安心 スキャン。 ドコモのあんしんセキュリティって使ったがいい!? iPhone利用時は特に注意!

ドコモあんしんスキャンアプリで表示されるエラー一覧と対処方法まとめ

安心 スキャン

質問一覧• ハッキングされないようにするためにはどうすればいいんですか? いいアプリとかありますか? あと、安心スキャンとかはあるのですが...... 見えなくて困っています。 仕方なく安心スキャンを強制停止していますが他にいい方法はないでしょうか。 こんな安心スキャンは不便です。... DOCOMOの安心スキャンで確認したら、新しいウイルスの定義はありませんと表示されたんですが、ウイルスに感染していますと表示されたのは、 偽の表示なんですかね?... 下さい。 ドコモは解約になったと思いますが、マイドコモや安心スキャン等は継続されるんでしょうか? 通知が来て安心スキャンを入れて下さいみたいなのが来たりするので、どこまでがスマホ自体の契約?なのか分かりません。 ちょうど再配達されていない荷物が あり、間違えてURLを押したのですが、安心スキャンが働きました。 これってサイトにアクセスしたことになっちゃった... 鈍くなったり遅くなったりします。 容量は確保しております。 docomoの安心スキャンでひっかかりませ んが、スキャンで感知できないウイルスでしょうか?... Android2台、iPad Wi-Fi 1台が家にあります どれも結構な頻度で使っています ノートパソコンにはノートン スマホにはドコモの安心スキャン iPadには特別にウイルスソフトを導入した記憶がありません... そうです。 DOCOMOの安心スキャンで、エクスプロイトを検出してしまいました。 その、ファイル名にInstagram って入っていたので、Instagramから感染したのでしょうか?? ネットで調べたところ、Androi...

次の

ドコモのあんしんスキャンでスマホのセキュリティ対策!機能と使い方を解説

安心 スキャン

セキュリティソフトの導入が一番のウイルス対策に! 私たちの仕事の話になってしまい恐縮ですが、アンドロイドのウイルス対策として最も効果が高いのは、やはりセキュリティソフトの導入です。 セキュリティソフトとは、インターネット上のさまざまな攻撃から、あなたのパソコンやスマートフォン、タブレットなどを守ってくれるソフトウェアのことです。 実際に、Androidスマホに感染するウイルスは増加しており、それは「偽アプリ」という形でインストールされることになります。 電話帳データを外部に送信してしまうものから、画面をロックして身代金を要求するものまでいろいろなものがありますが、これらの実績のあるセキュリティソフト企業がリリースしているセキュリティアプリであれば、実際に存在する数多くのウイルスを検知してくれます。 ノートン以外の製品についてはそれぞれの会社の手順に従ってください。 1-1. 各キャリアもセキュリティ対策サービスを提供 1-1-1. docomo「ドコモあんしんスキャン」 はスマートフォンでのウイルスチェックや危険なサイトへアクセスした際の警告に加え、アプリの利用判断をサポートしてくれるサービスです。 セキュリティスキャンは月額使用料無料、プライバシーチェックおよびセーフブラウジングは月額使用料200円となります。 1-1-2. au「安心セキュリティパック」 2017年11月30日で終了 は紛失・盗難対策、リモートロック・リモートサポート、ウイルス・Web脅威対策・Webフィルタリングといったセキュリティ機能がセットになっている有料サービスです。 利用するには申し込みが必要で、月額利用料は300円となっています。 1-1-3. SoftBank「スマートセキュリティ」 はセキュリティスキャンやプライバシーチェック機能がウリのサービスで、保存したデータやインストールするアプリにウイルスが含まれていないかスキャンしてくれます。 月額利用料は300円で、スマートフォン基本パックに加入していない場合は申し込みが必要となります。 ウイルス侵入を防ぐ普段からのこころがけ 次々に現れるウイルスの脅威からアンドロイド端末を守るには、セキュリティソフトや対策サービスの導入だけでは万全とは言えません。 日頃から以下の項目を徹底して守り、アンドロイド端末を安全に使いましょう。 2-1. アプリのアップデートを行う アプリに不具合や脆弱性が見つかると、それを修正するためのプログラムが開発元から提供されるので、早めにアップデートして必ず最新の状態に保つようにしてください。 またインストールしたアプリは、定期的にその状態をチェックするクセをつけましょう。 アップデートしないで使用していると、不正アクセスなどの被害に遭う可能性が高まります。 上の画像はアンドロイド端末のマイアプリ画面です。 「すべて更新」をタップすればアプリを一括でアップデートできます。 より快適に使用するためにも必ず行いましょう。 新しいアプリがあれば自動更新するよう設定するのも有効ですが、アプリの数が増えるほど処理で端末負荷がかかり、バッテリーの消耗も早くなります。 2-2. 提供元不明のアプリはインストールしない ウイルスの一番の感染源はアプリのインストールです。 作成者や提供元が不明のアプリは避け、必ずGoogle直営のGoogle Playストアや、各キャリアが運営するオフィシャルマーケットからアプリを入手しましょう。 公式マーケットのアプリが100%信用できるとは言い切れませんが、素性の知れないサイトでインストールするよりも安全です。 また、アプリがアンドロイドのどの情報・機能にアクセスするのかを定義した「アクセス許可」の確認も重要です。 上の画像のように、アプリのインストール時にアクセス許可について表示されるのですが、その中に電話帳や個人情報といったプライバシー関連の項目があった場合は要注意。 正当な目的のみに使用されるのであれば問題ありませんが、不正なアプリであればそれらの情報が簡単に盗み取られてしまいます。 どう考えても不自然なアクセス許可や疑問に思うアクセス許可を求められた場合は、アプリのインストールを中止しましょう。 2-3. 怪しいコンテンツは信用しない アダルト系や出会い系、儲け話やゴシップといった、人間の根源的欲求と直結するサイトやアプリについては、なんらかの別の意図を持って運営・制作されていると判断すべきです。 ウイルス感染以外にも、フィッシング詐欺やワンクリック詐欺などの可能性もあるので警戒してください。 2-4. スパムメールやSNSに記載されたURLは不用意にクリック タップ しない スパムメールやSNSに記載されたURL、オンライン広告などもウイルスの感染源となっている可能性があります。 安易にクリック タップ すると、リンク先にウイルス入りアプリが用意されている可能性があり、それをインストールすることで感染してしまいます。 常日頃から不用意なクリック タップ を避けるだけでも、相当数のウイルス感染を未然に防ぐことができます。 『』も参考にしてください。 2-5. アンドロイド端末を改造しない アンドロイド端末をroot化(システム内の機能制限の解除)すると、不具合が起きやすくなるだけでなく、過去には改造したスマートフォンのみに感染するウイルスも確認されています。 またroot化した端末は保証対象外になる可能性が高いため、セキュリティ上は推奨できません。 アンドロイドのウイルス事情 アンドロイド端末はiPhoneに比べ、圧倒的に多くのウイルスが出回っています。 Androidを取り巻くウイルスの事情について解説します。 3-1. スマートフォン向けウイルスの99%がアンドロイド端末 2014年第1四半期 1~3月 に検出されたモバイルウイルスのなんと99%がアンドロイド搭載の端末を狙ったものだったというデータがあります。 当然ながら、アンドロイドユーザーが減らなければ、それをターゲットにしたウイルスも減ることはないと予想されます。 3-2. そもそもアンドロイドとは? アンドロイド Android)とは、Googleが開発したスマートフォン用OS オペレーティングシステム のことです。 2014年現在、スマートフォン用OSとしては世界シェア1位となっています。 Googleサービスとの親和性の高さが魅力で、ほとんどのアンドロイド端末にはGmailやGoogleマップ、YouTubeといったアプリがあらかじめインストールされています。 また、OSのライセンス料金がかからないのも特徴の1つ。 端末開発の自由度が高く汎用性があることから、複数の携帯メーカーがアンドロイド端末の開発に参入しています。 さらに開発環境も無償で公開されており、誰でも自由に無料でアプリを開発できるところもメリットと言えます。 他社の使用を認めず、内容も公開されていないアップル(iOS)との大きな違いがここにあります。 WindowsとMacの違いにそのまま置き換えるとイメージしやすいかもしれません。 ただし、自由度が高すぎるがゆえのデメリットもあり、アップルのiOSに比べるとセキュリティ面におけるリスクが高いとされています。 3-3. 危険なアプリがたくさんある理由 アンドロイドに危ないアプリが多い一番の理由は、アプリ公開前の審査がiOSと比べると格段に甘く、公式マーケット以外でもアプリを自由に配布できることです。 公式マーケットの審査が緩いうえ、誰でも自由にアプリを作って提供できるとくれば、不正アプリが数多く出回るのも当然です。 また、アンドロイド端末が世界中で最も多く使われていることも要因の1つに挙げられるでしょう。 日本でのアンドロイドユーザーは3割程度と言われていますが、世界でみると8割弱と圧倒的なシェアを占めています。 悪意のあるウイルスや不正アプリを作る側からしてみれば、最もシェアを伸ばしているアンドロイド端末は格好の標的となるわけです。 まとめ アンドロイドのウイルス対策で最も効果的なのは、セキュリティソフトの導入です。 安全で楽しいデジタルライフを送るためにもセキュリティソフトは必須。 導入していない方は今すぐに入れてください。 そうすればあなたのアンドロイド端末のセキュリティは格段に強化されます。 ただし、セキュリティソフトを入れておけば絶対にウイルスに感染しないのかと言えばそうではありません。 残念なことに新種のウイルスや不正アプリが世界中で次から次へと生み出され、アンドロイド端末を狙っています。 未知なる脅威から身を守るためには、日頃からセキュリティに対する意識を高め、自らしかるべき対策を講じておく必要があることを肝に銘じておきましょう。 近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された• 電話帳のデータが知らないうちに流出していた• 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた• 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。

次の

「安心スキャン」に関するQ&A

安心 スキャン

スマートフォンの「ドコモあんしんスキャン」からの警告! 友達から「スマホで自分のホームページを見ようとしたらこんなのが出たー!」と連絡がきました。 その時添付されていたのが下の画像。 どうやらスマホに入れているアプリ「 ドコモあんしんスキャン」がサイトに反応したようです。 なんてこった! 「ウイルス、スパイウェア、不審なプログラムに感染したファイルが見つかりました」って、そんなの心当たりないよ・・・。 実はこの「危険なサイト」扱いされた友達のサイトは私が作ったんです。 当然、何か危険なものを仕込んだりするわけもなく・・・。 「ドコモあんしんスキャン」って? 「ドコモあんしんスキャン」はドコモユーザーが有料で使用できるサービスで、ウイルスチェックやセーフブラウジング(危険サイト対策機能)などの機能があります。 リンク 画像を見てもわかるように、McAfee(マカフィー)社提供によるセキュリティアプリです。 ・・・ということは、「危険サイト」と判定したのはマカフィーか・・・。 サイトのセキュリティ調査をしてみる とにかく原因がわからないことには何の対処もできません。 できそうなことからやっていくことにします。 全ファイルをダウンロードしてチェック そこで、まずはサイトのファイル全部をダウンロードしてウイルスチェックをしてみました。 感染したファイルは見つからず。 オンラインでサイトのセキュリティチェック サイトのURLを入力するだけでオンライでチェックしてくれるサービスがあるので、片っ端からチェックしていきます。 まずはここから。 安全性が色別で表示されます。 リンク Web サイトの安全性評価と安全検索 はいはい、当然こうでしょうね。 「赤」で表示されました。 Googleセーフブラウジング リンク 「データがありません」と出ました。 なぜ? たぶんまだ新しいサイトだからかな? VirusTotal リンク なんか出たー! gred リンク リンク先のページもチェックするにチェックしてくださいね。 おや?安全? ここまで連続で「赤」が出てたので「緑」が出ると逆に不安になってきた。 ノートン セーフウェブ リンク こちらはシマンテック社が提供するサイト評価サービスです。 なぜか評価なしと出たので、評価してもらうことにします。 サイトを評価してもらうには、アカウントを作ってサイトの所有者として登録する必要があります。 登録、評価の申請をして2日ほどで結果がでました。 結果は「OK 問題なし 」! 結局どっちやねん!って感じですが、とにかく「赤」のままでは良くないのでマカフィーに「緑」判定してもらう必要があります。 サイトが赤色と評価される理由 そもそも、サイトが「危険」と判断される基準って何なんでしょう? 今回マカフィーで赤判定されたので、マカフィーのサイトを見てみます。 リンク S iteAdvisor のサイト評価方針 SiteAdvisor のサイト評価方針に書いてある「 サイトが赤色と評価される理由」を簡単に説明すると・・・• 【ダウンロード】 サイトからダウンロード可能なファイルがマルウェアに感染している場合• 【Eメール】 迷惑メール送信の可能性が疑われる場合、メールフォームに問題がある場合• 【ブラウザ攻撃】 不審な動作をするソースコードやプログラムが存在する場合• 【迷惑行為】 ポップアップウィンドウ (多すぎるとダメ)• 【電子商取引】 フィッシング詐欺などの不正な販促活動• 【リンク先】 危険なサイトへのリンクがある まぁ、だいたいこんな感じでしょうか。 詳しいことは「SiteAdvisor のサイト評価方針」を見てくださいね。 さて、判定の基準がだいたいわかったので問題のサイトを改めて検証してみましたが、「何かを勧誘したり」「物を売ったり」「ダウンロードさせる」サイトでもなく、問題ないように思います。 念のため、全ページのソースコードをチェックしたりもしてみました。 (公開間もないサイトなのでページが少なくてよかった) メールフォームの確認もしてみました。 (Wordpressのメールフォームプラグイン「Contact Form 7」使用。 通常の利用ではまず問題ないですよね) ん~、やっぱり引っかかるところがないんだよねー。 もしかしたら誤判定かもしれないので、何も修正しないままでマカフィーに再調査を依頼してみることにしました。 サイトを赤評価から緑にしてもらうには? 今回、サイトを「赤(危険)」と評価しているのはMcAfee マカフィー なので、そちらに問い合わせます。 マカフィーの一般の問い合わせから連絡しても対応が遅いようなので、アカウントを登録してからサイトの再調査を依頼する方がいいようです。 リンク アカウント登録、再調査依頼ページともに英語ですが、マカフィーのサポートページに詳しい案内があるので上記のページを見ながら進めていけば大丈夫です。 調査のそれぞれのタイミングでメールが欲しい場合は全部にチェックしておくといいですよ。 さぁ、再調査依頼が完了したら後は待つのみです! 1回目再調査の結果 依頼を出してから翌日には結果が出ました! なんと! 変わらず「赤」・・・。 やっぱり何か問題あるんだろうか。 2回目の調査依頼 原因を教えてくれたらすぐに修正するのにさー。 何で教えてくれないんだ・・・。 ページを追加した友達に聞いてみると、特定の人だけに教える隠しリンクだとか。 隠しリンクはサイト公開当初からあったらしくて、私は全然気が付かなかった・・・。 注意 隠しテキストや隠しリンクは「ブラックハットSEO」といって、Googleの「品質に関するガイドライン」に違反する行為にあたり、順位が下がる原因のひとつなのでやらない方がいいですよ。 「まさか、隠しリンク1つだけで危険リンクにしないだろー」と思いながらもこのリンクを削除して、いざ2回目の調査依頼。 1回目は翌日に結果が出たのに今回は5日間もかかりました。 しかも判定は「赤」のまま・・・。 もう、なんだよー!どこがダメなのかはっきり言ってくれー! 3回目の依頼でやっと!? もうできることは全部やった気がします。 疲れました。 でもここでやめたら私の負けです。 マカフィーになんて負けるもんか!そう私はやるんだ!立て!立てアオイ! ・・・と脳内決起が始まったところで、もう一度ページを全部見ていくと気になる点が2つ見つかりました。 1ページ内に「お問い合わせフォーム」へのリンクが5つも! 危険かどうかはともかく、さすがに多すぎなのでメールフォームへのリンクを1ページ内1つにしました。 もうひとつは、おすすめ本を紹介しているページでのAmazonアフィリエイトIDコード付きのリンク。 見た限り問題はなさそうですが、再度リンクを貼りなおしてみました。 ホントにホントにもうこれくらいしか、やることないんだよー。 マジで神様お願いします。 3回目の依頼から3日目。 やっと!やっと!「緑」判定!三度目の正直キターーーー!(使い方違う?) とりあえずは「サイトの安全」が評価してもらえたことでこの件は解決となりました。 めでたしめでたし。 でも、はっきりした原因がわからないのでなんかスッキリしない。 それよりも、こんなことで神頼みの効果を使ってしまったんじゃないかとちょっと心配。 まとめ 今回のマカフィーの危険サイト判定の件。 本当に色々勉強になりました。 以下、解決までの経緯をざっくりまとめます。

次の