こどもチャレンジ 動画。 【公式】進研ゼミ中学講座 中学生の通信教育|ベネッセコーポレーション

【公式】こどもちゃれんじ|しまじろう|ベネッセコーポレーション

こどもチャレンジ 動画

[1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]• (5月28日追記) 新型コロナウイルス感染症予防には、免疫力を高めるため、適度な運動も必要だと言われています。 JFAでは個人でテクニックを身につけられるプログラム「JFAチャレンジゲーム」(動画)を今日から5月10日 日 まで無料公開します。 チャレンジゲームとは 子どもに必要な動きづくりを徐々にステップアップしながら取り組んでいく個人向けプログラムです。 これは8歳までを対象とした「」、9歳以上を対象とした「めざせファンタジスタ!」の2部構成になっています。 ボールがひとつあれば一人でできるものがほとんどで、広い場所がなくても大丈夫です。 ・室内で行うときは、家具や電化製品のない場所や壊れやすい物のない場所を選びましょう。 また、なるべく換気をしてください。 ・公園などへの外出は、保護者の方と相談してください。 ・外から帰ったら必ずうがい、手洗いをしましょう。 めざせファンタジスタ!~ボールを意のままに 「めざせファンタジスタ!」はステージをひとつずつクリアしながらステップアップしていくプログラムです。 [日本代表]• [日本女子代表]• [フットサル日本代表]• [ビーチサッカー日本代表]• [サッカーe日本代表]• [1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]•

次の

子ども向けプログラム「JFAチャレンジゲーム めざせクラッキ!~ボールはともだち」を無料公開!|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

こどもチャレンジ 動画

"その時期だけのことば"ちょこちょこ書き留めたい。 わたしがおばあさんになった時にそれを見返すのがたのしみ こどもちゃれんじぷちの絵本、今まで届いた4・5・6月号3冊ともそれぞれぼくのお気に入りページがあります。 5月号 しまじろうがたんぽぽをフーッと飛ばすところは大のお気に入り。 6月号は「はたらくくるま」のページをよく見ています。 パン屋さんにお花屋さん、信号・横断歩道があったり…親子でお話できるヒントがいっぱい詰まっている。 今朝は4月号の蝶々シールを自分にペタペタしていました。 お散歩で本物の蝶々がこんな風にとまってくれたら嬉しいね。 ご提供いただく個人情報は、お申し込みの商品・サービスの提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。 お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。 また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。 個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口 (0120-924721 通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。 (株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者) 上記をご承諾くださるかたはお申し込みください。 そのため、ここでご紹介している名称・デザイン・内容・お届け月などは変わることがあります。 ご了承ください。 実際の教材は、お客様の声をもとに、よりよいものにしてお届けします。 あらかじめご了承ください。 最新月号映像の一部をご視聴いただけます。 ご利用には〈こどもちゃれんじ〉の会員番号とパスワードが必要です。

次の

オンライン幼稚園 親子の安心とおうち時間をサポート!

こどもチャレンジ 動画

しんのすけさんが大人のTikTokerを対象に審査員を募集すると、最終的に45人が集まりました。 しんのすけさんは「休校の最中にいる学生たちはもちろん、審査員として大人のTikTokerにも興味を持ってもらい、TikTok全体を対象にするようなムーブメントになれば、というほのかな期待があった」と振り返ります。 そして個人で始めたこの企画は、「ほのかな期待」を超えるほどの規模に広がります。 TikTokによると「 休校チャレンジ」のハッシュタグに集まった動画は8千件以上。 数多の動画であふれるTikTokの中で、100万を超える再生回数、数万件の「いいね」を集める動画が続出。 募集開始から約2週間で、動画の総再生回数は驚異の8千万回を超えました。 「みんなやりたいことは違うし、得意なことも違う。 いくらハッシュタグチャレンジを用意しても、結局は自分が共感できるものにしか『参加したい』と思えないもの」。 一方で、専門学校の講師としての経験からも、「でもいざ『自由』と言われると、迷ってしまうのも学生です」。 そこで、選んだテーマは「自分」でした。 「実は言葉のマジックで、結局『自由』って言ってるのと一緒なんだけど、ひとつ設定することで『自分ってなんだろう』『自分の好きなものはなんだろう』っていう考え方をしてくれるんです」 「発信」を自分事にすること 誰でも気軽に動画などを発信できるようになったことについて、「学生の多くは発信することに恐怖感を抱いている」と話すしんのすけさん。 「発信すること、顔出しすることは、叩かれることだと感じている。 僕はいわゆる『アンチ』がいることや叩かれることのは当たり前だと思ってほしくないし、誰かを叩いていいわけがないということも伝えたいと思っています」 打ち合わせの様子 発信の主体を自分にすることで、発信することの楽しさと難しさも知ることができるはずーー。 そんな思いからも、「だからこそ、発信の参入障壁は低ければ低い方がいい」と考えています。 「TikTokはバットを振って当たる確率がYouTubeより明らかに高い」という言葉に、審査員のTikTokerたちも深くうなずきました。 ライブやイベントばかり取り沙汰され中止や延期になり、子どもたちの学校が休校になった一方、大人たちは満員電車で会社に向かうなど、対応のアンバランスさへの疑問は尽きません。 それは授業を受ける機会や卒業式などを見送られた子どもにとっても、「仕方がない」だけで納得できる状況ではないのではと想像します。 しかし、そんな子どもたちに大人は何ができるでしょうか。 学校に代わる居場所だけではなく、失われた学生生活への「不完全燃焼」を残さないためにも、今回の「 休校チャレンジ」はひとつの着火剤の機能を担っていたのではないかと感じます。 「最高の企画だった」「またやってほしい」ライブ配信に並んだコメントを読んで、今こそ子どもたちが没頭できるコンテンツが必要だったのだと実感しました。

次の