デパス 効果 時間。 デパスの半減期と効果時間

医療用医薬品 : デパス

デパス 効果 時間

デパスは1984年の発売以来、国内で最も使われている抗不安薬です。 緊張緩和はもちろん、眠れないときの 睡眠導入剤、肩こりや筋肉痛の 筋弛緩薬、 抗うつ剤としても使われるなど、その汎用性の高さも人気の秘密です。 精神科や心療内科にて比較的処方してもらいやすい薬ですが、薬局やドラッグストアでは売っていないため、病院以外での購入はできません。 また、以前は個人輸入(海外通販)を利用することで誰でも簡単に購入できていましたが、厚生労働省により向精神薬指定がなされたことで2016年10月14日以降は個人輸入は禁止となりました。 そのため、購入には病院など医療機関を受診し、医師・薬剤師のもと処方箋をもらい購入するしかありません。 効果 緊張・あがりに対する主な効果として、交感神経に作用し、緊張した気持ちを落ち着かせる効果や緊張して硬くなった体や筋肉をほぐす効果があります。 そのため、手術前に服用し、不安や緊張をなくすなど医療現場で使われることもあります。 そして、効果の強さとは逆に副作用なども少ない非常に安全性の高い薬でもあります。 持続時間(作用時間) デパスは服用後、30分〜1時間で効果が現れはじめ、3時間をピークに徐々に薬が抜けていきます。 効果に個人差はありますが、30分で効果が表れ、3時間前後の効果というのが多いです。 他の緊張に効果のある薬と比べても持続時間が比較的短い緊張に効く薬です。 これは緊張する場面がある場合にピンポイントで使えるため大きなメリットになります。 いつまでも体内に薬が残らないのは薬による倦怠感や副作用が起こりにくいということです。 使い方 デパスは純国産薬ということや様々な症状に効くため、 万能薬や名薬とも言われています。 緊張・あがり症対策としては、効果の強さと持続時間から考え、緊張を強いられる場面の30分前などにピンポイントで使うのがおすすめです。 (デパスには0. はじめは1mg前後を目安として始めてみると良いでしょう。 例えば、重要な会議や発言機会のある場面、就職活動中であれば面接時など、局所的に使え、使用後数時間で薬が抜けるのでいつまでも薬の使用による気怠さなどを感じることがありません。 使用期限(消費期限) デパスを含むほとんどの薬が3〜5年が使用期限(消費期限)になります。 何年も使わずに保存している場合は使用期限、または購入日を確認してみてください。 通販・個人輸入であれば、バラ売りもありますが、バラ売りの場合は使用期限がわからない場合もあるので、購入日から目安として3年ほどと考えてみてください。 箱買いの場合は外箱に使用期限が印刷されているのでチェックしてみてください。 副作用 デパスは比較的副作用の少ない薬ですが、眠気、ふらつき、倦怠感、脱力感などが報告されています。 また、服用中は眠気や注意力、集中力や反射運動能力の低下が起こる可能性があります。 そのため、服用後数時間以内に車の運転などが控えている場合は慎重に使用するようにしてください。 デパスの口コミを集めました.

次の

デパスは認知症のリスクがある?長期服用の注意点!

デパス 効果 時間

ということは、 もちろん肩こりにも効果を発揮しますね。 非常に幅広い症状に対して有効だとわかります。 まさに、 万能薬と言えます! デパスは、 睡眠障害にも使用されることから、 同類の薬剤の中でも、不安や緊張に対しての 効果は強く、優れているのです。 また、 筋肉のこわばり(肩こりも)などの症状に対しても、 同類の薬剤の中でもトップクラスの力を発揮します。 管理人の感想では、筋肉のコリをほぐし、 痛みをやわらげる薬として 処方される代表的な薬剤の、 「ミオナール」・「テルネリン」 などでは治まらない、 ひどい肩こりにも デパスは有効だと思います。 デパス錠0. 25mg• デパス錠0. 5mg• デパス錠1mg この4種類があるようですが、 管理人は 0. 5mgと 1mg以外は見たことも聞いた こともありませんので、ほとんど処方されないでしょう。 効果が続く時間は? デパスは、服用後(食後30分以内) 約3時間で 最高血中濃度になます。 持続時間は短時間タイプで、 おおよそ 6時間以内で切れてきます。 とくに、 1mgを服用している場合には、 薬の切れ際が自分でも わかる人が多いようですね。 (管理人もです) その場合、 不快感を感じる事が多いです。 管理人も、そうでした… もちろん、 0. 5mgのケースでも 薬の切れ際が、わかる人にはわかるようです。 したがって、デパス服用後、 6時間以上(もしくはもっと早く)経過すると、 感覚的に肩こりなどの症状も再発して しまいますので、1日3回の服用が多いようですね。 簡単に処方される裏ワザ デパスは、 精神科や心療内科では普通に処方されています。 しかし、精神疾患で病院に かかることに抵抗がある方も多いと思います。 実は、デパスは、 内科でも処方されるのです。 主に精神疾患に使用される、 抗不安薬のデパスは… 処方用途が広いため、 大抵の医療機関に置いてあります。 睡眠薬も、比較的作用が弱い 種類の物は 内科で処方されることも。 または、神経質でストレスを感じているようで、 最近、肩こりがひどく頭痛が辛いです。 などの症状を訴えれば、 処方されやすいでしょう! 「 ストレスからきていると 付け加えておけば、鬼に金棒です!」 以上のような、 症状に処方されること良くありますね。 もし、別の薬が処方されてしまったら、 次の受診のときに 効かなかったことを告げるといいと思います。 こちらから、症状を訴えて、 デパスという薬があるようですが、 自分には合わないですか?と言うのも 「あり」です。 なぜなら、 デパスは、 それほど危険な薬として扱われていない ので 比較的簡単に処方されるからです。 広告 デパスを簡単に処方される裏ワザ、その2 穴場なのが、 「整形外科」等です。 先程の症状を訴えれば、 比較的簡単にデパスが出てくる可能性大! ついでに、 「寝付きも悪くて…」と言えば、 睡眠薬も出ることもあります。 まとめ 今回の記事は、 お役に立ったでしょうか? デパスの 凄いところばかり紹介してしまいましたが、 実際に素晴らしい薬だったので、正直に書きました。

次の

デパス錠0.5mgの7つの副作用【効果や効き時間も徹底解説】

デパス 効果 時間

Contents• 薬物動態 薬物動態とは、薬が体内に取り込まれ効果を出し、そしてどう代謝されて薬効を失うかをいいます。 もちろん体内でのお薬の動き(薬物動態)には個人差がありますのであくまで一般的解釈として認識してください。 デパスを内服すると、約3時間で血中濃度が最大となり、半減期(血中濃度が半分になってしまう時間)は約6時間とされています。 半減期とは、お薬の血中濃度があるところから半分になるまでにかかる時間のことです。 それはすなわち作用時間と相関すると考えてください。 つまりどの程度の時間効いているかというのは半減期によるということです。 デパスの場合は半減期が6時間ですから、内服してから6時間くらい効いているというわけです。 デパスは肝臓で代謝され分解されていきます。 代謝されることで身体から抜けていくのですが、代謝スピードは個人差がありますし、また血中濃度がそのまま薬効を反映するわけではありません(血中濃度が半分になっても十分効いていると実感している人もいますし、逆に血中濃度が最高値より少しでも下がれば効かないと思う方もいるでしょう)。 デパス(エチゾラム)の半減期は短め デパスの半減期(=作用時間)は約6時間であり、抗不安薬の中では短い方です。 またデパスは服用してから血中濃度が最大になるまでに約3時間かかりますが、逆にこれは抗不安薬の中では遅い方です。 それでもデパスはすぐ効くとおっしゃる患者さんも多いので、この辺りが実際の薬物動態との乖離があるところになりますが・・・。 ただ抗不安薬の中には、服用してから1時間以内に血中濃度が最大になるものもあり、理論上は飲んですぐ効く屯用での服用はそちらの方が適していることになります。 抗不安薬の薬物動態の比較 同じ抗不安薬の中でも、お薬によって薬物動態は様々です。 1日に数回服用となっているのはこのためです。 反面、依存になりやすいデメリットがあります。 半減期が長いお薬は、1度服用するとしばらく効いていることになります。 服薬回数も少なくて済みますし、ゆっくり効くため依存になりにくいというメリットもあります。 ただし、抗不安薬が本当に効かない人は半減期が長かろうと短かろうと何度も服用してしまいます。 また多量内服をする恐れのある場合などは、半減期が短いものの方が体内に蓄積しにくいことがおわかりいただけると思います。 デパスは半減期は6時間と短く、1日に3回など複数回飲むお薬ですが、依存形成には注意しなくてはいけません。 また最高血中濃度までは3時間かかるのですが、実際は抗不安作用の強さから効果は比較的早く実感しやすい特徴があります。 薬物動態からみるデパスの使用方法 デパスの内服回数やタイミングとしては、不安発作が出たり、不安の出やすい時間帯がありそこだけ対応するのか、それとも1日中効かせたいのかで異なります。 不安が出た場合や、不安が出やすい特定の時間がある場合 デパスを「 頓服 とんぷく」で服用することになります。 つまり急に不安が出た場合などは、そのタイミングで内服することになります。 デパスの最高血中濃度までの到達時間は約3時間ですから、この場合「飲んでから3時間は効かないのでは?」と思われるでしょう。 理論的にはそうなのですが、実際には飲んで血中濃度が上がりだしたタイミングでは効果は現れますので大丈夫です。 そこには飲んだというプラセボ効果もあるかもしれませんが、不安発作が出たタイミングで飲むは間違いではありません。 3時間後に最も安定して効いているとお考えいただくのが良いでしょう。 一方である時間帯でいつも不安がでるという場合には、逆算して効かせたい時間のおよそ3時間前に内服するのが理にかなっていると言えますね。 例えば、「15時の会議で緊張が強くなる」ということであれば、昼食後あたりにデパスを服薬するのがベストだということです。 ただ時間を気にしすぎるあまり逆に不安になるくらいなら、そこまで厳密にしなくても効果はありますので過度に神経質になるのはやめましょう。 1日中効かせたい場合 1日を通して不安を抑えたい場合は、デパスは6時間程度の半減期ですので1日1回の服薬では不十分になります。 実際、添付文書にも不安改善に用いる場合は「1日3回に分けて経口投与する」と記載されています。 定期的に服薬する事で、1日を通してしっかりと不安を抑える事ができます。 まて定期内服では頓服に比べてベースの血中濃度が高い状態が維持されますのでしっかり効果を発揮します。 (添付文書によるとおよそ1週間の定期内服で血中濃度は定常状態になるとのことです。 ) ただし依存形成などをかんげると、個人的には頓服がかのうであるならそれをおすすめしたいと思います。 耐性といっていくら血中濃度が安定しても、同じ効果作用を得られにくくなることがあるからです。 そうなるとより高い濃度を維持しなくてはならなくなります。

次の