コロナ 感染 免疫。 コロナウイルス感染対策の“免疫力の向上”についての役立つ解説をします

新型コロナ、回復後の免疫獲得はあるのか 専門家の意見 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ 感染 免疫

point• 新型コロナウイルスに感染した日本人の免疫反応は、既に同種のウイルスに感染済みのパターンを示した• 日本人に免疫学習をさせたのは風邪コロナウイルスだった可能性がある• 感染症の発生源から遠く離れた地域の生物は、感染症に耐性がない 世界各地で感染を広げているですが、国によって感染者の増加率や死亡率に大きな差があることがわかってきました。 これらの差は国による検疫の違いの他に、ウイルスそのものが変異して引き起こされた可能性がで示唆されています。 しかし今回、東京大学などの研究者たちによって日本人の免疫反応が詳しく調べられた結果、 日本人には新型コロナウイルスに対する免疫が一部存在していることが示唆されました。 これらの免疫力は、2003年のSARS発生後もコロナウイルス(弱毒化したもの)が断続的に東アジアで発生しており、東アジア人の間に風土病として流行することで獲得されていたとのこと。 もし今回の研究結果が事実ならば、風土病となったコロナウイルスが、日本人に新型コロナウイルスと戦うための免疫学習の機会をあらかじめ与えててくれたことになり、日本における低い死亡者の説明になります。 では風邪コロナウイルスは、どのようにして日本人に免疫を与えていたのでしょうか? 即応抗体(IgM)と専門抗体(IgG) Credit: ウイルスに感染すると、人間の体はウイルスを排除するための抗体が生産されます。 私達が細菌やウイルスに感染したときに 最初に生産される抗体が「IgM抗体」で、早期対応のための幅広いウイルス認識力を持っています。 また、IgM抗体によってある程度ウイルスの認識が進むと、 対象となるウイルスの排除に特化した「IgG抗体」が作られます。 IgG抗体は感染を排除した後も残り続けるため、再度ウイルスが侵入したときに素早くIgG抗体が増殖でき、2回目の感染を防止します。 Credit: そのため、上の図のように、IgM抗体とIgG抗体のどちらが多いかを調べることで、患者が似たようなウイルスに感染した経験があるかどうかの調査が可能になります。 もし日本人が新型コロナウイルスに対して免疫力を持っていた場合、IgM抗体とIgG抗体の増加パターンは上の図の右側のように、IgG抗体の増加のほうが先に高くなるはずです。 では、実際の調査結果をみてみましょう。 日本人は新型コロナウイルスに対して免疫がある? 日本人の感染者は学習の結果である「IgG抗体」を新型コロナウイルスに対して素早く使用できた。 Zoomにて放映された資料の一部。 図が示す通り、 日本人の感染者の多くが即応型のIgM抗体より先に、学習によって生まれるIgG抗体を多く生産していました。 このことは、日本人の多くが新型コロナウイルスに対する免疫学習を、既に行っていたことを意味します。 また今回の研究では、IgM抗体の生産が緩やかな場合には、重症化しにくいことが明らかになりました。 重症化はウイルスによる直接的な細胞の破壊ではなく、免疫の過剰反応が原因として知られています。 感染の初期において、広範な影響力を持つIgM抗体よりも、専門化されたIgG抗体が多く生産されることで、免疫も過剰応答を避けることができると考えられます。 また、2003年にSARSウイルスが発生した以降も、東アジア地域では断続的にコロナウイルスの発生が続いていた可能性も言及しています。 そしてこれらの未確認のコロナウイルスが、東アジア人の多くに「先行して風邪として感染」した結果、新型コロナウイルスに対する免疫力が獲得されたと結論づけているのです。 未知の風邪コロナがワクチンになっていた可能性 検疫体制の違いだけで死亡率が116倍も開くとは考えにくい。 中国のでは、 新型コロナウイルスに感染した経歴のない人間の34%に、新型コロナウイルスを認識する抗体の生産能力があることがわかりました。 この抗体は、新型コロナウイルスが発生するより前の2015年から2018年に得られた血液サンプルにも存在しており、この抗体が新型コロナウイルス以外のウイルス(おそらく風邪コロナウイルス)によってもたらされた可能性を示唆しています。 このころから中国の研究者は、既存の風邪コロナウイルスによって新型コロナウイルスに対する免疫力が人間に付加されたと主張していました。 日本と中国の結論は多くの点で一致しており「断続的に発生する弱毒化したSARS(日本の説)」または「古くからの風邪コロナウイルス(中国の説)」といった他のコロナウイルスからの感染が、新型コロナウイルスに対する、一種のワクチンとなったとしています。 この事実は、風土病に対する一般的な認識と同様です。 すなわち、 感染症の発生地域の人間・動物・植物には、何らかの耐性があるのに対して、遠く離れた地域の生物には免疫がないとするものです。 かつてのペストのように、元々はアジアの病気であったものがヨーロッパやアメリカに広ると、被害がより大きくなる傾向があります。 国の検疫対応、変異したウイルスの型、そして今回明らかになった他のコロナウイルスによる事前の免疫学習。 新型コロナウイルスの流行の原因は様々であり、現状ではどれが決定的な原因かはわかりません。 しかしウイルスの情報が増えれば増えるほど、解決への道も開けていくでしょう。 研究内容は東京大学 先端科学技術研究センター の川村猛氏らによってまとめられ、5月15日にZOOMウェビナーで先行発表された後に、世界五大医学雑誌の一つである「The Lancet」に投稿済みです。

次の

コロナ感染は免疫力がすべて!免疫を高める圧倒的な3つの方法

コロナ 感染 免疫

[画像のクリックで拡大表示] 新型コロナウイルス感染症にかかった多くの重症患者にとって、最大の脅威となるのはコロナウイルスそのものではない。 免疫システムは病原体から体を守るために不可欠だが、時に健康な細胞を傷つける激しい凶器にもなる。 免疫反応が暴走する例の一つが、過剰な炎症を引き起こす「サイトカインストーム」だ。 集中治療や人工呼吸器を必要とする場合を含め、新型コロナウイルス感染症の最も重篤な事例において、この現象が起こっているのではないかと考えられている。 サイトカインストームは「新型コロナウイルス感染症にかかった人が亡くなる原因として最も多いものの1つ」と話すのは、米国ボストン市、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のアナ・ヘレナ・ジョンソン氏だ。 臨床医や研究者たちは、現在も、サイトカインストームがどれほどの頻度で生じているのか、何がそれを引き起こすのかについて調べているところだ。 こうした過剰な免疫反応は、新型コロナウイルス特有のものではないため、既存の治療法の中で有効だと思われるものの目星はついている。 こうした治療法を他の治療薬と合わせれば、回復のスピードを早められるうえ、科学者たちがワクチンの開発を急ぐ間に致死率を下げられるかもしれない。 「それが、このパズルの鍵のようなものです」と、米ワシントン大学の免疫学者マリオン・ペッパー氏は言う。 免疫システムの暴走 人間の体には、侵入した者を発見し退治する方法が用意されている。 サイトカインは、こうした防御反応を調整するにあたり極めて重要なタンパク質だ。 体の防衛軍を結集するために細胞からサイトカインが放出されると、極小の防犯アラームのような役割を果たし、免疫システム全体に侵入者の存在を知らせる。 通常は、サイトカインの情報伝達によって免疫細胞および分子が感染箇所に動員される。 防衛軍を動員する過程で、複数の種類のサイトカインが度々炎症を引き起こす。 当該箇所での脅威が小さくなり始めると、サイトカインによる情報伝達は止まり、防衛軍は撤退することになるのが普通だ。 しかし、サイトカインストームが起こると、「免疫システムが狂ってしまう」と話すのは、米コロンビア大学のウイルス学者アンジェラ・ラスムセン氏だ。 サイトカインのアラームは止まるどころか鳴り続け、不必要に兵士を集め続けて、病原体そのものよりも体にダメージを与えてしまうことがある。 たった一人の暗殺者を捕らえるために大軍を送るようなものだ。 しまいには体全体が戦場と化してしまう。 サイトカインストームが起こると、血管が大量の免疫細胞で詰まって交通渋滞のようになり、臓器に酸素や栄養分が届かなくなってしまうことがある。 また、感染した細胞に向けられたはずの毒性を持つ免疫関連分子が、血管から漏れ出て健康な組織を損傷してしまうこともある。 場合によっては、こうした分子の渦が呼吸困難を引き起こす。 サイトカインストームが止まらない限り、患者は組織を損傷し、臓器不全を起こし、そして究極的には死に向かうことになる。

次の

【独自】未感染者の半数、すでに免疫?…他のコロナウイルス感染の経験影響か : 医療・健康 : 読売新聞オンライン

コロナ 感染 免疫

・ワクチン接種による獲得 ・自然免疫の獲得 ワクチン接種 現在、ワクチン開発が急がれてはいますが、有効なワクチンの開発にはかなり時間がかかるものと考えられています。 また、インフルエンザ同様、ウイルス変異が盛んにおこなわれると、ワクチン株の種類を工夫しなければ、ワクチン接種が有効に働かない可能性もあります。 自然免疫 新型コロナウイルスには多くの人が感染しています。 この記事を記載している時点で、国内感染者は約1万人強、世界では約203万人が罹患しています。 重症、軽症にかかわらず、感染者は免疫を獲得します。 免疫獲得の有無は抗体の測定により明らかになります。 主にIgG抗体価が重要な指標になります。 IgM抗体とIgG抗体 血中抗SARS-CoV-2抗体の測定方法にイムノクロマト法というものが有ります。 血中に抗体が誘導されるには1週間ほどの時間を要します。 発症1週間後あたりからIgM抗体とIgG抗体が検出され始めます。 発症2週間頃では約6割にIgM抗体が、9割以上にIgGが検出されます。 IgMが検出された例ではすべてIgGが検出されています。 このIgG抗体はCOVID-19にウイルス特異的な抗体では有りませんが、COVID-19の感染により2週間ほどで検出される抗体でもあります。 新型コロナ「抗体検査」 感染初期「IgM陽性・IgG陰性」 感染中 「IgM陽性・IgG陽性」 免疫獲得「IgM陰性・IgG陽性」 集団免疫とは 個人免疫 個人が免疫獲得することで、同じ種類のウイルス感染は起こりにくくなります。 つまり、個人の防衛力が強化されるのです。 免疫を獲得している人にウイルスが侵入しても、体内での増殖が阻止され、ウイルスが消滅するのです。 しかし、免疫を獲得していない人は感染後にウイルスが体内で増殖し、感染症を発症します。 今回の新型コロナウイルスに置き換えれば、 SARS-CoV-2の感染により、 COVID-19が発症するのです。 感染者は SARS-CoV-2を咳やくしゃみ、ウイルスが付着した手や衣類をを介して、他の未感染者にウイルスを伝播させ、感染が広がっていきます。 個人免疫の獲得は感染者との接触において、個人を守ることのみ有効であり、免疫を獲得していない者には容易に伝播されます。 集団免疫の有効性 個人が免疫を獲得しても、周囲に非免疫獲得者が多数存在すれば、感染症は広がっていきます。 現在の COVID-19禍が正にその状況です。 そこで、 免疫を獲得した人のみ存在する100人の集団がいると仮定してみましょう。 感染者1人がその集団の中に入り込んでも、感染は広がりません。 一時的に SARS-CoV-2が複数の免疫獲得者の体内に侵入することは有りますが、免疫の働きでウイルスは増殖せず、消えていきます。 免疫獲得者の身体自体が、ウイルスを消滅させる機能を有しているからです。 集団の免疫獲得率が100%の場合、このような状況で、全く COVID-19の発症は広がりません。 この確率が80%、60%、40%…と低下するにつれ、感染の広がりが大きくなっていきます。 これが 集団免疫の効果なんです。 現在、抗体を有している人はほとんどいませんので、容易に クラスターが各地で発生している訳です。 免疫獲得率が向上することにより、非感染者にウイルスが届きにくくなるのです。 他の感染症での事例 2019年麻疹の流行 2019年の春頃、麻疹(はしか)が大流行しました。 麻疹ワクチンの接種の歴史を見ると、1966年以前の接種はなく、1966年から1969年にかけて副作用がある質の悪いワクチンの接種時期を経て、1969年以降、生ワクチンの接種が始まり、1978年に法定接種が始まりました。 当時は1回接種のみで、完全に免疫獲得が出来ず、2006年より2回接種が始まっていますが、2回目の接種率はスタート時において100%では有りませんでした。 2019年の大流行では2回接種の開始前後の20歳以上の感染が多くみられています。 集団免疫の獲得が不十分であった結果です。 2018年風疹の流行 風疹ワクチンは1977年から中学生女子のみ摂取され、1995年までこの状況が続きました。 1995年以降は男女の接種が始まり、非接種者の追跡も行われましたが、不完全でした。 なお、高齢者は自然免疫を獲得している人が多数いるため、流行にはならなかったと考えられます。 当時は妊娠の可能性のある配偶者への感染を防止するために30歳代の男性へのワクチン接種が呼びかけられました。 内部リンク.

次の