ステキ な 金縛り あらすじ。 ステキな金縛り/あらすじとネタバレと感想

「笑えて泣けて心に染みるコメディ」ステキな金縛り みかんさんの映画レビュー(感想・評価)

ステキ な 金縛り あらすじ

上司の速水から聞かされた内容によると、 被害者、矢部鈴子は自殺だと思われたが争った形跡があり現場証拠から夫である五朗を殺人容疑で逮捕したが全面否定しているという。 「犯行時刻は自殺を考えて宿泊した旅館、しかばね荘にいてそこで金縛りにあい落武者に会いました」 影武者と体面 エミは戸惑いながらも真相を突き止めるため「しかばね荘」を訪れる。 女将や主人は落武者なんて知りませんと言ったがエミが宿泊すると夜中に金縛りにあい目を開けると身体の上に落武者が乗っかっていました。 落武者の幽霊こと更科六兵衛に会えたエミは喜び事実確認が取れたので法廷での証言を頼むと生前、濡れ衣を着せられたまま死んでしまった六兵衛は快く引き受けてくれます。 事務所に連れて行くと幽霊であるため速水には六兵衛の姿が見えなかったが、 速水が1人でいる時にタップの練習をしていたことを六兵衛から聞きエミはそれを話すと渋々納得してもらえます。 幽霊裁判では検事の小佐野がこんなの証人としては認められないと訴えます。 電気を使い砂を六兵衛にひっつかせて姿を見せるがそれでもただの手品だと小佐野は訴える。 エミは笛キャンディーを六兵衛の顔の前に置きイエスなら一回、ノーなら二回鳴らしてと提案すると傍聴人や裁判官は喜ぶが小佐野は断固として意見を曲げなかった。 しかし六兵衛は自分と目が合った小佐野が瞬時に逸らしたように見え裁判官に訴えている時に大きな声で野次を飛ばすと「煩いな」と小佐野は叫びました。 エミと六兵衛は見えるのねと喜び小佐野の横で六兵衛が笑わそうとすると小佐野は口元が緩むが必死に耐えます。 証人 エミは六兵衛の姿が見える人を集め調べた結果3つの共通点を見付けた。 外食中の小佐野に最近亡くなった愛犬(ラヴ)を会わせると小佐野は驚き、喜びを全身で現したが姿が見えない店員からはおかしなおっさんだと思われる。 しっかりお別れが出来たことで小佐野は喜び六兵衛を証人として認めることになるが六兵衛がラブを連れてきたことで、あの世の管理局公安の段田が六兵衛を迎えに来てしまう。 小佐野は幽霊裁判で真実を究明するためには六兵衛が必要なんでしばらく待つようにと説得した。 証人として認めて貰ったエミだったが小佐野の検事としての腕はかなり高く追い詰められていく。 エミは被害者を連れてくればいいのだと思い付き六兵衛に頼むがあの世で発見出来なかった。 何故見付けられなかったのだろうか考えていたエミは被害者の鈴子は死んでいないのではないかと疑い調べると顔そっくりな姉の風子とは仲良くないことが分かる。 また風子は五朗の愛人であったことから鈴子にばれてしまい争って転落したのではないかと推理した。 エミは病気で意識朦朧としている速水に無理矢理話しかけ死んだら風子を連れてくるよう段田に頼んでほしいとお願いした。 姉の風子(鈴子)が証言台に立つ。 段田に風子を連れて来て貰いエミは風子の姿が見えない風子(鈴子)にシナモンを頭から吹きかける。 風子の姿が見えるようになった姉妹は喧嘩が始まりその会話の中で鈴子が風子を殺し入れ代わった事を認め、それを聞いていた小佐野は五朗は無実だと認めた。 裁判ではじめて勝利したエミに六兵衛は若くして死んでしまったエミの父親を連れてきた。 エミはエリート弁護士だった父親を尊敬し弁護士の道を選んだのだ。 だが仕事がうまくいったエミは父親の姿が見えないでいた。 父親がハーモニカを吹くとエミは父親を気配で感じ六兵衛が温かく見守った。 エミは恋人の工藤万亀夫と結婚。 二人の記念写真には六兵衛が毎回映りこんでいた。 (終).

次の

韓国ドラマ ステキな片想い あらすじ 全話一覧

ステキ な 金縛り あらすじ

ステキな金縛りのネタバレあらすじ:起 ある晩、大きな洋館で、双子の妹・鈴子(竹内結子)と夫(KAN)の不倫現場を目撃した女主人・日野風子(竹内結子)は、妹ともみ合ううちに転落死してしまいました…。 所変わって、何をしても失敗続きの若手弁護士、宝生エミ(深津絵里)。 優秀な弁護士だった亡くなった父の輝夫(草なぎ剛)に少しでも近づこうと奮闘するものの、なかなかうまくいきません。 裁判に遅刻し弁論もしくじり、ついには依頼人から解雇されてしまいます。 弁護士業に自信を失くしかけたエミに、上司の速水(阿部寛)が最後のチャンスとして担当させることにした仕事は、妻の殺害容疑で逮捕された矢部五郎(KAN)という男の弁護でした。 別居中の妻、鈴子は転落死でしたが、争った形跡があり、彼女の部屋にはボタンがひとつ落ちていました。 そして矢部の部屋からはボタンの取れた服が見つかります。 状況はほぼ矢部が犯人であると確信させるようなものでしたが、自分は絶対に妻を殺してはいないと主張する矢部。 何か確固とした証拠となるようなアリバイなどは無いのかと言うエミに、矢部は重い口を開きます。 妻が死んだ時、自殺しようとしていた自分はとある山奥の宿に宿泊していて、実はそこで幽霊を見たと。 金縛りになった状態の自分の前に落武者の霊が現れて、朝まで苦しめられたという矢部の証言を信じたわけではないものの、調査のためにエミは奥多摩の旅館「しかばね荘」を訪れました。 陰気な雰囲気に包まれたしかばね荘で聞き込みをするものの、はかばかしい成果は上がらず帰途につこうとしたエミですが、天候の悪化でやむ無くしかばね荘に宿泊することになりました。 そして夜、彼女の前には髪を振り乱した落武者の霊(西田敏行)が現れました。 北条氏の侍大将であった更級六兵衛と名乗る霊。 裏切り者の汚名を着せられて処刑されたという六兵衛はエミの説得によって、自分と同じように無実の罪で裁かれようとしている矢部のために証言台に立つことを決意します。 タクシーやファミレスでちょっとした騒動を巻き起こしつつ、エミは六兵衛を東京へ連れ帰りました。 ステキな金縛りのネタバレあらすじ:承 しかし、事務所にいた速水には六兵衛の姿は見えず、エミは不審な目で見られてしまいます。 エミは六兵衛の協力で速水が秘密でタップダンスの練習をしていることや、医者に止められている甘いものをこっそり食べていることなどを言い当て、速水は幽霊の存在を信じざるを得なくなりました。 エミが同棲している恋人の万亀夫(木下隆行)にも同じく六兵衛が見えませんが、彼は持ち前のおおらかさで落武者の霊がいると言うエミの話を受け入れてくれます。 いよいよ六兵衛を裁判で証言させるというプロジェクトが動き出しました。 証人として出廷する代わりに自分の名誉回復と慰霊碑の建立を望んでいる六兵衛。 まずは六兵衛のことを調べようと歴史研究家の木戸(浅野忠信)を訪ねます。 話を聞いてみると実は六兵衛の子孫で、六兵衛の無実を信じて研究に勤しんでいると言います。 六兵衛は彼の姿に感動しますが木戸には六兵衛が見えません。 しかしエミの「六兵衛さんはここにいます」という言葉に、見えない先祖とその子孫は手を取り合って涙をこぼしました。 ステキな金縛りのネタバレあらすじ:転 何とか六兵衛は裁判に証人として出廷することになりましたが、まず日が落ちないと出て来られない六兵衛のため、エミと速水は必死で裁判を引き伸ばします。 日没を迎えた後も、大多数の人の目に見えず、声も聞こえない六兵衛に証言させるのは至難の技。 凄腕検事の小佐野(中井貴一)の厳しい追及もあって、なかなか状況を好転させることができません。 大がかりな装置を使っても、息を吹き掛けることだけは出来ると言う六兵衛に、笛キャンディを吹かせてみても、科学的な証明にはならないと一蹴されてしまいます。 しかし、一方で六兵衛が見える人がいるという事実もわかってきました。 法廷画家は六兵衛の姿をはっきりと描いていたのです。 そしてなんと、頑なに六兵衛の存在を否定している小佐野にも実は六兵衛が見えていたことに六兵衛自身が気がつきました。 「幽霊が見える人の共通点はなんだろう?」エミは六兵衛が見えた人々を集めて話を聞くうちに、皆が「最近あまりいいことがなく、死を身近に感じる体験をしていて、シナモンが好物である」ということに気がつきました。 一方で、真っ向から霊の存在を否定し続ける小佐野は、六兵衛が霊界から連れてきた死んだ愛犬との再会で態度を軟化させ、法廷で六兵衛の霊の存在を認めて議論することに同意し、その上、六兵衛を霊界に強制送還するべくやって来た霊界の公安局員の段田(小日向文世)を追い返してくれました。 エミ達にチャンスが訪れたように思われたのもつかの間、法廷で小佐野は「反逆者として処刑された六兵衛の証言はあてにならない」と反駁し、その弁舌にエミも証人として出廷していた木戸も歯が立ちません。 エミは万亀夫にイライラをぶつけ、ついには万亀夫も家を出て行きます。 プライベートも仕事もうまくいかない中、裁判自体は「幽霊裁判」としてマスコミを通じて大きな話題になりました。 しかし六兵衛ばかりが注目される状況と、思わしくない裁判の進展に被告人の矢部は苛立ち、どうせなら殺された鈴子の霊を連れてきてくれとエミをなじります。 霊界で鈴子を探し回る六兵衛ですが、見つけることができないまま、彼が地上にいられるタイムリミットが近づいてきました。 そして、建設中の慰霊碑の前で、ついに念願が叶ったと涙を流す六兵衛に別れを告げます。 ステキな金縛りの結末 エミは被害者の姉・風子と夫に疑惑を抱きます。 日野邸を訪れたエミは二人の不自然な言動から、実は死んだのは鈴子ではなく風子であり、二人が入れ替わったのではないかと気がつきました。 エミは糖尿病が悪化して危篤になった速水に、霊界から段田を連れて来るように頼みます。 エミの前に現れた段田に、彼の好きな映画であり、エミの亡き父も愛した「素晴らしき哉、人生」を見せるかわりに風子に会いたいと頼みこみました。 そして裁判の日、風子と鈴子が入れ替わったのではないかと問い詰めるエミに、あくまでシラを切る「日野風子」ですが、エミが「風子」にシナモンパウダーを振りかけると、彼女の前に死んだはずの姉、本物の風子が姿を現します。 自分は妹と夫に殺されたのであり、法廷に立っているのは鈴子であるという本物の風子の霊の証言により、裁判は大逆転。 エミは矢部の無実を勝ち取りました。 裁判の終わった薄暗い法廷で独り佇むエミ。 そこに裁判の勝利を祝福すべく六兵衛がエミの父を連れてきました。 しかし彼女にはもう彼らの姿を見ることができなくなっていました。 やむ無くハーモニカを吹いて自分たちの存在をエミに知らせる二人。 エミも彼らの存在を感じ取り、笑顔になるのでした。 以上、映画「ステキな金縛り」のあらすじと結末でした。 映画 ステキな金縛りのレビュー・感想 ステキな金縛りは三谷作品ですので期待を裏切りません。 ちょっと無理矢理な設定もありますが、そこを飲み込んでしまえば存分に楽しめます。 ステキな金縛りは最初から最後まで笑いっ放しです。 仕事を続けられるかどうかの瀬戸際に立たされた三流弁護士の宝生エミ(深津絵里)。 最後のチャンスと与えられた仕事が妻殺しの容疑者の弁護。 彼にはアリバイがあるのですが、それを証言出来るのはただひとり。 犯行時間に容疑者に金縛りをかけていた落ち武者の幽霊(西田敏行)です。 ステキな金縛りが他の監督作品だったら観に行かないストーリーかもしれませんが、三谷幸喜監督作品ですから。 しかも落ち武者の幽霊を演じるのが西田敏行さん。 この2つの要素だけで劇場に足を運ぶ理由としては充分です。 スクリーンに姿が映るだけで観客が笑顔になれる。 西田さんはそんな類い稀なる存在の役者だと思います。 深津絵里さんのコメディアンヌぶりも楽しめました。 「悪人」での切ない演技も良かったし、芸域の広い役者さんですね。 演技の幅の広さが器用さに見えないところが良いです。 西田敏行さんは別格として、中井貴一さんがとても面白かったです。 深津絵里さんと対決する凄腕検事役なのですが、多分、西田さんの次に笑ったのが中井さんの演技。 アノ場面の目の演技に思わず「えっ!」と叫んでしまいました(「アノ場面」はご覧になってのお楽しみ)。 全編笑いに包まれたステキな金縛りを太い軸となるテーマが貫いています。 それは「失われているものを得る事」だと思います。 自信や名誉や絆など、登場人物それぞれです。 ただただ笑うだけではなくて、時折ほろりとさせられるのはこれ故です。 ステキな金縛りは前作「ザ・マジックアワー」を観た方には嬉しいシーンもあって、三谷監督のサービス精神の旺盛さも感じました。 サービス精神というよりも三谷さん本人が楽しんじゃっているのかもしれませんが。 映画「ステキな金縛り」ぜひご覧ください。 子どもを寝かせた後、一人ワインを飲みながら映画をみました。 殺人事件が発生し、ちょっと頼りない女性弁護士(深津絵里)と成仏できなかった幽霊(西田敏行)が、無罪を訴える弁護人を助けるべく、ほとんどの人から見えない、聞こえないことを前提に無実を証明しようと頭をしぼります。 金縛りをおこさせてホテルに泊まった人を怖がらせる心霊の性格は、とても親切で優しい人柄。 本人も無罪を訴えながらも打ち首にされたお侍さんで、弁護人に同じ思いをさせないために、事件解決に奮闘します。 西田敏行さんのやわらかい体つきと、落ち武者の恰好、設定されている性格、人情を大切にしたストーリー展開が、涙あり、笑いありで、疲れた心にしみました。 一日の疲れがきれいに洗えた気がします。 さすが三谷幸喜さんの映画作品というだけあって、大物俳優が盛りだくさんで、豪華な気分を味わえます。 たくさん笑って元気がでる映画だと思いました。 もみじさんの感想.

次の

ステキな金縛り : 作品情報

ステキ な 金縛り あらすじ

宝生エミは若い女性弁護士です。 有能な弁護士だった父・輝夫は若くして他界し、エミは父と同じ道をめざして弁護士になりましたが、ドジが多く有能とは言えません。 エミは速水弁護士事務所に所属しています。 仕事面でもあまり優秀ではないエミは、その日の法廷でも資料を盛大に落とし、弁論する際に「20m離れていて犯人の顔を見分けられるのでしょうか」と発言しました。 意気揚々とした態度でそこまで発言したのはいいのですが、証人に「これが何に見えますか」と見せたバナナを言い当てられ、それ以上どうしようもありません。 弁護は失敗し、むしろ被告人に不利になってしまいます。 被告人に弁護人を変えるよう言われてしまいました。 エミの上司・速水は「最後のチャンスだと思え」といい、ある殺人事件の被疑者の弁護人になります。 その殺人事件は、夫・矢部五郎35歳が妻・鈴子を殺したとされています。 鈴子は階段から落ちて転落死しました。 夫・矢部の犯行だと目され、矢部は逮捕されます。 矢部と接見したエミは、事件当夜の矢部のアリバイを本人から聞きます。 矢部は奥多摩山中をうろついていたと答えました。 矢部の経営しているパン工場が閉鎖になり、経営状態が芳しくなく、矢部は自殺しようと考えていたのです。 結局自殺をあきらめた矢部は旅館に泊まりましたが、そこから出られなかったと矢部は言いました。 事件のあった時間、矢部は落ち武者の幽霊にまたがられて、金縛りに遭っていたというのです。 検察側の検事・小佐野は、矢部が宿泊した「しかばね荘」の女将が23:20に部屋を覗き、いなかったと証言したことを指摘しました。 「厄介な事件だ」と上司・速水は言います。 もし嘘をつくなら、もっとまともな嘘を選ぶわけで、矢部が金縛りに遭っていたというのは事実なのだろうと速水は考えました。 しかしもしそれが事実なら、実際に矢部が金縛りに遭った相手・落ち武者の霊を連れてくるしかないと、検事・小佐野は言いました。 冗談のつもりです。 エミは実際にバスで旅館へ行き、しかばね荘の女将に会いに行きました。 「しかばね荘」のマークは「鹿(シカ)が跳ね(ハネ)ている」模様です。 なぜ客室を覗いたのか問うエミに「たまたま襖が開いていたから」と女将は答えました。 案内された部屋はどこも同じように見え、客間の文字は消えかかっていて判読しにくい状態です。 矢部が襖を完全に閉めずにトイレに立ち(だから襖が開いていた)、トイレからの帰り道に部屋を間違えて、隣の「耳鳴りの間」に泊まったのだとエミは推測しました。 耳鳴りの間は落ち武者の幽霊が出るという噂で、使っていませんでした。 雨でバスが止まりタクシーは出払っており、エミはしかばね荘に泊まりました。 耳鳴りの間を選んだエミはみごと落ち武者の幽霊・更科六兵衛と会います。 笑いあり、ちょっとしたホロリありの、安心して観ていられる娯楽映画です. 三谷幸喜監督らしいユーモアの部分も、随所にみられて素直に笑えます. 深津絵里さんが演じる女性弁護士と西田敏行さんが演じる落ち武者の掛け合いが絶品でした. 他の出演者も、かなり豪華なキャストの方々ばかりで、いい味出してますね. 内容そのものは、荒唐無稽で現実的には、絶対にありえない話なのですが、そんなことは関係なく楽しめます. 更科六兵衛(西田敏行)が、小佐野(中井貴一)の亡くなった愛犬を、あちらの世界から探して連れてきた時に、すでにこの映画のオチに気づいてしまったのですが、(あの世から被害者を連れてくればいいのでは?という…) どんでん返しとか、内容そのものを追っかけて楽しむ類の映画ではないと思うので、そこは良しとしましょう. 個人的には、中井貴一さんが演じる検事の小佐野が一番好きなのですが、レストランで食事をしている時に、六兵衛が連れてきた愛犬と、ひっくり返って再会を喜ぶシーン、あれ、撮影している時に、かなり恥ずかしかったろうなと思いました. (愛犬の姿は普通の人には見えないので、中井が何もないのに一人芝居するところがある).

次の