ホロスコープ 相性 作成。 ホロスコープ占星術による今日の運勢・運命

ホロスコープ占星術による今日の運勢・運命

ホロスコープ 相性 作成

西洋占星術とは、天体が地球に影響を及ぼすとして未来を予言する占術方法のことです。 古代バビロニアを起源とし、アラブ諸国や欧米諸国で発達してきました。 ホロスコープとは、ギリシャ語の時(HORA)と見る者(SKOPOS)から生まれた言葉で、時を見る空間図という意味があります。 ある瞬間のホロスコープには、その時の空間に起こっている全ての出来事が象徴されています。 占星術では、ホロスコープに象徴された物事を解き明かし、未来の可能性を見つけ、自分に与えられた運命を探ります。 占星術の基本的な考え方では、生まれた時と空間が運命を決定するとしています。 魂は生まれる時と空間を自分の意思によって選び、自分にふさわしい星の配置の瞬間に生まれるべくして生まれてくると考えられています。 運命を信じて可能性の実現を目指すことが大切です。 自分の意思に疑問を持ったり、過去を顧みたり、未来に困難を感じたりした時に、ホロスコープを見つめれば重要な手がかりを掴むことができるでしょう。 運命は自分の意識によって変えることができます。 自己理解、自己実現、癒しなど人生に必要なものを得るために4000年前から受け継がれてきた占星術の叡智を活用してください。 本サイトでは、星座、ハウス、アスペクト、ハーフサムなどを解説しています。 四大小惑星(セレス、パラス、ジュノー、ベスタ)やキロン、リリス、バーテックス等にも対応しています。 また、結婚運、金運、健康運なども説明しています。

次の

ホロスコープで性格・相性を無料診断!【占星術】

ホロスコープ 相性 作成

相性とは、単純に良い悪いというのではなく、そこには一種の化学反応が起こると考えられています。 二人が生まれた時のホロスコープを重ね合わせると、その関係性が天体の配置として表れます。 天体は複数個あるので、相性を見るファクターは個人の中に複数あると考えられます。 ですので、ある部分では相性が合うけど、ある部分では合わないといったことが起こり得ます。 どの天体とどの天体がどういうアスペクトを形成しているのかを読み解くことで、二人の間のどういう部分がどんな相性にあるのかを知ることができます。 アスペクトとは、天体同士が作る角度のことです。 例えば、金星、火星などは男女の恋愛相性を見る上で重要視されています。 太陽はその人自身を表し、月は内面や感情を表します。 シナストリーを知ることで二人の上手な付き合い方が分かるでしょう。 結婚やビジネスパートナーとしての適性なども分かります。

次の

AstroClick パートナー・ホロスコープ

ホロスコープ 相性 作成

アスペクトについて (つぼぼのホロスコープ講座) アスペクト aspect まずは、ホロスコープ星占いの基本の1つで、アスペクトの読み方をご紹介します。 アスペクトは馴染みの少ないものでしょうが、アスペクトから学んでいくと、ホロスコープを習得しやすくなります。 軽い気持ちで、一度試してみてください。 アスペクトの当たり具合に驚くことでしょう。 最初に映像解説をご覧ください。 8分30秒ほどです。 ホロスコープを作るためのサイトは 「」「」「」などがあります。 「ハウスなし」で一度作ってみてみましょう。 各星の意味は以下のようになります 星同士のアスペクト(組合わせ)の意味を知るには、シンボルマーク などをクリックして下さい。 記号は数字の4の形からきている。 Saturn 地道、堅実、抑制、ブレーキ、コツコツと進める姿勢、試練、信用、規則、伝統。 記号は数字の5の形からきている。 Uranus 変化、チャンス、棚からぼた餅運、飛躍、独創性、自由、わがまま悪い意味では非常識、逆転、変わり者 Neptune 感情、直観、インスピレーション、感性、想像力、奉仕、自己犠牲、夢見る人、悪い意味では、失望、幻滅 Pluto 審判、破壊と再生、権力、頂点(上)へ持ち上げる、閻魔大王、最高の力、悪い意味では不可抗力。 記号はPLUTOのPLを重ねたもの。 このサイトの上手な使い方として、どのページでも、 など、星や星座のマークをクリックすると、そのページに飛ぶことができます。 クイックに使いこなしましょう。 影響はアスペクトの強い順に表に出てきます。 0度、180度、120度、90度、60度です。 このうち、0度、120度、60度は吉角(Easy, Soft Aspect)。 180度、90度は凶角 Difficult, Hard Aspect です。 ただし、強すぎるという意味ですので、プロとして活躍する場合には、凶角の方が頭角を表したりします。 相性鑑定でも凶角の方が刺激的であったりします。 よく、60度とか、120度とか誤差5度をどう測るのかということで、分度器を使われる方もいらっしゃいますが、たいていのホロスコープのソフトは角度も出てきますので、それを参考にされると良いでしょう。 典型的なのが、以下の2つのパターンです。 「」さんのサイトの場合は、吉角は青色の線、凶角は赤色の線で表示されます。 最近のホロスコープ作成ソフトはこのタイプが多くなりました。 「」さんのサイトの場合は、星同士のアスペクトが縦横のリーグ戦表のように出てきます。 「」さんのサイトの場合もアスペクトが左右の表のように出てきます。 私がこれまで星占いを教えてきて、どのような表示のされ方が、一番アスペクトを見つけやすいかは人それぞれですね。 図形がすっと入ってくる人は、線の入っていない「」のようなタイプでも見つけられますし、図形が苦手という人は「」のような青線、赤線が入って表示された方が言う方もいらっしゃいます。 逆に戦が多過ぎて、見づらいという人もいらっしゃいますし。 相性鑑定でも、2重円を利用していきます。 内側、外側のチャートにそれぞれ鑑定したい人の生年月日を入れていきます。 2重円のアスペクトを読んでいくことで、相性を診ていきます。 会社との相性を診たい場合は、人の代わりに会社の設立日を入れて2重円のチャートを作成していきます。 これは、個人鑑定していて感じることですが、良い星並びばかり持っている人は、あまり大物にはなっていません。 苦労しないので、ハングリー精神が生まれないのです。 現状に安穏としてしまうのですね。 また、不運に対する耐性が無いので、ダブルチャートで運気の悪い時期が来ると、一気に奈落に落ちてしまう様子をよく見聞きしてきました。 凶角のアスペクトがあるからと安易に凹むのは止めましょう。 0度、120度、60度を吉角(ソフトアスペクト)、180度、90度を凶角(ハードアスペクト)と大きく2つに分けて紹介しておりますが、本やサイトの中には、0度、120度、60度、180度、90度をそれぞれ、違う意味づけをして解釈してあるものもあります。 なぜ私が吉角、凶角の2つに大きく分けているかというと、それぞれに解釈を持たせると、2つの星だけでなく、Tスクエア(180度と90度の凶角が組み合わさったもの)などの複合アスペクトの場合、解釈をどうしたらよいか分からなくなるからです。 Tスクエアは、凶角と凶角の組み合わせですから、強い凶角になるとシンプルに解釈していきたいものです。 なお、シングルチャートで性格などを診て、ダブルチャートで現在、過去、未来の状況を鑑定していきますが、詳しくは上のVTRを見てくださいね。 下のVTRは続編であります。 会社の業績、相性などの鑑定法であります。 転職の相談は前からありましたが、最近は経営者からの鑑定依頼も多くなってきたので、星占い師になりたい人もこれをマスターしておくといいのではないかと制作しました。 今、話題の東芝など大手3社を事例に挙げて説明しました。 実例がある方が分かりやすいですからね。 派遣で働いている方は今までの会社を見比べてみると興味深いでしょう。 (2017年5月制作).

次の