楽天回線エリアなのに。 楽天モバイルの「楽天回線エリア」を試す

楽天回線エリアとパートナーエリアの境目は何処?回線内でもローミング有り?

楽天回線エリアなのに

4月8日から正式サービスがスタートしたMNO版。 プラン名は「Rakuten UN-LIMIT」一つのみで、楽天モバイル自社回線エリアなら無制限で使い放題。 さらに1年間は無料で使うことができます!(2年以降は月2,980円) 早速自分も申し込んで使用しました! こちらでは楽天モバイルの電話・SMSアプリ「Rakuten Link」でのアクティベーションなどをまとめています。 今回はMNO版 「Rakuten UN-LIMIT」の実際の速度を検証しました! また自分が契約している他の回線(、、 )と楽天モバイルの速度も比較しました。 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT はMNOだけあって全時間帯の速度が安定しています。 ただエリアに難ありです・・・ そしてそれ以上に楽天モバイルパートナー回線エリア au とUQモバイルの速さに驚きです! 各回線の詳細や測定に使用したスマートフォンは次のようになっています。 平均すると下りは約26Mbps、上りは約11Mbpsになっています。 アクティベートした際に6回測定したときは、下りが約26Mbps、上りが約9Mbpsでした。 速度は安定していますが、速くも遅くもありません。 楽天自社回線エリアと圏外になる場所 4月14日 火 の18:00頃、名古屋の中心部・栄で計測しました。 クリスタル広場 地下 で計測したところパートナー回線 au に切り替わりました。 栄の地下街では楽天モバイルの自社回線を利用できないようです。 4Mbps、上り12. 2Mbpsです。 対してパートナー回線 au では下り193Mbps、上り24. 4Mbps。 パートナー回線が異常な速さを記録しています! ちなみに同時刻のUQモバイルの速度は下り193Mbps、上り23. 9Mbpsです。 測定したときのau回線が異常に速いときでした。 「my 楽天モバイル」アプリについて 「my 楽天モバイル」アプリでは、現在の接続先が楽天自社回線かパートナー回線 au かわかるようになっています。 データ残量はパートナー回線 au のみ適用されますので、楽天自社回線の場合は全体的に薄い色になっています。 パートナー回線は5GBまで高速通信可能 3月3日の発表当初はパートナー回線 au では、月2GBまで高速通信可能でした。 2GBを超えた場合は最大128kbpsに制限されます。 ですが、サービス開始当日の4月8日に月5GBまで高速通信可能になると発表されました。 4月22日より変更 また5GBを超えた場合は最大1Mbpsで通信可能です。 【通信サービスアップグレードのお知らせ】 プラン料金「Rakuten UN-LIMIT」が2. 各MVNO回線と楽天モバイル UN-LIMIT を比較すると、やはり楽天モバイル UN-LIMIT がどの時間帯も安定して速度が出ていることがわかります。 ですが一番目を引くのは、UQモバイル auのサブブランド の下りの速度ではないでしょうか。 平日の夕方には145Mbpsも出ています。 ただ平日の昼間は53. 6Mbpsになっていますので時間帯ごとでバラバラです。 それでも楽天モバイル UN-LIMIT より速いですね。 D MMモバイル docomoのMVNO の下り速度は平日の昼間のみが異常に遅くなっています。 対してLINEモバイル SoftBankのMVNO の下り速度は深夜のみしか速くありません。 上りについては、3回線とも楽天モバイルより遅いことが多いですね。 速度は安定。 今後のアップデートに期待 UN-LIMIT はやはりMNOだけあった全時間帯の速度が安定しています。 ですが速くも遅くもない状態です。 また楽天モバイル自社回線エリアでも地下では圏外になることがあります。 速度アップやエリア改善など今後のアップデートに期待です。 余談ですが、現在楽天モバイルにお問合せしても回答がなかなか来ないようです。

次の

楽天モバイル、地方は実質“月額2980円で2GB” 今後のエリア拡大計画は (1/2)

楽天回線エリアなのに

1.楽天モバイルの回線エリアとパートナーエリアの違い 楽天UN-LIMITは楽天回線エリア内であれば使い放題です。 エリア外はパートナーエリアとなり、パートナー回線であるau電波に切り替わります。 パートナー回線での通信であれば、月に5GBまで使い放題です。 楽天回線エリアはまだまだ都市部のみに止まっています。 そのため、使い放題だと思って楽天UN-LIMITを契約しても、住んでいるエリアや通勤・通学エリアによっては繋がらない可能性もあります。 契約前に必ず楽天回線エリアであるかどうかを確認しておきましょう。 【注意】楽天回線エリアでもパートナー回線に切り替わることがある 楽天回線エリアをチェックする前に、1つ注意しなければならないことがあります。 それは、 楽天回線エリアであっても、パートナー回線に切り替わることがある点です。 たとえば、以下のような場所は楽天回線が届きにくいようです。 地下階・地下鉄• 高層階 楽天回線エリアだからといって、 常に楽天回線とつながっているわけではないことを覚えておきましょう。 2.楽天回線(自社回線)エリアの詳細 楽天UN-LIMITとの契約を検討しているのであれば、楽天回線(自社回線)エリアをチェックしておくべきです。 上の地図を見て分かるように、楽天回線エリアである 濃いピンクのエリアは都市部に集まっています。 さらに詳しく地域ごとに確認していきましょう。 楽天エリアと明記されていない地域でも、エリアマップを見る限りでは一部楽天回線エリアとなっている地域があります。 このような地域での利用を検討されている場合は、あらかじめ問い合わせなどをして確認することをおすすめします。 東京 23区・武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市・西東京市 埼玉 さいたま市(西区・帰宅・大宮区・見沼区・中央区・桜区・浦和区・南区・緑区・岩槻区)・川口市・春日部市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・朝霞市・志木市・和光市・新座市・八潮市・富士見市・三郷市・蓮田市・ふじみ野市・三芳町 千葉 千葉市(中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区)・市川市・船橋市・松戸市・習志野市・八千代市・鎌ケ谷市・浦安市・四街道市・白井市 神奈川 横浜市(鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ヶ谷区・磯子区・港北区・都筑区)・川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区) 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 大阪 大阪市・堺市(堺区・北区)・吹田市・守口市・八尾市・松原市・大東市・門真市・摂津市・東大阪市・四條畷市 兵庫 神戸市(東灘区・灘区・兵庫区・長田区・中央区)・芦屋市 京都 京都市(北区・南区・上京区・左京区・中京区・下京区・右京区・東山区) 滋賀 滋賀の楽天回線エリアの地域名は書かれていませんでした。 しかし、 地図を見ると楽天モバイルエリアである濃いピンクの地域もあります。 このように、一部では楽天回線を使えるようです。 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 愛知 名古屋市・春日井市・津島市・大府市・尾張旭市・豊明市・日進市・清須市・北名古屋市・弥富市・あま市・長久手市・東郷町・豊山町・大治町・蟹江町・飛島村 三重 木曽岬町 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 札幌市(東区・手稲区・清田区)• 函館市 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 しかし、 地図を見る限り一部地域で楽天回線エリアとなっています。 宮城(仙台市) 秋田(秋田市) 福島(いわき市) 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 新潟 刈羽村 富山(富山市) 富山の楽天回線エリアの地域名は書かれていませんでした。 しかし、 地図を見ると楽天モバイルエリアである濃いピンクの地域もあります。 長野 長野の楽天回線エリアの地域名は書かれていませんでした。 しかし、 地図を見ると楽天モバイルエリアである濃いピンクの地域もあります。 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 しかし、 地図を見る限り一部地域が回線エリアとなっています。 広島(広島市) 鳥取(米子市) 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 しかし、 地図を見る限り一部地域が回線エリアとなっています。 愛媛(松山市) 高知 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 しかし、 地図を見る限り一部地域が回線エリアとなっています。 福島(福岡市) 宮崎(都城市) 熊本(熊本市) 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 那覇市• 浦添市 詳しく楽天回線エリアを確認をする場合は、をしましょう。 3.エリアマップはアテにならない?!利用者のリアルな口コミ ここまで地域ごとのエリアマップを確認してきました。 しかし、利用者の口コミを見ていると、 「エリアマップはあてにならない!」という声が多いです。 また、 エリア内であっても建物の中だと楽天回線が使えないケースもあります。 家から出ると、楽天の電波を拾う。 建物などの障害物が少なければだけど電波薄い 一応サービスエリアに偽りはないわけです。 家の中はauの電波を拾うので普通に使えます 楽天とauの電波は自動で切り替わる手間はかからない。 だからこそ「1年間基本料無料」のキャンペーンをしているのかもしれません。 つまり、「お金を取るほど十分なサービスは提供できないけど、無料で使って改善点を教えて欲しい」という楽天モバイルのメッセージと言えるでしょう。 そのため、 「常に快適に通信したい」という人は楽天モバイルだけを契約するのはおすすめできません。 今のところ基本料金は無料なので2つ目のSIMとして利用したり、回線状況が良い時だけ使うようにしましょう。 4.今後楽天モバイルの回線エリアは拡大予定!基地局が増加している まだまだ楽天回線エリアは限定的ですが、今後は全国各地に広がっていくことが期待できます。 というのも、 確実に楽天モバイルの基地局が増加しているからです。 2019年10月末時点ではまだ2,300局だった基地局が、2020年4月中旬には4,700曲まで増加しています。 つまり、半年ほどで2,400局ほど増えている計算になるのです。 「全国どこでも」と言える道のりは少し遠いですが、今後のエリア拡大に期待できるでしょう。 パートナー回線エリアだとSMSの送受信ができない可能性がある• パートナー回線エリアでは通信容量の制限がある 契約前に各注意点を詳しく確認しておきましょう。 注意点1.パートナー回線エリアだとSMSの送受信ができない可能性がある パートナー回線エリアだと、 楽天回線対応以外のAndroidoやiPhoneを使うとSMSの送受信ができない可能性があります。 対策は、 楽天回線対応製品を購入して使うことです。 楽天回線対応製品はできます。 パートナー回線エリアで使うことが多い人は、楽天回線対応製品を購入しましょう。 注意点2.パートナー回線エリアでは通信容量の制限がある パートナー回線エリアでの通信には、通信容量の制限があるので注意しましょう。 このように、パートナー回線エリアでは 月に最大5GBまでとなっています。 超過後は低速での通信となるので注意しましょう。 建物の中や地下、高層階だとパートナー回線に切り替わってしまうことが報告されています。 「使い放題だから家のWiFiとしても使おうと思っていたのに、家の中はパートナー回線になって制限がかかってしまった」なんてことも考えられるでしょう。 楽天モバイル契約時に自宅で既にWiFiを利用しているなら、家で楽天回線が使えるかをチェックしてから解約する方が賢明です。 6.楽天モバイルの回線エリア内で通信できないときの対策方法 口コミをみていると、「楽天モバイルの回線エリアなのに通信できない」という口コミも多くありました。 そこで、 楽天モバイルの回線エリア内にも関わらず通信できなかったときの対策方法を確認しておきましょう。 対策方法は、以下の4つです。 スモールセルを使う• スマホの設定を見直す• iPhoneならeSIMに変更する• AndroidならデュアルSIM対応機種に変更する 順番に確認し、 繋がらなかった時に試してみましょう。 対策1.スモールセルを使う 電波状況が悪い場合、スモールセルを設置すると改善することがあります。 スモールセルとは、携帯型基地局のことです。 楽天モバイルには 「Rakuten Casa」というスモールセルがあります。 しかし、Rakuten Casaを設置するためには、 楽天の光回線サービスである「楽天ひかり」の契約もしなければなりません。 もし、すでに楽天ひかりを契約しているのであれば、Rakuten Casaを使ってみましょう。 対策2.スマホの設定を見直す そもそも、 スマホの設定がうまく行っていないことが原因で電波状況が悪いのかもしれません。 スマホの設定方法は、楽天モバイルの公式ページに記載されています。 しっかり確認し、設定し直しましょう。 ちなみに、 楽天回線対応製品のAndroidであれば初期設定の必要はありません。 対策3.iPhoneならeSIMに変更する eSIMに対応しているiPhoneなら、eSIMに切り替えましょう。 eSIMは楽天UN-LIMITにして、 データSIMを他のキャリアのものに変えます。 そうすることで、 「繋がる時は楽天UN-LIMIT、繋がらない時は他のキャリア」と使い分けができます。 ただし、ほかのSIMカードを買わなければなりません。 切り替えがめんどくさいなら、いっそのこと他のキャリアに乗り換えても良いでしょう。 対策4.AndroidならデュアルSIM対応機種に変更する AndroidならデュアルSIM対応機種に変更し、 もう1枚他キャリアのデータSIMを購入しましょう。 そうすることで、 「繋がる時は楽天UN-LIMIT、繋がらない時は他のキャリア」と使い分けができます。 ただし、ほかのSIMカードも買わなければなりません。 デュアルSIMで切り替えがめんどくさいなら、いっそのこと他のキャリアに乗り換えても良いでしょう。 まとめ 楽天UN-LIMITは楽天回線エリア内であれば使い放題です。 しかし、まだまだ都市部しか回線エリアになっていません。 自分の家や会社がエリア内なのかを確認し、 自分にあったキャリアであるかを確認した上で申し込みましょう。

次の

【楽天料金・速報分析】使い放題は楽天エリアのみ。au接続だとたったの2GBまで(三上洋)

楽天回線エリアなのに

4月8日から正式サービスがスタートしたMNO版。 プラン名は「Rakuten UN-LIMIT」一つのみで、楽天モバイル自社回線エリアなら無制限で使い放題。 さらに1年間は無料で使うことができます!(2年以降は月2,980円) 早速自分も申し込んで使用しました! こちらでは楽天モバイルの電話・SMSアプリ「Rakuten Link」でのアクティベーションなどをまとめています。 今回はMNO版 「Rakuten UN-LIMIT」の実際の速度を検証しました! また自分が契約している他の回線(、、 )と楽天モバイルの速度も比較しました。 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT はMNOだけあって全時間帯の速度が安定しています。 ただエリアに難ありです・・・ そしてそれ以上に楽天モバイルパートナー回線エリア au とUQモバイルの速さに驚きです! 各回線の詳細や測定に使用したスマートフォンは次のようになっています。 平均すると下りは約26Mbps、上りは約11Mbpsになっています。 アクティベートした際に6回測定したときは、下りが約26Mbps、上りが約9Mbpsでした。 速度は安定していますが、速くも遅くもありません。 楽天自社回線エリアと圏外になる場所 4月14日 火 の18:00頃、名古屋の中心部・栄で計測しました。 クリスタル広場 地下 で計測したところパートナー回線 au に切り替わりました。 栄の地下街では楽天モバイルの自社回線を利用できないようです。 4Mbps、上り12. 2Mbpsです。 対してパートナー回線 au では下り193Mbps、上り24. 4Mbps。 パートナー回線が異常な速さを記録しています! ちなみに同時刻のUQモバイルの速度は下り193Mbps、上り23. 9Mbpsです。 測定したときのau回線が異常に速いときでした。 「my 楽天モバイル」アプリについて 「my 楽天モバイル」アプリでは、現在の接続先が楽天自社回線かパートナー回線 au かわかるようになっています。 データ残量はパートナー回線 au のみ適用されますので、楽天自社回線の場合は全体的に薄い色になっています。 パートナー回線は5GBまで高速通信可能 3月3日の発表当初はパートナー回線 au では、月2GBまで高速通信可能でした。 2GBを超えた場合は最大128kbpsに制限されます。 ですが、サービス開始当日の4月8日に月5GBまで高速通信可能になると発表されました。 4月22日より変更 また5GBを超えた場合は最大1Mbpsで通信可能です。 【通信サービスアップグレードのお知らせ】 プラン料金「Rakuten UN-LIMIT」が2. 各MVNO回線と楽天モバイル UN-LIMIT を比較すると、やはり楽天モバイル UN-LIMIT がどの時間帯も安定して速度が出ていることがわかります。 ですが一番目を引くのは、UQモバイル auのサブブランド の下りの速度ではないでしょうか。 平日の夕方には145Mbpsも出ています。 ただ平日の昼間は53. 6Mbpsになっていますので時間帯ごとでバラバラです。 それでも楽天モバイル UN-LIMIT より速いですね。 D MMモバイル docomoのMVNO の下り速度は平日の昼間のみが異常に遅くなっています。 対してLINEモバイル SoftBankのMVNO の下り速度は深夜のみしか速くありません。 上りについては、3回線とも楽天モバイルより遅いことが多いですね。 速度は安定。 今後のアップデートに期待 UN-LIMIT はやはりMNOだけあった全時間帯の速度が安定しています。 ですが速くも遅くもない状態です。 また楽天モバイル自社回線エリアでも地下では圏外になることがあります。 速度アップやエリア改善など今後のアップデートに期待です。 余談ですが、現在楽天モバイルにお問合せしても回答がなかなか来ないようです。

次の