フィット ボクシング。 フィットボクシングで楽しくトレーニング!実際に2ヵ月試した効果は?

【コツ】Fit Boxing/フィットボクシング 21日目【感想】

フィット ボクシング

今年8月末から始めたニンテンドーswitchのフィットネスソフト、フィットボクシングのダイエットも、早2ヶ月が過ぎました。 ペースは遅いもののそれなりに順調に減量できていたのですが、ここに来てなんと家族からストップがかかってしまいました。 フィットボクシングといえば、シンプルで、しかも鍛えられていると実感を伴いつつ楽しくフィットネスができると評判です。 私も何度かこちらのブログで紹介させていただきました。 自分では非常によくて、ずっと続けたいと思っていたのですが、家族は以前から少しずつ不満を溜め込んでいたのです。 そしてこの度まさかのストップです。 ということで、今回はニンテンドーswitch専用ソフト、フィットボクシングの欠点について紹介します。 夕食もしっかり食べて、2ヶ月半でおよそ7kg減量 まずはこれまでの成果について紹介します。 ニンテンドーswitchのフィットボクシングを始めてだいたい2ヶ月半が経過しましたが、その成果としてはおよそ7kg減量、というところです。 もともと90kgオーバーな体型でしたので、そこそこの運動である程度の減量は見込めていました。 正直なところ1ヶ月もたたないうちに5kg近く体重は落ちていましたし、そういう意味では、その後の1ヶ月半の減量ペースは若干遅いと言わざるを得ません。 ただしこの減量において特に価値があるのは、食事を3食摂っていることでしょう。 はじめのうちはダイエットにも気合が入っていたので、例えば夕食を少なめにしたり、お酒もなるべく控えていました。 けれども1ヶ月もするとそんな生活に嫌気がさしてくるんですね。 そもそもダイエットのために我慢だなんて、精神衛生上良いわけがありません(断言!)。 ということで、夕食も割と普通に炭水化物を摂ったり、晩酌も週2〜3回はしていました。 それでも体重は維持され、いえそれどころかさらにそこから2kg近く減量できたのです。 ダイエットの最大の敵は食事の誘惑だと考えていました。 けれども今回のフィットボクシングによるダイエットでは、食事も晩酌も楽しみながら減量できていたのです。 我が家のフィットボクシング禁止令が発令された理由 フィットボクシング禁止理由その1:汗が周囲に飛び散る そもそも私が汗をかきやすい体質であることも問題なのですが、それ以上に、このフィットボクシングは周囲に汗を撒き散らしてしまいます。 汗が滴れるくらいなら問題はなかったのですが。 フィットボクシングをしていると、体全体に汗が噴き出てきます。 そして例えば腕に汗をかいていたとすると、パンチをしたときに汗が拳の先に飛び散るのです。 だいたいは、ニンテンドーswitchの画面をテレビに映してフィットボクシングをやっているので、テレビの画面に汗が飛び散ります。 なのでフィットボクシングが終わった後はいつもテレビ画面に水滴がついてしまっています。 ただし汗が前面に飛び散るだけなら、テレビに保護パネルを設置すればいいので問題はありません。 保護パネルをつけておけば、万一ニンテンドーswitchのJoy-Conご手からすっぽ抜けてしまっても、テレビの画面が傷つく心配もなくなるので安心です。 【amazon】 【楽天】 問題は背後です。 汗は背後にも飛び散るのです。 はじめのうちは、フィットボクシングのメニューも簡単なパンチばかりでそれほど問題にはなりません。 ですご次第にスウェーバックや前後左右のステップなど、体全体を動かすメニューが増えてきて、これが問題になります。 頭や首などに汗をかいている状態で、体を後ろに反らすスウェーバックなどの動作を行うと汗が背後にも飛んでいってしまうのです。 もちろんスウェーバックだけではなく、後ろステップやダッキング、果てはパンチを打った拳を引いたときにも、汗は背後に飛んでいってしまうのです。 この問題については現在、汗が飛び散らないトレーニングウェアを着ることでなんとか対策しています。 体をすっぽりと覆い、フードの紐を締めてほとんど肌が露出しないようにすれば、汗の飛び散りはだいぶ少なくなります。 また頭の汗の飛び散りが1番困ることはわかっているため、頭をすっぽりと覆うタイプのマスクをかぶることでも対策ができます。 多少息苦しいですが、これを使えば前方の飛び散りだけになりますので、終わってからテレビの保護パネルを拭くだけ大丈夫なのです。 【amazon】 フィットボクシング禁止理由その2:足元が汗で滑って転んでしまう これもまた汗に由来する困りごとなのですが、汗をかき過ぎて床に溜まってしまい、それで滑って転んでしまう事件が後を絶たなかったのです。 カーペットならば滑らずに済むのでしょうが、うちはフローリングです。 フローリングが悪いというわけではないでしょう。 汗で汚れてもすぐに拭けば良いことですし、衛生面を考えれば断然カーペットよりもフローリングです。 ただ、前後左右のステップやそこから踏ん張って繰り出すアッパーなどのコンビネーションを繰り出そうとすると、足場が濡れていることはそれだけで危険です。 はじめのうちはステップなどもなく、棒立ちでもパンチを打てたので問題になりませんでしたが、メニューが進むにつれてどうしてもフットワークが重要になってくるのです。 解決策として考えたのは、家用のシューズを使用することでした。 こういう場合何を履けば良いのか詳しくはないのですが、通常の体育館シューズで足のサイズが合えばさほど問題にはならないかと考えています。 これに関してははじめ、靴下を履くことで解決しようとしました。 けれども足にかく汗のせいで靴下すらも滑る要因になってしまったのです。 やはりしっかりとしたシューズを購入するべきでした。 もちろんシューズでも滑る時は滑りますが、足の裏からの汗がシューズによってガードされるので、足もとが滑ってしまう問題についてはだいぶ軽減されたといえます。 フィットボクシング禁止理由その3:猫がものすごく怖がる 我が家でフィットボクシングが禁止となった1番の理由がこちらです。 飼い猫が怯えた目を向けるようになってきたのです。 完全に不審者を見る目です。 色々とおもちゃを買ったり遊んだりもしたのですが、彼の不審感を払拭するには至りませんでした。 我が家でフィットボクシング禁止令が!自宅で手軽にできるフィットネスの重大な欠点のまとめ 自宅で手軽に、しかも楽しみながらフィットネスができるニンテンドーswitchのフィットボクシングですが、自宅でボクシングをするという性質上、どうしても問題が出てこないわけでもありません。 今回は主に私の困った汗に関する話題で書かせていただきましたが、例えば集合住宅なら下の階に音が響く可能性があるとか、部屋が狭いと腕を振り回すのも危険など、様々な懸念点が発見できます。 ただ、だからダメだというのではなく、あらかじめデメリットを把握し対策しておくことで、「こんなはずではなかった」となるのを防げればと思います。 リングフィットアドベンチャーも楽しそうですよね。 【amazon】 【楽天市場】.

次の

『Fit Boxing』はどこまで効果があるのか?!検証レポート Part.1:体験編

フィット ボクシング

現在のフィットボクシングの設定 現在のフィットボクシング の設定は以下のような感じです。 エクササイズの目的 体力強化 エクササイズの効果 全部 ストレッチ あり 1日のエクササイズ時間 15分 フィットボクシングのデイリーメニューとは デイリーメニューとは、1日1回コンピューターがランダムで選ぶエクササイズメニューで、ユーザーの練習の進捗度に合わせて毎日メニューが変わります。 例えば昨日はジャブが中心のメニューだったのに、今日はアッパーが中心のメニューだった、という感じです。 エクササイズの時間は10分から最大40分まで選択可能で、途中で変えることもできます。 私は毎日10分のエクササイズに設定して(ストレッチ合わせて15分)、時間が余ったら他のフリーメニューを追加しています。 何事も続けるのがまず第一ということで、とにかく短時間だけでも必ず1日1回はフィットボクシングに触れるようにしています。 まぁそれでも会社から帰るのがあまりにも遅くて、結局触れずじまいということもしばしばありますが。 デイリー メニューの運動強度 フィットボクシングのデイリーメニューは目的に合わせて運動強度を3段階に調節できます。 とりあえず健康維持で体を動かすことを目的としている人向け(健康維持)、ダイエットを目的にしている人向け(ダイエット)、そしてもっと力をつけるためにしっかりとトレーニングを受けたい人向け(体力強化)です。 これはメニューの内容というよりも、テンポの速さに違いが出ているように感じます。 ダイエット目的のエクササイズに比べ、体力強化のエクササイズはテンポが速く、より激しい運動になるようです。 デイリーメニューが日に日に大変に…! ウィービングが膝にくる 初めの頃はジャブからストレート、そしてフックやアッパーなど上半身がメインのエクササイズでしたが、1週間もしてくるとこれにダッキングやウィービングが加わってきます。 これは膝を使って体を沈める動きです。 ダッキングは単純に体を沈め、ウィービングは体を沈めつつ左右どちらかに体を避けます。 そしてこれがエクササイズに加わってくると、一気に膝に負荷がかかるようになってきます。 感覚としてはスクワットをしているようなイメージですね。 しかもウィービングした次の動作でアッパーを繰り出すなど、体を沈めた次の瞬間には素早く体を伸ばさなければいけません。 エクササイズの効果で「全部」と設定していましたが、なるほど、確かに全身をしっかりと鍛えてくれているようです。 このダッキングとウィービングの後はかなり筋肉痛に悩まされました。 フィットボクシングのデイリーメニューがどんどん複雑に 2週間で出てきたアクションは以下の通りです。 ジャブ• ストレート• アッパー• フック• ダッキング• ウィービング こうしてあげてみるとそこまで多い気はしないのですが、これを全部混ぜてコンビネーションにしていくとなると、非常に複雑で難しく感じてきます。 特にフックとアッパーの使い分け、フックから拳を戻し体をひねってのアッパー、ウィービングで体を沈めてからのアッパーなど、ちゃんと意識していないと混乱してしまいます。 また鍛える箇所も、二の腕に胸、背筋、お尻に足と、全てのアイコンが表示されています。 このコンビネーションで全身を使うことがよく分かります。 フィットボクシングの効果は? 2週間で4キロ程度の効果? 体重減少については要因が運動だけではない可能性も大きく、一概に効果があるとは言い切れません。 ですが、少なくとも始めてから2週間で4キロくらいは落ちているようです。 開始当初は体重も90キロを超えていましたが、最近では87キロ前後をウロウロしており、調子がいいと85キロ台まで落ちていることもしばしば。 ただもともと体重の増減幅が多い私としては、「誤差範囲」としてまだまだ油断できない数値です。 誤差範囲と呼ばれないためにも、継続して体重を落としていく必要があります。 食事制限は緩め もちろん食事にも気を使っています。 ただそこまで強く制限しているというわけではなく、むしろ制限の仕方はゆるい方と言えます。 朝食は今まで通り、普通にお米に納豆、味噌汁、そして卵やソーセージなどのおかずを加えたものが主流です。 カレーライスやラーメンなど食べることもあります。 これも今までとそこまで変わりません。 逆に夕食は、今までと比べて一番気を使っています。 今まではお昼に食べれなかった分を取り戻すかのようにたくさん食べていましたが、今はなるべく炭水化物を食べない、なるべく晩酌をしない方針に変えています。 目的を体力強化、エクササイズの効果は全身に設定しており、より速い、激しい動きで全身をシェイプできるようにしています。 また複数パンチや回避行動のコンビネーションは経験を積んでいくごとに複雑なものになっていきます。 パンチの打ち分けの難しさもさることながら、ダッキングやウィービングの膝を使った動きも、これまで運動してこなかった身にはだいぶ堪えるようです。 食事制限の効果もあるかもしれませんが、フィットボクシングを2週間続けて体重は4キロ減っています。 今後の体重の減り具合などについてはまた次回の記事を通してレポートしていきたいと思います。

次の

【スイッチ】フィットボクシングの効果はどんな感じ?筋肉痛になる!?

フィット ボクシング

イマジニアから発売されているNintendo Switch向けの『Fit Boxing』(フィットボクシング)というフィットネスゲームは果たして本当にダイエット効果があるのか?を検証する記事の第1弾です。 ただ、検証結果だけをレポートしても面白くないという事で、実際にプレイをして気付いたことや『Fit Boxing』の良い部分、そうでない部分もしっかりプレイレポート的に併せてお話していきます。 今回の記事は第1回という事で、まずは取っ掛かりである3日目までをレポートし「具体的に一体どんな事を本作でしていくのか」という事を中心にご紹介していきます。 その後の連載予定としては、2週間後にPart. 2と分けて記事を出し、最終的にどれくらい体に変化が出るかやプレイし続けて気付いたことをお話していきたいと考えていますのでよろしくお願いします。 それでは第1回のレポート行ってみましょう! 簡単な自己紹介と今回のルール 私自身のバックボーンを少し自己紹介させていただきますが、下の画像の通りほぼ平均体重の中肉中背な男性です。 普段全く運動していない人の方がドラスティックに変化が現れそうですが、経験上平均体重から下に絞っていくのは意外と大変だったりしますので、その辺りを踏まえた参考となればいいですね。 また、本来ダイエットは運動以外にも食事の見直し等複合的にアプローチするのが効果的ですが、今回はあくまで 『Fit Boxing』の効果を検証することが目的ですので、ルールとして検証期間中は食事制限などは一切行わず普段通りにしていきます。 因みに昔Wii向けに発売された『Wii Fit』もやっていたことがありますが、家族や友人とパーティーゲーム的に遊んでばかりで殆ど運動としてはプレイは続かなかったため、果たして『Fit Boxing』を継続してできるかはちょっと内心心配だったりしますが(笑)…できるだけ毎日頑張っていきます。 DAY 1 体験 早速プレイを始めるとリンさんというさわやかなトレーナーから簡単なレクチャーで本作のプレイ方法を説明してもらえます。 Switchのジョイコンをこんな風に握りこんでプレイしていくわけですが、任天堂の対戦アクションゲーム『ARMS』のいいね持ちと同じ持ち方ですね。 続いては本作での基本となる身体の構えをリンさんが教えてくれますので、それを真似ながら構えていきます。 実際のトレーナーの人に教わっているような感覚で、簡潔で分かり易い説明とテンポの良く進められていく流れが良いですね! 客観的に見てるだけだと伝わりにくいかもしれませんが、トレーナーと一緒にフォームを作っているような感覚で、 ただぼ~っと見せられているだけのチュートリアルじゃないっていうのは一つ大きなポイントです。 構えをしたら前後に体を揺らし、音楽に合わせて前!後ろ!とテンポを取ります。 リズムにのって体を動かすっていうのは、それだけでも楽しいですからね。 テンションが上がります! そして次からが本作のメインとなる部分の説明です。 簡単に言うと 『 太鼓の達人』のバチをパンチに置き換えたものだと思って頂いて大丈夫です。 トレーナーのレクチャーが終わると次は自分の番…「前!後!前!後!」の掛け声に合わせて最初に脚でリズムを取りながらジャブを打ちます!…これは楽勝!楽しい! 次に教わるのは右ストレートです。 どうやらこのような感じでボクシングで使うパンチやアクションを段階的にトレーニングに色々盛りこんで覚えていくようですね。 身体をひねりながら真っすぐパンチ!…ストレートって腰を入れて打つんだ…勉強になるな…。 こうしてチュートリアルを終えたら、いよいよトレーニングスタートです! 本作ではこのように日課となるデイリーコースなるものが設けられていて、それに従ってトレーニングを進めていくようですね。 では、コースの最初…運動をする前の基本のストレッチから。 ストレッチは軽視しがちですが、ケガをしない・疲労を和らげる・運動効率を高める…などなど非常に重要ですからね…ここを端折らないっていうのは正しいです。 ストレッチは寝転がったりすることなく場所を取らない簡単な内容で、時間も2分程度でサクッと終わるのは好感度高いですね! 幾ら大切とはいえストレッチが長かったり、手間になってくると続かない人は増えそうですから(苦笑) ストレッチが終わったら軽快な音楽が流れはじめます! トレーニング開始時には必ずトレーナーがこんな感じで基本フォームとリズムを作るところから始めてくれるみたいですね。 あ~なんか凄いジムでトレーナーに教わってる感あるわ…(語彙力) そして音楽とトレーナーの掛け声に合わせてパンチ! 「次はジャブ行きます!」「ではワンツーいきます!」「基本フォームをキープして!」 トレーナーが積極的に声をかけてくれるお陰で凄くやり易い! それでも意外とリズムを前後に乗りながらパンチって大変です…基本の構えを維持もしなくちゃいけないですからね。 だからやっているうちにリズムが崩れてぐちゃぐちゃになるときもあるんですが、それをまるで察するようなタイミングで「一回リズム取ります!トン!トン!」と前後に手を動かして、修正する機会をくれます…これを入れてくるタイミングが絶妙! こんな感じで1日目はジャブとストレートを覚えつつ軽いプレイであっという間に終了! ストレッチでクールダウンしたら、今日の運動の結果発表に移ります。 消費カロリーもめちゃめちゃ少ない! カラダ年齢37歳!微妙すぎ!こういう企画は60歳とかとんでもない数字から始めた方が盛り上がるのに(笑) まぁとりあえずは目標を20代前半位にして目指してみます! この後もフリートレーニングでいくらでもやれてしまうのですが、あまり飛ばしすぎると続かないのがダイエットなので今日はここで終わりにしておきましょう。 初日はこんな感じで、楽しいとかしんどいとか以前にやり方を教わってお終いという事で、本格的なトレーニングができるのはまだ先の様ですね。 DAY 2 本格始動! 1日目は温すぎて肩透かしも良い所でした。 普段全く運動していない人はパンチを打つだけでもしんどいかもしれませんが、流石に毎日ジョギングしている私には正直言ってチョロいです。 じゃあ今日も早速ヌルいフィットネスゲームを遊びますか!という事でサクッとはじめて行きます。 因みに今日は他のトレーナーさんにお願いしてみようという事で、声が『ベヨネッタ』(CV:田中敦子)のトレーナーさんにしてみました。 さわやかなリンさんも良いですが、ラウラさんは健康的な大人の色気があってイイっすね! 本作はトレーナーの声優陣も凄く豪華で、その声優ファンの方にも口コミで広がってるみたいですね。 まぁ…好きな声優のボイスでトレーニングするの堪らんっていうのは何となく理解できます(笑) 早速、今日の新しいセクシーなコーチから提案されたのはコースの選択です。 これは勿論『ダイエット』に決まってます! そして締めたい部位は『ウエスト』…お腹周りが正月の堕落した生活のせいで弛んでますからね…シュッとしたいです、シュッと! なるほど…この感じだと… 昨日のはただの体験日みたいなもので今回から本格的なトレーニングみたいですね。 さらにエクササイズの時間も選べます。 時間が取れないときとかもあるのでこうやって複数の時間による選択肢があるのは良いですね! じゃあ最初から45分!と行きたいところですが、ここで一番ハードなのを選ぶとダイエットが続かないというのを私は知っています。 単発的に急にどさっと運動をしても、嫌になったり苦になって続かなかったら意味がありません…自分がそこまで苦にならない程度の努力を続けていき習慣化させるこそが真のダイエットなのです!(キッパリ) では一つ下のオススメの35分コースで…まぁ昨日やった感じちゃちゃっとパンチするだけなんで余裕かと。 昨日覚えたジャブ、ストレートに加えてアッパーとフック!より複数の動作が加わったことで難易度がアップしてますね! それから15分後… ハァ…ハァっ!ゼェ…ゼェッ…ちょ…ちょ… ジャブ!ストレート!リズムが崩れる! もう流れるパンチのアイコンについていくだけで必死です…。 左ジャブを連打してその後右ストレート!これを続けるだけでも汗がダラダラ…。 …25分後… シュッ!シュッ!しんどい!でもなんか気持ちいぞ! 20分過ぎたあたりからパンチの種類がジャブ、ストレートだけでなく、フック、アッパーが増えていきます。 これら4つのパンチを決められたパターンで音楽に合わせて何度もパンチを繰り返しているとダンスしてるみたいでハイになってきます! ジャストタイミングでコンボが決まるとトレーナーの「いいパンチね!その調子!」とセクシーな声に煽られてどんどんノってきます。 終盤はもう基本の構えが崩れるくらいボロボロになりましたが、 まさしく体を使った音ゲーって感じで滅茶苦茶楽しい! その代わり…ほんと頭から足まで全身汗でびっしょりです…(シャツもレギンスもベタベタ…次回からは軽装でやろう…) タオルで汗をぬぐいながら本日の結果発表を見ていきましょう。 カロリー257!結構消費してる! 大体ごはんをお茶碗に並盛1杯、もしくはざるそば1枚分くらいのカロリーですね。 カラダ年齢1日で3歳若返りました!1日で3歳!凄い!これは奥さん買いですよ!(テレビショッピング感) まぁこの辺りはやっぱり、テキトーな数値って感じがしますね(笑) しかし、昨日とは一転して急にハードになりました…。 トレーナーさんの言葉に既に圧を感じさせられます(笑) 明日確実に筋肉痛だなこれ…。 さてさて、今日のデイリーコースの内容は…と。 昨日とは違いフックコンビネーション中心のトレーニングか…日々曲やトレーニング内容が変わるのは刺激になりますね! 今日の新曲は『Call me baby』か…日本だと知らない人も多いかもしれませんが…五年前くらいに海外でめっちゃヒットした曲です。 しかし、ガチムチのトレーナーとこのガーリィな曲でトレーニングするのか…(困惑) 因みに本作で登録されている曲数は全部で20曲あるそうです。 これが多いか少ないかは今後判断したいと思いますが…。 さてさて、今日のトレーニングに話を戻しますが…フックやアッパーを混ぜながら、昨日よりも激しい動きを要求され始めます! ジャブ!ストレート!ジャブジャブ!フック!ジャブ!アッパー! 畳みかけるような連続パンチに昨日の筋肉痛もあって中盤からボロボロ(笑) あれ?おかしいな?これって初級って名前についてたけど?(笑) 特に後半はリズムがガタガタでパンチも腰が入っていない手打ちで、アッパーとフックを間違えたり酷いもんです…。 ただそれで気づいていたんですけど、このゲームはどうやらパンチのタイミングは計ってても、どういうパンチを打ってるかまでは正確に検知してないみたいですね。 例えばフックの時にストレートを打ってもタイミングさえ合っていればJUST!という判定が出ます。 ここら辺は判定厳しくしすぎるとやる気なくすから敢えて緩くしてるのかもしれませんね。 リズムをちゃんと取りながら正確にパンチを使い分けるのは実際やって見るとかなり難しいので…判定を厳しくするとかなりのストレスゲーになりそうな予感がします(笑) とりあえず3日目も35分最後までやり切りましたが、結果はこんな感じ! やっぱり昨日より少しカロリー消費量が多い! そして昨日から更にカラダが2歳若返りました…一体このまま何歳までいくのだろうか(笑) 反省点は沢山ありますが、後半はやっぱりリズムがガタガタになったり酷いもんですので、今後のトレーニングで慣れて上達していくものなのか気にしていきたいと思います。 3日間を終えて とりあえず最初の3日間で本作の基本的な内容は一通り体験した形になりますが、とりあえずの印象としてあるのは3つです。 ・キツ過ぎずヌル過ぎない丁度良いハードさ ・音ゲー感覚で体を使って楽しくできる ・トレーナーの存在のお陰でトレーニングの孤独感を感じさせない 良くできたフィットネスゲームとは聞いていましたが、この3日間の体験では納得といった感じで、今のところ大きなマイナスポイントは見つからない感じですね。 まだ3日なので筋肉痛になったくらいしか変化はありませんが、今後筋力が付いてきて体重69㎏からどこまで絞れるのかもそうですが、飽きが来ないような工夫やモチベーションを保つ仕組みがどう働いているか、その辺りもこれからできれば毎日プレイして探っていきたいと思います。 因みに、今日お話しした3日までの体験はeShopで配信している体験版でも体験できますので、ご興味ある方は是非プレイしてみてください!.

次の