おりがみ 七夕飾り。 おしゃれな七夕飾りを折り紙で作ろう!簡単可愛い作り方を紹介

おりがみ・七夕の飾り

おりがみ 七夕飾り

index 目次• 花くす玉に必要なパーツは3種類 今回作る「花くす玉」は、3つのパーツからできています。 花本体:6個• 花の中心部:6個• ジョイント:8個 必要なパーツの個数も、心が折れるほどではありませんよね。 1時間ほどで作ることができますので、早速作ってみましょう! 花本体を折る 作り方 所要時間 10分 S T E P 1 おりがみを6枚用意する。 1枚を写真のように4つに折り、折り筋を付ける S T E P 2 折り紙を広げて、4つの角を中心に向かって折る S T E P 3 4つの角を中心に向かって折る S T E P 4 中心にある角を、それぞれ外側に向けて折る。 これを6個作る 花の中心部を折る 作り方 所要時間 15分 S T E P 1 おりがみを2枚用意する。 4等分に切り、そのうちの1枚を使う S T E P 2 色のついた面を上にして、4つに折り、折り筋を付ける S T E P 3 4つの角を中心に向かって折る S T E P 4 裏に返し、4つの角を中心へ向けて折る S T E P 5 4つの角を折る。 この際、裏面の紙は折らずに外に出す S T E P 6 4つの角をすべて折ったら完成。 これを6個作る ジョイントを折る 作り方 所要時間 30分 S T E P 1 おりがみを4枚用意する。 2等分に切り、そのうちの1枚を使う S T E P 2 写真の通りに折り、折り筋をつける S T E P 3 4つの角を折る S T E P 4 右上の角のみ元に戻し、右から左へ写真のように折りこむ S T E P 5 写真の赤い線の場所のみを折り、三角形を作る S T E P 6 三角を後ろにして、赤い線の場所を折る。 折り筋を付けたら、右側だけ下へおろす S T E P 7 STEP6で折った部分を中へしまうように、右側の角を元へ戻す S T E P 8 折らずに残しておいた角を差し込んで完成。 これを8個作る パーツを組み合わせる 作り方 所要時間 10分 S T E P 1 花の本体と中心部を用意する S T E P 2 花本体の中心にある角を、中心部パーツに差し込む。 全ての角を差し込んだら花の完成。 中心が少し膨らんでいてもOK S T E P 3 裏返して、4つの角を中心に向かって折り、折り筋をつける S T E P 4 ジョイントの辺に花の角を差し込み、接着剤で固定する。 花の表面とジョイントのくぼみが並ぶように組み立てていく S T E P 5 球状に組み合わせたら完成 仙台の七夕飾りにアレンジ 作り方 所要時間 5分 S T E P 1 おりがみを1枚用意する。 上から1cmの所を折る。 写真の赤い線のように、1cm間隔にカッターで切れめを入れる S T E P 2 右端と左端を合わせて輪を作り、端を1cm重ねて接着剤でつける S T E P 3 1で折った部分を、数カ所はさみで切る S T E P 4 花くす玉の底にする部分を決め、3を接着剤でつけたら完成 いろいろなおりがみを使ってみました ダイソーで、花くす玉に良さそうな3種類のおりがみを購入しました。 左からグリッターちよがみ、和風民芸紙、透明おりがみ 各108円 「グリッターちよがみ」は、元に戻ろうとする力が強く、とても折りづらかったです。 さらには、時間がたつと形が崩壊してしまい、花くす玉には向きませんでした。 「透明おりがみ」で作った花くす玉がこちら。 各色3枚入りなので、ジョイントを同じ色でそろえるには2袋必要です。 接着剤は、乾くと透明になる物を使いましょう。 おりがみの素材が違うだけで、印象が変わりました。 透明なので、陽のあたる場所に飾ると、とてもきれいです。 「和風民芸紙」で作った花くす玉がこちら。 こちらも各柄3枚入りなので、ジョイントを同じ柄でそろえるには2袋必要です。 和の柄がとてもきれいで、透け感も涼しげで、夏にピッタリですよね。 底の部分の花をつけず、LEDライトの上に置けば間接照明にも使えます。

次の

折り紙で笹の葉の折り方。簡単にリースや笹つづりの七夕飾りが完成♪

おりがみ 七夕飾り

もうすぐやってくる 七夕。 ぜひ 親子で七夕を楽しんでみてはいかがでしょうか。 もともと中国の織女(しょくじょ)と牽牛(けんぎゅう)の伝説によるともいわれています。 願いを書いた短冊を笹に飾ったらせっかくの織姫と彦星のデートの日ですから、親子で夜空を見上げてみるのもいいですね。 この時期に普段から食べているそうめん。 子どもにもお手伝いしてもらって、ハムや卵を星型に抜いて飾ったり、オクラの輪切りを星に見立てて盛り付けたりと、少しおめかしして、七夕バージョンにしてみてはいかがでしょうか。 七夕飾りには、願いや意味があるものもあります。 代表的なものをいくつかご紹介します。 ・網飾り 魚を獲る網を表しています。 豊漁を願う飾りです。 ・ちょうちん 神様や、ご先祖さまへのお供え物と言われています。 ・吹き流し 織姫のように織物が上手になるように、 という願いがこめられています。 ママノートでは、 七夕飾りの作り方がわかるシートを、 ふろくでご用意しました。 おりがみで作ることができる 七夕飾りです。 ・ 網飾り ・ ちょうちん ・ ひしがたかいだん ・ ほしかざり の4種類です。 ぜひ、親子で手作りの七夕飾りを作ってみてください。

次の

七夕飾りは折り紙で!【作り方まとめ】手作りで子どもと一緒にできる

おりがみ 七夕飾り

Contents• 七夕飾りはおりがみで簡単おしゃれに! 小さい頃から七夕飾りを手作りされている方も多いかと思いますが、七夕飾りを作るならやっぱり 『折り紙』が作りやすくておすすめです。 七夕で飾られている飾りの多くは折り紙で作れるものがほとんどです。 折り紙なら、簡単な折り方なら小さいお子さんも作ることができますし、難しい複雑な折り方のものなら大人だって作ることを楽しむことができます。 spoonhome. 身近な100均にもいろんな種類があり、選ぶのが楽しくなると思いますよ! 七夕は日本古来からの季節の行事なので、 千代紙などの和柄の折り紙を使うのもおすすめです。 5月5日の子どもの日や、3月3日の雛祭りなどでも使うことができるので一つあると良いかもしれません。 原色の折り紙を使うよりは、 パステルカラーのものだったり、 可愛い模様が印刷されている折り紙をつかうとグッとおしゃれな印象の飾りが作れると思いますよ。 インテリアの邪魔をしない小ぶりな飾り 画像引用:Instagram 笹の置き場所に困っている家庭も少なくないと思います。 バスケットなどにいれると可愛らしくインテリアにも馴染みますね。 画像引用:Instagram 小瓶に飾れるくらいの大きさなら飾る場所にも困らないでしょう。 小さい分飾れる飾りは少なくなりそうですが、マンション住まいの方などにおすすめです。 画像引用:Instagram 飾り自体を小さく作るのも可愛いですよ。 さりげない感じがおしゃれです! まとめ いかがでしたか? 使う色や飾り方でシンプルでも可愛くおしゃれな印象の七夕飾りにすることができます。 お子さんがいらっしゃる場合はきっとカラフルな飾りが多くなると思いますが、飾る時に工夫すればインテリアに合う素敵な七夕飾りになるはずですよ。 関連記事.

次の