プリコネユイランク。 プリコネのランクはとりあえずランク11までは考えずに上げていい

【プリコネ】【キャラ】恒常ユイのランクを11まで上げたけど、装備も何もさせないほうがいいの?

プリコネユイランク

プリコネでプリユイ(プリンセス)の実装が決まり、ユイがトレンドになるほど盛り上がっていますね! どれもぶっ壊れキャラを排出しているプリンセスでの実装なので、かなりの強い性能が期待されますね。 今回実装されたフェスユイ(プリンセス)は強い?引くべき?ってところが非常に気になってきます。 この記事では、フェスユイ(プリンセス)は強く引くべきキャラなのか?というところをその性能をもとに詳しく見ていきたいと思います。 探した結果、買うしか無かった 笑 あくまでも参考程度どうぞ — ラク サマー Tzuyu2e2e 興味ある方は是非参考までに。 【スキル効果】 範囲内の敵に14130の魔法ダメージ 対象の味方の魔法攻撃力を418アップ EXスキル ディアレストメモリー 【説明】 バトル開始時に自分の魔法攻撃力を中アップさせる。 【スキル効果】 バトル開始時に自分の魔法攻撃力を 大アップさせる。 自己TP回復できるため、UBを頻繁に打つことができる• 火力アップのバフを味方全体に付与でき、バフを積みあげることで後半ではかなりのバフ効果を発揮する• 攻撃範囲が広いため、マルチターゲット相手に有利 低評価な点• 初動の火力がとびぬけて威力があるわけではない• 積み立て式のバフ効果のため、バフ消し相手には火力を出しづらい。 【フェスユイ(プリンセス)の総合評価】 プリンセスユイ(フェスユイ)の優秀なところは、自己TP回復ができ、 味方全体への魔攻アップ&魔攻クリティカルアップするバフを永続的に付与することができる点です。 まず、プリンセスユイ フェスユイ)の バフは永続的に全体に付与することができるので、 後半になればなるほど全体の火力を増していくことができます。 それに加えて、プリンセスユイ(フェスユイ)は自分の TPを回復するスキルがあるため、UBを連発することができるので後半になればバフの乗った高火力のUBを多く繰り出せます。 また、プリンセスユイの攻撃は広範囲にわたるので、マルチターゲットのボス戦などで特に活躍できる性能だといえます。 ただ、プリンセスユイの高火力は自己バフあってのものなので、バフを消せるスキル持ち相手では高火力を出しづらくなるので注意が必要です。 プリンセスユイは初動のUBの火力がそこまで高くはないので、初動のUBで勝敗が決まってしまうアリーナでは不向きなキャラになるのかもしれません。 ただ、その点も編成次第では改良できると思いますので、今後のアリーナ編成に期待ですね! とはいえ、バフを永続的に付与することができますので、高火力のアタッカーが多い編成であれば後半につれ超高火力が出せる編成になりますので、クランバトルなどでも活躍できるのではと考察しています。 これらの性能から、プリンセスユイ(フェスユイ)は強いキャラだといえます。 ランク14では TP上昇率が最大になり、ランク17ではTP上昇率は若干落ちるものの、 魔法攻撃力と魔法クリティカルが最大アップします。 どちらの性能を取るのか悩ましいところですが、まだクランバトルの評価も出ていないので、クランバトルの評価が出るまでランク14に止めておくのがベターな選択になるのではないでしょうか? プリユイ フェスユイ)は星上げすべき? 星上げについてですが、正直クランバトルでの評価に大きく左右される要素が大きいため、まだクランバトル前の現時点では星3で止めておいた方が無難な気がします。 クランバトルで星3で通用しなかったのであればそれから星上げしても遅くはないと考えています。 星下げ機能もまだ今のところ追加されていないので、星上げしたい方がほとんどだとは思いますが、個人的な見解としては、ここは星3で止めて様子みていった方が良いのではといったところです。 フェスユイ(プリンセス)の使い方・おすすめ編成 プリンセスユイは、自己TP回復スキルがあるのでUBを頻繁に打てるので、そこ上手く利用することでアリーナやクランバトルでも活躍できる可能性を秘めています。 UB連発をさらに重ねるために、ユカリ・ネネカなどのTP回復できるキャラとの編成が良いと思われます。 また、プリンセスユイの初動の火力はぶっ壊れなほどの火力では無いので、初動から火力を上げていくのに、プリンセスコッコロなどで攻撃力アップのバフをかけていくのも効果的です。 (コッコロや正月コッコロなどでも代用可能です。 ) プリンセスユイの 攻撃範囲は広範囲にわたり、後半に火力が増していくという特性から、マルチターゲットのボス戦で積極的に使って行きたいキャラです。 さらにTP回復を狙ってユカリ・ネネカも編成しておきたいところ。 初動でハツネのUBやマジカルカスミのスキルでスタンさせておくとその後のプリンセスユイのUBをスムーズに連発できるのでおすすめです。 プリンセスユイの使い方としては、とにかく自己TP回復スキルを活かしてUBを連発させることができるところいかすことを意識すれば、かなり勝てる編成も組めていけるのではと予想できます。 プリンセスユイ編成例 「マルチターゲットのボス戦」 プリンセスユイを使用したマルチターゲットのボス戦でのおすすめ編成例です。 クレア• ネネカ• プリンセスユイ• コッコロ• クレア• ネネカ• プリンセスユイ• ユカリ• コッコロ(プリンセス)• ネネカ• カスミ• ぺコリーヌ(プリンセス)• ユカリ• 水着サレン• ハツネ• ユイ(プリンセス) スポンサードリンク プリユイ(フェスユイ)は引くべきぶっ壊れキャラか? 今回、実装されたプリンセスユイ(フェスユイ)ですが、実際に引くべき強キャラなのでしょうか?• 高火力の魔法アタッカー編成でさらに火力を増したい• マルチターゲットのボス戦で活躍できるキャラが欲しい これらに該当するのであれば積極的に引くべきキャラだといえると思います。 現在プリンセスフェスで実装されている、プリンセスぺコリーナにしてもプリンセスコッコロにしても、現環境では相当に強いぶっ壊れなキャラなので、今回実装されたプリンセスユイ(フェスユイ)もその性能は優秀ですね。 まだ、詳しい性能は見えてはいませんが、現在最も注目されるプリンセスフェスでの実装なので引くべき強い強力なキャラになるのは間違いなさそうですね。 ただ、先月もされたばかりという事で、肝心のジュエルが心もとない方も多いのではないでしょうか?! しかも、これから水着ガチャもくる予定ですし、プリコネでは一大イベントである2周年アニバーサリーがもうじきやってきます。 なので少しでもジュエルの消費を抑えたいですよね。 今回、プリンセス実装ということで、 ジュエルが足りそうにないけど、課金してでも天井覚悟で絶対にフェスユイ(プリンセス)を引くという方も多いと思います。 フェスユイ(プリンセス)実装でのTwitterの反応は? 突然のフェスユイ(プリンセス)の実装でTwitterでもフェスユイの投稿が目立っていましたね。 一時はユニやプリフェスのワードがトレンド入りするほどでした。 ここでは、フェスユイ(プリンセス)のTwitterでの反応を見ていきたいと思います。 むむ!?フォロワーさんの情報だけど、遂に…ユイちゃんがプリンセスにる日が来たか! ……となると、最後はキャルちゃんだな! プリンセスキャルちゃん。 見てみたい。 — クラさん kurasan3483 おいおい!?!? 2連続天井くらったのに、ここでプリンセスユイちゃん実装するかあああ!?!?!? つか、この後3日後に新水着来るんでしょ!?!?!? もやしじゃなくて草食えってのかああ!?!?!? おおん!?!?!?!? 草食べます。 多少の節約になるかもしれません! — むせ@おかわり! atkeytweet 「水着トワイライト」も引く。 「プリンセスユイ」も引く。 両方やらなくちゃならないってのが「騎士くん」の辛いとこだが… 覚悟はいいか?俺はできてる。 — SHUN syun62731775 プリンセスユイちゃん実装みたいですが、さすがにジュエルないので今回は….. やはり、毎回ぶっ壊れなキャラを排出しているガチャだけあって、今回実装のプリンセスユイ(フェスユイ)も相当に強い引くべきキャラだといえる性能でしたね。 そんな方へ・・・ここまでお読みくださった方へ特別に・・・ 「無課金でジュエルを大量に手に入れられる裏ワザ」 をご紹介しますね。

次の

【プリコネRe:Dive】絆ランクについて

プリコネユイランク

ユイの専用装備・才能開花の優先度や星6にした際の強化内容、声優やプロフィールも記載しているので、ぜひ攻略の参考にして下さい。 【スキル効果】 味方全体のHPを2739回復 フラワリングヒール 星6 【説明】 味方全体のHPを中回復し、 味方全体の物理防御力を大アップさせ、行動速度を大アップさせ、さらに物理無効バリアを展開する。 フラワーショット スキル1 【説明】 目の前の敵1キャラに魔法中ダメージを与える。 【スキル効果】 敵単体に7193の魔法ダメージ 【 ブロッサムウィッシュ 】装備後 目の前の敵1キャラに魔法中ダメージを与え、 さらに物理攻撃力を中ダウンさせる。 フローラルシールド スキル2 【説明】 味方全体の物理防御力を小アップさせる。 【スキル効果】 味方全体の物理防御力を26アップ フラワーオーラ EXスキル 【説明】 バトル開始時に自分の魔法攻撃力を中アップさせる。 初期キャラクターのため最序盤こそ回復力が足りなく感じることもあるが、育成を進めれば回復量はトップクラスに高く、 体力管理が重要な高難度のボス戦やルナの塔で活躍できる。 専用装備で単体攻撃デバフ 専用装備の「ブロッサムウィッシュ」を装備することで、「フラワーショット」に物理攻撃力ダウンが追加された。 アリーナやルナの塔ではタンクの攻撃力を下げてしまうためあまり効果には期待できないが、 物理攻撃が強力なボス戦などでは被ダメ軽減に貢献することができる。 ユイの短所・弱い点 育成状況に左右される回復力 ユイの全体回復は育成状況によって回復量が大きく異なる。 レベルアップ・才能開花によるステータス上昇の他に、装備でも回復力を上げられるため、 育成が進んでいない序盤〜中盤にかけては十分な回復量を得られない可能性もある。 星6開花後の評価・強化点 行動速度と物理防御バフを付与 全体回復のUBに行動速度と物理防御を大きく高めるバフが追加された。 全体に物理無効バリアを展開可能 UBを使うことで、味方全体に物理無効バリアを展開できるようになる。 バリア耐久値も高く、同時に防御バフも付与されるため、 威力の高い物理攻撃を受けてもHPを保つことが可能。 クエストなどの普段使いからアリーナ、高難度のボス戦でも活躍できる性能に。 ユイの詳細情報 声優 種田梨沙 ギルド トゥインクルウィッシュ ユイと同じギルドのキャラ キャラ一覧 ユイの別バージョン キャラ一覧 ユイ ユイのプロフィール 年齢 17歳 誕生日 4月5日 身長 158cm 体重 47kg 血液型 O型 種族 ヒューマン 趣味 料理、人間観察 ユイの画像集 誕生日イラスト ロード画面 プリコネRの関連リンク 最新のキャラ・ガチャ情報 開催中・予定のガチャ情報 イベント攻略情報 【復刻】真夏のマホマホ王国 ルナの塔攻略情報 7月ルナの塔 【プリコネR】おすすめの記事 プリコネRの人気記事 注目の攻略情報 各種掲示板 データベース その他お役立ち記事.

次の

プリコネのランクはとりあえずランク11までは考えずに上げていい

プリコネユイランク

概要 ユイはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 無印版の性能については当該記事参照。 プロフィール 年齢 17歳 身長 158cm 体重 47kg 誕生日 4月5日 血液型 O型 種族 ヒューマン ギルド 趣味 料理、人間観察 CV 人物 無印版であるのメインヒロインであり、【】の、、と同じく最初から使えるキャラクター。 『世界の再構築』によって前作の記憶を失っているため、かつてと冒険したことは覚えていない。 しかし(表向きには)会ったことのない、、主人公と一緒にソルの塔を上る夢(前作の出来事)を見たこと、夢の意味を考えながらふらついていたときに無印版初期組のヒヨリ、レイと偶然出会い、二人も同じ夢を見て悩んでいたとを知ったことから、三人でギルド【】を結成する。 また同じタイミングで主人公とも出会っており、主人公も同じ夢を見ていたと聞き、四人でソルの塔を攻略しようと意気投合する。 なお、他に目をグルグルするキャラとしてがいる。 礼儀正しく、心優しい性格で、も「あんないい子はなかなかいない」と、彼女にしては珍しく手放しに絶賛していた。 今作のメインヒロインである美食殿の3人と異なり、チュートリアルで登場してからメインストーリーに一切絡んでこなかったため、ユーザーからは不遇扱いされていた。 しかし第10章にてようやくメインストーリー出演を果たし、ヒヨリ、レイと三人で、最近になって共に冒険してくれなくなった主人公を心配しつつソルの塔を攻略していたことが明らかになった。 その後の第1部の展開は激しいネタバレになるので後述。 イベント『』ではレイ、ヒヨリと共にメインキャラに抜粋され、美しい振袖姿を披露した。 イベントでは訳あって主人公とのキスシーンを見せろという話になり、周囲からキスコールをされる状況に追い込まれるが、緊張しすぎて失神するといういつものパターンで幸運(?)にも危機を脱することができた。 メインストーリー第2部ではヒヨリ、レイと共にメインキャラクターに抜擢された。 第2部オープニング映像や第1章14話以降は、主人公によって新たな力を得た姿『』へと変身し戦っている。 なお、ペコリーヌのプリンセスフォームは「ペコリーヌ プリンセス 」としてフェス限定で実装されたのだが、ユイのプリンセスフォームは2020年6月30日にフェス限定で実装された。 打たれ弱いが高い魔法攻撃力を持ち、ランクを上げると 攻撃も補助もバランスよくこなせるようになる。 無印版と同様補助・回復に長けたヒーラー。 しかしいざ使ってみると回復がユニオンバーストしかなく、TP上昇が低いうえに攻撃の合間に支援行動が入る関係上前衛よりもTPの溜まりが悪いため、発動まで間に合わずに味方が倒れてしまうことが多い。 あるいは間に合ってもわずかな数値しか回復できず、体勢を立て直せない・・・といったことが多発する。 最序盤でそのしょっぱい数値にがっかりした騎士クンは数知れず。 美食殿の3人はすぐに頼れるスタメンに変貌するため尚更である。 最初は単体回復を使えるやの方が圧倒的に使い勝手がよいため、彼女らが仲間になり次第、早々にベンチ入りすることになる。 ではこのまま一生肥やしかというとそうでもない。 Rankアップや才能開花によって魔法攻撃力を伸ばすと回復量がぐんぐん伸びていく。 Rank7にもなれば一発で味方全員を大回復させられる頼れるヒーラーとなるのだ(プリコネRではHP回復量が攻撃力に依存しているため)。 またゲームが進むと、ボスが強烈な範囲攻撃を多用するようになりユカリやマホでは回復が追いつかなくなるため、ユイのような全体回復キャラがいないとクリア困難な状況が増えてくる。 2018年11月26日には専用装備「ブロッサムウィッシュ」が実装された。 ユニオンバーストが「ヒールオール」から「 フラワリングヒール」に変化し、セットボーナスによって魔法攻撃力・魔法クリティカル・回復量上昇が大きく上昇する。 新たなユニオンバーストは物理無効バリア展開に加え物理防御力のバフまで備えるようになったため、対物理性能が飛躍的に上昇した。 クランバトルなどの苛烈な物理攻撃が飛び交う戦闘では強力なヒーラーとして活躍することができる。 アリーナでは魔法無効バリアを操るヒーラーのと組んでいることも。 ニューイヤー 【魔法】 後衛の、補助魔法に特化した、晴れ着姿の癒し手。 自身の攻撃力と引き換えに強力なバリアと継続回復状態を味方全体に付与する。 絶大な防御能力は他を圧倒する。 イベント『』に合わせて登場した、期間限定の正月バージョンである晴れ着姿のユイ。 攻撃性能を捨ててサポートに特化した形となった。 ユニオンバーストによる自動回復+バリアの効果が強力で、最初の発動さえ間に合えば以降味方が落とされることはほぼなくなる。 クエストやボス戦では正月ユイを編成するだけで味方の生存率が格段に上昇する。 「ウィークネスペタル」もダメージを減らすのに貢献してくれるほか、アリーナで敵のアタッカーの攻撃力を落とすのにも役立つ(2番目にアタッカーが配置されることが多いため)。 ブルーミングチアーズの影響を受けない物理パーティでも先述の防御スキルが強いため問題なく活躍が可能。 ただし攻撃面は通常版と比べるとかなり落ちているため、物理パだと火力不足になる可能性がある。 ユニオンバーストが「自身の魔法攻撃力を特大ダウン」させる効果を持つにもかかわらず、EXスキルは魔法攻撃力アップであるため一見噛み合いが悪いように見えるが、UBの魔法攻撃力のダウン量はステータス画面で表記されてる魔法攻撃力を基準にしており、EXスキルやブルーミングチアーズのバフは影響を受けないので、それらが無駄になることはあまりない。 アリーナではタンク中心の防衛編成が流行っていた頃に、回復役としてよく採用されていた。 に狙われやすいという欠点はあるものの、ユニオンバーストの発動さえ間に合えば自動回復+バリアによりタンクが圧倒的な防御力を得るので、普通の方法では倒せなくなりほぼ勝ちが確定する。 凶悪な編成だったが、攻撃力のインフレや範囲攻撃キャラの台頭により、UBを発動できても守りきれない状況が増えてきたため2020年1月現在この戦法はあまり見られない。 ただバリアで被ダメを0にすれば状態異常を防げる仕様から、のメタとして採用されることはある。 2020年1月10日には、他のと共に専用装備が実装された。 名前は「暁の祝杖ブロッサム」。 ウィークネスペタルに念願の魔法防御デバフが追加されたほか、TP上昇ステータスをダウンさせる効果も付いた。 防御デバフが追加されたことで耐久面だけでなく攻撃面のサポート性能も十分なものになった。 また、専用装備を付けることで TP上昇ステータスがアップする。 これによりユニオンバーストも間接的に強化されるため、専用装備による恩恵はかなり高いと言える。 プリンセス 【魔法】 後衛から極大魔法で敵を殲滅する願いの魔法士。 TPを回復しつつ攻撃力を累積アップする補助スキルで自身の力を高め、強力な範囲攻撃を放ち敵を一掃する。 フェス限定で実装されたプリンセスフォーム仕様のユイ。 これまでとは異なり完全に攻撃重視のキャラとなった。 「トゥインクルブースト」で徐々に攻撃を上げ、「レイディアントショtット」で範囲攻撃で攻撃しつつ他の魔法キャラの火力を底上げしユニオンバーストで一気に吹き飛ばす。 …幼馴染かつ親友。 …とある理由から毛嫌いされている。 また、ユイのを知っている様子である。 …趣味の設定が同じく「人間観察」。 メインストーリー10章~14章では ネタバレ注意 メインストーリー第10章7話にて、ヒヨリ、レイと共に序章以来となるメインストーリーへの登場を果たす。 トゥインクルウィッシュとしての活動である『ソルの塔』攻略の最中、塔の仕掛けによってソルの塔上層部に存在する庭園に転移してしまう。 突然の出来事に混乱するヒヨリを落ち着かせて庭園の周囲を調べると、結晶の中に眠っていたを発見する。 その後、アメスの力によってランドソルの大通りへと再び転移。 眠ったまま目を覚まさないヒヨリとレイを心配していたが、彼女らが目を覚ましたことで安心したのもつかの間、が広場にて大暴れし始めたため、ヒヨリとレイと共に彼女を説得しようとする。 ユイの姿を見たムイミはそれまでの豪快な態度が一変、ユイに対して憎悪の感情を表し、彼女をと呼び「 諸悪の根源」「オマエが死ねば世界は全部元通りになる」と罵りながら強い殺意を向ける。 状況が飲み込めないままムイミと交戦。 達の助太刀によってムイミが追い詰められるが、ランドソルの街中に黒いヘドロのようなものが流れ始めたことと、が現れてムイミがクリスティーナと共に撤退したことで、辛うじて事なきを得る。 その後はマコト達と共に行動。 クリスティーナを追いかけるマコトやに付いていくと、大量の生命力を取り込み復活したと邂逅。 彼からも草野優衣と呼ばれ困惑する。 そして覇瞳皇帝との「最終決戦」が開幕。 ユイは治療役として、気を失い続けていたに魔法を使って意識を取り戻させる。 目を覚ましたキャルとそれに喜ぶ、と一緒に心の中で喜んだユイだったが、ムイミが戦闘の衝撃でユイがいる方向に吹き飛ばされたことで再び鉢合わせをする。 二度敵意を向けるムイミに対して、ユイは自分の素直な気持ちを伝えて彼女を説得。 ムイミもユイと共に戦う意志を表したことで和解。 ユイは彼女の治療を行い手を取り合いながら、同じように世界中の人々と手を繋げ仲良く笑い合えるような優しい世界を願うのであった。 その後流れるエンディングに用いられた曲は、前作の主題歌である『つなぐもの』。 また、エンディングムービーは一部分がとリンクしたものとなっている。 第14章では覇瞳皇帝が呼び寄せた魔物により陣営を分断され、他の仲間とはぐれてしまったことで魔物からの襲撃を受けるが、【】による通信魔法の援護や【美食殿】の助太刀によって一命を取りとめた。 その後、他の仲間やと合流し、覇瞳皇帝を打ち倒すために意気投合するが、覇瞳皇帝がランドソル中の「マナ」を取り込んだことで、戦況が逆転してしまい…。 15章では 更にネタバレ 第15章4話にて、覇瞳皇帝からペコリーヌへの攻撃を主人公がかばったことで、 主人公が死亡してしまう。 コッコロと共に主人公を必死に回復魔法で治療することを試みるが、覇瞳皇帝から主人公の死を突きつけられ悲しみに暮れる。 その後はヒヨリとレイの援護に向かったため主人公の元を一時的に去るが、主人公がの手助けによって復活したことで再び覇瞳皇帝に立ち向かう。 覇瞳皇帝も残された力を振り絞り攻撃を行ったが、レイやヒヨリたちが盾となったことで、ペコリーヌ・コッコロ・キャル・主人公の4人と共に「みんなを守るため」覇瞳皇帝との最後の決戦に挑む。 そして主人公に最後の一撃を託し、遂に覇瞳皇帝を打ち倒す。 それからめでたくメインストーリー第一部のエンディングを迎えることになるのだが、そのエピローグにて、仮面を付けた謎の人物が 「また会えたね……騎士クン」というセリフをつぶやいたところで第一部が完結する。

次の