日 - ) 若藤肇、大相撲・元幕内朝乃翔(1969年12月23日 - ) 佐藤ルミナ、格闘家 修斗(1973年12月29日 - ) 松田直樹、プロボクシング、元日本フェザー級チャンピオン 帝拳ジム所属 磯崎敬太、プロサッカー選手、(1980年11月17日 - ) 稲井桃子、バスケットボール選手(1995年3月15日 - ) 小田原ゆかりの有名人 皇族 閑院宮載仁親王、皇族・旧帝国陸軍元帥 閑院宮春仁王、皇族 寛子女王、皇族・閑院宮載仁親王第四王女、関東大震災で薨去 政治家・軍人・官僚 伊藤博文、政治家・小田原に別邸滄浪閣があったのですが、後に大磯町へ移転。 山縣有朋、政治家・別邸古稀庵(旧大窪村)をかまえそこで死去しました。 現在は庭園のみ残ります。 蔵書は小田原市立図書館に寄贈されています。 大隈重信、政治家・小田原(旧国府津村)に別荘がありました。 森有礼、政治家・南町に別邸があり、現在も敷地が残ります。 野村靖、政治家・本町に別邸「黄夢庵」がありました。 田中光顕、政治家・南町に別邸があり、現在も小田原文学館として公開。 清浦奎吾、政治家・板橋に別邸があったのですが山縣有朋別邸・古稀庵に編入され、現在も残されています。 黒田長成、政治家・南町に別邸があり、現在も小田原邸園交流館・清閑亭として公開。 榎本武憲、政治家・南町に別荘があり、現在も建物が残ります。 大鳥圭介、幕臣、官僚・小田原(旧国府津村)に別荘があったのですが、小田原大海嘯により崩壊。 竹添進一郎、政治家・南町に別邸がありました。 鍋島幹、政治家・南町に別邸がありました。 安広伴一郎、政治家・満鉄総裁、南町に別邸があり現在も建物が残ります。 室田義文、政治家・城山に別邸があり女婿の福田篤泰に譲られました。 松本剛吉、政治家・南町に別邸があり現在も建物が残ります。 森恪、政治家・内閣書記官長、政友会代議士、南町に義父瓜生外吉から譲られた別邸がありました。 黒木為楨、軍人・陸軍大将・城山に別邸がありました。 瓜生外吉、軍人・海軍大将、南町に別荘があり現在も「瓜生坂」の名が残ります。 大島義昌、軍人・陸軍大将・城山に別荘がありそこで死去しました。 現在も建物が残ります。 秋山真之、軍人・海軍中将、山下亀三郎の別荘で死去。 東條英教、軍人・陸軍中将、東條英機の父。 南町で病気療養中に死去。 山崎元幹、政治家・満鉄総裁、板橋に別邸があり戦後隠棲しました。 蔵書は小田原市立図書館に寄贈されています。 十河信二、国鉄総裁・『新幹線の父』 福田篤泰、政治家・防衛庁長官、自由民主党衆議院議員、城山に別邸がありました。 財界人 益田孝 実業家・三井物産創業者、三井財閥の重鎮・板橋に別邸「掃雲台」をかまえ近代小田原三茶人の一人と称されています。 山下亀三郎、実業家・南町に別邸があり、現在も中門や礎石、庭石などが残ります。 野崎廣太、実業家・日本経済新聞・三越社長などを歴任。 南町と城山に別邸をかまえ近代小田原三茶人の一人と称されています。 大倉喜八郎、実業家・男爵・板橋に別邸をかまえていました。 現在、割烹旅館「山月」として公開されています。 横河民輔、実業家・建築家、南町に別邸があり現在も敷地はほぼそのまま残ります。 結城豊太郎、実業家・政治家・板橋に別邸がありました。 森田茂雄、実業家・南町に別邸がありました。 御手洗毅、実業家・南町に別邸があり現在も小田原文学館敷地内の北原白秋童謡館として公開。 大島秀一、実業家・板橋の旧・大倉喜八郎別邸を譲り受け別荘にしていました。 現在は割烹旅館「山月」として公開。 松永安左エ門、実業家・『電力の鬼』・小田原板橋の老欅荘(現・松永記念館敷地内)に住んでいました。 近代小田原三茶人の一人 石田礼助、実業家・国鉄総裁 瀧本泰行、実業家・エアーリンク(現・DeNAトラベル)創業者 文化人 村井弦斎、作家・南町に邸宅があり『食道楽』などを執筆しました。 永井荷風、作家・南町にあった足柄病院で療養経験があります 北原白秋、俳人・城山の邸宅に8年間住み、数多くの詩作を世に送り出しました。 谷崎潤一郎、作家 三好達治、作家・南町に居をかまえ『艸千里』などを執筆しました。 坂口安吾、作家・南町に居をかまえ『真珠』、『二流の人』などの題材としました。 久能靖、ジャーナリスト、ニュースキャスター・小田原城下町大使 山田太一、脚本家・小田原高校卒 いまのまい、歌手・タレント・神奈川県立西湘高等学校卒 小池一夫、漫画原作者・小説家・脚本家・作詞家・作家、2010年より工房を構えています。 天野ひろゆき、お笑い芸人・大学時代に在住。 真子正史、農学博士・湘南ゴールドや片浦イエローの育成者。 藤谷美和子、俳優・歌手 スポーツ 谷津田陽一、福島県出身の競輪選手。 小田原競輪場を本拠地とし、当市に在住していました。 小門洋一、埼玉県出身の競輪選手。 小田原競輪場を本拠地としていたことがあります 高木隆弘、東京都出身の競輪選手。 小田原競輪場を本拠地としていたことがあります ナンバープレート 小田原市は、湘南ナンバー(神奈川運輸支局)を割り当てられています。 湘南ナンバー割り当て地域 平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・小田原市・秦野市・伊勢原市・南足柄市・高座郡(寒川町)・中郡(大磯町、二宮町)・足柄上郡(大井町、開成町、中井町、松田町、山北町)・足柄下郡(箱根町、真鶴町、湯河原町) 作品 小田原市はテレビ・劇場用映画やテレビCMなどの撮影ロケーションの誘致活動を行っています。 フィルム・コミッションと呼ばれるこの活動の一環として、市民の希望者をエキストラに登録し、随時出演を要請しています。 小田原映画祭が開催され、ショートフィルムコンテストが行われます。 フィルム・コミッション事業(西さがみ連邦共和国フィルム・コミッション)の実績は年々増加しています。 また、農業・漁業・工業・商業といった産業が多岐にわたっているため、社会科の教育番組の舞台となったり教科書で取り上げられたりすることが多いです。 小田原を舞台とする映像作品 『天国と地獄』(監督・黒澤明、1963年) 『サンキュー先生』(監督・山際永三 主演・西田敏行 制作・国際放映 放映・テレビ朝日系列 1980年9月8日~1981年3月23日)- 小田原市立早川小学校が舞台。 』(桜田門外の変のシーンで、小田原城銅門を使用) NHKドラマ『ちゅらさん3』(かっこおばあが恵文のタクシーを呼び出す場面でヒルトン小田原の車留めが使われました) 日本テレビ水曜ドラマ『ハケンの品格』(2、3話でダイナシティ内のロビンソン百貨店が使用された) フジテレビ『めざましテレビ トロと旅する』(2007年3月12日 - 16日) マンガ・アニメ 新世紀エヴァンゲリオン(1995年 - 1996年、テレビ東京系列、後に劇場版化されています。 ) 『I'll(アイル)』(1996年 - 2004年、浅田弘幸) ばけざります(2008年 - 2009年、西河原義秋) ハクバノ王子サマ 2005年 - 2008年、朔ユキ蔵 カイチュー 2009年 - 、作中では小田川市、 M3~ソノ黒キ鋼~(2014年、作中では川田原市) 小説 図書館戦争 画像 小田原城 生命の星地球博物館 小田原警察署 小田原のみかん、海 国立箱根病院 小田原市立病院 早雲禅寺 相模信金 老欅荘, 1946 鈴廣 小田原塾 外郎 小田原郵便局 小田原バス停 2013-09 はこね・おだわら昆虫館 国 日本 地方 関東地方 都道府県 神奈川県 団体コード 14206-9 面積 113. 81km? 隣接自治体 南足柄市、中郡二宮町 足柄上郡大井町、開成町、中井町 足柄下郡箱根町、真鶴町、湯河原町 市の木 クロマツ 市の花 ウメ 他のシンボル 市の鳥:コアジサシ メダカ、アジ 小田原市役所 所在地 〒250-8555 北緯35度15分52. 6秒東経139度9分8秒座標: 北緯35度15分52. nihondou. 予約 - 院長名 北原 忠雄 獣医師 男性1名 従業員数 トリマー1名 保険 動物医療保険取り扱い 往診 可 入院設備 有 ペットホテル 有 インフォームドコンセント 有 診療情報開示 有 各種相談 飼育相談、しつけ相談、カウンセリング、その他(セカンドオピニオンも可能です。 サークルKとなり、「国府津小入口」手前。 yamamoto-ganka. hotaruda-shinryojo.

次の

小田原市のガラス修理の緊急対応なら

ガラス屋 小田原市

ガラス交換を頼みたいのですが、来てすぐその場で交換してくれるのですか? A. もちろんです。 そのために、作業車には常時たくさんのガラスを積んでいるのです。 ただし例外として、ペアガラスや防犯ガラス、規格外の厚さのガラスなどは積んでおりませんので後日作業になります。 詳細はお電話でご確認ください。 店舗の入口に使っている2メートル以上あるガラスも交換してもらえますか? A. はい、対応可能です。 当社では、24時間出し入れ可能な800枚近い在庫を持つ業界トップクラスのガラス倉庫を持っています。 作業車に積んでいないガラスでも、倉庫に店舗用の大板ガラスがあるので交換できるのです。 まずはコールセンターに問合せて下さい。 近所で空き巣被害が多発していて防犯ガラスへの交換を考えていますが対応していますか? A. 防犯ガラスもおまかせください。 当社で扱っている「セキュオ」は、強度・予算に合わせて数種類のものがあり、かつ現在のサッシをそのまま使えるものもあります。 詳しくは現場でご説明させていただきます。 もちろん防犯交換はかなり高いガラスです! Q. ガラス交換も24時間いつでもお願いすれば可能なのですか? A. はい、当社は24時間365日対応で困っているお客様のところへ駆け付けます。 深夜や早朝でもガラス交換可能です。 作業車には専用の作業台があり専用の照明もあるので、お客様に特に電源や作業用の照明などなどを用意してもらう必要もありません。 網戸が破れてしまいました。 網戸の交換もできるのですか? A. はい、網戸の交換もできます。 網戸の色は黒かグレーのどちらかになりますが、ほぼこの2色で問題はないでしょう。 ちなみにサッシの簡単な修理や調整も対応できますし、サッシの鍵(クレセント)の交換・補助錠の取付けなどもその場で対応可能です。 その他気になることがございましたらお気軽にお電話ください (銀行振込によるお支払いについて) ・銀行振込は基本的に当社の社員対応時とさせていただきます。 また当社の社員であっても、地域や時間帯等によって対応できない場合もあります。 詳しくはオペレーターにご確認ください。 (キャンセルについて) ・サービスマン出動前(=予約受付完了後)のキャンセルについては料金をいただきませんが、 サービスマン出動後のキャンセルは、キャンセル料として6,000円(消費税別)をいただいております。 ・到着時以降のキャンセルは基本料金+出張料金をいただいております。 ・通常営業時間外 午後8時~午前8時 はキャンセル料金が異なります。 ・悪天候時の場合は別途料金をいただいております。 ・遠地、離島、山間部など有料経路を利用して移動する場合、キャンセル料金が変動する場合があります。

次の

料金案内

ガラス屋 小田原市

出張ガラス屋生活救急車小田原市受付センターの詳細情報 小田原市でガラスの交換や窓のリフォームをお考えのときは、お気軽にご相談ください。 小田原市のガラスの交換・窓のリフォームは出張ガラス店「ガラスの生活救急車」にお任せください。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright C 2020 All Rights Reserved. 『タウンページ』はの登録商標です。 Copyright C 2000-2020 All Rights Reserved. Copyright C 2001-2020 All Rights Reserved. 宿泊施設に関する情報はから提供を受けています。 グルメクーポンサイトに関する情報はから提供を受けています。 gooタウンページをご利用していただくために、以下のブラウザでのご利用を推奨します。 Microsoft Internet Explorer 11.

次の