ブラザー レーザープリンター。 レーザーマーカー(レーザー刻印機)

【2020年版】レーザープリンターのおすすめ19選。価格重視の方も必見

ブラザー レーザープリンター

By: 「レーザープリンター」とは、筒状の感光体ドラムに、「トナー」という塗料を吹きつけたあと、ドラムに付着したトナーをプリンター用紙に押しつけることで印刷する方式のプリンターです。 液体のインクを紙にそのまま吹きつける「インクジェットプリンター」と比べて大量の印刷をスピーディーに行えるのが特徴。 また、トナーの交換回数が少なく、手間が掛からないのもメリットです。 一方、インクジェットプリンターよりも本体価格や消耗品が高額な傾向にあります。 しかし、1枚当たりの印刷コストはインクジェットプリンターよりも安いため、大量に印刷したい方はレーザープリンターがおすすめです。 レーザープリンターの選び方 用紙のサイズをチェック By: レーザープリンターを選ぶ際には、印刷可能な用紙サイズの確認が必要です。 A4サイズにはほぼすべての機種が対応していますが、ポスター印刷などに活用できるA3に対応した機種は限られているので留意しておきましょう。 なお、A3対応の製品は本体サイズが大きなモノが多いため、広めの設置スペースが必要な点には要注意です。 コピー・スキャナー機能をチェック By: レーザープリンターには、印刷機能に加えてコピーやスキャナー、ファックスなどの多彩な機能を搭載した「複合機タイプ」と、印刷機能のみを備えた「単機能タイプ」の2種類が存在します。 幅広い用途で活用できる複合機タイプは、利便性を重視したい方におすすめ。 とくに、紙媒体を簡単に電子データ化できる「スキャナー機能」を搭載した機種は、書類や写真の整理に重宝します。 一方、単機能タイプは機能性がシンプルなぶん、本体がコンパクトで狭いスペースにも設置可能。 リーズナブルな価格の機種が多いのも魅力です。 カラー対応かチェック レーザープリンターには、カラー印刷に対応した機種とモノクロ印刷のみ可能な機種があります。 印刷物のバリエーションにおいては、カラー対応機種が優位。 一方、モノクロ対応機種はカラー対応機種よりもスピーディーに印刷できるのに加え、本体やトナー価格がリーズナブルなのがメリットです。 色彩豊かな年賀状や写真などを印刷したい場合は、カラー対応機種がおすすめ。 白黒文書の印刷のみに活用したい場合や、コストをできる限り抑えたい場合はモノクロ対応機種を検討してみてください。 価格をチェック レーザープリンター選びでは価格も重要。 もともとはオフィスなどで書類を高速かつ大量に印刷することに重点を置いた製品であるため、基本的には高価なモデルが多いのが特徴です。 しかし、最近はリモートワークの増加で、自宅やスモールオフィスで仕事をするSOHOワーカー向けに、価格の安い単機能モデルも多く発売されています。 コピー機やスキャナーなどの機能は省かれていますが、レーザープリンターならではのメリットをリーズナブルに入手できるので、業務で大量の書類を少ない印刷コストでプリントしたい方におすすめです。 Wi-Fiの有無をチェック By: レーザープリンターをより便利に活用したい方は、Wi-Fi対応の有無もチェックしておきましょう。 Wi-Fiに対応した機種はパソコンと有線接続する必要がないため、部屋の好きな場所に設置できるのが魅力です。 加えて、スマホ、タブレットからも簡単に印刷ができます。 なお、通常はWi-Fiを使用する際には、「アクセスポイント」と呼ばれる親機を別途設置する必要があるので要注意。 しかし、Wi-Fiの子機同士を直接接続できる「Wi-Fiダイレクト」機能を搭載したレーザープリンターであれば、親機は不要です。 購入するときは忘れずに確認しておきましょう。 レーザープリンターのおすすめメーカー キヤノン Canon By: 「ブラザー」は、おもにプリンターやファクシミリ、ミシンなどを製造している電機メーカーです。 同ブランドのプリンターはインクジェットタイプが主力ですが、レーザープリンターもラインナップが充実。 高機能ながらリーズナブルな価格帯の機種が多く、コストを抑えたい方におすすめのブランドです。 エプソン EPSON By: 「エプソン」は、情報関連機器・精密機器メーカー「セイコーエプソン株式会社」が手掛けているブランドです。 同ブランドは美しい色彩が特徴のインクジェットプリンター「カラリオ Colorio 」シリーズで知られていますが、レーザープリンターの製品ラインナップも豊富。 カラー・モノクロともに、優れた印刷スピードと高い耐久性を実現しています。 レーザープリンターのおすすめモデル|複合機 キヤノン Canon A4 モノクロレーザープリンター複合機 Satera MF245dw 両面印刷機能を搭載したモノクロレーザープリンターです。 毎日大量の印刷をおこなうオフィスにおすすめのモデル。 用紙にかかるコストを抑えたいと考えている職場にも適しています。 さらに、ページ集約機能を併用すれば複数のページを1枚にまとめられるため、紙資源の消費を大幅に削減することも可能です。 プリントだけでなくコピーも毎分27枚の高速プリントが可能。 スタートボタンを押してから最初の1枚が印刷される「ファーストコピータイム」が9秒以下と短いので、長いコピー待ちが嫌という方にもおすすめです。 また、Wi-Fiダイレクト接続に対応しているのもポイント。 スマホやタブレット端末から直接プリントができるため、無線LAN環境の整っていないオフィスでも重宝します。 ファックス機能を搭載したカラーレーザープリンターです。 受注や発注をファックスベースでおこなっている店舗・オフィスにおすすめのモデル。 機械を別々に設置する必要がないため省スペースにも有効です。 コンパクト設計なのでSOHOでも重宝します。 ADF Automatic Document Feeder 機能を搭載しているのも本モデルの特徴。 両面原稿を一度のスキャンで読み取れるため、手動で反転させる手間がいりません。 原稿送りも自動なので、大量の両面スキャンをおこないたいシーンで活躍します。 スマホやタブレット端末からでもプリントやスキャンができるなど、モバイルデバイスとの連携も本モデルの魅力のひとつです。 プリント機能に特化した安価なモノクロレーザープリンターです。 カラー印刷は不要なので、気軽に購入できる製品を探している方におすすめのモデル。 幅がわずか364mmとコンパクト設計のため、SOHOの方はもちろんカウンターの上に設置するなど窓口業務用途にも適しています。 ファーストプリントに要する時間は7. 8秒と高速です。 印刷スピードも毎分18枚と速いので、プリント枚数の大小に関わらず長く待たされることはありません。 効率的に業務を進められます。 また、安価な製品ながらWi-Fi接続に対応しているのも本モデルの特徴。 LANケーブルの配線を気にせず設置場所を決められるので便利です。 複数のスタッフが働くオフィスでも、スマートにフリンターの共有がおこなえます。 コスパに優れたA3対応のカラーレーザープリンターを検討している方におすすめのモデルです。 カラー・モノクロともに毎分26枚の高速印刷が可能。 忙しいビジネスシーンにもスピーディーに対応できます。 両面印刷機能も搭載しており、用紙の消費を抑えながら大量のプリントができるので便利です。 低いランニングコストも本モデルの特徴。 カラーで11. また、マルチOSに対応しているのもポイントです。 WindowsだけでなくMacOSやLinux搭載機もネットワークで接続することが可能。 異なるOS搭載機が混在しているようなオフィスにもおすすめのモデルです。

次の

A4カラーレーザープリンターのおすすめ8選。キャノン・ブラザーの人気モデルや複合機をご紹介!

ブラザー レーザープリンター

By: 「レーザープリンター」とは、筒状の感光体ドラムに、「トナー」という塗料を吹きつけたあと、ドラムに付着したトナーをプリンター用紙に押しつけることで印刷する方式のプリンターです。 液体のインクを紙にそのまま吹きつける「インクジェットプリンター」と比べて大量の印刷をスピーディーに行えるのが特徴。 また、トナーの交換回数が少なく、手間が掛からないのもメリットです。 一方、インクジェットプリンターよりも本体価格や消耗品が高額な傾向にあります。 しかし、1枚当たりの印刷コストはインクジェットプリンターよりも安いため、大量に印刷したい方はレーザープリンターがおすすめです。 レーザープリンターの選び方 用紙のサイズをチェック By: レーザープリンターを選ぶ際には、印刷可能な用紙サイズの確認が必要です。 A4サイズにはほぼすべての機種が対応していますが、ポスター印刷などに活用できるA3に対応した機種は限られているので留意しておきましょう。 なお、A3対応の製品は本体サイズが大きなモノが多いため、広めの設置スペースが必要な点には要注意です。 コピー・スキャナー機能をチェック By: レーザープリンターには、印刷機能に加えてコピーやスキャナー、ファックスなどの多彩な機能を搭載した「複合機タイプ」と、印刷機能のみを備えた「単機能タイプ」の2種類が存在します。 幅広い用途で活用できる複合機タイプは、利便性を重視したい方におすすめ。 とくに、紙媒体を簡単に電子データ化できる「スキャナー機能」を搭載した機種は、書類や写真の整理に重宝します。 一方、単機能タイプは機能性がシンプルなぶん、本体がコンパクトで狭いスペースにも設置可能。 リーズナブルな価格の機種が多いのも魅力です。 カラー対応かチェック レーザープリンターには、カラー印刷に対応した機種とモノクロ印刷のみ可能な機種があります。 印刷物のバリエーションにおいては、カラー対応機種が優位。 一方、モノクロ対応機種はカラー対応機種よりもスピーディーに印刷できるのに加え、本体やトナー価格がリーズナブルなのがメリットです。 色彩豊かな年賀状や写真などを印刷したい場合は、カラー対応機種がおすすめ。 白黒文書の印刷のみに活用したい場合や、コストをできる限り抑えたい場合はモノクロ対応機種を検討してみてください。 価格をチェック レーザープリンター選びでは価格も重要。 もともとはオフィスなどで書類を高速かつ大量に印刷することに重点を置いた製品であるため、基本的には高価なモデルが多いのが特徴です。 しかし、最近はリモートワークの増加で、自宅やスモールオフィスで仕事をするSOHOワーカー向けに、価格の安い単機能モデルも多く発売されています。 コピー機やスキャナーなどの機能は省かれていますが、レーザープリンターならではのメリットをリーズナブルに入手できるので、業務で大量の書類を少ない印刷コストでプリントしたい方におすすめです。 Wi-Fiの有無をチェック By: レーザープリンターをより便利に活用したい方は、Wi-Fi対応の有無もチェックしておきましょう。 Wi-Fiに対応した機種はパソコンと有線接続する必要がないため、部屋の好きな場所に設置できるのが魅力です。 加えて、スマホ、タブレットからも簡単に印刷ができます。 なお、通常はWi-Fiを使用する際には、「アクセスポイント」と呼ばれる親機を別途設置する必要があるので要注意。 しかし、Wi-Fiの子機同士を直接接続できる「Wi-Fiダイレクト」機能を搭載したレーザープリンターであれば、親機は不要です。 購入するときは忘れずに確認しておきましょう。 レーザープリンターのおすすめメーカー キヤノン Canon By: 「ブラザー」は、おもにプリンターやファクシミリ、ミシンなどを製造している電機メーカーです。 同ブランドのプリンターはインクジェットタイプが主力ですが、レーザープリンターもラインナップが充実。 高機能ながらリーズナブルな価格帯の機種が多く、コストを抑えたい方におすすめのブランドです。 エプソン EPSON By: 「エプソン」は、情報関連機器・精密機器メーカー「セイコーエプソン株式会社」が手掛けているブランドです。 同ブランドは美しい色彩が特徴のインクジェットプリンター「カラリオ Colorio 」シリーズで知られていますが、レーザープリンターの製品ラインナップも豊富。 カラー・モノクロともに、優れた印刷スピードと高い耐久性を実現しています。 レーザープリンターのおすすめモデル|複合機 キヤノン Canon A4 モノクロレーザープリンター複合機 Satera MF245dw 両面印刷機能を搭載したモノクロレーザープリンターです。 毎日大量の印刷をおこなうオフィスにおすすめのモデル。 用紙にかかるコストを抑えたいと考えている職場にも適しています。 さらに、ページ集約機能を併用すれば複数のページを1枚にまとめられるため、紙資源の消費を大幅に削減することも可能です。 プリントだけでなくコピーも毎分27枚の高速プリントが可能。 スタートボタンを押してから最初の1枚が印刷される「ファーストコピータイム」が9秒以下と短いので、長いコピー待ちが嫌という方にもおすすめです。 また、Wi-Fiダイレクト接続に対応しているのもポイント。 スマホやタブレット端末から直接プリントができるため、無線LAN環境の整っていないオフィスでも重宝します。 ファックス機能を搭載したカラーレーザープリンターです。 受注や発注をファックスベースでおこなっている店舗・オフィスにおすすめのモデル。 機械を別々に設置する必要がないため省スペースにも有効です。 コンパクト設計なのでSOHOでも重宝します。 ADF Automatic Document Feeder 機能を搭載しているのも本モデルの特徴。 両面原稿を一度のスキャンで読み取れるため、手動で反転させる手間がいりません。 原稿送りも自動なので、大量の両面スキャンをおこないたいシーンで活躍します。 スマホやタブレット端末からでもプリントやスキャンができるなど、モバイルデバイスとの連携も本モデルの魅力のひとつです。 プリント機能に特化した安価なモノクロレーザープリンターです。 カラー印刷は不要なので、気軽に購入できる製品を探している方におすすめのモデル。 幅がわずか364mmとコンパクト設計のため、SOHOの方はもちろんカウンターの上に設置するなど窓口業務用途にも適しています。 ファーストプリントに要する時間は7. 8秒と高速です。 印刷スピードも毎分18枚と速いので、プリント枚数の大小に関わらず長く待たされることはありません。 効率的に業務を進められます。 また、安価な製品ながらWi-Fi接続に対応しているのも本モデルの特徴。 LANケーブルの配線を気にせず設置場所を決められるので便利です。 複数のスタッフが働くオフィスでも、スマートにフリンターの共有がおこなえます。 コスパに優れたA3対応のカラーレーザープリンターを検討している方におすすめのモデルです。 カラー・モノクロともに毎分26枚の高速印刷が可能。 忙しいビジネスシーンにもスピーディーに対応できます。 両面印刷機能も搭載しており、用紙の消費を抑えながら大量のプリントができるので便利です。 低いランニングコストも本モデルの特徴。 カラーで11. また、マルチOSに対応しているのもポイントです。 WindowsだけでなくMacOSやLinux搭載機もネットワークで接続することが可能。 異なるOS搭載機が混在しているようなオフィスにもおすすめのモデルです。

次の

レーザーマーカー(レーザー刻印機)

ブラザー レーザープリンター

全9件• をご覧下さい。 OS対応状況につきましては、をご覧下さい。 商品説明 【カラーレーザープリンター】水平タンデムエンジン&前面操作でコンパクトボディのカラーレーザープリンターのHL-L3230CDW 備考 保守サービスもございます。 をご覧下さい。 OS対応状況につきましては、をご覧下さい。 商品説明 【カラーレーザープリンター】高耐久、低ランニングコストを実現ハイパフォーマンス・カラーレーザープリンターのHL-L8360CDW 備考 保守サービスもございます。 をご覧下さい。 OS対応状況につきましては、をご覧下さい。 商品説明 【カラーレーザープリンター】高速・自動両面印刷を実現 フラッグシップカラーレーザープリンターのHL-L9310CDW 備考 保守サービスもございます。 をご覧下さい。 OS対応状況につきましては、をご覧下さい。 商品説明 【モノクロレーザープリンター】低ランニングコストで高速プリント スタンダード・モノクロレーザープリンターのHL-L5100DN 備考 保守サービスもございます。 をご覧下さい。 OS対応状況につきましては、をご覧下さい。 商品説明 【モノクロレーザープリンター】無線LAN、スマートデバイスに対応ハイスペック・モノクロレーザープリンターのHL-L5200DW 備考 保守サービスもございます。 をご覧下さい。 OS対応状況につきましては、をご覧下さい。 商品説明 【モノクロレーザープリンター】高速プリント・約60万枚高耐久 フラッグシップモノクロレーザープリンターのHL-L6400DW 備考 保守サービスもございます。 をご覧下さい。 OS対応状況につきましては、をご覧下さい。 商品説明 【モノクロレーザープリンター】無線・有線LAN、自動両面プリントに対応したコンパクトモノクロレーザープリンターのHL-L2375DW 備考 保守サービスもございます。 をご覧下さい。 OS対応状況につきましては、をご覧下さい。

次の