テレ朝 富川 アナ。 富川悠太アナが復帰のメド立たず「虐待疑惑」報道が影響か

富川悠太アナが復帰のメド立たず「虐待疑惑」報道が影響か

テレ朝 富川 アナ

富川悠太アナウンサー より 新型コロナウイルスに感染し、4月13日から番組出演を見合わせていた『報道ステーション』(テレビ朝日系)メインキャスターの富川悠太アナウンサーが、6月4日から復帰する。 しかし、富川アナには茨の道が待っていそうだ。 「番組復帰が決まっても、現場には歓迎ムードはありません。 というのも、もともと富川アナは月~木曜のメインキャスターを務めていたものの、復帰後は、木・金曜を担当。 それ以外の曜日は、フィールドリポーターとして取材活動を行うという。 その一方で、金曜担当だった小木アナが月~水曜のメインキャスターとして番組を仕切る。 「富川アナは番組で、新型コロナウイルスについて繰り返し予防を呼びかけておきながら、自身の感染疑惑は頬被りして出社した揚げ句、この有り様ですからね。 『報ステ』の面目は丸潰れですよ。 テレ朝上層部はカンカンですし、局には視聴者から富川アナへの批判が殺到したそうです。 富川アナだけを悪者にしないために、まずは木・金曜のメインキャスターに復帰させる形に落ち着いたのでしょう」(同) 富川アナの『報ステ』復帰について、ネット上では体調を気遣う声もあるが、「代役の小木アナのままがいい」「三密とか、自粛とか、上から目線で指図されたらイラっとする」といった批判的な意見が大半を占めている。 だが、番組復帰が歓迎されないのは、そもそも富川アナに対する周囲の評判が芳しくないからだとする向きも。 「富川アナは今でこそメインキャスターですが、もともとは現場を担当していた叩き上げ。 現場からトップに登りつめたという自負が強いせいか、現場スタッフへの当たりもキツく、時にはパワハラまがいの言動も見受けられたそうです。 さらに自宅療養中には、妻による子どもへのDV疑惑で、警察・児童相談所が自宅に出動したことが週刊誌で報じられたこともあり、もはや富川アナを擁護する声はなく、局内で孤立しているのが実情です。 果たして4日の『報ステ』で富川アナは一体何を語るだろうか……。

次の

テレ朝・富川アナ、報ステ降板にまっしぐら!? 復帰決定も“現場リポーター”に実質降格 (2020年6月1日)

テレ朝 富川 アナ

テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)が4日放送され、新型コロナウイルスに感染し休養していたキャスターの富川悠太アナウンサー(43)が約2カ月ぶりに復帰した。 富川アナは4月3日から発熱したにもかかわらず9日まで番組に出演し、11日にコロナ感染が判明。 13日から番組出演を見合わせ21日に退院し、その後は自宅療養していた。 発熱後も出演を続けたため、富川アナやテレ朝には批判も寄せられた。 さらに、代役を務めた小木逸平アナ(46)の評価が高いこともあり、一時は降板説も流れた。 同局は先月28日に富川アナの降板を否定すると、翌29日に番組復帰を発表した。 富川アナはこの日の番組冒頭で、「新型コロナウイルスに感染しまして、およそ2カ月間休ませていただきましたが、本日より番組に復帰することになりました」とあいさつ。 続けて「感染拡大の防止を呼び掛けていたにもかかかわらず、番組内に私を含めまして5人の感染者が出てしまいました。 改めておわび申し上げます」と語り、頭を下げた。 「そして視聴者の皆さまからは多くのおしかりの言葉をいただきました。 ひとつひとつ真摯(しんし)に受け止めています」と話した。 「報ステ」は1日の放送から月~水曜を小木アナとフリーの徳永有美アナ(44)、木・金曜を富川アナと森川夕貴アナ(26)が担当。 富川アナは月~水曜はフィールドリポーターとして取材活動に従事する。

次の

『報ステ』富川アナはスケープゴートか 関係者、テレ朝への怒りの証言 擁護しない局と家庭のイザコザの板挟みで復帰は…? (1/3ページ)

テレ朝 富川 アナ

テレビ朝日は15日、ニュース番組「報道ステーション」の中で、新型コロナウイルス感染が判明した富川悠太アナウンサー(43)が陽性と確認されるまでの詳細な経緯を明らかにした。 番組によると、富川アナは3日の起床後に38度の発熱、4日も起床直後に発熱があったため、家族が東京都の相談窓口に電話。 「それだけではコロナの症状とはいえない。 様子をみるように」と言われ、チーフプロデューサーにラインで「明日様子を見て受診を考える」などと連絡したという。 しかし、翌5日は体調に問題はなく受診はしなかった。 再び体調に異変があったのは7日の放送中。 たんがからむ症状が出て、8日の放送後には階段を上る際に息切れを感じるようになった。 9日昼には再度、チーフプロデューサーにラインで「体温は平熱で倦怠感や味覚嗅覚の異常等もなくどう判断してよいものか」「きょうの放送を乗り越えれば休むことができる」などと連絡していた。 9日夜の放送中にも息切れの症状があったため、10日に都内の病院を受診し、肺炎と診断された。 11日にPCR検査が行われ、同日夜に陽性と確認された。 富川アナは番組にコメントを寄せ、「すぐに平熱になったことから発熱を軽視してしまい、上司や会社に的確に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」などと謝罪。 「3月下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部での取材もなかったので、感染経路については思い当たることがありません」と説明した。 なお、15日の報道ステーションでは、富川アナがラインで報告をしたチーフプロデューサーと番組スタッフの2人が新型コロナウイルスに感染したことも公表された。

次の