ナナイロ ペリカン ブログ。 ナナイロペリカンのブログとたまご絵日記を読んで爆笑した

スーパーでこつ然と消えた、小1の娘 母親の体験談に、ヒヤッとする 「他人事じゃない」(2020年6月30日)|ウーマンエキサイト(2/4)

ナナイロ ペリカン ブログ

こんにちは。 大阪の髪質改善サロンNANAIROを営んでいる浅野匡詠と申します。 今日は短い毛がピンピン出る時に考えることというテーマで書いていこうと思います。 短い毛が表面に出てくる事があるとなんとなくやりにくいモサっとした印象を与えることになることかと思います。 この短い毛は何故出るのかを考えた時に正確に捉える必要があると思います。 結論から言うと短い毛と他の髪の水分を吸う力が全く違います。 そこが髪の毛の中に短い毛がピンピンと出てくる理由になってきます。 理由を正確に捉えることが出来ればあとは対策を練ること出来るのですがこの場合は水を吸う力を近付ける事をしていきます。 その時にダメージをするような事をすると本末転倒になりかねないので髪質改善が必要になるという事です。 このように髪質改善では凄く小さそうな事で起こっている現象に対して1つ1つ積み重ねるような形で起きている現象を取り去って行きます。 髪質改善は魔法ではなく小さな事を確実に解決するための新しいアプローチになります。 今日は短い毛がピンピン出る時に考えることというテーマで書いてみました。 ステキな1日をお過ごしください。 髪質改善NANAIRO 浅野匡詠.

次の

いま、子育てママたちが「ママ友よりも育児ブログ」を頼りにする理由(現代ビジネス編集部)

ナナイロ ペリカン ブログ

【内容情報】(出版社より) 『たまご絵日記1&2』でヒットを飛ばしたライブドアブログ子育て1位のブロガー・ナナイロペリカン4冊目の育児マンガ。 今回の主役は次女キミ子。 イヤイヤ期はいつまで?問題、3歳すぎても進まぬトイトレ、寝かしつけの乱、習い事事情、姉妹ゲンカ、など子育てあるあるを笑いに変えるパロディ満載。 描きおろし16ページに加えタレントくわばたりえさん、手芸作家・料理研究家寺西恵里子さん、絵本作家のぶへの取材漫画も収録 『たまご絵日記1&2』でヒットを飛ばしたライブドアブログ子育て1位のブロガー・ナナイロペリカン4冊目の育児マンガ。 今回の主役は次女キミ子。 イヤイヤ期はいつまで?問題、3歳すぎても進まぬトイトレ、寝かしつけの乱、習い事事情、姉妹ゲンカ、など子育てあるあるを笑いに変えるパロディ満載。 00 投稿日:2018年06月25日 シリーズ全て購入して4冊目で始めてレビューします。 今回も共感して、笑って、幸せな気持ちになりました。 その頃、ワンオペ育児&過労で倒れた夫のダブルケアで、 余裕がなさすぎて、 ほぼ産後ウツっぽかったと思います。 そんな中、ナナイロペリカンさんの漫画を読んで、大声で、大爆笑!! 一気に、ウツウツの気分が飛んで、復活しました。 命の恩人といっても過言ではないと思います! それから、辛いなと思う時も、 ブログや本を見て笑いに助けられて親子ともども成長してます。 今、育児が辛いな…と思っている方は 辛さを笑いに変えてくれるので、もちろんお勧めです。 そして、始めて子供を産むママへのプレゼントに最高です! 育児の理想と現実で悩む事が減ります! みんな悩んだり大変なんだなと思うだけでも心が軽くなります。 そして、 独身の方も、学生の方も、子育てが終わった方も 育児の大変さと面白さを疑似体験できて、 どんな環境の人が読んでも、感じるものがある本だと思います。 笑いって本当大事ですね^^!ナナイロペリカンさんありがとうです! 1人が参考になったと回答•

次の

マンガでわかる 今日から塾をやめてみた

ナナイロ ペリカン ブログ

小学1年生は、これまで以上に行動範囲が広がり、自分1人でできることも増えます。 子供自身としてもやる気に満ちあふれる時期かもしれません。 しかし、時にその前向きな行動力が親の想像を上回り、思いがけないトラブルを起こすこともしばしばです。 2人の娘を育てるナナイロペリカン(nanairopelican)さんが、小学1年生の次女、キミ子ちゃんとスーパーマーケットに出掛けた時に起きた出来事とは…。 次女の失踪 家から2分のスーパーマーケットに一緒に買い物に行った母子。 キミ子ちゃんは「1人でもおつかいができる!」といいましたがナナイロペリカンさんは心配だったため、付いていくことにしました。 その後、キミ子ちゃんは駄菓子を見るため、ナナイロペリカンさんと別行動に。 買い物を済ませた後に合流するはずでしたが…。 10分後、駄菓子コーナーに行ってみるとキミ子ちゃんの姿はなく、トイレをはじめ店中を探しましたが見つかりませんでした。 家からすぐ近くの店だったため、「自分のお小遣いでお菓子を買って、1人で帰ったのかもしれない」と思ったナナイロペリカンさん。 また、最初からキミ子ちゃんが「お母さんは家の買い物、自分はお菓子の買い物をそれぞれする」.

次の