せい はいはい どく とう 漢方。 桜の漢方 「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」 で肌を美しく。

【新型コロナウイルス肺炎】(5)清肺排毒湯の入手法

せい はいはい どく とう 漢方

新型コロナウイルス肺炎について、日本では検査してもらえない、検査しても陽性適中率が不確かだ…との情報があり、ツイッターでも肺炎の症状があっても検査をしてもらえず、自宅療養している…というようなツイートを何度か見かけた。 そうした中… 【既存の薬と中国医学の伝統薬、新型肺炎に効果あり 専門家】 10省57病院で701人の患者に「清肺排毒湯」を投与し観察した結果、130人が治愈・退院、51人は症状がなくなり、268人は症状が改善、212人は症状が安定し悪化しなかったという。 そこで、この清肺排毒湯を日本でも入手できるのか?どこに行けば販売しているのかを調べてみました。 【目次】• (1)清肺排毒湯の処方 アマゾンで「清肺排毒湯」を探してもありませんでした。 つまり売薬として商品化されているものではありませんので、調合してもらう必要があります。 以下、抜粋し日本語訳をつけてみました。 麻黄(マオウ)…………………9g• 炙甘草(シャカンゾウ)………6g• 杏仁(キョウニン)……………9g• 生石膏………………………15-30g 先煎• 桂枝(ケイシ)…………………9g• 沢泻(タクシャ)………………9g• 猪苓(チョレイ)………………9g• 白术(ビャクジュツ)…………9g• 茯苓(ブクリョウ)……………15g• 柴胡(サイコ)…………………16g• 黄芩(オウゴン)………………6g• 姜半夏(キョウハンゲ)………9g• 生姜(ショウキョウ)…………9g• 紫菀(シオン)…………………9g• 冬花(款冬と思われ。 後注)…9g• 射干(ヤカン)…………………9g• 細辛(サイシン)………………6g• 山薬(サンヤク)………………12g• 枳実(キジツ)…………………6g• 陳皮(チンピ)…………………6g• 以上、薬品のことになるので、あくまでもご参考まで。 詳しくは漢方医と御相談ください。 (2)「清肺湯」との違い こちらで聞き込みを重ねている内に、 「それは 清肺湯(せいはいとう)ではないのですか」 …と何度か言われました。 麦門冬 バクモンドウ• 天門冬 テンモンドウ• 杏仁 キョウニン• 桔梗 キキョウ• 貝母(バイモ)• 桑白皮(ソウハクヒ)• 陳皮 チンピ• 黄ごん オウゴン• 山梔子(サンシシ)• 当帰 トウキ• 茯苓 ブクリョウ• 五味子(ゴミシ)• 竹ジョ(チクジョ)• 大棗(タイソウ)• 生姜 ショウキョウ• だから、名前は似ているし、中身も被っているけど、「清肺湯」と「清肺排毒湯」は 別物として認識する必要があります。 (3)「漢方薬局」と「漢方クリニック」 調合が必要な漢方薬の入手方法としては、• 漢方薬局• 手っ取り早くいえば、• 漢方薬局(自由診療、保険適用外、早い)• 漢方クリニック(保険適用される、遅い) …ということになります。 そこで実際にある漢方クリニックに連絡して診療と清肺排毒湯の有無、費用などを聞いてみたとこと、次のようになりました。 (4)漢方クリニックは時間がかかりすぎる 漢方クリニックで伺った話の内容をまとめると…• まずは問診を受ける。 それから予約を取って漢方医に診断してもらう• そこに至るまでが今すぐから動いても3月中旬頃• 保険3割負担の場合、初診料は1120円。 清肺排毒湯をお出しするかは症状を見てからの判断• 状況によっては他の薬をオススメするかも知れないし、清肺排毒湯に合わせて別のお薬を一緒にお出しするかも知れない。 …という状況なので、いま熱を出して、咳が出て、気分が悪い…新型コロナウイルス肺炎じゃないか?どうせ保健所は検査もしてくれない!じゃあ、ネットで話題になっている「清肺排毒湯」をゲットだぜ!と思って、漢方クリニックにすぐ行っても、2週間近く過ぎないとお薬はいただけません。 …というわけで、急ぎの人は漢方薬局を利用するのが現実的な選択肢となります。 (5)漢方薬局に聞いてみたところ… 漢方薬局をいくつか当たって見ましたが、現段階でわかっていることをまとめると次のようになります。 基本的に、清肺排毒湯のことを知らない。 「清肺湯のことでは?」と言われる。 処方などを伝えて話を伺うと「作れるが、全ての材料があるのか確認してみないと…ないものは取り寄せる必要があるのでちょっとお時間ください」とのこと。 費用は全ての薬材が揃わないと答えられない。 …とお答えいただきました。 私が聞いたのは全て日本人がやっている漢方薬局なので、清肺排毒湯はあまり認知されていないのかも。 中国人や華僑の人がやっている漢方薬局を当たれば、話は早いのかも知れません。 ただ、話を伺った漢方薬局の1つで、 「 清肺排毒湯でなくても、肺炎やその症状を抑えたいのなら、他の漢方薬でも良いのでは?」 との回答がありました。 確かに「気管支喘息、気管支炎、肺炎など」に適応するとあります。 とはいえ、ちょっと待て 私もなんだかんだで、長く中国と関わっておりまして、体調を崩したり、風邪を引いたりすると、中国や香港の友人から、漢方薬を勧めてもらうことがあり、何度か服用したことがありました。 漢方薬はその人の体調などにも合わせて出されるものなので、素人がネット通販で適当に選んで買って飲んで…というのが本当に良いことなのか、ちょっと判断できません。 というより、それはしない方が良いのでは。 上掲の 麻杏甘石湯や 小柴胡湯のウィキペディアの中身をよく読んで欲しいのですが、何かといろいろ書いているでしょう?やっぱりちゃんとした漢方医なり専門家の意見を聞いてから服用するのが無難に思います。 とはいえ、漢方クリックは時間がかかりすぎて急ぎの用に間に合わない。 でしたら、少なくとも漢方薬局に行って、ちゃんと相談の上で体質や症状にあったお薬を選んでもらった方が良いように思いました。 以上、ご参考になれば幸いです。

次の

【新型コロナウイルス肺炎】(5)清肺排毒湯の入手法

せい はいはい どく とう 漢方

人物紹介 木一郎(もくいちろう) 三人兄弟の長男 代謝系が弱りやすい木タイプ 几帳面で気質、理論的だが怒りやすい面も。 仕事大好きで競争に強い。 鍼灸用品や漢方薬を販売する会社の経営者で金代と水太の上司。 金代(かなよ) 二人姉妹の下 呼吸器系が弱りやすい金タイプ マイペースで職人気質、とにかくこだわりが強い。 友達は少ないが深い付き合いで寝るのが大好き。 木一郎の鍼灸用品の会社で働いている。 澤楽に灸のツボを習っている 水太(みずた) 二人兄弟の下 泌尿器系が弱りやすい水タイプ とにかく行動的でじっとしていない、意外にビビりな面もあり、新しいことを始めたいが始めるまでに時間がかかる。 木一郎の会社に勤務。 スマート筋トレを実践しており、通販が大好き。 適当に試しちゃダメなのだよ 清肺排毒湯とは いまだに特効薬が開発されていない新型コロナウィルスに、漢方薬が成果をあげたとの報告がされました。 SARSが流行った時にも、という漢方薬が成果をあげたと話題になっています。 今回、新型がウィルスに効果があったとされるのは清肺排毒湯 せいはいはいどくとう です。 中国で、新型コロナウイルス対策専用の中医薬として新しく調合され、• 射干麻黄湯 やかんまおうとう• 五苓散• などが組み合わされています。 日本では発売されていませんが、清肺湯 せいはいとう という漢方薬は販売されています。 清肺湯は、昔から慢性的な呼吸器疾患に用いられてきた漢方薬で、肺に溜まった熱を発散させるのに使われていました。 今回の新型コロナウイルスは、東洋医学から見ると寒湿が原因と考えられ、足元は冷えて肺に熱が溜まっていると考えられます。 そのため、体温の調節が苦手で冷えのぼせを起こしやすい老人が重症化しやすく、汗をかいたり話したりして熱を発散できる若い人が無症状になりやすいのが特徴です。 熱を発散し足元を温めると同時に、水分不足にならないようにしっかりと水分補給をすることも大切です。 あとは、基本的には普通の風邪の対処と同じなので、体力を蓄えれば肺炎は根治出来ます。

次の

【新型コロナウイルス肺炎】(5)清肺排毒湯の入手法

せい はいはい どく とう 漢方

これを書いてるのは日曜なのですが、 町に出ても人がほとんどいないですね。 唯一人が集まるのはスーパーくらいですかね。 やっぱり皆んなマスクして、予防をしっかりしてて偉いですよね。 でも、思うのですが、 「コロナがマジで怖い。 」 って思ってる人ってどれくらいいるのかなと。。 ・・・ 僕なんかは、 「季節性のインフルエンザ」程度に考えてるのですが 予防はするけど過度に心配することはない。 と思って生きています。 なぜそう言えるかと言うと、数字をみると コロナの致死率はそれほど高くないからです。 恐らく日本ではさらに数字は低いはずです。 コロナの数字に基づく話をします。 僕はどちらかと言うと 「予防」や「免疫を維持する=体温を下げない」ことに 日々気をつけてたりするのですが、、 できるだけ自然の食品で、健康を維持することをやっています。 今回はその一つをご紹介するのですが、 「マヌカハニー」ってありますよね。 これは、ニュージーランド産の「はちみつ」ですが、 ヨーロッパなど(たしかドイツあたり)では、 風邪をひいたら、お医者さんで処方してくれます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 自然の殺菌成分なので、夜歯磨きをした後でも舐めて寝てもOKです。 「虫歯にならないの?」 と思うかもしれませんが、舐めると口の中のバイ菌を殺菌してくれます。 ・・なので、味も美味しいので、日々の予防として マヌカハニーは一つの選択肢としてありだと思います。 ぜひ試してみてください。 ・・・ ・・・ さて、ここからはちょっと摩擦がありそうなネタなのですが・・ <コロナに漢方薬>は、実際に効果があるのかどうか。 これって気になるところだと思います。 たとえば、 中国なんかでは、西洋医学よりも、中国医薬(漢方薬)を優先的に使います。 積極的に現場で使うよう政府が主導した。 既に2月19日には国家中医薬管理局が,10省57病院で確認されたCOVID-19患者701例に対する「清肺排毒湯」の治療成績を発表している。 それによると130例が治癒・退院し,51例は症状が消失,268例は改善,212例は悪化しなかった。 政府として『清肺排毒湯』の使用を推奨し、日本の厚労省と国立感染症研究所にも報告している。 この、「清肺排毒湯」(せいはいはいどくとう) がどうやら中国、日本ともに推奨しているみたいですね。 ただ、これって検索しても「清肺排毒湯」っていう商品は出てこないのですね。 (その代わり、調合方法は出てきます。 ) ただし。 その代わりと言ってはなんですが、 お医者さんが実際に薦める、「コロナに使う漢方薬」というものがあります。 これはお医者さんで処方もしてくれますし、 普通にアマゾンでも買えます。 僕と家族は、万が一コロナにかかった時に備えて、 この漢方薬を常備しているのですが・・ まあ、こういったモノがあると、 家族の精神的ストレスは柔らぎますよね。 なのですが、具体的な漢方の名前を出すと、 薬事法だとか、 商品買占めとか、 面倒なことがあったりするので、 ここで明言するのは避けておこうと思います。 もし、詳しく知りたい方がいたら、 こちらから専用メールに登録しておいてくださいね。 ・助成金や融資、国の補償・・なんかの最新情報を配信する予定です。 オンタイムで参加できなくても、音声は渡せると思いますので 気になる方は上のページから参加しておいてください。 それでは! 瀬名.

次の