お おぎ や パチンコ。 パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋

パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋

お おぎ や パチンコ

概要 [ ] の勝ち負けにこだわらず、楽しんで打つ方法を追い求めるパチンコ実戦バラエティ番組。 2012年5月 - 2013年 出演者• (所長)• (研究員) 2nd season [ ] 放送期間• 2013年 - 2014年 出演者• 木村魚拓(所長)• (研究員)• (研究員)• チャーミー中元(新台リサーチ部) 3rd season [ ] 放送期間• 2014年 - 2015年 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員) 4th season [ ] 放送期間• 2015年5月 - 2016年3月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• (見習い研究員) 5th season [ ] 放送期間• 2016年4月 - 2017年3月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• 矢部あや(研究員) 回数 実戦機種 備考 1, 2 CR PROJECT TK 3, 4 ぱちんこCR真・北斗無双 5, 6 CRフィーバー宇宙戦艦ヤマト-ONLY ONE- 7, 8 CR巨人の星〜情熱の炎〜 9, 10 CR銀河機攻隊マジェスティックプリンス 11, 12 CR蒼天の拳 天帰 ゲスト: 13, 14 CR遠山の金さん 二人の遠山桜 15, 16 社員旅行SP香川編 17, 18 社員旅行SP兵庫編 19, 20 CR花の慶次X〜~雲のかなたに〜 ゲスト: 21, 22 CRフィーバータイガーマスク3-ONLY ONE- 23, 24 総集編 6th season [ ] 放送期間• 2017年4月 - 2018年2月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• 2018年4月 - 2019年3月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• (本部 調査員) 回数 実戦機種 備考 1, 2 CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア 3, 4 CRバジリスク〜甲賀忍法帖〜弦之介の章 ゲスト: 5, 6 CRキャプテン翼 黄金世代の鼓動 ゲスト: 7, 8 CRミリオンゴッド ディセント 9, 10 ぱちんこCR真・北斗無双 社員旅行SP熊本編 11, 12 ぱちんこCR真・北斗無双第2章 13, 14 CR究極神判 ゲスト: 15, 16 CR綱取物語〜横綱7戦全力〜 17, 18 総集編 8th season [ ] 放送期間• 2019年4月 - 2020年2月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• 青山りょう(本部 調査員) 回数 実戦機種 備考 1, 2 エヴァンゲリヲン超暴走 ゲスト: 3, 4 フィーバー蒼穹のファフナー2 5, 6 CRターミネーター2 7, 8 ぱちんこGANTZ:2 ゲスト: 9, 10 ぱちんこ新・必殺仕置人 社員旅行SP鹿児島編 11, 12 ぱちんこCR真・北斗無双 13, 14 PF機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ゲスト: 15, 16 CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃 17, 18 総集編 9th season [ ] 放送期間• 2020年5月 - 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• 青山りょう(本部 調査員) 回数 実戦機種 備考 1, 2 P花の慶次〜蓮 スタッフ [ ]• 語り:• 企画協力:(バックドロップ)• 構成:広田篤史• 協力:㈱ウィリングス ㈱バックドロップ• 撮影技術:太田勝巳 中里剛史 鹿島学 高梨逸行• 編集:有竹克馬() 常岡多喜(共同エディット) 新福史織(共同エディット)• MA:深沢一友(共同エディット)• 音効:下戸正彦()• 演出:渡会章雄• プロデューサー:大貫敦() 皆藤一()• 制作協力:共テレ• 制作著作:フジテレビ 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト この項目は、に関連した です。

次の

パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋

お おぎ や パチンコ

概要 [ ] の勝ち負けにこだわらず、楽しんで打つ方法を追い求めるパチンコ実戦バラエティ番組。 2012年5月 - 2013年 出演者• (所長)• (研究員) 2nd season [ ] 放送期間• 2013年 - 2014年 出演者• 木村魚拓(所長)• (研究員)• (研究員)• チャーミー中元(新台リサーチ部) 3rd season [ ] 放送期間• 2014年 - 2015年 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員) 4th season [ ] 放送期間• 2015年5月 - 2016年3月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• (見習い研究員) 5th season [ ] 放送期間• 2016年4月 - 2017年3月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• 矢部あや(研究員) 回数 実戦機種 備考 1, 2 CR PROJECT TK 3, 4 ぱちんこCR真・北斗無双 5, 6 CRフィーバー宇宙戦艦ヤマト-ONLY ONE- 7, 8 CR巨人の星〜情熱の炎〜 9, 10 CR銀河機攻隊マジェスティックプリンス 11, 12 CR蒼天の拳 天帰 ゲスト: 13, 14 CR遠山の金さん 二人の遠山桜 15, 16 社員旅行SP香川編 17, 18 社員旅行SP兵庫編 19, 20 CR花の慶次X〜~雲のかなたに〜 ゲスト: 21, 22 CRフィーバータイガーマスク3-ONLY ONE- 23, 24 総集編 6th season [ ] 放送期間• 2017年4月 - 2018年2月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• 2018年4月 - 2019年3月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• (本部 調査員) 回数 実戦機種 備考 1, 2 CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア 3, 4 CRバジリスク〜甲賀忍法帖〜弦之介の章 ゲスト: 5, 6 CRキャプテン翼 黄金世代の鼓動 ゲスト: 7, 8 CRミリオンゴッド ディセント 9, 10 ぱちんこCR真・北斗無双 社員旅行SP熊本編 11, 12 ぱちんこCR真・北斗無双第2章 13, 14 CR究極神判 ゲスト: 15, 16 CR綱取物語〜横綱7戦全力〜 17, 18 総集編 8th season [ ] 放送期間• 2019年4月 - 2020年2月 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• 青山りょう(本部 調査員) 回数 実戦機種 備考 1, 2 エヴァンゲリヲン超暴走 ゲスト: 3, 4 フィーバー蒼穹のファフナー2 5, 6 CRターミネーター2 7, 8 ぱちんこGANTZ:2 ゲスト: 9, 10 ぱちんこ新・必殺仕置人 社員旅行SP鹿児島編 11, 12 ぱちんこCR真・北斗無双 13, 14 PF機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ゲスト: 15, 16 CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃 17, 18 総集編 9th season [ ] 放送期間• 2020年5月 - 出演者• 木村魚拓(所長)• チャーミー中元(研究員)• 青山りょう(本部 調査員) 回数 実戦機種 備考 1, 2 P花の慶次〜蓮 スタッフ [ ]• 語り:• 企画協力:(バックドロップ)• 構成:広田篤史• 協力:㈱ウィリングス ㈱バックドロップ• 撮影技術:太田勝巳 中里剛史 鹿島学 高梨逸行• 編集:有竹克馬() 常岡多喜(共同エディット) 新福史織(共同エディット)• MA:深沢一友(共同エディット)• 音効:下戸正彦()• 演出:渡会章雄• プロデューサー:大貫敦() 皆藤一()• 制作協力:共テレ• 制作著作:フジテレビ 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト• - 公式サイト この項目は、に関連した です。

次の

パチンコ店で客に提供の「特殊景品」を現金で買い取る 2月下旬から客減少… 運営会社と73歳女性経営者らを書類送検

お おぎ や パチンコ

休業から営業を再開しても、なかなか思うようにお客様が戻らない状況が続いています。 もちろん、すぐに戻ることに期待はしていないと思いますが、とてももどかしい状況が続いています。 それでも戻ってくれたお客様もいて、コロナ以前は当たり前の日常や、お客様が来店することが当たり前に感じていた心に気付かされました。 旅行に行ったり、外食したり、笑顔で遊園地に行ったりと、楽しさを取り戻すためにも前に進んでいくしかないと思います。 どの商売も最低でも経費分は粗利が必要で、損益分岐点を越えるまでは積極的な投資はなかなかできないものです。 しかし、まだ戻らないお客様に戻ってもらうには、お客様の中にコロナに対する心理的な要因や外的要因(家族に止められている)などがあったとしても、お客様に戻ってもらうための施策は準備して挑戦していく必要があります。 何かを実施する時、「その施策はどこかで結果が出ているのか?」「事例はあるのか?」という思考になると何もできなくなります。 平時はどこかの事例を自店に応用して実施すればいいこともありますが、現状はお店の市場におけるポジション、地域性、会社の力、支持されていたお客様の層などが、お店によって異なるので、それぞれのお店にとって段階的に取組む施策は異なります。 そして、挑戦したとしても以前のような成果が出ないこともありますが、挑戦しなければ何も見えてきません。 いろんな情報は取りつつも、自店にとって段階的に何が必要かを考えて取組むことが現状としてはとても大事ことになります。 お客様の戻る段階によって取組む施策を考える時、稼動数や顧客数を把握するのは当然として、『どのレートに・どの機種に・どの顧客層が・どれくらいの頻度で・どれくらいの時間・どれくらいの粗利が』というものを、コロナ以前の各機種と比較して、数字で個別の回復傾向を把握することをおすすめします。 来店されるお客様のタイプによって、段階的に取組む施策が異なるというのは、例えば、4円の海の戻りが遅い場合、以前から打っていた顧客層が団塊世代の方々から上の年齢層であれば、チラシは既にやっていなかったが、今回は折込チラシをやってみるというのも一つの挑戦になります。 スマホで情報を受け取っていない層の人たちがいるとすれば、そのお客様向けの施策を考える必要があります。 実施しても、もしかしたら心理的に来店する気持ちになっていない段階だったとしたら効果はでませんが、それでも自店のタイミングで挑戦していく必要があります。 資金の状況にもよりますが、遊タイム付きの機種が今後導入されていきますが、一つの来店動機になります。 資金との相談と、仕掛けるタイミングにもよりますが、興味を持っていただけるネタに関しては最大限活かしていくことも検討する材料にはなります。 今後、お店の中で戻りの状況をレートや機種毎に把握していくと、何を段階的に実施していくべきかのヒントになります。 現状も大変という状況は変わりませんが、7月は4連休があり、8月はお盆期間もあります。 少しずつでも、また来店していただけるよう、来店意欲が高まるタイミングにお客様に楽しんでもらう準備も今から検討していくことが大切です。 匿名は承認しません。 コメントがエントリーになる場合もあります。 大阪府の専門家会議は、新型コロナウイルスに感染した大阪府内の患者のうち、死亡者の8割以上が70代以上の高齢者だったことを発表した。 府は6月16日時点の陽性患者1790人について分析。 死亡したのは96人、死亡率は全国の5. 4%を下回り、4. 8%だった。 死亡した86人中、70代以上は72人で全体の約8割に上った。 また、糖尿病など基礎疾患がある人は約6割を占めた。 基礎疾患がある人のうち、最も若い年代で40代から死亡例があった。 このニュースをまともなお年寄りが耳にすれば、まず、クラスターが発生しやすい場所には行かない、という自己防衛本能が働く。 この影響かどうかは分からないが、1パチコーナーを支えていたお年寄りが戻らないホールが少なくない。 「連日20~30人台の感染者が出ている東京はホール客の戻りが悪い。 特に60歳以上が戻っていない。 第2波が来たら本当に高齢者が戻らなくなる。 やはり20~30代の若い人にパチンコへ来てもらう手立てを考えなければならない」と危惧するのは遊技機メーカーの営業マン。 では、20~30代の客層を開拓するにはどうすればいいのか? 都内の有力ホールの関係者はこう話す。 「玉がたくさん出る成功体験を植え付けるには等価を止めること。 もちろん、脱等価対応の機械が必要になるのは言うまでもありません。 それも液晶ではなく役物を使った機械で開発して欲しい。 役物だけでは飛びついてくれないので有名な版権が必要になる。 例えば、ジャニーズを退所した手越祐也みたいな版権が必要になる。 手越のパチンコ台ぐらいの発想が必要になる。 手越ファンは20代から40代まで幅広い層に人気がある。 手越のパチンコ台が出れば、その層を開拓できるぐらいのインパクトがある」 先日、パチンコ吉村知事というエントリーを書いたが、パチンコ手越祐也の方がメーカーの交渉次第では現実味がありそうだ。 「パチンコ業界の危機を救えるのは手越君だけだ。 どうか若年層を開拓するために手越君の力を貸して欲しい」と三顧の礼を尽くせば道は開ける。 手越君本人も「新たなチャレンジのための退所」と位置づけ、その中で「影響を最大化するため」の独立であることを明かした。 さらに、「色々なところに手越祐也の名前を刻んでいくしかない。 そのアイデアはいっぱい詰まっている」と語っている。 ゲーム好きなので開発にも加わってもらえば、これまでにない斬新なパチンコができるかも知れない。 パチンコ手越祐也。 都内の有力ホールの関係者がいうように、これが実現すれば、かなり話題になる。 起死回生になるかも知れない。 以前のエントリーでも触れたが、ミレニアル世代が考えZ世代に訴求するパチンコとはこういうことを指す。 匿名は承認しません。 コメントがエントリーになる場合もあります。 都遊協に物申したハンドルネーム「一言居士」さんの第二弾が寄せられた。 以下本文 自粛要請から始まり、緊急事態宣言を経て、また自粛要請になり、堂々とホール営業を行う環境になりました。 最終的に、全国の約97. しかしバタバタ感が残る組合もありましたね。 大阪遊協の取り組みは、実に上手く行ったように思います。 上手く行ったとは、行政側との連携です。 それは大阪のホールの営業再開時期が物語っておりますね。 業界誌PiDEAの6月号に4ページ、7月号に6ページ、合計10ページで、大阪遊協の取り組みが報告しております。 業界関係者はぜひ読んでみて下さい。 大阪遊協は、最初から腹をくくり、今回の営業自粛要請に取り組んだのだと分かります。 その一つの表れは、営業自粛をしないホールへは、両替所閉鎖と言う手段に出たことでしょう。 両替所運営会社も良く協力してくれましたね。 だからこそ、大阪の行政側の対応は、ホールの営業再開がスムーズに行われたと思います。 大阪の関係者によると、大阪遊協は行政側と常にコンタクトを取り、意思疎通を図ったようですね。 東京地区はどうだったでしょうか? 都遊協は、5月に早期営業再開の要請文を都知事に二度提出しました。 しかし二度とも無視されました。 当たり前です。 7月に都知事選挙があるわけですから、小池都知事は簡単にホールの営業再開を認めないことは、容易に想像できた筈です。 それならば、それなりのアプローチ方法があったのではないですか? 9600軒あまりのホールからは、クラスターは全く発生していませんでした。 クラスターが発生していない業界は、当初はステップ2の筈が、最終的にはホール業はステップ3、つまりクラスター発生業界と同レベルに置かれてしまいました。 これは、明らかに都遊協のハンドリングミスだと私は思います。 この時点で執行部は総退陣を表明しました。 責任を取り総退陣と言えば聞こえは良いですが、一部の組合員から見ると、責任を放棄して逃げたようにも見えます。 そうならないように、都遊協は万全の体制を取りましたでしょうか? 都遊協は、営業自粛要請を受け入れないホールを、組合から排除することを検討する、と表明しましたが、最終的には排除はありませんでした。 そんな表明なんて、意味がないことくらい分からないのですか? 最終的に都遊協執行部は、営業再開の判断を各ホール側へ丸投げしておわりました。 「それは無いでしょう!」とは従業員レベルからも出た声ですよ。 従業員の家族からの声もこんな聞こえて来ました。 「パチンコ店が世間から後ろ指を指されないように、東京都からのお墨付きを何でもらえなかったのですか?」。 どこかのホールのオーナーは、1日でも早く営業を再開したい。 しかし、お客様と従業員の健康を守る必要がある。 同時に会社の継続や従業員への給与の手配をしなければならない。 賃借しているホールは家賃も払わなくてはならない。 だからこそ、都遊協は都知事側の選挙を踏まえた上で、行政側と早くから、戦略的に交渉をするべきでした。 都遊協から都知事側に出した要望書を読み唖然としました。 内容は営業再開に前のめりなことが、先方にバレバレだったからです。 クラスター発生が無い業界なのですから、理路整然と理詰めで分かりやすい内容の要望書を出せなかったのでしょうか? これならば「営業再開を早くしても大丈夫だ!」と行政側の心が動く要望書。 と同時に行政側の心が動くコミュニケーション。 二度も要望書を提出して無視されたのは、都遊協が行政側との会話が無かったのを証明しています。 第二波が来た時、都遊協は同じ轍を踏んではなりません。 総退陣して逃げることは、2度あってもなりません。 匿名は承認しません。 コメントがエントリーになる場合もあります。 大阪の吉村洋文知事の好感度がまた一つ上がっている。 大阪・八尾市の玩具メーカーが吉村知事の顔写真を使ってTシャツやマグカップ、缶バッチなどを作って、6月1日から大阪・道頓堀の土産物店で販売したところ、一部の商品では品切れが起こっているほどの人気となっている。 当初、大阪府庁は「前例がない」と難色を示したが、吉村知事の秘書を通じて商品化にGOサインが出た。 しかも版権料なしで商品化を承諾してくれた。 メーカーは売り上げの一部を大阪府の新型コロナウイルス助け合い基金に寄付することにした。 メーカーの社長は「あくまで大阪にしか置いていない商品として、観光客に購入してもらえれば」と新たな大阪名物として期待を寄せている。 このニュースを読んだ業界関係者の間で、パチンコ「吉村知事」を開発したら面白いと話で盛り上がった。 その心は、版権料が発生しないのならしょうもないタレントを使うよりもはるかに知名度が高い。 その上、大阪マダムの間でも吉村知事の人気はうなぎ登りだ。 そんな吉村知事がパチンコになれば、これまでパチンコと無縁だった層まで開拓できるのではないか、という思惑だ。 無償になる版権の代わりに、当然大阪府のコロナ助け合い基金に売り上げの一部を寄付することが条件になる。 ダメもとで申し込んだらどんな返事が返ってくるか、想像しただけでもワクワクするというもの。 前例主義にとらわれない吉村知事がパチンコ版権を承諾した日には、それだけでも大ニュースになる。 新機種の開発は極秘裏に進められるものであるが、開発に着手した時からニュースになるのは異例のことになる。 広告宣伝規制で新台入れ替えの事実告知という限定した範囲内でしか、宣伝活動ができない状況下で、吉村知事のパチンコが登場することは格好の宣伝材料になること請け合いだ。 ただ、IR推進派の吉村知事がパチンコになることを大阪市の松井一郎市長は良しとしないだろうな。 大阪府からの休業要請に応じなかったパチンコ店に対し、松井市長は自身のツイッターでパチンコ店のグレー規制に次のように言及した経緯がある。 「今後、ギャンブル依存症対策を進める為にも、これまで既得権となってきたパチンコ業界のグレー規制を見直すべきです。 国会議員団のみなさん、パチンコは遊戯では無くギャンブルと規定し必要な対策を議論して下さい」と訴えた。 瓢箪から駒、嘘から出たまこと。 何事もトライしないことには始まらない。 匿名は承認しません。 コメントがエントリーになる場合もあります。 ハンドルネーム「しょうゆ」さんが、世間からパチンコが嫌われない方法について提言する。 以下本文 遊んでラクにカネを儲けたい人が行く場所。 借金を作ったり子供を置き去りにしたりするような非常識な人を作り出す場所。 平日の朝からギャンブルのために行列ができる場所。 およそ生産的ではなく反社会的な性質を持つ人を作り出す場所。 家族や友人など身近な人が身を持ち崩す可能性がある場所。 という認識をされているから嫌われているのです。 ホールが玉を出す、出さないではないです。 嫌われないようにするには上記のことをつぶしていくしかない。 極端なことを言うと特殊景品をなくして一般景品のみにするしかない。 換金を無くすしかない。 4円20円のレートで1万円までの景品交換とするのなら、反社会勢力によるヤミ換金を防ぐために機械の出玉性能も極端に落とさなくてはいけない。 スマートボールや雀球、チューリップ台などがノーマルで、ハネモノとスロット(Aタイプのみ)はギャンブル台、という水準まで下げないといけない…。 笑いがでるほど不可能です。 そしてここまでやったとしても嫌われないとは思えない。 ギャンブルとしてやっていくのであれば、国営にしてすべてオープンにする。 特区を作って遊べる場所を限定する、という方法もあるかと思いますが、それはもうパチンコじゃない。 つまり現在のやり方で嫌われないようにすることはできない。 ミニギャンブルとして嫌われつつも存在を許され、ホールもメーカーも商売が成り立ち客も遊べる状態を考えた場合、このサイトの常連さんである宗ちゃん大先輩が書かれる『ノーマルタイプ全盛時代』くらいの規模がちょうどいいのかなと思います。 交換レートは40個7枚、ヘソ7個返し、スロットはAタイプだったあの時代。 ごく個人的な勝手な解釈ですが、警察もそこに押し戻そうとしていたんじゃないかと思っています。 一物一価の強制励行? も、釘問題に端を発したベース問題(他入賞に10分間何発とか言ってたアレ)も、どうにかしてAT、ARTを無くそうとした施策もすべて「良かった時代に戻れ!交換レートは40個7枚、ヘソ7個返し、スロットはAタイプだ!それなら許される」と言っていたのだと思っています。 でもホールもメーカーも全力で逆らいましたよね。 「スロットは等価に近くないとダメだからスロットに合わせる!その分釘はシメあげる!」 「ベースは上げるけどヘソ賞球だけは死んでも戻さない!なんなら1個戻しも作る!」 「ATないと売れないから有利区間だろうがなんだろうがAT作る!」と。 挙句、業を煮やして規則改正…という流れがしっくりきます いろいろな、たくさんのメッセージやチャンスを自ら捨て続けた結果が現在です。 まだ変われるし良くなることもできると思います。 でも何もやらないで益々嫌われる道を死ぬまで選び続けるんだろうなと思います。 匿名は承認しません。 コメントがエントリーになる場合もあります。

次の