ドラマ ボイス 主題 歌。 ドラマ『ボイス』キャストとロケ地情報まとめ!主題歌はだれ?【2019年夏】

米津玄師、新曲「感電」が金曜ドラマ主題歌 『アンナチュラル』制作チームと再タッグ

ドラマ ボイス 主題 歌

BLUE ENCOUNTが本日6月21日に開催した全国ホール・ツアー"BLUE ENCOUNT TOUR 2019 apartment of SICK S "の中野サンプラザ公演で、7月13日よりスタートするドラマ"ボイス 110緊急指令室"の主題歌を担当することを発表した。 ドラマは主演を務める唐沢寿明が勘と行動力で突き進む凄腕刑事 樋口彰吾を演じ、さらに緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官) 橘ひかりを演じる真木よう子と初共演を果たすタイムリミット・サスペンスとして、すでに多くの注目を集めている。 BLUE ENCOUNTは、このドラマのために新曲「バッドパラドックス」を書き下ろし、ドラマのストーリーに華を添えている。 なお、この「バッドパラドックス」はシングルとして9月11日にリリースされることも決定。 さらにこの初回盤の特典DVDには本日行われた中野サンプラザ公演の様子も収録されるとのこと。 そして、9月25日の千葉LOOKから11月21日のZepp Tokyoまで全国18ヶ所、22公演を行う全国ライヴハウス・ツアーも決定、まずはファンクラブ"LIVER'S CREW"を対象とした先行受付がスタート。 待望の全国ライヴハウス・ツアーだけにこちらも見逃せない。 なおSkream! では、BLUE ENCOUNTのニュー・ミニ・アルバム『SICK S 』に迫るインタビューを公開中。 また、BLUE ENCOUNTが表紙を飾るSkream! マガジン6月号が好評配布中。 今月号も、読み応え抜群の盛りだくさんな内容となっていますので、ゲットはお早めに。 全国のCDショップやライヴハウス、スタジオなどに、順次発送いたします。 なお、店舗、地域によって店着日が異なる場合がありますので、ご了承ください。 が近くにない方や、毎号確実に手に入れたい方のために定期購読も承っております。 詳しくはから。 PREDATOR 2. ワンダーラスト 3. YOLO 5. 幻聴 6. 重厚さや荘厳さを纏った先端のサウンド・プロダクションで高みに到達した前2作「バッドパラドックス」と「ポラリス」から一転、青春感やバンドを始めた頃のようなイノセントなニュアンスと音像がむしろ新鮮な楽曲に。 アニメのストーリーともリンクする、選んだ道が必ずしも自分にとって優位ではない事実と、そんなことにお構いなしに夢に飛び込んだ自分の勇気を並行して描くリアリティ。 それがアレンジやミックスにも結実したことも新章を示している。 (石角 友香) 嵐や暴風の中を突っ切って進むような体感もあり、物理的にはアップテンポだが、大きな意味で"バラード"と呼びたくなる、大きなグルーヴを醸し出している新境地。 "あの日「守る」と決めた/約束はこの胸に"という印象的な歌い出しから、Aメロはむしろ抑制の効いた歌唱が決意を滲ませる効果を発揮し、ラストの"消えそうな希望(ヒカリ)だとしても行け"が、実際に大会場のオーディエンスに届くイメージが湧く。 世界的にも人気のアニメ"僕のヒーローアカデミア"第4期のオープニング・テーマとしても、さらに新たなファンを獲得するであろうスケール感だ。 カップリングの「girl」は一転、モダン・ロックのマナーにアレンジされた淡々とした叙情を描いたスウィートなナンバー。 聴くほどに愛着が増しそうな1曲だ。 辻村勇太のスラップ・ベースと高村佳秀のドラミングが緊迫感を生むイントロからして、従来の16ビート・ナンバーとは異なるテンションを放ち、スリリングな感情を江口雄也のギター・リフやフレーズに託し、田邊駿一はひたひたと迫るトーンで歌う。 さらにサビがファルセットなのも新鮮。 隙間の多いプロダクションが臨場感も生んでいる。 一方、椎名林檎の「ギブス」カバーでは、オリジナルの音像やフレーズを忠実に消化しており、愛の刹那というブルエンではあまり見せない側面に触れられる。 (石角 友香) インディーズ時代以来のミニ・アルバムという形態にエネルギーが凝縮されている。 シリアスなメッセージとラウド/エモと評していいようなサウンドの1曲目「PREDATOR」で、まず今のブルエンがトレンドより己の意思表示を尊重していることは自明だし、メディアやSNSに翻弄される現代の我々の息苦しさを切り取る「 YOLO」もなかなかシリアスでタフだ。 しかし、そのシリアスさは嘆きではなく現実をひっくり返そうとするガキっぽい笑顔も秘めている。 そこが結成15周年、メジャー・デビュー5周年の今、4人が獲得した強さだ。 これまでのブルエン節と言えるビート感や歌詞の世界観を持つ「ハウリングダイバー」や「幻聴」、そして2019年のライヴを観るならマストな「アンコール」まで、最強の解像度だ。 インディーズ時代からの個性のひとつであるソリッドなモダン・ロック感は、ここへきてさらに研ぎ澄まされた音像に着地。 英詞メインであることが、最小限で挟まれる日本語詞の強度をさらに上げている。 さらに辻村勇太(Ba)の大阪マラソン出場を応援する「それでも、君は走り続ける」が表す、積み重ねていくことの意義。 すべてが強くなった4人を実感できる。 (石角 友香) BLUE ENCOUNTというバンドの音楽的な懐の広さと、プレイヤーとしてのスキルやアレンジ力の高さをようやくアルバム単位で痛快なぐらいに表明してくれた! と、思わず笑いたくなる全14曲。 疾走感溢れる序盤のナンバーも、速さの質感が「灯せ」と「RUN」と「コンパス」ではそれぞれ違う。 ミクスチャーを2018年的にアップデートした感のある中盤も「... FEEL? 」と「ハンプティダンプティ」ではグルーヴのタイプが異なり、1曲1曲、4人が楽しんで追求した痕跡がそのままスカッと形になっている印象なのだ。 また、ブルエンの新機軸と言えるシビアな世界を描いた歌詞と、どこかインディー・ロック的なアレンジの「虹」、終盤の一連のラヴ・ソングも驚くほど新鮮。 図太さの意味が更新される作品だ。 加えてアウトロには少々EDMのピースまで聴こえてくる。 遊び心満載で、それこそ歌詞の一節のように"やんちゃに自分(おのれ)奏で"た、痛快極まりないシングル表題曲である。 戦うべき相手、超えていく作品は過去の自分。 ブルエンの表現の深度を表す1枚だ。 (石角 友香) ブルエン初の単独幕張メッセ公演の完全映像化作品。 この日、その場にいたのだが、映像にメッセージを託したシリアスな「THE END」のオープニングや、これまでと違う演出に目を凝らすファンの表情にもブルエンのニュー・フェーズを再確認して瞠目。 しかも4人は終始笑顔。 それも単に無邪気なだけじゃない、バンドの生き残りを賭けた意志が窺える笑顔だ。 出会ったすべての人は必然があり、そのことに対する感謝が飾らない言葉で記された、今、ライヴでもひとつのハイライトを形成しているのがTrack. 1の「さよなら」。 アコースティックなアレンジも堂々とモノにしているあたりに今の4人の胆力を感じる。 カップリングのTrack. 2「Wake Me Up」はメンバーのソロ回しもライヴさながらの迫力で、Track. 3の「The Chicken Song」は初めて江口雄也(Gt)が作詞作曲を手掛けた理屈抜きに楽しめるストレートなポップ・パンク。 曲調は違えど、BLUE ENCOUNTの素直なキャラが滲み出た3曲だ。 (石角 友香) 灯した小さな火を守るような切々とした歌い出しから、その火を聖火台に着火するような展開で聴かせるアルバムのタイトル・チューン「THE END」で、冒頭からこの作品のモチベーションに突き動かされることになる。 立て続けにキャリア最強のエモ/ラウド系な「HEART」で腹の底から揺さぶられ、2016年のシングル4作の配置の完璧さにも唸る。 また、情景が浮かぶリアリティ満載のラヴ・ソング「涙」、「LOVE」や、ティーンエイジャーの気持ちに戻れる「GO!! 」、「スクールクラップ」のブロックも痛快。 また、紆余曲折続きの泣けるブルエン・ヒストリーをヒップホップ調のトラックに乗せた「city」は、さりげないが自然と感情が揺さぶられる。 最も注目を集める今、露骨すぎるほど率直なアルバムを作ったブルエンに拍手を。 (石角 友香) ラウド/エモ寄りの楽曲も今のBLUE ENCOUNTが鳴らせば、もはやジャンルというより曲の純粋な強度で幅広いリスナーに届くことを証明するような表題曲「LAST HERO」。 初回生産限定盤のカップリングにはまっすぐに頂上を目指せと歌う「WINNER」、知る人ぞ知るインディーズ時代からの人気曲「夢花火」のピアノ&ストリングス・バージョンも収録。 通常盤のカップリングには早くも武道館公演で披露された「ANSWER」と「YOU」のライヴ音源を収録。 特にストリングスとコラボした「YOU」の田邊のヴォーカルに思わず息を呑む、武道館公演のひとつのハイライトと言えるだろう。 (石角 友香) いよいよ10月9日の日本武道館公演を目前に控え、ブルエンのライヴ未体験者にも、その本質が伝わる選りすぐりのライヴ映像集がドロップ。 古くは2013年の渋谷O-WEST公演から、まだ記憶に新しい6月の新木場STUDIO COAST公演まで、主なワンマン・ライヴから現在のライヴでの代表曲がスピーディな編集でコンパイルされている。 ユニークなのは時系列での並びでないこと、そしてあくまでも演奏シーンにこだわった内容ということ。 しかし、時折挟まれるファンの感極まった表情や、ステージ上のメンバー以上に熱く歌う表情などが、ブルエンのライヴを雄弁に語る。 "この空間に参加したい"、そんな渇望を生むリアルな映像だ。 (石角 友香) 結成したばかりのバンドのような爆発力と、実はその疾走感の裏に結成からの13年分のスキルがぎっしり詰め込まれた「だいじょうぶ」。 歌始まりの"あなたを待ってた/ぼくらは待ってた"から無性に走り出したくなるし、全面的にあなたの存在意義を肯定する田邊のヴォーカルも演奏も、すべてが歌い叫んでいる。 2016年の今だからこそ録れた必然のテイクと言えるだろう。 カップリングもスキルと熱量が見事に同居。 Track. 2「S. B」は激しいリズム・チェンジや、シーンがガラッと変わる怒涛の1曲。 粘着質な歌の主人公のパラノイアックな精神状態をそのまま凝縮したような絶叫マシン級ナンバー。 Track. 3は笑顔でジャンプする光景が目に浮かぶショート・チューン「GO!! 武道館ライヴの山場にセットされそうな記念碑的な曲揃い。 (石角 友香) 早くも4作目となるシングルは、アニメ"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"のオープニング・テーマ。 アニメが描く、前世代の悪しき遺物を若い世代が覆していくというストーリーが、ラクな道のりではなかったバンド活動を経て、しかし共にいるファンや仲間と固い意志で結びつき、各々の毎日を戦う、そんな彼らのイメージと恐ろしくリンクする。 パッと聴きはストレートなサウンドだが、16ビートの様々な解釈、Cメロに乗る"生きて生きて生きて/友を守るその手は/人類史上最強の武器だろ?"のカタルシスは圧倒的。 また、対照的に生のドラムを取り込んで縦にきっちり揃えたビート感が2ビートでありつつ、クールなイメージを喚起する、カップリングの「HOPE」も、新しいチャレンジとして聴き逃せない。 (石角 友香) "第94回全国高校サッカー選手権大会"の応援歌のために書き下ろした「はじまり」は"確かに僕たちはあの場所に居た"という田邊のヴォーカルから回想するスタイルを持つ、自分自身の苦い10代の思いを含んだリアルな歌だ。 求心力を増してきたタイミングで大きなグルーヴを持つバラードにチャレンジしていることも聴きどころで、しかも彼らのエモい部分を損なうことのないアレンジに成功。 一転、バンド活動を続ける中で受ける必ずしもポジティヴなことばかりではない言葉から生まれる感情を変幻自在なファスト・チューンに落とし込んだ「パラノイア」が好対照。 (石角 友香) クソったれなのは世の中なのか自分なのか...... 悩む"みんなの隣"で歌うブルエンが、悲しみを突破する手法としてハードなマイナー・チューン以外の表現力もアップデートし、メジャー初のフル・アルバムに着地。 歓喜に溢れたアルバムに仕上がった。 あらゆる感情にコミットし得るキャラクターと真心の籠もった曲が揃う。 (石角 友香) ブルエンのメジャー第2弾シングルは、すでにオンエアされて話題の人気アニメ"銀魂゜"のオープニング・テーマ。 TVサイズでのサビ始まりとはまた違う、孤独を抱えつつ飛び出したい衝動を抱えた主人公の心象にリンクしていくようなAメロ、Bメロ、そして目の前の光景がパッと開けるような転調するサビの突破力が快感だ。 中間部には田邊のラップとミクスチャー系のアレンジも聴ける、スピーディでありながら起伏のある展開も楽しめる1曲。 全編日本語詞における躊躇のなさも、さらに高まってきた印象だ。 もう1曲の「AI」はライヴ・バンド、ブルエンのこれからがさらに期待できるスケール感とソリッドさを兼ね備え、ひたすら頂点に向けて全力で疾走する演奏の熱量に巻き込まれたい。 (石角 友香) 爆発するサビへの最短にして最良の歌始まり。 1度耳にすればほぼ自動的に"もっと光を"というサビが脳内ループする。 それだけ田邊の中でごく自然に同時発生した言葉とメロディだったのだろう。 光に向かってどこまでも走れそうなビートとリフのスピード感、同時に光に照らされるようなサウンドの輝度の高さも両立したギター・ロック/エモをポピュラーに昇華したこれからのブルエンのアンセムになりそうなタイトル・チューン。 カップリングはおのおの異なる表情を見せ、トライヴァルでダンサブル、歌詞は過去の自らを笑える余裕を見せる「ワナビィ」、ノン・エフェクトで乾いた音像から始まりダイナミズムを増していく「LIFE」と同じ方向性はない3曲。 このバンドの振り幅の広さを端的に理解できる。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の

ボイス110緊急指令室・主題歌の歌詞とオープニング曲やサントラ(BGM)を総まとめ!

ドラマ ボイス 主題 歌

クライシスタイム内に人々を救うため 緊急指令室(現在の110番)内に 新たに独自の捜査ユニットが創設された。 その名は… 「ECU(Emergency Call Unit)」。 港東署ECU緊急出動班・班長。 かつては凄腕の刑事。 性格は情熱的で、時には感情任せで動いてしまうが、 情に厚く後輩たちからも信頼される昔気質な男だった。 3年前、正体不明の暴漢により妻を撲殺される。 妻は殺害される前、 樋口に助けを求める電話をかけていたが、 仕事中だった樋口はそれに気づかなかった。 一番愛する人を守れなかった悲しみは 樋口の心に重い十字架となって残り、 酒を飲んでは妻の幻影に涙する日々が続いた。 そんなある時、緊急指令室の中に新たに ECU(Emergency Call Unit)が発足。 そのメンバーに樋口が召集された。 しかし、その室長が、3年前の妻が亡くなった事件で 通報電話を受けた橘ひかりだと知り、 樋口はチームに入ることを頑なに拒む——。 橘ひかり:真木よう子 父を殺された声紋分析官。 港東署ECU・室長。 ボイスプロファイラー。 幼少期、事故で目をケガしてしまったが、 同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じた。 警察大学を首席で卒業した後、 緊急指令室で働いていたが、ある日、 ひかりが受けた電話で通報をしてきた女性(樋口の妻)が 電話口の向こうで正体不明の暴漢に無残に殺される。 さらにその後、現場付近を巡回していた警官だった父親も 同じ男に撲殺されてしまう。 助けを求めている人が、 自分と電話でつながったすぐ先にいるのに、 何もできなかったという失意と悔しさに苛まれるひかりは、 やがてボイスプロファイルの専門家となる。 「緊急指令室」の室長に就任したひかりは、 室内に独自の捜査チーム ECU(Emergency Call Unit)を新設する。 石川透:増田貴久 樋口を兄貴と慕う若手敏腕刑事。 港東署ECU緊急出動班・捜査員。 もともとは強行犯係に在籍し、 当時係長だった樋口(唐沢寿明)のことを 今でも「兄貴」と呼び、大変慕っている。 樋口のECU(Emergency Call Unit)配属とともに、 自らも配属となる。 主に現場で樋口とともに捜査活動にあたり、 樋口としても心を許せる存在。 ひょうひょうとしており、現場のムードメーカー。 だが、腕っぷしは強い。 沖原隆志:木村祐一 樋口の同期。 人情味あふれるベテラン刑事。 港東署・強行犯係・係長。 樋口と同期で、 かつてコンビを組んで数々の事件を解決した。 しかし、ECUができてからは、 強行犯係に先んじて勝手な捜査をする 樋口たちとしばしば対立する。 田所賢一:小市慢太郎 港東警察署・署長。 ひかりからの提案を受け『ECU』の創設を許可するが、 強行犯係を出し抜く勢いで活躍する ECUを次第に苦々しく思いはじめる。 落合智明:安井順平 ECUの頼れる副室長! 港東署ECU・副室長。 元は科捜研で働いていたが、 ECU創設を機にひかりから誘われ共に異動。 時にはひかりの代わりに指令室を指揮する。 ECUメンバーからの信頼は厚く、 温厚な性格だが非常時に慌ててしまうことも…。 緒方拓海:田村健太郎 若きホワイトハッカー! 情報分析のプロ。 交番勤務の警察官だったが、 ホワイトハッカー(セキュリティーの専門家) としての能力を買われ、 ひかりによってECUに異動を命じられる。 主に情報分析を担当。 森下栞:石橋菜津美 語学堪能・頭脳明晰な才女! 県警本部・教養課通訳センター・センター員。 叔母が、樋口たち刑事のいきつけの居酒屋を営んでいる。 幼くして両親を亡くし、 裕福ではない環境で育ったが、 それを跳ね返すように、 勉学に励み警察学校を首席で卒業。 5か国語をマスター。 ひかりからその能力をかわれ、 ECU入りを打診される。 恋愛には全く興味が無く、人当たりも厳しい。 遊んでばかりいる妹のことを心配している。 森下葵:矢作穂香 森下栞の妹。 市内にある企業の派遣社員。 時々、叔母の志津の店でもアルバイトをしている。 明るく奔放な性格で姉の栞とは正反対。 お金や異性関係に少しだらしなく、 たびたびトラブルになることも。 将来設計について口うるさい姉には 辟易しているが心の中では誰よりも 信頼しているお姉ちゃんっ子。 森下志津:YOU 樋口たち港東署刑事が行きつけの居酒屋店主。 幼くして両親が亡くなった 森下栞・葵姉妹の叔母にあたり、 実の母親のように姉妹の面倒を見てきた。 樋口夫妻とは家族ぐるみで付き合いがある。 樋口未希:菊池桃子 樋口の妻。 ソーシャルワーカーとして弱き人々への支援活動をしている。 夫と息子を何よりも大切にしている。 樋口大樹:鳥越壮馬 樋口の息子。 ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の放送日は? 「ボイス 110緊急指令室」の放送日は、 7月13日(土) 毎週土曜 20:00〜 です。 月額933円で配信動画が見放題• 初回14日間無料お試し• 海外ドラマが豊富• 最新の国内ドラマの見逃し配信あり Huluのその他のサービスについては、 以下の記事で詳しく書いています。 出演者や製作者のためにも、 公式で配信されている 動画サイトを使いましょう! ドラマ「ボイス 110緊急指令室」のキャスト出演者やあらすじ・主題歌・見逃し配信は? まとめ ドラマ「ボイス 110緊急指令室」について、 キャストやあらすじやスタッフ、 主題歌や見逃し配信について紹介しました。 最新の情報はで確認してください。

次の

『ボイス 110緊急指令室』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【唐沢寿明&真木よう子ドラマ】

ドラマ ボイス 主題 歌

樋口彰吾(ひぐち しょうご):唐沢寿明• 橘ひかり(たちばな ひかり):真木よう子• 石川透(いしかわ とおる):増田貴久(NEWS)• 沖原隆志(おきはら たかし):木村祐一• 森下栞 もしりた しおり :石橋菜津美• 緒方拓海 おがた たくみ :田村健太郎• 落合智明 おちあい ともあき :安井順平• 田所賢一 たどころ けんいち :小市慢太郎• 森下 葵 もりした あおい :矢作穂香• 森下志津 もりした しづ :YOU• 樋口未希 ひぐち みき :菊池桃子 樋口彰吾(ひぐち しょうご):唐沢寿明 港東署ECU緊急出動班・班長。 かつては凄腕の刑事。 性格は情熱的で、時には感情任せで動いてしまうが、情に厚く後輩たちからも信頼される昔気質な男だった。 3年前、正体不明の暴漢により妻を撲殺される。 妻は殺害される前、樋口に助けを求める電話をかけていたが、仕事中だった樋口はそれに気づかなかった。 一番愛する人を守れなかった悲しみは樋口の心に重い十字架となって残り、酒を飲んでは妻の幻影に涙する日々が続いた。 そんなある時、緊急指令室の中に新たにECU(Emergency Call Unit)が発足。 そのメンバーに樋口が召集された。 しかし、その室長が、3年前の妻が亡くなった事件で通報電話を受けた橘ひかりだと知り、樋口はチームに入ることを頑なに拒む。 唐沢寿明プロフィール 名前 唐沢寿明 生年月日 1963年6月3日 出身 東京都 身長 175㎝ 血液型 A型 職業 俳優 所属事務所 研音 橘ひかり(たちばな ひかり):真木よう子 港東署ECU・室長。 ボイスプロファイラー。 幼少期、事故で目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じた。 警察大学を首席で卒業した後、緊急指令室で働いていたが、ある日、ひかりが受けた電話で通報をしてきた女性(樋口の妻)が電話口の向こうで正体不明の暴漢に無残に殺される。 さらにその後、現場付近を巡回していた警官だった父親も同じ男に撲殺されてしまう。 助けを求めている人が、自分と電話でつながったすぐ先にいるのに、何もできなかったという失意と悔しさに苛まれるひかりは、やがてボイスプロファイルの専門家となる。 「緊急指令室」の室長に就任したひかりは、室内に独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設する。 もともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口(唐沢寿明)のことを今でも「兄貴」と呼び、大変慕っている。 樋口のECU(Emergency Call Unit)配属とともに、自らも配属となる。 主に現場で樋口とともに捜査活動にあたり、樋口としても心を許せる存在。 ひょうひょうとしており、現場のムードメーカーだが、腕っぷしは強い。 叔母が、樋口たち刑事のいきつけの居酒屋を営んでいる。 幼くして両親を亡くし、裕福ではない環境で育ったが、それを跳ね返すように、勉学に励み警察学校を首席で卒業。 5か国語をマスター。 ひかりからその能力をかわれ、ECU入りを打診される。 恋愛には全く興味が無く、人当たりも厳しい。 遊んでばかりいる妹のことを心配している。 石橋菜津美プロフィール 本名 小市 義行 生年月日 1969年2月15日 出身 大阪府大阪市 身長 173. ドキドキハラハラする、魅力がたくさん詰まった作品です。 市内にある企業の派遣社員。 時々、叔母の志津の店でもアルバイトをしている。 明るく奔放な性格で姉の栞とは正反対。 お金や異性関係に少しだらしなく、たびたびトラブルになることも。 将来設計について口うるさい姉には辟易しているが心の中では誰よりも信頼しているお姉ちゃんっ子。 矢作穂香プロフィール.

次の