ダイヤのエース ネタバレ。 ダイヤのA

【ダイヤのA(エース)act2ネタバレ】最新160話の考察!降谷、八弥王子戦で完全復活なるか!?

ダイヤのエース ネタバレ

2020年7月15日発売の週刊少年マガジン2020年33号で、『ダイヤのA act2』219話が掲載されました。 『ダイヤのA act2』219話は、青道高校と戦う事になった市大三高の田原監督は偵察からの話を聞き、青道が夏の話題を独り占めする気かと呟きます。 そして激励をするために、前主将の大前や真中を始めとしたOB達が駆けつけてくれたのです。 一方で青道高校のグラウンドでは、沢村は奥村に対してカーブやスライダーを投げていましたが、御幸に他のボールに影響を及ぼすから止められていました。 しかし、沢村は独学でストレートに影響しない握りを探っていました。 それを試そうとするのだが、果たしてどのような曲がりになるのでしょうか。 本記事では、『ダイヤのA act2』219話『持ち球』のあらすじと感想を紹介していきます。 220話 >>• ダイヤのA act2 219話のあらすじネタバレ 市大三高では、選手達が汗水掻いて練習に励んでいる中、田原監督は偵察から青道と創聖の試合の事を聞いていました。 田原監督は、今年の創聖は手強いと思っていたが青道が勝つとは、今年の夏の話題を独占するのか、と言います。 偵察の者も、ベンチの雰囲気は良さそうだった、と報告しました。 そんな中、前主将の大前や真中を始めとしたOB達が集結したので、嬉しそうな表情をする田原監督。 そしてトレーニングルームで調整している天久は、沢村からのLINEのメッセージを見ていました。 その天久の元に真中がやって来たので、驚く天久だったが、差し入れを持ってきた、と言う真中の言葉を聞いた天久はお礼を言ったのです。 調子は如何か、と聞く真中に対して天久は、昨日はベンチで休まってもらったから悪くないと言いつつ、野手陣はどの投手からでも打ってくれるから感謝している、と言いました。 それに薬師との試合でスライが投げられるのが分かったから、残りの試合は全部投げるつもりだ、と自信に満ち溢れた表情で語る天久。 その様子を見ていた真中は心の中で、変わったな、と呟こうとしたらその前に天久が、全部投げ切れば自分がヒーローになり、スポーツ紙に乗り、フォロワー数も伸びて、ドラフトで奪い合いになると言います。 それを聞いていたら、変わっていないがこれもお前か、と思う真中は天久からスライについて聞くのでした。 7月24日、青道高校では選手達が練習しようとしている中、告白に成功した麻生が意気揚々としながら練習場へと向かいます。 事情を知らない御幸、倉持、白州は疑問に思っていると前園が、麻生は男を見せた、と言ったのだが彼らは前園が足を引きずっているのを気にしていたのです。 右手に違和感があった川上は今日はブルペンに入らず、明日軽く投げる、と小野に言います。 沢村は幼馴染である若菜からのLINEを見ていると奥村から、また天久か、と言われたので、幼馴染が今度の試合に来るんだ、と言いました。 一方、監督室では片岡監督と落合が市大三高の事を話し合っていました。 落合は、市大三高の顔と言えるのは天久であり、幾ら強力な打線でも天久から大量点を取るのは難しいから、投手は3点以内に抑えないといけない、と言ったのです。 太田部長は、沢村に期待している、と言うと、片岡監督も、沢村の打者に向かっていく気迫に期待しているが、状況によっては降谷や川上にも準備させる、ここを突破しないと結晶もないから総力戦で挑む、と言いました。 その頃、沢村は奥村に対してカーブを投げるが全然曲がっていませんでした。 次に沢村は、続けて俺のスライダー、と言っていると奥村は、沢村は手首の使い方が苦手だから投げなかったのか、と心の中で呟きます。 そうしたら沢村がスライダーを投げたら、凄い曲がり方をしたので奥村は捕れなかった上に余りの変化に驚きを隠せませんでした。 このスライダーは全然制御できないし、何処へ行くか分からない、と沢村は言ったので奥村は、使えませんね、と言い放ちます。 更に様子を見ていた御幸も、曲げようとして肘の位置が下がっているし、他のボールに悪影響を与えるくらいなら投げない方がいい、と言います。 話を聞いていた奥村は心の中で、肘が下がったら手首が寝るからストレートの質も変わってしまうから投げなかったのか、と言ったのです。 沢村は、どうやっても肘が下がるから自分なりに調べて、ストレートに影響しない握りを探っていた、と言いつつ、試してもいいか、と自信満々に言いました。 ダイヤのA act2 219話の感想と考察 天久は相変わらずでしたが、それでも薬師にリベンジできた事や、スライの手応えがいいのと、打線を信頼している事から内面は1年前よりは確実に成長していると思います。 そうなって来ると青道にとって、春の大会よりも手強い相手として立ち塞がりそうですね。 そうなって来ると青道は打線がカギを握って来ると思いますが、告白を成功させて勢いがいい麻生は兎も角、前園がこの前ファールボールを足に当てたところを引きずっているのでそこが不安ですね。 他にも川上の手の事も気になりますが、朗報と言えるのは沢村がストレートに影響しない変化球の握りを覚えた事かなと思います。 どんな握りになっているのか、気になりますね。 次回220話は、沢村が独自に調べた握りによる変化球が見られるのではないでしょうか。 沢村は正直言って頭がいいわけではありませんが、自分なりにレベルアップしようと真剣に調べて、握りを覚えたのだと思います。 それに試合が近い中、試すという事は密かに投げていた可能性があり、しかも投げた際に手応えがあったから次の市大三高の試合で使えるかもしれないと思って試したいと言ったのだと思います。 実際投げて見て試合で使えるかどうなるかは分かりませんが、沢村はこれまでぶっつけ本番でカットボールやチェンジアップを投げてきましたので、期待は出来るのではないでしょうか。 220話 >>.

次の

ダイヤのA actⅡ【最新209話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ダイヤのエース ネタバレ

大人気の野球マンガで、しかも高校野球をテーマにしているので、誰でもすぐに感情移入できる程面白いです。 現在は野球だけではなく、あらゆるスポーツが観戦出来なくなっているの現在ですが、その悔しさをこのマンガで感じながら熱戦を楽しみたいです。 前回のあらすじ 西東京大会準決勝 青道VS創聖 6回1-1 裏の青道の攻撃、先頭は打順よく1番から。 倉持、小湊が持ち前の機動力を活かしてノーアウト一、三塁とチャンスを広げてクリームナップへ繋げます。 3番の白洲の、思いっきり振り抜いた打球はセカンド強襲するも、倉持の好判断と持ち前の俊足で、一気にホームインする事に成功し2-1と勝ち越した。 2-1と青道1点リードして更に追加点を狙う場面で、バッターは4番の御幸! ここで創聖のエース柳楽は、御幸の放つ圧力を感じて動揺してしまい、どんなボールを投げていいのか迷ってしまう。 この記事ではダイヤのAの214話、ネタバレを紹介します! ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ! \ 600円分のポイントがもらえる/• ダイヤのA 214話 ネタバレ 御幸の重圧 ノーアウト1、2塁のピンチに、青道4番御幸の放つ重圧に押しつぶされそうになり、動揺してしまう創聖エース柳楽。 そんな柳楽達に小泉監督は 『肩の力を抜くように』と実力を発揮できるように、選手達に指示を送る。 続いて 『御幸とは正面から相手にする必要はない、心もコーナーも広く!』とアドバイスを送ります。 選手達も小泉監督からの指示で少し冷静さを取り戻し、柳楽は広くコーナーを使って投球して、御幸もコーナーギリギリを見極めて、ツラれる事なくフォアボールを選びます。 5番の意地 御幸がフォアボールとなり、 ノーアウト満塁の場面で5番の前園。 青道はチャンスの時に 御幸の打席で敬遠され、5番の前園で勝負される場面はよくあります。 今回も創聖バッテリーに、自分は御幸よりも楽な相手だと判断された事により勝負され、闘志が湧き出る前園。 今までものんな場面はよくあり、 その度にそのプレッシャーを何度も跳ね返して結果を出してきた前園。 その証拠にチームでの 最多得点を出していますが、ベンチの落合コーチは『今までは並のピッチャーが相手だったから、結果を出せたのだろうと考えています。 『今回のような凄いピッチャーを相手に結果を出せるかどうか』と冷静に分析しています。 青道の元5番増子の想い 鬼気迫る表情で打席に立つ前園。 客席では小湊兄が青道の元5番打者だった増子に『4番が敬遠された場面で打席に立つのは1番燃えるのか?』と聞くと、増子は嬉しそうに笑みを浮かべました。 そして前園に対して 『期待されていなかったら御幸の後ろは任されていない、結果を恐れず自分らしさをを貫け!』と客席からエールを送ります。 増子に対して前進守備をとる創聖守備陣!これ以上の点差は避けたいし、しかもノーアウト満塁なので仕方ありません。 小泉監督も 『青道が強い事は初めからわかっていた事、無理して背伸びしないで、自分達の野球をやればいい!』 と、相変わらずの選手思いの言葉を、心の中でですがエールを送ります。 怖い5番打者 ノーアウト満塁のチャンスであり、しかも御幸が歩かされた後なので、どうしても打ちたい前園ですが周りの期待とプレッシャーも半端ではありません。 そんなプレッシャーを 前園は気迫で押し返し打席に立ちます。 柳楽は前園に対して初球はツーシームで攻めますが、前園も初球から振っていき打球はファールとなります。 この場面で初球から振ってきた事に驚く創聖バッテリー、 2球目は外へストレートを投げ空振りしてカウントは0-2と追い込みます。 創聖のキャッチャーは前園がツーシーム狙いだと読みますが、そこにあえてツーシームを低めに投げさせます。 一瞬前園も手が出そうになりますが、これを見極めてボール球とします。 ボール球を見極めた前園に、1塁ランナーから見ていたの御幸も 『今のを見極めたのなら大丈夫だ』と心の中で安心しています。 カウントは1-2となり、次で決めると意気込む柳楽は同じコースに今度は渾身のストレートを投げます。 打席の前園は以前、小湊との会話で 『4番の後ろには怖い5番打者がいなければならない、でなければ御幸が安心して打席に立てない!』 という自分の気持ちを表した会話を思い出します。 そして観客が見守る中、柳楽の渾身のストレートを前園は小さく素早くスイングする事を意識して打ち返します。 前園の打った打球は柳楽の横を通り抜けて、更に飛びついたセカンドも届かず、 打球はセンター方向に飛んでいきました。 絶対に打ちたいし、凄くプレッシャーの掛かる場面でタイムリーを打った前園も思わず『ウオー!』と雄叫びをあげます、観客もこの日一番の大歓声です。 ダイヤのA 214話 まとめ チャンスに4番が歩かされて、5番の自分で勝負されるという、絶対に打ちたい場面は相当なプレッシャーだったと思います。 そんなプレッシャーにも負けず、 実力を発揮した前園は凄いですね。 前園は御幸や沢村に比べて、どちらかというとあまり派手さはなく、いぶし銀タイプな感じがするので、こういう選手が活躍すると見ている読者も嬉しいですね。 そして『4番の後ろには怖い5番バッターが居ないといけない』というセリフは、とても 高校生が言える発言とは思えない程の名言ですね。 ダイヤのA 今後の展開と予想 6回裏2-1と青道が1点リードしていて、ノーアウト満塁で前園がセンター前にヒットを打ちましたので、最低でも2点の追加点が入りますので4-1とリードを広げます。 1塁ランナーの御幸は3塁まで進塁しているので、ノーアウト1,3塁と青道はまだチャンスが続きます。 ここからは下位打線となりますが、恐怖の1年生ルーキー結城が控えているので、この回で一気に決着となるかもしれません。 野球ではずっと拮抗していた試合でも、突然一気に得点が入り決着付く事はよくあります。 ましてや高校野球であれば尚更多いです。 恐らく青道が準決勝へ進むと思いますが、どんなドラマが待ち受けているのか楽しみですね。 最近のコメント カテゴリー•

次の

ダイヤのA actⅡ【最新209話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ダイヤのエース ネタバレ

その時、 当時の4番でドラフト3位に指名された超高校級スラッガーの東清国と対決することになりました。 ターニングポイント ここで御幸と出会い、自分の投球を引き出してもらったことに沢村は感動を覚えました! そして、東からなんと三振を奪うんですよね。 弱小中学の野球小僧が、プロ内定の選手から三振奪うこの時点で才能の塊ですね。 ここから 沢村伝説が始まります!!! 入学初期 大遅刻とライバル 青道野球部に入ることを決めた沢村は増子(3年)と倉持(2年)と同室になります。 そして前日のゲーム大会の夜更かしによって、初日の練習に遅刻してしまいます。 ただこの遅刻は、今考えると目をつけてもらいやすくなったので良かったのではないか?と考えています(笑) そして、市大三高戦での居残り時に降谷と出会います。 キャッチボール時に剛速球を投げられ唖然とし、その後もライバルとして立ち塞がっていきます。 2軍生活~夏大会ベンチ入り 師弟関係でのベンチ争い 2軍生活 クリス先輩との出会い 紅白戦で投手を試し切り、仕方なく沢村を登板させるとなんと3年生を三者凡退にしました。 増子には1発を浴びましたが実戦練習復帰に成功しました。 そこで沢村は2軍で クリスとバッテリーを組むことになります。 最初は御幸と組むことができず、苛立っていました。 しかし御幸にクリス先輩の過去を明かされ師匠として慕うようになりました。 ここから野球の基礎、投手の軸であるフォームを教わっていきます。 1軍2枠をかけた黒士館戦 夏大会エントリー直前にベンチ入り2枠を兼ねた2軍戦が行われました。 相手は黒士館高校。 この試合の途中で澤村が登板するも、小野が沢村のクセ球を取ることができずピンチになります。 そこで急遽クリスがマスクをかぶり、師弟バッテリーが実現します。 天才的な野球センスによるゲームメイクでピンチを切り抜け試合を作ります。 次の回、沢村が中学時代の強打者でクリスと同じくケガに泣いた財前を打席に迎えます。 ここで沢村は粘る財前に対し、 旧フォームから繰りだした渾身のストレートで三振を奪います。 ここでクリスは初めて沢村のボールを誉めました。 この試合でしっかりアピールすることに成功しました。 ターニングポイント この試合後、室内練習場にて残り2枠のメンバーが発表されました。 ここで選ばれたのは、沢村と小湊でした。 しかし、沢村は納得できませんでした。 それは、自分のピッチングを引き出してくれたのはクリスだったからです。 圧倒的実力を持つクリスを選ぶべきと自分で思っていたのです。 この経験から沢村は、背番号を背負うとはどういうことなのかをより感じることができました。 選ばれなかった奴らの代表として、勝ち進んでいくことを決意します。 主にりりーフとして登板しました。 様々な強打者と対面し、コントロールの大切さや、ランナーを背負ってのピッチングなど実戦経験を積むことによって成長していきます。 決勝 vs稲城実業 ここ数年の王者、成宮率いる稲城実業との対戦。 沢村は丹波に代わって3番手としてマウンドに上がります。 ランナーを背負っての場面で5番成宮との対戦。 ここで沢村は、 インコースストレートで3球三振を奪います。 正確にインコースを突き気持ちのこもった球でリリーフに成功します。 次の回以降も続投し、ランナーは出すも要所でインコースを突き、詰まらさせて抑えます。 ムービング、カットボール、フォーシームを使いこなし9回まで無失点出投げぬきます。 リードして迎えた9回2アウト、あと1人の状況。 しかし、ここで稲実2番白河に 頭部死球を与えてしまいます。 沢村は相手の気迫に押され放心状態になり、そのまま川上に交代されてしまいました。 その後逆転され、甲子園への切符を逃してしまいました。 ターニングポイント その後沢村は、自分の支給のせいで負けたと思うようになります。 そして、緊迫した場面で頭部死球を当てたトラウマからインコースに投げられなくなりました。 いわば イップスです。 しかし、そのイップスが今後沢村の投球の幅を広げるようになり、 更なる成長へとつながっていきます。 まともに投げることができず、投手人生をあきらめてもおかしくない状況でした。 そんな中また手を差し伸べてくれたのはクリスでした。 クリスがこの時伝えたアドバイスは、 アウトコースに投げ込むことでした。 これまで沢村はインコース1本で勝負してきました。 ですのでアウトコースに投げ込むことによって、イップスの症状を緩和することをクリスは考えていました。 そのアドバイス通り取り組み、秋大会を迎えます。 そして1回戦の帝東高校戦でアウトコース中心のピッチングでリリーフに成功します。 続く2回戦の七森戦では精神的な安定面と気持ちの強さを取り戻し、インコースにも投げ込めるようになりました。 これにより大きな壁を乗り越えた沢村は、やっと エース争いのスタートラインに立つことになります。 変化球 コーナーに投げ分けるストレートが武器となった沢村は、変化球が欲しいと欲張ります。 そこで今度は落合コーチが緩球として チェンジアップを教えます。 様々な持ち方、腕の振り方を試しました。 ターニングポイント 一夜漬けで覚えたチェンジアップを披露した試合が、ベスト4をかけた王谷高校との試合でした。 沢村はこの試合先発として起用されます。 初回に相手に揺さぶられ崩れるも、その後は内と外を突くピッチングで抑えていきます。 そして、7回に王谷の4番に対してチェンジアップを解禁しました。 その球は、見事低めに決まり三振を奪います。 この試合は 見事沢村1人で9回を投げぬきました。 許したヒットはたったの3本で、球数は109球で1失点と完璧なピッチングでした。 この変化球習得により、またエースに大きく近づきました。 甲子園リベンジへ ストレート原点回帰 準決勝の成孔を何とか破り決勝へコマを進めました。 その後降谷は怪我をし、決勝の薬師戦は川上と沢村の2人で投げることに。 沢村はある日の自主練、ムービングやツーシームなどの精度を確かめていた時に御幸から、 変化球を生かすも殺すもストレート次第と告げられました。 そこでスピンを利かすことを意識するとチェンジアップとは対照的なノビる真っ直ぐを習得します。 ターニングポイント 変化球を覚え、その後は原点であるストレートに魅力を感じ始めた沢村は、このあと 轟を詰まらせるまでのストレートに進化させます。 夏大会と秋前の練習試合で、2本もホームランを打たれている天敵に、ストレートで勝負できるようになりました。 まだまだ細かい課題はありますが、降谷と競り合うレベルにまで成長することができました。 そして沢村の成長により投手陣が安定し、厚みが増した青道は見事薬師高校を下し、秋大会優勝を果たします。

次の