さい が。 TOP

さい が

フランスの。 3幕4場,E. 1959年出版。 同年,でストルー演出により。 フランスでは 60年,パリので J. 演出により初演。 イヨネスコは D. ルージュモンがの大会で経験したヒトラー歓迎の集団ヒステリー症状の話を聞き,それにを得て 57年,短編小説『犀』を発表し,翌 58年戯曲に完成した。 平凡な田舎町に突然犀が現れるが,実はそれが人間の変身したものであることがわかり,やがて,主人公ベランジェを除くすべての住民が犀化してしまうという寓話的喜劇的な装いをとりながら,全体主義の恐怖を訴え,人間の条件の不条理性を示している。 を欠いたや限りなく加速する犀の増殖などに初期作品との共通点はみられるが,イヨネスコのを示す作品。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説.

次の

TOP

さい が

伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2020年3月) なお、年齢は神護景雲元年出生説に基づく。 元年()、(現在のの一帯)を統治する豪族の三津首百枝(みつのおびとももえ)を父として古市郷か現在のの地で誕生する。 幼名は広野(ひろの)。 9年()、12歳のとき(現在の大津市石山)に入り、しての弟子となる。 宝亀11年〈)、近江国分寺僧闕(そうけつ、欠員の意)によりし名を 最澄と改めた。 2年()、正式な僧侶の証明であるの交付を受ける。 延暦4年()、でを受け(僧侶)となる。 同年7月にに登り山林修行に入り、を読破。 、自刻のを本尊とする草庵、後にとなる 一乗止観院を創建する。 、比叡山一乗止観院で 法華十講奉修。 の高僧10名に講師を依頼する( 請十大徳書)。 、高雄山寺() 法華会(ほっけえ)講師。 桓武天皇より 入唐求法(にっとうぐほう)の還学生(げんがくしょう、短期留学生)に選ばれる。 7月、通訳に門弟のを連れ、九州を出発。 9月上旬明州に到着。 9月下旬台州に到着、の弟子のから天台法門の書写を受け修学する。 10月に登り、に入る。 の弟子の(ぎょうまん)から付法82巻を受け、(しゅくねん)からを受法する。 2月、台州龍興寺において道邃の付法相承を受ける。 3月、道邃より円頓大戒(大乗)を受け、4月、越州龍興寺のより三部三昧耶のを受け、真言密教の「付法文」を受ける。 5月、帰路の途中(現在の)に上陸し、最初の密教教化霊場であるを開創する。 7月に上洛、滞在中に書写した経典類は230部460巻。 帰国当時、桓武天皇は病床にあり、宮中で天皇の病気平癒を祈る。 9月、桓武天皇の要請で高雄山神護寺で日本最初の公式な灌頂が最澄により行われる。 元年()1月、最澄の上表により、天台業2人(業1人、遮那(しゃな)業1人)がとなる。 これはに準じる。 これが日本の天台宗の開宗である。 このころ、空海から、、()、の典籍を借り、研究する。 3年()の冬、弟子の、、らと高雄山寺におもむき、空海から灌頂を受ける。 そのとき曼荼羅の宝幢如来の「密号」である「福聚金剛」が法号としてつけられた。 1月、泰範、円澄、光定を高雄山寺の空海のもとに派遣して、空海からを学ばせることを申し入れ、3月まで弟子たちは高雄山寺に留まった。 しかし、このうち泰範は空海に師事したままで、最澄の再三再四にわたる帰山勧告にも応ぜず、ついに比叡山に帰ることはなかった。 813年11月、最澄が「」の借用を申し出たが、空海は「文章修行ではなく実践修行によって得られる」との見解を示して拒絶、以後交流は相容れなかった。 、の要請で大安寺で講説、南都の学僧と論争。 その後東国へ旅立つ。 関東でゆかりの上野の緑野(みとの)寺(現在の群馬県浄法寺に位置する)や下野の小野寺を拠点に伝道を展開する。 の学僧会津との間に、。 徳一が『 仏性抄』(ぶっしょうしょう)を著して最澄を論難し、最澄は『 照権実鏡』(しょうごんじっきょう)で反駁。 論争は、へ帰った後も続き、『 法華去惑』(こわく)『 』『 決権実論』『 法華秀句』などを著したが、決着が付く前に最澄も徳一も死んでしまったので、最澄の弟子たちが徳一の主張はことごとく論破したと宣言して論争を打ち切った。 、みずから具足戒を破棄。 『 山家学生式』(さんげがくしょうしき)を定め、天台宗の年分度者は比叡山において大乗戒を受けて菩薩僧となり、12年間山中で修行することを義務づける。 南都の僧綱から反駁にこたえて『 顕戒論』を執筆。 『 内証仏法血脈譜』を書いて正統性を説く。 13年()、比叡山の中道院で遷化、享年56(満54歳没)。 没後7日目、大乗設立は、弟子・光定と、、の斡旋により勅許。 8年()、より 伝教大師(でんぎょうだいし)のが贈られた。 日本で初めてのである。 以後「伝教大師最澄」と称される。 書 [ ] における師承は明らかでないが、延暦23年(804年)に入唐し、帰朝に当っての、、、などの筆跡や類を持ち帰った。 その書風は空海の変幻自在なのに比べて、 清澄で品格が高い [ ]。 真跡として現存するものには次のようなものがある。 久隔帖 [ ] 『久隔帖』(きゅうかくじょう)は、弘仁4年(813年)11月25日付で書いた(書状)で、「久隔清音」の句で始まるのでこの名がある。 宛名は「高雄範闍梨」とあり、これはに派遣した最澄の弟子のであるが、実質は空海宛である。 心が筆端まで行き届き、墨気清澄・品格高邁で、さながら王羲之の『』を肉筆化したような響きを放つ。 大きさは、29. 2cm。 久隔清音馳 恋無極 傳承安和且慰下情 大所示五八詩序中有一百廿禮仏 并方圓圖 并註義等名 今奉和詩未知其礼仏圖者 伏乞 令聞 阿闍梨 其所撰圖義並其大意等 告施其和詩者怱難作 著筆之文難改後 代惟示其委曲 必造和詩奉上 座下 謹附貞聡仏子奉状和南 弘仁四年十一月廿五日小法弟最澄状上 高雄範闍梨法前 (以下省略) — 『久隔帖』 文面は、「大阿闍梨(空海)の示された五八の詩(『中寿感興詩』)の序に、『一百二十礼仏』・『方円図』・『註義』という書名がある。 その詩の韻に和して返礼の詩を作って差し上げたいが、私は『礼仏図』なるものをまだ知らない。 どうかこの旨を阿闍梨(空海)に伝えられ、『方円図』・『註義』とその大意とをお知らせいただきたい。 (以下省略)」という趣旨の内容である。 請来目録(越州録) [ ] 『請来目録(越州録)』(しょうらいもくろく(えっしゅうろく))は、在唐中、最澄が越州(浙江)で蒐集または抄写した経疏、天台関係の文書、法具などの目録で、延暦24年(805年)に書かれたものである。 であるが久隔帖と同じく王羲之風の流麗な筆致である。 羯磨金剛目録 [ ] 『羯磨金剛目録』(かつまこんごうもくろく)は、最澄が唐からの請来品を弘仁2年(811年)比叡山に奉納した目録の断片で、その初行の文字によってこの名がある。 全紙に比叡山の印が捺されている。 延暦寺蔵。。 伝教大師童形像 [ ] 伝教大師童形像は、()、()、()、()、()、()、()、長法寺()、天王院()、()などの寺院に設置されている。 伝記研究・小説 [ ]• 塩入良道編 『最澄 日本名僧論集〈2〉』(吉川弘文館、1982年)• 『最澄 天に応える 高僧伝〈3〉』(、1985年)• 田村晃祐 『最澄』 (〈〉、新装版1988年)• 『伝教大師伝の研究』 (吉川弘文館〈日本史学研究叢書〉、1992年)• 佐伯有清 『最澄とその門流』 (吉川弘文館、1993年)• 佐伯有清 『若き日の最澄とその時代』(吉川弘文館、1994年)• 佐伯有清 『最澄と空海 交友の軌跡』(吉川弘文館、1998年)• 編 『山家の大師 最澄 日本の名僧〈3〉』(吉川弘文館、2004年)• 『最澄と空海 思想の誕生』(選書メチエ、1998年/、2016年)• 編著 『空海と最澄の手紙』( 1999年、新版2015年)• 『著作集第8巻 空海と最澄』(、1995年)• 『雲と風と 伝教大師最澄の生涯』 (、1990年)-小説• 『最澄』 (全3巻:、1998年)-小説 脚注 [ ]• "The Sutra of the Sixth Patriarch. " Dumoulin, Heinrich. Zen Buddhism: A History, India and China. New York: World Wisdom, 2005, p128. 塩入良道、、小学館。 最澄に対する称名は「南無宗祖根本伝教大師福聚金剛」である。 書家101 p. 118• 2018年6月1日閲覧。 366. 当時は時代の僧侶の政治介入に対する反省から、僧侶の人数を抑制するために度縁の交付の制限を行っていた。 『伝教大師度縁案並僧綱牒』(国宝・ 蔵)• 367. 16 - 20)• 寺山旦中「弘法の展開と最も澄んだ書」(「空海の風信帖」『墨』P. 54) 参考文献 [ ]• ( 最澄の高弟)『叡山大師伝』: (伝教大師全集. 第5巻所収、世界聖典刊行協会、復刻版1975年)• 『日本古代の政治と宗教』(雄山閣出版、1997年)• 『』(、1971年)• 「空海の風信帖」(『』 芸術新聞社、1993年9月)• ・加藤堆繋『書家101』(、新版2007年(初版2004年))• 京都国立博物館、東京国立博物館『最澄と天台の国宝』読売新聞社、2005年10月8日。 関連項目 [ ]• - 円仁の開創。 『伝教大師度縁案並僧綱牒』(国宝)。 外部リンク [ ]• 天台宗公式ホームページ.

次の

犀(さい)とは

さい が

フランスの。 3幕4場,E. 1959年出版。 同年,でストルー演出により。 フランスでは 60年,パリので J. 演出により初演。 イヨネスコは D. ルージュモンがの大会で経験したヒトラー歓迎の集団ヒステリー症状の話を聞き,それにを得て 57年,短編小説『犀』を発表し,翌 58年戯曲に完成した。 平凡な田舎町に突然犀が現れるが,実はそれが人間の変身したものであることがわかり,やがて,主人公ベランジェを除くすべての住民が犀化してしまうという寓話的喜劇的な装いをとりながら,全体主義の恐怖を訴え,人間の条件の不条理性を示している。 を欠いたや限りなく加速する犀の増殖などに初期作品との共通点はみられるが,イヨネスコのを示す作品。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説.

次の