役立た ず スキル に 人生 を 注ぎ込み 25 年。 役立たずスキルに人生を注ぎ込み25年、今さら最強の冒険譚 2 ガンテツ/著 しゅうきち/原作 peroshi/キャラクター原案 :n34083261:ドラマ書房Yahoo!店

役立たずスキルに人生を注ぎ込み25年、今さら最強の冒険譚 2

役立た ず スキル に 人生 を 注ぎ込み 25 年

まず声を大にして言いたいのは、この作品は圧倒的『ハードボイルドファンタジー』であるということだ。 「チートスキル持ちのおっさんが美少女ハーレム作る話のどこがハードボイルドだって?」と、タイトルだけから判断する方もいるかもしれない。 しかしこのタイトル、良く読み返していただきたい。 『役立たずスキルに人生を注ぎ込み25年~』だ。 25年ですよ25年! いや分かる。 分かりますよ。 「どうせ、これまでろくな努力もせず底辺生活してたおっさんのスキルが突然チートに進化したんだろ」って言うんでしょ。 だから違うって! 『人生を注ぎ込んで』るのよ。 この作品がハードボイルドだと私が言うのは、この『役立たずスキルに注ぎ込んだ25年』の長さ、重み、苦しみ、孤独、悲哀、全てがきちんと描かれ、主人公を支える背景として活きているからなのよ。 幼馴染を助けるという目標に向かってただひたすら『役立たず』と言われるスキルを鍛えるだけの25年間。 底辺冒険者として嘲笑される日々。 しかしこの25年間で主人公は鋼の意志と熟練の技術・知識、そして多くはないが確かな人との絆を結んでいる。 チートスキルを手に入れてから「あの25年は無駄だった」なんてことはまったくない。 むしろ、25年の下積みがチートスキルと組み合わさって最強になる。 さらに、ゲーム的なシステムを内包しつつ、現実的にきっちり構築された世界観が物語に重みを加える。 魔術や怪物、ダンジョンが存在し、それにシビアに対処する人々の世界の存在感があるため、主人公の人生の重さもいっそう際立つのだ。 主人公が鍛え上げたスキルは実際その世界においては最強クラス。 だが、主人公は驕らない、威張らない、調子に乗らないし他人を見下したりもしない。 もちろん、ハーレムを作ろうなんて発想すらない(少女のままの幼馴染にもちゃんと『大人』として対応する)。 ただ、『この先』へ行ってみたいと切に願う。 これがハードボイルドでなくて何だというのだろう。 たまには大人向けのブラックコーヒーをしみじみ味わいたいという方、おすすめです。 新型コロナの影響による外出自粛の五月連休はラノベの読み漁りで過ごした。 まぁ、正直ラノベだけに碌な作品はなかったが、この作品はそこそこ愉しめた。 ありがちな冒険モノに、これまた昨今ありがちな年配冒険者の主人公というパクリ感半端ないありがちな粗悪乱造のラノベらしい過ぎる作品だが、ちょっとだけ悲劇要素のスパイスが効いていた。 まぁ、それもありがちといったらありがちだけどね。 逆に言えば、ありがちな素材の寄せ集めで予定調和を崩さなかったのが良かったとも言える。 定番、料理メニューに下らないユニークアレンジを施して台無しにしなかったって感じだろうか。 結果、悲劇要素のスパイスが読了感として残った。 続けて二巻目も読んでいるが、路地裏居酒屋?チョイ亭での下らない美食?談義みたいなユニークアレンジというか水増し目的の助長な作文が出来ていてて辟易する・・・そろそろ切ろうかと思っている。 美食が堪能したければ自分で飲み食いに出る。 そんなマスターベーションみたいな読書をラノベに求めてはいない。 その自慰描写で主人公達の何が描けたというのか理解に苦しむ。 (特に今回は新型コロナの影響による外出自粛の五月連休で暴飲暴食、飽食、食傷気味なので胸焼けがして読み飛ばす).

次の

役立たずスキルに人生を注ぎ込み25年、今さら最強の冒険譚

役立た ず スキル に 人生 を 注ぎ込み 25 年

まず声を大にして言いたいのは、この作品は圧倒的『ハードボイルドファンタジー』であるということだ。 「チートスキル持ちのおっさんが美少女ハーレム作る話のどこがハードボイルドだって?」と、タイトルだけから判断する方もいるかもしれない。 しかしこのタイトル、良く読み返していただきたい。 『役立たずスキルに人生を注ぎ込み25年~』だ。 25年ですよ25年! いや分かる。 分かりますよ。 「どうせ、これまでろくな努力もせず底辺生活してたおっさんのスキルが突然チートに進化したんだろ」って言うんでしょ。 だから違うって! 『人生を注ぎ込んで』るのよ。 この作品がハードボイルドだと私が言うのは、この『役立たずスキルに注ぎ込んだ25年』の長さ、重み、苦しみ、孤独、悲哀、全てがきちんと描かれ、主人公を支える背景として活きているからなのよ。 幼馴染を助けるという目標に向かってただひたすら『役立たず』と言われるスキルを鍛えるだけの25年間。 底辺冒険者として嘲笑される日々。 しかしこの25年間で主人公は鋼の意志と熟練の技術・知識、そして多くはないが確かな人との絆を結んでいる。 チートスキルを手に入れてから「あの25年は無駄だった」なんてことはまったくない。 むしろ、25年の下積みがチートスキルと組み合わさって最強になる。 さらに、ゲーム的なシステムを内包しつつ、現実的にきっちり構築された世界観が物語に重みを加える。 魔術や怪物、ダンジョンが存在し、それにシビアに対処する人々の世界の存在感があるため、主人公の人生の重さもいっそう際立つのだ。 主人公が鍛え上げたスキルは実際その世界においては最強クラス。 だが、主人公は驕らない、威張らない、調子に乗らないし他人を見下したりもしない。 もちろん、ハーレムを作ろうなんて発想すらない(少女のままの幼馴染にもちゃんと『大人』として対応する)。 ただ、『この先』へ行ってみたいと切に願う。 これがハードボイルドでなくて何だというのだろう。 たまには大人向けのブラックコーヒーをしみじみ味わいたいという方、おすすめです。 新型コロナの影響による外出自粛の五月連休はラノベの読み漁りで過ごした。 まぁ、正直ラノベだけに碌な作品はなかったが、この作品はそこそこ愉しめた。 ありがちな冒険モノに、これまた昨今ありがちな年配冒険者の主人公というパクリ感半端ないありがちな粗悪乱造のラノベらしい過ぎる作品だが、ちょっとだけ悲劇要素のスパイスが効いていた。 まぁ、それもありがちといったらありがちだけどね。 逆に言えば、ありがちな素材の寄せ集めで予定調和を崩さなかったのが良かったとも言える。 定番、料理メニューに下らないユニークアレンジを施して台無しにしなかったって感じだろうか。 結果、悲劇要素のスパイスが読了感として残った。 続けて二巻目も読んでいるが、路地裏居酒屋?チョイ亭での下らない美食?談義みたいなユニークアレンジというか水増し目的の助長な作文が出来ていてて辟易する・・・そろそろ切ろうかと思っている。 美食が堪能したければ自分で飲み食いに出る。 そんなマスターベーションみたいな読書をラノベに求めてはいない。 その自慰描写で主人公達の何が描けたというのか理解に苦しむ。 (特に今回は新型コロナの影響による外出自粛の五月連休で暴飲暴食、飽食、食傷気味なので胸焼けがして読み飛ばす).

次の

役立たずスキルに人生を注ぎ込み25年、今さら最強の冒険譚

役立た ず スキル に 人生 を 注ぎ込み 25 年

まず声を大にして言いたいのは、この作品は圧倒的『ハードボイルドファンタジー』であるということだ。 「チートスキル持ちのおっさんが美少女ハーレム作る話のどこがハードボイルドだって?」と、タイトルだけから判断する方もいるかもしれない。 しかしこのタイトル、良く読み返していただきたい。 『役立たずスキルに人生を注ぎ込み25年~』だ。 25年ですよ25年! いや分かる。 分かりますよ。 「どうせ、これまでろくな努力もせず底辺生活してたおっさんのスキルが突然チートに進化したんだろ」って言うんでしょ。 だから違うって! 『人生を注ぎ込んで』るのよ。 この作品がハードボイルドだと私が言うのは、この『役立たずスキルに注ぎ込んだ25年』の長さ、重み、苦しみ、孤独、悲哀、全てがきちんと描かれ、主人公を支える背景として活きているからなのよ。 幼馴染を助けるという目標に向かってただひたすら『役立たず』と言われるスキルを鍛えるだけの25年間。 底辺冒険者として嘲笑される日々。 しかしこの25年間で主人公は鋼の意志と熟練の技術・知識、そして多くはないが確かな人との絆を結んでいる。 チートスキルを手に入れてから「あの25年は無駄だった」なんてことはまったくない。 むしろ、25年の下積みがチートスキルと組み合わさって最強になる。 さらに、ゲーム的なシステムを内包しつつ、現実的にきっちり構築された世界観が物語に重みを加える。 魔術や怪物、ダンジョンが存在し、それにシビアに対処する人々の世界の存在感があるため、主人公の人生の重さもいっそう際立つのだ。 主人公が鍛え上げたスキルは実際その世界においては最強クラス。 だが、主人公は驕らない、威張らない、調子に乗らないし他人を見下したりもしない。 もちろん、ハーレムを作ろうなんて発想すらない(少女のままの幼馴染にもちゃんと『大人』として対応する)。 ただ、『この先』へ行ってみたいと切に願う。 これがハードボイルドでなくて何だというのだろう。 たまには大人向けのブラックコーヒーをしみじみ味わいたいという方、おすすめです。 新型コロナの影響による外出自粛の五月連休はラノベの読み漁りで過ごした。 まぁ、正直ラノベだけに碌な作品はなかったが、この作品はそこそこ愉しめた。 ありがちな冒険モノに、これまた昨今ありがちな年配冒険者の主人公というパクリ感半端ないありがちな粗悪乱造のラノベらしい過ぎる作品だが、ちょっとだけ悲劇要素のスパイスが効いていた。 まぁ、それもありがちといったらありがちだけどね。 逆に言えば、ありがちな素材の寄せ集めで予定調和を崩さなかったのが良かったとも言える。 定番、料理メニューに下らないユニークアレンジを施して台無しにしなかったって感じだろうか。 結果、悲劇要素のスパイスが読了感として残った。 続けて二巻目も読んでいるが、路地裏居酒屋?チョイ亭での下らない美食?談義みたいなユニークアレンジというか水増し目的の助長な作文が出来ていてて辟易する・・・そろそろ切ろうかと思っている。 美食が堪能したければ自分で飲み食いに出る。 そんなマスターベーションみたいな読書をラノベに求めてはいない。 その自慰描写で主人公達の何が描けたというのか理解に苦しむ。 (特に今回は新型コロナの影響による外出自粛の五月連休で暴飲暴食、飽食、食傷気味なので胸焼けがして読み飛ばす).

次の