ルキアン アラウージョ デ アルメイダ。 クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス

クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス

ルキアン アラウージョ デ アルメイダ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年3月) この名前は、に従っています。 (母方の)は デ・アラウージョ、(父方の)は ソアレスです。 国内リーグ戦に限る。 経歴 [ ] ブラジル時代 [ ] 初めてクラブチームに所属したのは17歳の時で、としては比較的遅い。 プロになった当初は体重50kg程度と余りに痩せていた為、大成するとは期待されていなかった。 しかし徐々に頭角を現し、にに移籍すると7シーズンの長きに渡り、同クラブで活躍した為に看板選手となる。 ゴイアス時代の通算136ゴール(州選手権やカップ戦など含む)はクラブ歴代トップの成績。 「ゴイアスの至宝」や「マタドール」との異名をとった。 にはにも初選出されたが、若くてムラッ気がある選手という評価で代表に定着はできなかった。 ブラジル時代のアラウージョは、どちらかと言えばシャドーストライカー(セカンドストライカー)タイプの選手で、球離れが遅い典型的ドリブラーだったためになどフォワード以外のポジションで起用されることも多かった。 Jリーグ時代 [ ] 、に入団。 この知らせを聞いた前年の得点王(当時所属)は「あんな凄い選手がJリーグに来るのか」と驚嘆したと言う。 しかしアラウージョにとって初めての海外でのプレーでもあった2004年シーズンは、3月20日の戦でJリーグ初ゴール。 1stステージこそ、とトライアングルを組みチーム最多の8ゴールを挙げたが、が監督に就任した2ndステージは戦術面を理由に主力構想から外され、公式戦5戦連続でスタメンを外されるなど本領を発揮出来ず、1ゴールのみに留まった。 1月、へ完全移籍。 清水時代後期とは打って変わり、この年のアラウージョは活躍を見せた。 始めこそ連携に若干戸惑ってはいたものの、中断期間を終えた7月以降、チームに適応すると再開初戦の第13節戦では3ゴール 4アシストのプレーを見せると、9月10日のでもハットトリックを決め 、以降重要な試合で次々とゴールを量産。 の戦でも2ゴール挙げ、チームをリーグ初優勝に導くとともに自身も33ゴールを挙げ、2位のに11点差をつけて同年のとなった(なお が1月3日に発表した、世界の主要国内リーグを対象とした2005年の得点ランキングで、アラウージョのリーグ戦33得点は同年世界第1位、得点率は世界第2位にランクされた)。 また、準優勝したでも得点ランキング単独トップとなり、非公式記録ながらアシスト数もJリーグトップを記録する活躍であった。 スペースのないところでも突破し、ゴールに繋げる細かなテクニックに加え縦へのスピードにも優れ、リターンパスやドリブルなどを用いて中央を突破、精度の高い左足で数多くのゴールやアシストを生み出すへと成長した。 前線でトライアングルを形成した、との絶妙なコンビネーションで数多くのアシストも記録した。 しかし家庭の事情やブラジル代表に復帰し、翌年に控えた出場という夢もあり 、同シーズン限りでガンバ大阪を円満退団することが発表された。 2005年12月17日、ガンバでのラストマッチとなった5回戦戦でも2ゴールを挙げ、ナビスコカップでの6ゴールも合わせて公式戦年間41ゴールを達成。 これは()が1998年シーズンに記録した40ゴールを上回るJリーグ新記録で、合計41得点のなかにでの得点は1点も無かった。 この成績から2005年度でや「」を受賞。 2005年に彼が33得点を決めて以来、リーグ戦で30得点以上を記録した選手は現れていない。 ブラジル復帰後 [ ] 2006年シーズンからは母国のに移籍。 2月1日、ブラジル復帰2戦目となった・デモクラッタ戦で2ゴールを決めるなど順調な滑り出しであったが、2月8日の同選手権ヴィラ・ノヴァ戦で右膝を負傷し途中交代。 検査の結果、右膝半月板・靭帯損傷の全治7ヶ月の重傷であることが判明。 ドイツW杯への夢は絶たれてしまったが、リハビリの甲斐あって12月4日の戦で途中出場し、約10ヶ月ぶりの復帰を果たす。 年が明け、には完全復活ともいえる大活躍。 ミナスジェライス州選手権では11試合で11ゴールを挙げ断トツの得点王に輝いた。 カタールリーグ [ ] 2007年8月にクルゼイロからのへ完全移籍。 同時に日本の、、、のなどが獲得オファーを出していたことも明らかになった。 アル・ガラファでも移籍直後からエースストライカーとして活躍し、2007-08・2008-09・2009-10シーズンとチームのリーグ3連覇に貢献。 2007-08シーズンにはリーグ得点王も獲得した。 2009-10シーズンからは郷土・の英雄であると共にプレーした。 ブラジル復帰 [ ] 2011年、母国のに移籍した。 、昇格組のにレンタル移籍した。 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 1997 5 0 1998 20 10 1999 29 5 2000 セリエA 24 5 2001 26 7 2002 25 11 2003 41 12 日本 リーグ戦 期間通算 8 29 9 7 1 0 0 36 10 9 33 33 11 6 2 2 46 41 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2006 40 セリエA 1 0 1 0 2007 7 14 5 14 5 カタール リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算 2007-08 10 27 27 4 3 3 4 34 34 2008-09 27 20 4 4 3 2 34 26 2009-10 21 15 12 17 0 0 33 32 2010-11 9 6 6 3 0 0 15 9 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2011 25 セリエA 6 0 0 0 2012 10 33 8 2013 5 1 ゴイアス 31 9 2014 4 0 ブルガリア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算 2015 17 7 6 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2016 通算 ブラジル セリエA 163 50 ブラジル セリエB 29 5 ブラジル セリエC ブラジル セリエD 日本 J1 62 42 18 7 2 2 82 51 カタール QSL 84 68 26 27 6 6 116 101 総通算 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 10 4 2 5 5 8 5 通算 AFC 17 12 タイトル [ ] クラブ [ ] ゴイアスEC• :1回 1999• :5回 1998, 1999, 2000, 2002, 2003• :3回 2000, 2001, 2002 ガンバ大阪• :1回 クルゼイロFC• :1回 2006 アル・ガラファ• :3回 2007-08, 2008-09, 2009-10• :1回 2007-08• :1回 2008-09• :1回 2009-10 個人 [ ]• :1回 2005• :1回 2005• Jリーグ優秀選手賞:1回 2005• :1回 2005• 得点王:1回 2005• :1回 2005• 得点王:1回 2007• 得点王:1回 2007-08 代表歴 [ ]• 1999年 3試合3得点 出典 [ ]• 72-73:• 73-74:• 78-79:• 80-81:• 81-82:• 82-83:• 83-84:• 84-85:• 85-86:• 86-87:• 87-88:• 88-89:• 89-90:• 92-93:• 93-94:• 94-95:• 95-96:• 98-99:• 99-00:• 00-01:• 01-02:• 02-03:• 03-04:• 04-05:• 05-06:• 06-07:• 07-08:• 08-09:• 10-11:• 11-12:• 12-13:• 13-14:• 14-15:• 17-18:• 18-19:.

次の

Lukian Araújo 2018

ルキアン アラウージョ デ アルメイダ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年3月) この名前は、に従っています。 (母方の)は デ・アラウージョ、(父方の)は ソアレスです。 国内リーグ戦に限る。 経歴 [ ] ブラジル時代 [ ] 初めてクラブチームに所属したのは17歳の時で、としては比較的遅い。 プロになった当初は体重50kg程度と余りに痩せていた為、大成するとは期待されていなかった。 しかし徐々に頭角を現し、にに移籍すると7シーズンの長きに渡り、同クラブで活躍した為に看板選手となる。 ゴイアス時代の通算136ゴール(州選手権やカップ戦など含む)はクラブ歴代トップの成績。 「ゴイアスの至宝」や「マタドール」との異名をとった。 にはにも初選出されたが、若くてムラッ気がある選手という評価で代表に定着はできなかった。 ブラジル時代のアラウージョは、どちらかと言えばシャドーストライカー(セカンドストライカー)タイプの選手で、球離れが遅い典型的ドリブラーだったためになどフォワード以外のポジションで起用されることも多かった。 Jリーグ時代 [ ] 、に入団。 この知らせを聞いた前年の得点王(当時所属)は「あんな凄い選手がJリーグに来るのか」と驚嘆したと言う。 しかしアラウージョにとって初めての海外でのプレーでもあった2004年シーズンは、3月20日の戦でJリーグ初ゴール。 1stステージこそ、とトライアングルを組みチーム最多の8ゴールを挙げたが、が監督に就任した2ndステージは戦術面を理由に主力構想から外され、公式戦5戦連続でスタメンを外されるなど本領を発揮出来ず、1ゴールのみに留まった。 1月、へ完全移籍。 清水時代後期とは打って変わり、この年のアラウージョは活躍を見せた。 始めこそ連携に若干戸惑ってはいたものの、中断期間を終えた7月以降、チームに適応すると再開初戦の第13節戦では3ゴール 4アシストのプレーを見せると、9月10日のでもハットトリックを決め 、以降重要な試合で次々とゴールを量産。 の戦でも2ゴール挙げ、チームをリーグ初優勝に導くとともに自身も33ゴールを挙げ、2位のに11点差をつけて同年のとなった(なお が1月3日に発表した、世界の主要国内リーグを対象とした2005年の得点ランキングで、アラウージョのリーグ戦33得点は同年世界第1位、得点率は世界第2位にランクされた)。 また、準優勝したでも得点ランキング単独トップとなり、非公式記録ながらアシスト数もJリーグトップを記録する活躍であった。 スペースのないところでも突破し、ゴールに繋げる細かなテクニックに加え縦へのスピードにも優れ、リターンパスやドリブルなどを用いて中央を突破、精度の高い左足で数多くのゴールやアシストを生み出すへと成長した。 前線でトライアングルを形成した、との絶妙なコンビネーションで数多くのアシストも記録した。 しかし家庭の事情やブラジル代表に復帰し、翌年に控えた出場という夢もあり 、同シーズン限りでガンバ大阪を円満退団することが発表された。 2005年12月17日、ガンバでのラストマッチとなった5回戦戦でも2ゴールを挙げ、ナビスコカップでの6ゴールも合わせて公式戦年間41ゴールを達成。 これは()が1998年シーズンに記録した40ゴールを上回るJリーグ新記録で、合計41得点のなかにでの得点は1点も無かった。 この成績から2005年度でや「」を受賞。 2005年に彼が33得点を決めて以来、リーグ戦で30得点以上を記録した選手は現れていない。 ブラジル復帰後 [ ] 2006年シーズンからは母国のに移籍。 2月1日、ブラジル復帰2戦目となった・デモクラッタ戦で2ゴールを決めるなど順調な滑り出しであったが、2月8日の同選手権ヴィラ・ノヴァ戦で右膝を負傷し途中交代。 検査の結果、右膝半月板・靭帯損傷の全治7ヶ月の重傷であることが判明。 ドイツW杯への夢は絶たれてしまったが、リハビリの甲斐あって12月4日の戦で途中出場し、約10ヶ月ぶりの復帰を果たす。 年が明け、には完全復活ともいえる大活躍。 ミナスジェライス州選手権では11試合で11ゴールを挙げ断トツの得点王に輝いた。 カタールリーグ [ ] 2007年8月にクルゼイロからのへ完全移籍。 同時に日本の、、、のなどが獲得オファーを出していたことも明らかになった。 アル・ガラファでも移籍直後からエースストライカーとして活躍し、2007-08・2008-09・2009-10シーズンとチームのリーグ3連覇に貢献。 2007-08シーズンにはリーグ得点王も獲得した。 2009-10シーズンからは郷土・の英雄であると共にプレーした。 ブラジル復帰 [ ] 2011年、母国のに移籍した。 、昇格組のにレンタル移籍した。 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 1997 5 0 1998 20 10 1999 29 5 2000 セリエA 24 5 2001 26 7 2002 25 11 2003 41 12 日本 リーグ戦 期間通算 8 29 9 7 1 0 0 36 10 9 33 33 11 6 2 2 46 41 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2006 40 セリエA 1 0 1 0 2007 7 14 5 14 5 カタール リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算 2007-08 10 27 27 4 3 3 4 34 34 2008-09 27 20 4 4 3 2 34 26 2009-10 21 15 12 17 0 0 33 32 2010-11 9 6 6 3 0 0 15 9 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2011 25 セリエA 6 0 0 0 2012 10 33 8 2013 5 1 ゴイアス 31 9 2014 4 0 ブルガリア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算 2015 17 7 6 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2016 通算 ブラジル セリエA 163 50 ブラジル セリエB 29 5 ブラジル セリエC ブラジル セリエD 日本 J1 62 42 18 7 2 2 82 51 カタール QSL 84 68 26 27 6 6 116 101 総通算 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 10 4 2 5 5 8 5 通算 AFC 17 12 タイトル [ ] クラブ [ ] ゴイアスEC• :1回 1999• :5回 1998, 1999, 2000, 2002, 2003• :3回 2000, 2001, 2002 ガンバ大阪• :1回 クルゼイロFC• :1回 2006 アル・ガラファ• :3回 2007-08, 2008-09, 2009-10• :1回 2007-08• :1回 2008-09• :1回 2009-10 個人 [ ]• :1回 2005• :1回 2005• Jリーグ優秀選手賞:1回 2005• :1回 2005• 得点王:1回 2005• :1回 2005• 得点王:1回 2007• 得点王:1回 2007-08 代表歴 [ ]• 1999年 3試合3得点 出典 [ ]• 72-73:• 73-74:• 78-79:• 80-81:• 81-82:• 82-83:• 83-84:• 84-85:• 85-86:• 86-87:• 87-88:• 88-89:• 89-90:• 92-93:• 93-94:• 94-95:• 95-96:• 98-99:• 99-00:• 00-01:• 01-02:• 02-03:• 03-04:• 04-05:• 05-06:• 06-07:• 07-08:• 08-09:• 10-11:• 11-12:• 12-13:• 13-14:• 14-15:• 17-18:• 18-19:.

次の

クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス

ルキアン アラウージョ デ アルメイダ

国内リーグ戦に限る。 2019年12月9日現在。 ・所属。 ポジションは。 主にCFを主戦場とする。 来歴 [編集 ] 2011年にでプロデビューし、2015年7月にのに移籍。 2018年にに移籍。 2019年にはでリーグ戦14試合11ゴールを挙げるも、7月にチョンブリーからの契約更改のオファーを断りチームを退団。 同年7月23日にのへ移籍。 磐田加入後、デビュー戦のベガルタ仙台戦で早くも存在感を示し、残留争い中の磐田の助っ人として期待されるが、G大阪戦で納得のいかないファールをとられ、アウェイ席にボールを蹴り入れてしまい、2枚目のイエローカードを受け前半のうちに退場となってしまう。 個人成績 [編集 ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2011 10 2 2012 11 0 2013 4 1 PAA 7 2 ノヴァ・イグアス 4 0 2014 リオ・ブランコ PAA 14 0 2015 0 0 1 0 韓国 リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2015 91 22 4 - 0 0 22 4 2016 9 37 15 - 2 0 37 15 2017 81 18 2 - 1 0 19 2 11 10 4 - - 10 4 タイ リーグ戦 期間通算 2018 9 32 18 2019 91 14 11 日本 リーグ戦 期間通算 39 13 1 - 1 0 14 0 11 - 通算 ブラジル セリエD 4 0 ブラジル CA1 25 3 ブラジル PAA 21 2 韓国 K2 87 25 - 3 0 90 25 タイ 1部 46 29 日本 J1 13 1 - 1 0 14 0 総通算 脚注 [編集 ]• 朝鮮語. OSEN. 2015年7月4日. ジュビロ磐田 2019年7月23日• SIAMSPORT 2019年7月10日 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• - による選手データ (日本語).

次の