やり過ごす 例文。 「つつがなく(恙無く)」とは?意味や使い方・例文・類語・英語表現を解説!

過ごす|基本動詞ハンドブック

やり過ごす 例文

「煙に巻いてしまう」「~を煙に巻く」といった使い方がよくされています。 相手の追及などをかわしたりするときによく使われますね。 こういったシーンで使いたい言葉です。 では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。 煙に巻くを使った例文は• 報道で出たスキャンダルでマスコミに追いかけられたが、煙に巻いて逃げた。 いつも恋愛の話になると煙に巻かれる。 借金の催促をしだすといつも煙に巻かれるので、今日こそ返してもらう。 このような感じでしょうか。 何とかごまかして逃れようとするときとかによく使われますね。 ニュースでも何か不祥事があるとよく見かけたりする光景です。 スポンサードリンク 煙に巻くの類義語は? さて、この「煙に巻く」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。 やり過ごす 言い逃れをする はぐらかす 完全に同じ意味ではないですが、似たような場面で使われることがあると思います。 あとがき 煙に巻くとはどんな意味があるのか。 その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。 さて、まとめとして煙に巻くを簡単にまとめますね。 意味 相手がよく知らない、わからないことを一方的に話して戸惑わせること 類義語や補足 やり過ごす 言い逃れをする はぐらかす 使い方・例文 報道で出たスキャンダルでマスコミに追いかけられたが、煙に巻いて逃げた。

次の

朝礼ネタ2月☆うるう年やバレンタイン等!仕事につなげる例文は?

やり過ごす 例文

「やり過ごす」の1つ目の意味 後から来たものを先に行かせるとはまるで譲っているかのような印象がありますが、少し違います。 2つ目の意味も少し含まれていますが、自発的に譲るというよりも、見逃すに近いニュアンスです。 動き続けるものが自分を抜き、自分より遠くへ動いていく様子をただ見つめているという意味合いです。 例えば電車を思い浮かべてみましょう。 電車は始発から終電までの間、決められた時間内に何本も運行しています。 もし自分が乗ろうと思っていた電車が混んでいる様子だったなら、時間や予定に余裕がある場合そのまま満員電車が通り過ぎて次の空いた電車が来るのを待つ人が多いはずです。 この時に満員電車が通り過ぎていくのを良しとする表現を 「やり過ごす」と表現します。 自分の後から来たものが成行きのままに先に進んでいくのを傍観するということです。 「やり過ごす」の2つ目の意味 2つ目の意味として挙げられるのは 「なすがままに放置する」というものです。 これが表現として使われるのが一番多く、一般的に最も浸透している意味合いと言えるでしょう。 物事に対して自分が積極的に関わることをせず放っておくということを意味しています。 例えば、日本にある四季というのは必ず移り変わっていきますね。 夏の暑さも、感じているうちは非常に不快で早く涼しくならないかと願うものですが、夏はいつか終わり秋が訪れて涼しくなります。 この四季のように、自分が特別何かしなくても変化していく物事がたくさんあります。 「いつか終わる」 「いつか変わる」 「いつか治まる」と変化する物事に対して、特に手立てをするわけではなく身を任せておく、ということを 「やり過ごす」と表現します。

次の

「つつがなく(恙無く)」とは?意味や使い方・例文・類語・英語表現を解説!

やり過ごす 例文

[動]やりすごす• 放置する。 やり過ぎる。 具合が良くならないので、電車をやり過した。 国際社会はその国の横暴な政治をやり過ごした。 試験勉強をまったくしない子どもたちを、先生たちは黙ってやり過ごしていた。 彼は離婚をきっかけに酒をやりすごすようになった。 人は怠け癖がつくと、徹底して怠惰を遣り過すようになる。 説明 「遣り過す」は「電車を遣り過す」「雨を遣り過す」といった文でよく使われる。 相手を放置する、相手のしたいようにさせておく、見て見ぬふりをする、といった意味を持つ。 電車の場合、やってきた電車に乗らない、先に行かせるという意味になる。 雨の場合は、雨が止むのを待つという意味になる。

次の