度々 申し訳 ありません。 「度々」の意味・使い方は?ビジネス敬語の例文・しばしばなどの類語も

度々ご連絡してすみません、で敬語の使い方は大丈夫?メールの時は?

度々 申し訳 ありません

あるガイド店 水商売に近い店 で働いていたのですが、そこで店側とトラブルになりました。 ある客とプライベート お金のやり取り無し で2回程遊んだのですが、それがお店側に発覚し違約金を請求されてい ます。 メールのやり取りで、「本来ならば50万だが25万で手を打つ。 裁判沙汰になれば50万と裁判の費用を支払ってもらう。 親や学校にも連絡する」との旨が送られて来ました。 違反に関する事はすべて契約書に明記されており、同意していました。 今までこちらで質問させて頂き分かったのは、お店の契約が労働基準法16条にあたり違法であるという事です。 しかし、お店を通さずに客と無料で会った事はガイド店であるお店側には損害と言え、賠償する必要がある可能性がでてきました。 どうぞご回答よろしくお願い致します。 店に対して強気に出てよいなら,次の通りです。 50万円の賠償額の予定は無効。 損害は発生していない(お金を払ってもらっていればともかく,お金のやりとりはない私的な交際だから損害は発生しない)。 「迷惑料」は支払う根拠なし(商売上のことでは慰謝料は通常認められない。 逆にこちらが弁護士費用や慰謝料を請求することはできるか? これも不可。 弁護士費用は自分持ち,というのが原則。 訴えられたからといって慰謝料がとれるのはかなり特殊な場合のみ。 風俗店にはあたらないけれども下着・水着姿で接客させた業者が,労働基準法でいう有害業務にあたるということで,摘発されている事例もあります。 あなたの店がどんなものかはわかりませんが,あなたを訴えたときに警察その他に行かれるのは,おそらくいやでしょう。 さらにいえば,特に大きな財産をもたないあなたを相手に訴訟をしても,回収できる見込みはまずありません(あなたの給料からの天引きは禁止されています。 常識的にはあなたを訴えることはないでしょう。 強気に出てよいなら,1円も支払う必要はありません。 2013年04月22日 13時54分 この投稿は、2013年04月時点の情報です。 ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。 この相談に近い法律相談• ですが、結局給料は支払われず損害分の金を払えと毎日のようにメールがきます。 退職後に脅されて仕事行くように言われた日にちに行... 風俗店で働いて居ました。 今回お客との店外デートがバレてしまい、損害賠償を求められました。 ちなみに店には半年働き月に2〜3回ほど出勤して、一回で2万くらいのお給料でした。 弁護士から連絡がくるとだけ、言われて今待っています。 雇用契約には、金額は提示されては、いませんでしたが、店外デートは禁止とは書かれていました。... 私はデリヘルで働いていて稼げなくて本番や店外をしてお金をもらっていました。 それが店にバレて罰金、損害賠償請求をされています。 金額は60万です。 そしてそれを一括で払えないなら親に言って返してもらうと言われました。 親には絶対にバレたくないしお金も用意できないのですがどうしたらいいでしょうか?• 私は三ヶ月ほど前にコンビニでアルバイトをしていました。 バイトは始めたばかりで研修中でした。 バイト始めて一週間ぐらいにオーナーと店長に呼び出されて、昨日のレジの中のお金が16万円足りないと言われました。 そのお金が足りないと言われたレジは私しか操作していませんでした。 そのお金が足りない分はオーナーが出した... 賃金未払い ハローワークにお店の苦情が書かれていない証拠を持ってこないと給料を払わないと言い張る。 ハローワークでは書類の発行ができないためお店に電話をして説明をしてもらった。 証拠の提出と給料を払う事は別問題と職員の方が言うと勝手に電話を切った。 給料日にお店へ行き給料の支払いをして下さいと話した。 警察に通報...

次の

間違いも多い「度々すみません」の意味と使い方|敬語表現と例文

度々 申し訳 ありません

「度々」という言葉については1回ではなく2回以上の複数回を表す言い回しです。 その回数を明確に示したい場合には、その回数を明示した表現が使われることになりますが、敢えて「度々」を使う場合は回数はあまり問題でない場合です。 「度々」という言葉については「失礼いたします」「申し訳ございません」といった謝罪の表現と共に使われることが多くなっていますが、その背景には「回数が増えてきている状況で申し訳ない」といった意味合いが含まれています。 「度々」という言葉はこのようなシーンでよく使われる言葉になっています。 「度々」という言葉が複数回を指すことは先述していますが、特に同じ状態や同じ行動が連続していることを伝えたい場合にも使われる表現になります。 謝罪の言葉と共に「何度もすみません」というような意味合いで使われることが多くなっています。 「度々」という言葉が使われる場合に連続する物事は、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動を示すことが多くなっています。 そういった状況においては「度々」という言葉を使いつつ、相手への迷惑が連続している状況を断りながら謝罪を伝える必要があります。 物事が連続していなくても、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動が定期的に見受けられ、それが改善されていない状況では「度々」という言葉が使われます。 「度々」という言葉が使われる場合には、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動が改善されていないことの自覚を相手に伝えた上で謝罪することが必要になります。 そういった謝罪をすることで、深いお詫びと反省の気持ちが相手に伝わることでしょう。 「度々」という表現を「度々の失言が目立つ」というような形で使うこともできるのですが、ビジネスのシーンで一般的に使われるのは謝罪の場面です。 そのためとある行動や状況が「度々」であることを相手方に断る場合には基本的に謝罪の言葉を続ける必要があります。 「度々の失言ですよね」などと相手に伝えると相手の怒りを買うこともあるでしょう。 このような場合には「度々申し訳ありません」「度々の失言で失礼いたします」といった表現を選びましょう。 「度々」という言葉は日常的に敬語が不要なシーンではあまり使われません。 そのような場合には「しょっちゅう」などと言った言葉が使われることでしょう。 「度々失礼いたします」「度々申し訳ありません」といった言い回しが使われる場合には当然前後の文章では他の敬語表現が必要になります。 謝罪を伝えるシーンにおいて間違った敬語を使ってしまうと、その気持ちが相手に十分に伝わらないおそれがあります。 「度々」を使うシーンでは正しい敬語を意識しましょう。 例えば「度々のメール失礼いたします」という表現については本当に、相手に迷惑になるくらいのメールを送り続けているような状況であれば謝罪を示しているかもしれませんが、通常は相手への気配りを意味します。 そのため、2回目のメールにおいても「度々のメール失礼いたします」と送ります。 何回かメールをするのはビジネスにおいて必要だからであり、それに対して「度々失礼いたします」と断りを入れることで、相手は丁寧な印象を持つことでしょう。 ちなみに「ごめん」という謝罪の表現が言葉の中に含まれていても謝罪を示さない言葉の中には「ごめんください」があります。 この表現は相手を訪問する際の挨拶としてよく使われますので、下記の関連記事も是非チェックしてみてください! お疲れ様です。 度々のご連絡失礼いたします。 先方に資料を提出する期限が明日に迫っているため本日中にフィードバックを頂きたく存じます。 お忙しい中大変恐れ入りますが、お手すきの際にお声がけいただけましたら幸いです。 すぐにそちらへ伺います。 よろしくお願いいたします。 「度々のご連絡申し訳ございません」は「度々のご連絡失礼いたします」と違い、相手が迷惑に感じるくらいメールを数多く送っている場合に使う表現になります。 「度々のご連絡失礼いたします」は2回目以上のメールに対して断りを入れているニュアンスが大きいのですが、「度々のご連絡申し訳ございません」には深いお詫びの気持ちが込められているのです。 何度もすみませんが、会議室を出る際には必ず消灯をお願いします。 節電の意味合いだけではなく、ビル管理の会社からも通達が出ている注意事項になっています。 徹底をお願いします。 「度々」という言葉と謝罪の表現の間に、謝罪したい事項を入れることで、明確に度重なる特定の物事に対する謝罪の気持ちを表します。 このような表現に関しては後から反省の弁や改善点も付け足す場合に有効な表現になります。 こういった謝罪の表現もあることをしっかり押さえておきましょう。 お疲れ様です。 スピーチ原稿の添削をいただきましてありがとうございます。 書式につきまして度々間違えて申し訳ございません。 以後はご指摘いただいた内容を認識し、同じような間違いが起きませんよう努めて参ります。 何卒よろしくお願いいたします。 「何度も」という表現は「度々」という表現に比べるとビジネス感のない表現にはなりますが、何回も同じ状況になっているというシチュエーションが強調された表現になっています。 また「何度も何度も」と言葉を重ねることでさらにそのニュアンスを強めることができます。 「度々申し訳ありませんが燃えないごみはこちらへお願いします」「何度もすみませんが燃えないごみはこちらへお願いします」という2つの表現についてはまったく同じ意味を表していますが、後者の方が何回も注意しているのに守られていないので厳しく注意をしているニュアンスが伝わります。 「しばしば」という表現は「度々」に置き換えられることが多いのですが、この表現は継続的に同じような状況が続いたり同じような物事が見られる場合に使われる表現になります。 そして物事を分析するような状況においてよく使われる表現になります。 「度々」との使い方の違いとしては「しばしば申し訳ございません」というような使い方はしませんが「不法投棄がしばしば目撃されています」というような使い方をします。 「度々」という言葉は両方の文章でその言葉に置き換えて使うことができます。 後者の文章は「しばしば」の方がややしっくり来る文章になります。 「毎度」に関しては「度々」や「しばしば」よりも、その物事や状況が連続しているシチュエーションを表す際に使われる表現になっています。 また一般的には「毎度ありがとうございます」というような使われ方もされている表現になっています。 「毎度」という言い方もできますし「毎回」という類語もあります。 「毎回お気遣いいただくこととなり感謝の気持ちで一杯です」「あの人が遅刻してくるのは毎度のことだ」という形で使うことができます。 状況の説明にも使うことができますし、「ありがとう」「すみません」の前に持ってきて使うこともできます。 「度々」をマスターして表現力を上げよう! 「度々」という言葉は謝罪の言葉とセットになることが多い言い回しですが、この表現が使いこなせるようになることで、相手からの信頼感が増すことでしょう。 ここで紹介した「度々」の使い方が早速今日からあなたのビジネスの中で役立てば本当にうれしいです。 表現力の向上を常に意識していきましょう!.

次の

度々すみませんを英語で言うと|英文メール例文とサンプル

度々 申し訳 ありません

「度々」という言葉については1回ではなく2回以上の複数回を表す言い回しです。 その回数を明確に示したい場合には、その回数を明示した表現が使われることになりますが、敢えて「度々」を使う場合は回数はあまり問題でない場合です。 「度々」という言葉については「失礼いたします」「申し訳ございません」といった謝罪の表現と共に使われることが多くなっていますが、その背景には「回数が増えてきている状況で申し訳ない」といった意味合いが含まれています。 「度々」という言葉はこのようなシーンでよく使われる言葉になっています。 「度々」という言葉が複数回を指すことは先述していますが、特に同じ状態や同じ行動が連続していることを伝えたい場合にも使われる表現になります。 謝罪の言葉と共に「何度もすみません」というような意味合いで使われることが多くなっています。 「度々」という言葉が使われる場合に連続する物事は、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動を示すことが多くなっています。 そういった状況においては「度々」という言葉を使いつつ、相手への迷惑が連続している状況を断りながら謝罪を伝える必要があります。 物事が連続していなくても、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動が定期的に見受けられ、それが改善されていない状況では「度々」という言葉が使われます。 「度々」という言葉が使われる場合には、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動が改善されていないことの自覚を相手に伝えた上で謝罪することが必要になります。 そういった謝罪をすることで、深いお詫びと反省の気持ちが相手に伝わることでしょう。 「度々」という表現を「度々の失言が目立つ」というような形で使うこともできるのですが、ビジネスのシーンで一般的に使われるのは謝罪の場面です。 そのためとある行動や状況が「度々」であることを相手方に断る場合には基本的に謝罪の言葉を続ける必要があります。 「度々の失言ですよね」などと相手に伝えると相手の怒りを買うこともあるでしょう。 このような場合には「度々申し訳ありません」「度々の失言で失礼いたします」といった表現を選びましょう。 「度々」という言葉は日常的に敬語が不要なシーンではあまり使われません。 そのような場合には「しょっちゅう」などと言った言葉が使われることでしょう。 「度々失礼いたします」「度々申し訳ありません」といった言い回しが使われる場合には当然前後の文章では他の敬語表現が必要になります。 謝罪を伝えるシーンにおいて間違った敬語を使ってしまうと、その気持ちが相手に十分に伝わらないおそれがあります。 「度々」を使うシーンでは正しい敬語を意識しましょう。 例えば「度々のメール失礼いたします」という表現については本当に、相手に迷惑になるくらいのメールを送り続けているような状況であれば謝罪を示しているかもしれませんが、通常は相手への気配りを意味します。 そのため、2回目のメールにおいても「度々のメール失礼いたします」と送ります。 何回かメールをするのはビジネスにおいて必要だからであり、それに対して「度々失礼いたします」と断りを入れることで、相手は丁寧な印象を持つことでしょう。 ちなみに「ごめん」という謝罪の表現が言葉の中に含まれていても謝罪を示さない言葉の中には「ごめんください」があります。 この表現は相手を訪問する際の挨拶としてよく使われますので、下記の関連記事も是非チェックしてみてください! お疲れ様です。 度々のご連絡失礼いたします。 先方に資料を提出する期限が明日に迫っているため本日中にフィードバックを頂きたく存じます。 お忙しい中大変恐れ入りますが、お手すきの際にお声がけいただけましたら幸いです。 すぐにそちらへ伺います。 よろしくお願いいたします。 「度々のご連絡申し訳ございません」は「度々のご連絡失礼いたします」と違い、相手が迷惑に感じるくらいメールを数多く送っている場合に使う表現になります。 「度々のご連絡失礼いたします」は2回目以上のメールに対して断りを入れているニュアンスが大きいのですが、「度々のご連絡申し訳ございません」には深いお詫びの気持ちが込められているのです。 何度もすみませんが、会議室を出る際には必ず消灯をお願いします。 節電の意味合いだけではなく、ビル管理の会社からも通達が出ている注意事項になっています。 徹底をお願いします。 「度々」という言葉と謝罪の表現の間に、謝罪したい事項を入れることで、明確に度重なる特定の物事に対する謝罪の気持ちを表します。 このような表現に関しては後から反省の弁や改善点も付け足す場合に有効な表現になります。 こういった謝罪の表現もあることをしっかり押さえておきましょう。 お疲れ様です。 スピーチ原稿の添削をいただきましてありがとうございます。 書式につきまして度々間違えて申し訳ございません。 以後はご指摘いただいた内容を認識し、同じような間違いが起きませんよう努めて参ります。 何卒よろしくお願いいたします。 「何度も」という表現は「度々」という表現に比べるとビジネス感のない表現にはなりますが、何回も同じ状況になっているというシチュエーションが強調された表現になっています。 また「何度も何度も」と言葉を重ねることでさらにそのニュアンスを強めることができます。 「度々申し訳ありませんが燃えないごみはこちらへお願いします」「何度もすみませんが燃えないごみはこちらへお願いします」という2つの表現についてはまったく同じ意味を表していますが、後者の方が何回も注意しているのに守られていないので厳しく注意をしているニュアンスが伝わります。 「しばしば」という表現は「度々」に置き換えられることが多いのですが、この表現は継続的に同じような状況が続いたり同じような物事が見られる場合に使われる表現になります。 そして物事を分析するような状況においてよく使われる表現になります。 「度々」との使い方の違いとしては「しばしば申し訳ございません」というような使い方はしませんが「不法投棄がしばしば目撃されています」というような使い方をします。 「度々」という言葉は両方の文章でその言葉に置き換えて使うことができます。 後者の文章は「しばしば」の方がややしっくり来る文章になります。 「毎度」に関しては「度々」や「しばしば」よりも、その物事や状況が連続しているシチュエーションを表す際に使われる表現になっています。 また一般的には「毎度ありがとうございます」というような使われ方もされている表現になっています。 「毎度」という言い方もできますし「毎回」という類語もあります。 「毎回お気遣いいただくこととなり感謝の気持ちで一杯です」「あの人が遅刻してくるのは毎度のことだ」という形で使うことができます。 状況の説明にも使うことができますし、「ありがとう」「すみません」の前に持ってきて使うこともできます。 「度々」をマスターして表現力を上げよう! 「度々」という言葉は謝罪の言葉とセットになることが多い言い回しですが、この表現が使いこなせるようになることで、相手からの信頼感が増すことでしょう。 ここで紹介した「度々」の使い方が早速今日からあなたのビジネスの中で役立てば本当にうれしいです。 表現力の向上を常に意識していきましょう!.

次の