キャメル シガー メンソール。 キャメル・シガー・ボックスを吸ってみた|喫煙家Kのタバコ日記|note

JT、「キャメル」ブランドからリトルシガー3銘柄を各360円で発売

キャメル シガー メンソール

12月13日新発売のから発売されているブランド「キャメル」がリトルシガーとなって新登場! 今回は3種類買ってきた内の「キャメル・シガー・メンソール・ボックス」をいち早くレビューしていきます。 感想は中盤くらいから。 追記以上 購入したのはコンビニ(ローソン)で360円でした。 どうやらキャンペーンで無料券が出てくるそうです。 カテゴリ:タバコからご覧ください! 毎度のように、パッケージから見ていきましょう。 メンソールは「緑色」がデザインされています。 NEW 360円と書かれているので見つけやすいかも?(お店によっては12月14日以降に発売) こちらも「クールループド」などと同じように「シガー」扱いなので、ニコチン・タールの記載はありません。 体感ニコチンなどについては後述のレビューよりご覧ください。 してみました。 銀紙(封)には何も書かれていません。 たばこ(シガー)の写メです。 う~ん。 なんか見覚えがあるなぁ。 と思ったら過去最低評価をした「シガー」と同じ色です。 シガーがめちゃくちゃマズかったので、この段階で少し不安になりました。 こちらは葉の詰まり具合の写メ。 なかなかいいのではないでしょうか!? レビュー と言うわけで、早速1本吸ってみましょう。 まず一口目から… お!思ってたよりもいい感じ! 封を開けた瞬間に 「シガー」が浮かんできたので、多少の補正もあるかもしれませんが、同じような価格なのにできはいいです。 喫煙している感覚だと、 タール3~5ミリの煙草くらいかな?という強さ。 ニコチンも0. 4位というところだと思います。 後述しますが、 キャメルシガー ボックスに比べて「更に印象が薄いたばこだな」と思います。 味がノーマル過ぎる点が。 シガー(葉巻)は「加湿」といって少しだけ湿っている方がうま味がでます。 簡易的に「加湿」するには吐息をシガーにゆっくり数回吹きかけてやれば、より一層味がよくなります。 クールループドの時もそうでしたが、肺に入れてもフィルターがあるのである程度はカットしていると思います。 そのため、でのレビューとなっています。 「」からメンソールたばこが380円で登場しました。 キャメルシガーメンソールと合わせて比較してみてください。 「キャメルシガー ライト」のほうに 「格安シガー(クールループドなど)の税見直しがあるかも?」と言うことを書いておきました。 一番下の「クールループドvsキャメルシガーメンソール」を見終えたら見てみてください。 さて、肝心の「メンソール」の強さです。 多分、日本人好みの柔らかさのあるメンソール で 、弱すぎず、強すぎずバランスの取れた心地よさ。 私がレビューしているタバコの記事で、紙巻の中もっとも人気のある銘柄を幾つか比較候補にしてみます。 まずは、(廃番になって悲しいですが)ケントアロマ。 カプセルがあるのでその分、メンソールの強さもありますが、潰さない状態だとほぼ同じくらい? 過去レビューで似たようなメンソールの強さの煙草がありました。 「ウィンストン コンパクトメンソールパープル」です。 煙草の味、フレーバー(匂い)、メンソールの強さが4:3:2くらいの煙草です。 これよりももう少しメンソールは強いなあと思いました。 吸い方ですが、毎度紹介しているように「クールスモーキング」を心がけましょう。 簡単に言えば「3~4秒かけてゆっくり吸う。 燃えている部分がとがらないように心がける」ということです。 クールループドと比較して やはり、の「キャメルシガー メンソール」の対抗馬は「クールループド」でしょう。 どちらがいいのか、うまいのか、気になっている方も多いはず。 というわけで、比較します。 まず「キャメル」ですが、クールループドのようにスリムタイプのシガーではありません。 これだけでも相当「満足感」は違うと思います。 そして、「メンソールの強さ」です。 バランスの取れたちょうどいい強弱バランスなので、万人受けするというところ。 味については、まろやかで「シガー版のキャメル」といったところ。 (あまり特徴的では無い) そして、クールループドり長く吸える(4分30秒くらいは) 続いて「クールループド」です。 スリムタイプのシガーなので、ポケットとかの省スペースでも収まるところはGood。 メンソールの強さとしては「ミントエキス」があるため少し強め。 味については「シガーの苦み、ミント独特の爽やかさ、コクがある」というところ。 比較としては 全てのバランスが取れていて、少しでも長く吸いたい、スリムが苦手 と言う方は 「キャメル」 ミントの爽やかさ、少し強めのメンソール、しっかりとした味わいがいい と言う方は 「クールループド」 がおすすめです。 SeisoSakuya.

次の

「ライトな吸い応え」に商機見いだす JTがキャメル・シガーシリーズから3銘柄を発売

キャメル シガー メンソール

JTは7月2日より順次、スーパースリムロングサイズの「キャメル・シガー・メンソール・ウルトラライト・100's・スリム」を発売する。 「キャメル・シガー・メンソール・ウルトラライト・100's・スリム」 税込330円 を発売 同商品は、1913年のアメリカでの誕生以来100年以上の歴史を持ち、現在では約100の市場で販売しているキャメルブランドから、100's スペック ロングサイズ のリトルシガーとして発売されるもの。 キャメルブランドで支持されている「強メンソールの爽快感とすっきりした味わい」を、「シリーズ史上最も軽い吸い応えと、より長いサイズ」で愉しんでもらいたい思いから、求めやすい330円 税込 という価格にて提供する。 キャメル・シガーシリーズのラインアップは同商品の発売をもって計9銘柄。 多くのユーザーからサポートされているキャメルブランドの「味・香り」を「吸い応え」の好みに合わせて、豊富なラインアップとともに味わえるという。 なお、成人喫煙者限定のWEBサイト「CLUB JT」内、オンラインショップではキャメルブランドの世界観を愉しんでもらうとともに、より愛着を感じてもらいたいという思いから、日常で使えるノートや灰皿等のキャメルオリジナルグッズを販売。 キャメルブランドならではの多彩なカラーバリエーションも愉しめる。 「CLUB JT」の利用には、JT IDが必要となる。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

「ライトな吸い応え」に商機見いだす JTがキャメル・シガーシリーズから3銘柄を発売

キャメル シガー メンソール

いつものローソンで、価格は330円にて購入しました。 ライトではないのはこちらから。 それではみていきましょう。 通常のものよりか緑色が薄く、草原のような色合いです。 上側に「SUPER SLIMS」と書いてあります。 箱も凄く薄い! 輸入元とかいてあります。 原産国は製のようです。 しますと、銀紙の封に「CAMEL」と書かれています。 通常とライトを比較。 箱くらいしかぱっと見だと差が分からないですね。 タバコの写メ。 紙巻きではなく、シガーなので、葉(をペーストにした物)で巻かれています。 レビュー 昨日、ライトではない方をレビューしましたので、それと、クールループドを比較しつつ検証していきます。 「ライト」と言うだけあって、ライトでは無い物よりか軽いですね。 でも、ライトじゃない方は「10ミリ」くらいに感じましたが、こちらは「ライト」らしく、少し軽い程度で、6~8ミリくらいに感じます。 そこまで極端に軽くは無い感じです。 キャメルシガー は結構軽かったので… 味としては、ライトだけあって、普通のより控えめな感じです。 したときのニオイは若干甘めの、メンソール的なニオイがしたのですが、喫味としては「メンソールの方が主張しているかな」といったところ。 繊細な味というわけではなく、さっぱりとしたメンソール風味といったところでしょうか。 メンソールの味が結構強いです。 ちょっと前にレビューした「」のメンソールは「ザ・メンソール」って具合の味でしたが、キャメルシガー スリムのメンソールはいい具合にまろやかな風味があっていい感じ。 ライトの方が吸える時間が、通常のものより長いかな?と言う気がします。 こちらは3分半~4分ほどでしたが、ライトは4分半くらいは行けますね。 個人的な感想としては、ライトの方が「吸いやすい」チューニングで、味わうなら「ライトじゃ無い方」という感じでしょうか。 クールループドとの比較ですが、クールループドの「強いミント感」に馴染めないと言う方には「キャメルシガー メンソール スリム」は良い選択肢なのでは無いでしょうか? 全体的なバランスが取れており、(普段はず~っとキャビンを吸っているのでよっぽどのことがない限りは買わないけど)これは2020年新発売の中でもポテンシャルが高いと思います。 3月は「クールループド」の新味、iQOSの新作など発売され、激戦区みたいな感じなので、今までのまとめ記事(2019年度上・下半期の)でどのように選んでいくか、難しくなりそうです。 SeisoSakuya.

次の