クーラー hitachi。 スポットクーラー人気ランキング公開!メリット・デメリット【家庭用・業務用】

スポットクーラー人気ランキング公開!メリット・デメリット【家庭用・業務用】

クーラー hitachi

本サイトのサービスについて• 当社、または空調・冷凍製品の製造元である日立ジョンソンコントロールズ空調は、 本サイトに公開している各種資料の著作権を有します。 本サイトに公開している各種資料は日本国内仕様です。 本サイトに公開している各種資料の正確性には万全を期しておりますが、 各種資料の利用によって生じたいかなる損害・損失について責任は負いかねます。 当社の許可なく本サイトに公開されている各種資料の内容の全部、または一部を複製、改変し、 第三者に提供または販売することを禁じます。 本サイトのサービスは、予告なく中止、内容の変更をする場合がございます。 また、本サイトに掲載されている情報は、予告なしに追加、変更または削除することがございます。 本サイトでは、現行品から生産が終了となっている過去に発売した製品の各種資料もご提供しております。 本サイトに公開されている各種資料は、原則として製品が発売された当初のものを掲載しています。 しかし、その後、内容に変更があった場合は、最新の各種資料と差し替えて掲載する場合がございます。 お客様がお手元にお持ちの各種資料の内容と相違がある場合がございますので、 本サイトで公開の各種資料で解決しない事項がございましたらご購入の販売店、日立特約店、 または弊社技術相談センターまでお問い合わせください。 本サイトのサービスにかかわる損害について• 当社は、本サイト内のサービスのご利用によって生じたいかなる損害または損失について、また本サービスを利用できなかったことによって生じた損害または損失についても、一切の 責任を負いませんことをご了承ください。 価格表記について• 本サイトで公開の価格は事業者様向けの積算見積価格であり、一般消費者様向けの販売価格ではありません。 なお、積算見積価格には、消費税・配送費・試運転調整費・配管セット・工事費・使用済み商品の引き取り費などは含まれておりません。 あらかじめご了承ください。 クッキーについて• 本サイトはより良い閲覧環境を実現するため、クッキーを使用しております。 当社のプライバシーに関する注意事項に記載されている通り、「承認する」をクリックすることで、 お客様は このデバイス上でのクッキーの使用に同意することになります。 承認頂けないとクリップリスト・閲覧履歴機能はご利用頂けません。 お問い合わせについて 製品ご使用時の安全のご注意• 各種説明書中に記載する安全上のご注意は、法的規制などの変化に応じて変更する場合があります。 お手持ちの製品に関し、本サイトに公開されている各種説明書に記載の安全上の ご注意についてのご質問等がありましたら、ご購入の販売店、日立特約店、または弊社技術相談センターまでお問い合わせください。 推奨環境について• 0以上• その他のブラウザもご利用いただけますが、全てのコンテンツ及び動作を保証するものではありません。 ご了承ください。 の登録商標です。 の商標または登録商標です。 この「ご利用規約」ページから先に進めない場合はの内容をご確認ください。 あらかじめご了承ください。

次の

HITACHI PCクーラー純正HITACHI CPUクーラー

クーラー hitachi

ちなみにスポットクーラーは呼び名がいくつかあり、 スポットエアコンなどと呼ばれたりする。 暖房機能も付いている場合はスポットエアコンが正しいが、 明確な決まりがないので呼びやすいほうで大丈夫だ。 家電量販店に足を運ばれた際は「家庭用の(スポットエアコン or スポットクーラー)ありませんか?」と尋ねていただけたらすぐわかるかと思います。 スポットクーラーのメリット・デメリット エアコンとスポットクーラーの違いが分かったところで、スポットクーラーのメリットとデメリットをまとめてみました。 スポットクーラーのメリット• ちゃんと冷たい風が出る エアコンと同じくコンプレッサーが内蔵されておりますので、冷風扇とは異なり涼しい風が体感ではっきりと分かります• エアコンの取り付けが難しい部屋でも使用可能 賃貸だったり様々な理由で取り付けが難しい場合でも簡単に設置して使用できます スポットクーラーのデメリット• 排熱などの処理を適切に行わなければならない 吸気・排熱の処理を適切に行わないと部屋が涼しくなりません。 本体が結構高い エアコンよりも冷房能力が劣りますが、エアコンと同じくらいの値段がします。 ドレンタンクにたまる水を捨てなければならない 除湿の過程でたまる水をすてる必要がありますが、冷房時は排気と一緒に水分を屋外へ放出するノンドレンタイプもあります。 (暖房モードの場合は水を捨てる必要があります。 また部屋の湿度が異常に高い場合はノンドレンタイプでも排水処理が必要になります。 サイズが結構大きく、重量もある コンプレッサーを内蔵していることもありサイズが結構大きいです。 また、重さも30kgほどあります。 この点は間違った記述です。 エアコンはヒートポンプの名の通り、熱のみを室内外で冷媒を介してやりとりしています。 冷房の場合、室内機側の熱交換器で室内の空気から熱を奪い、冷たくして再度室内に戻します。 奪った熱は冷媒によって室外機側に運ばれます。 室外機は外気を取り込み、熱交換器によって室内で奪った熱も上乗せして再度外気として放出します。 このように屋内と屋外で空気自体は隔離されており、屋外の空気が屋内に運ばれたり、屋内の空気が屋外に運ばれたりすることはありません。 ばぶびー スポットクーラーは、部分的に周囲より冷たい空気を当てるのが目的で、ルームクーラーと冷房能力の数値が同程度であっても、室内の気温を下げる能力はルームクーラー程無い事を皆さんに知って欲しいです。 一般的なルームクーラーと一般的なスポットクーラーについて説明します。 ルームクーラーは、体積を小さくする事で熱くなった冷媒を室外機のフィン付きパイプへ、体積を大きくする事で冷たくなった冷媒を室内機のフィン付きパイプへ流します(暖房は逆)。 ルームクーラーは熱い室外機のフィンに室外の空気を通して冷媒を冷却し、冷たい室内機のフィンに室内の空気を通して室内の空気を冷却します。 対してスポットクーラーは、熱いフィンにも冷たいフィンにも室内の空気を通しますので、加熱された空気を室外に排気したとしても、それは冷却した室内の空気を排気しているため、スポットクーラーはルームクーラー程は室内の気温を下げる能力が無いのです。 スポットクーラーを室外に置いて冷たい空気を室内に取り込んだ場合は、熱い室外の空気を冷却して室内に取り込むため、やはり室内の気温はあまり下がりません。 ルームクーラーは室内の空気と室外の空気が遮断されている、スポットクーラーは遮断されていないというのが大きな差です。 冷房能力は、冷たいフィンを通した空気から取り除く熱量であって、室内の気温を下げる能力とは限りません。 コンプレッサを動かすことによる発熱などもあるため、閉め切った部屋でスポットクーラーを運転するとかえって気温が上がる例もあるようです。 少しでも室内の気温を下げたいならば、天井など室内の気温が高くなる場所から吸気を行い、温風は室外へ、冷風は吸気場所から離れた場所に行くようにする事をお勧めします。

次の

エアコン(クーラー)の電気代、1時間いくら?高い理由は?

クーラー hitachi

ちなみにスポットクーラーは呼び名がいくつかあり、 スポットエアコンなどと呼ばれたりする。 暖房機能も付いている場合はスポットエアコンが正しいが、 明確な決まりがないので呼びやすいほうで大丈夫だ。 家電量販店に足を運ばれた際は「家庭用の(スポットエアコン or スポットクーラー)ありませんか?」と尋ねていただけたらすぐわかるかと思います。 スポットクーラーのメリット・デメリット エアコンとスポットクーラーの違いが分かったところで、スポットクーラーのメリットとデメリットをまとめてみました。 スポットクーラーのメリット• ちゃんと冷たい風が出る エアコンと同じくコンプレッサーが内蔵されておりますので、冷風扇とは異なり涼しい風が体感ではっきりと分かります• エアコンの取り付けが難しい部屋でも使用可能 賃貸だったり様々な理由で取り付けが難しい場合でも簡単に設置して使用できます スポットクーラーのデメリット• 排熱などの処理を適切に行わなければならない 吸気・排熱の処理を適切に行わないと部屋が涼しくなりません。 本体が結構高い エアコンよりも冷房能力が劣りますが、エアコンと同じくらいの値段がします。 ドレンタンクにたまる水を捨てなければならない 除湿の過程でたまる水をすてる必要がありますが、冷房時は排気と一緒に水分を屋外へ放出するノンドレンタイプもあります。 (暖房モードの場合は水を捨てる必要があります。 また部屋の湿度が異常に高い場合はノンドレンタイプでも排水処理が必要になります。 サイズが結構大きく、重量もある コンプレッサーを内蔵していることもありサイズが結構大きいです。 また、重さも30kgほどあります。 この点は間違った記述です。 エアコンはヒートポンプの名の通り、熱のみを室内外で冷媒を介してやりとりしています。 冷房の場合、室内機側の熱交換器で室内の空気から熱を奪い、冷たくして再度室内に戻します。 奪った熱は冷媒によって室外機側に運ばれます。 室外機は外気を取り込み、熱交換器によって室内で奪った熱も上乗せして再度外気として放出します。 このように屋内と屋外で空気自体は隔離されており、屋外の空気が屋内に運ばれたり、屋内の空気が屋外に運ばれたりすることはありません。 ばぶびー スポットクーラーは、部分的に周囲より冷たい空気を当てるのが目的で、ルームクーラーと冷房能力の数値が同程度であっても、室内の気温を下げる能力はルームクーラー程無い事を皆さんに知って欲しいです。 一般的なルームクーラーと一般的なスポットクーラーについて説明します。 ルームクーラーは、体積を小さくする事で熱くなった冷媒を室外機のフィン付きパイプへ、体積を大きくする事で冷たくなった冷媒を室内機のフィン付きパイプへ流します(暖房は逆)。 ルームクーラーは熱い室外機のフィンに室外の空気を通して冷媒を冷却し、冷たい室内機のフィンに室内の空気を通して室内の空気を冷却します。 対してスポットクーラーは、熱いフィンにも冷たいフィンにも室内の空気を通しますので、加熱された空気を室外に排気したとしても、それは冷却した室内の空気を排気しているため、スポットクーラーはルームクーラー程は室内の気温を下げる能力が無いのです。 スポットクーラーを室外に置いて冷たい空気を室内に取り込んだ場合は、熱い室外の空気を冷却して室内に取り込むため、やはり室内の気温はあまり下がりません。 ルームクーラーは室内の空気と室外の空気が遮断されている、スポットクーラーは遮断されていないというのが大きな差です。 冷房能力は、冷たいフィンを通した空気から取り除く熱量であって、室内の気温を下げる能力とは限りません。 コンプレッサを動かすことによる発熱などもあるため、閉め切った部屋でスポットクーラーを運転するとかえって気温が上がる例もあるようです。 少しでも室内の気温を下げたいならば、天井など室内の気温が高くなる場所から吸気を行い、温風は室外へ、冷風は吸気場所から離れた場所に行くようにする事をお勧めします。

次の