東方cb スレ。 「東方キャノンボール」のスレッド検索

ニコニコ大百科: 「東方LostWord」について語るスレ 31番目から30個の書き込み

東方cb スレ

より配信開始。 概要 に開催されたでだという事が発表された。 会場で行われた「『東方キャノンボール』発表記念」では発案の経緯やの者である氏を含む関係者等によるも行われた。 にはからが定められており、これまでもは禁止事項として制限されていたため、として流通しているは全て要素も存在しないの物のみであった。 本作は者認の商業であり、の「」としては初の試みとされている。 あくまで「 」ではなく「 認」であって、やで商業流通している楽曲、またはコンシューマ機で販売されているのような 「 」と同じ扱いだという事には要注意、による開発とはいえそれのプムがに移ったというだけである。 本作の内容自体に者の氏は一切関わっていない はず。 作中の会話ではで動くや、及びではのような等身の低いが動く様子もで確認できる。 初期段階ではがされており、その後で順次追加されている。 初期からのを支えてきた「」がディレクションを務める。 やのにはで著名な・個人が参加している(担当:)。 公式サイトの紹介 「」 の 新作 が で 登場! や など 多なが をにした ボ ー ド ゲ ー ム で 大暴れ! を振って移動し、 や 、 買い物などでを稼いで をそう! - より ゲームの内容 すごろくの要素を基本としたで、これまで手掛けられたの要素が取り入れられている(・などで、妨・・・・のなどで ほか)。 (以下)とは、この内における(もしくはその)をしている。 これを他よりも多く稼ぎ、を購入することが、大まかなへの近となる。 のは基本的に3つ存在し、以下のように区分される。 総 「所持+所持の価格」が総となり、これが決められた数値以上に一番先に達したら勝ち。 で稼ぐ、を得るなどで稼ぐのが。 配達 を決められた数以上購入・所持していると、が出現するので、その状態でに到着すれば勝ち。 必要な数に満たないと、出現したに止まっても勝ちとはならない。 また、・妨によってが減らされることもある。 に点在する陰陽玉スポットに止まることでが行える。 に1回すると1獲得し、決められた数を一番先に獲得したが勝ち。 またすると、 陰陽玉スポットはが上がってどこかのにする。 を購入することで、のが上がり、が強化される。 また、このでは出でして、相手の持っているを奪うことができる。 ほぼ実物のすごろくと同じく、一番先にに到達すれば。 ただし、途中に強制で止まらなければならない・が存在し、そのではを行ってしなければ通過できない。 このでのですると、の地点に戻されてしまう。 なお、は決められたを支払うことでも通過できる。 は強制となるので、のがしても止まることができる。 これ以外にも「の」が必ず発生するもある。 総と配達のを合わせたようなもので、決められた数値以上の総を所持した上でに到着すれば勝ち。 必要なに満たないと、に止まっても勝ちとはならない。 止まった後にが増加して必要なに到達しても、したとはみなされない(再びに止まる必要がある)。 これらののいずれかが「」という形で設けられており、したりを達成するャ召喚に必要な石やの上げ強化に必要な、に必要なを得られる。 はとなる「」、原則曜日別でのやが入手しやすい「」、期間限定の「」に大別される。 においては、を獲得した場合にその割合が増加する「収益率」、や護符などを購入する際にお得になる「商品割引率」、後述する出で振れるの数にする「出勝負」がとしてする。 また相手の所有するに止まった場合、通常よりも高いを支払うと自分の所有物にする「買収」ができる。 護符と 切り札 上での行動は、護符を持っていたり切り札が使える状態になると、1に 護符・切り札のどちらかを1回使用することができる。 な違いは以下の通り。 護符(の)に止まるとに1枚獲得できる。 また、一部の護符は護符店で入手したり、発生で獲得することもある。 入手すれば、基本的に次のからいつでも使用できるようになる。 使用するとくなる。 持てる数は最大で5枚で、6枚以上になったで5枚になるように捨てなければならない。 不要な護符は護符店で売って、に変えることができる。 や妨する護符・切り札によって失う可性が高め。 場合によってはが発生して他のに渡ることも。 切り札• 組んだのごとに持っているもの。 ほとんどは護符で入手できるものと同じ効果を持っている。 が3以上のが持っており、一定経過しないと使用できない(使用できるようになると合図が表示)。 が4になると少しだけく使用できるようになり、5になると切り札自体が上位の性となる。 使用するとくならず、再び一定の経過によって使用できるようになる。 によって使用できるようになる数が異なる。 や妨する護符・切り札によって失うことはないが、一定使用できなくなることがある。 状況によっては一部の切り札が使い物にならなくなることも。 ターンレート 時の所要数に応じて、獲得が変動する。 くすると通常の獲得が多く補正されやすいが、数が増えると補正が小さくなり、一定をえると減少補正がかかってしまう。 これにより配達・における長期での稼ぎがらくなり、1ごとの重要性や切札の使用が大きくしやすくなる。 総では特にこの要素が大きくするため、くする価値が大きくなったと言える。 期間限定で初登場したが、の方でも12編から加わり、後に曜日別、にも導入された。 弾幕バトル 上には陰陽玉が浮かんでいるがあり、このに止まることでを行うことができる。 とでの編成は別々にできるので、によってはでの稼ぎが得意だったりが得意だったりする。 先に相手をさせるととなり、においてはするとを獲得し(なしだったり発動で獲得)、では1勝すると1獲得する。 ただし、自分のがすると次のは1回休みとなってしまう(おまかせにしていない場合、石で可)。 には5つのが振り分けられており、「 は に有利」「 は に有利」「 は に有利」「 と 陽は互いに 有利」という構図がある。 有利なに対しては与えるが通常の2倍(発に WEAKと表示)、不利 なに対しては与えるが通常の半分(発に RESTと表示)となる( と 陽 は互いに通常の2倍)。 写し絵を装備することでが上がり、が回復したり、相手にを与える効果などが付与される。 また、を与える・を受ける・回避に成功することでを発動する(SP)がたまり、発動可になるとでかわせず、高いと共に固有の効果が発生する攻撃が放てる。 によって単体攻撃か全体攻撃かが決まっており、単体攻撃と全体攻撃で消費SPが異なるので、編成はよく考えたい。 闘技場 よりされた。 4人1組で攻撃・防衛をそれぞれ編成し、 対戦相手を選んでを行う。 が設定されており、したり防衛に成功するとが増える。 このが一定値で上位に昇格し、報酬を得られる。 最高がAなので、このに到達すれば召喚用の石が多く得られる。 また、期間も設定されており、期間終了時の滞在に応じて、報酬が得られる。 1日で対戦できる回数は最大5戦で、のより1つ上のの相手にすると獲得が通常より多くなる。 の形式ではあるが、開始時のは通常よりも抑えられており、が経過すると徐々にが増えていくという仕組みになっている。 闘技場のおかげで、のが重視されがちな通常のでは使いにくかったが、突如牙を向くほどにを与えている。 下旬から、前ので最終的に獲得したの一部が引き継がれる形で新が開始される形となり、上位を狙いやすくなった。 討伐戦 よりされた、いわゆるに相当する。 参加で協して、通常より強なを倒すもの。 専用のをして得られる討伐がければを行うことができない。 形式ではあるが制限が短く、は同時ににさせたり、複数回攻撃を行うなどの強な行動を取ってくる。 十分なのがいと、一度のでするのは困難。 ただし制限内にを倒せなくても、次のにの残りが引き継がれる。 一定期間内にを倒した回数で報酬が得られる上に、で与えたの合計によって報酬が獲得できるものもある。 出目バトル(出目勝負) 相手と止まった際に発生する。 を振ってその合計値の大小で勝敗を決するを行い、勝った側は相手から・護符・のいずれかを奪う、もしくは1休みにできる。 また、では、相手からを奪うこともできる。 を振る数は出勝負がし、の倍数を上回るごとに1つずつ増える。 また、を振る数を増減したり、合計値に加算補正がかかる護符や切り札などもある。 また、後述する放浪も出で挑むことができるが、ある程度出勝負が高くなければ返り討ちに合う(1回休みを受ける)ので注意。 放浪に勝つと、放浪の効果を受ける場合に1回防いでくれる効を得られるため、緊急手段としての意味合いがある。 阿求の幻想郷クイズ 上で発生することがあるの1つ。 が のに関連した問題を出題し、正解するとを獲得する。 が高いほど獲得は高い傾向がある。 また、「Q」というが書かれたに止まると、必ずこのが発生する。 をやっていなず分からない上、紛らわしい解答を並べて誤答を誘ってくるため、は非常に高い。 での知識を学べるぞ。 放浪キャラ 画面左のがになると出現するお邪魔。 、、のいずれかが登場する。 で言うならといったところか。 によっては登場する人物が固定だったりする。 出現すると内を放浪。 と接触すると取り付き、様々な悪行を働く。 様子見以外は全ての効果しかなく、一縷の望みもない。 2回休みや及び護符全部没収など再起の悪行もあり、理不尽な負け方をする大きな要因と化している。 (移動) 基本的に周囲を回っているのみ。 「売れない・捨てられない護符を加える」「がく塗りつぶされる」「出で負けると2倍取られる状態になる」「が絡むでの配当が最悪になる」「強制的に出を行い、負けると護符全て没収+所持が半分になる」 () にの付いたへ。 「を振って、出たの倍のを失う」「 を振って、出たの倍のを他の1人に渡す」「護符を通常の2倍の値段で買う」「所持が半減」 強化 (移動) を受ける範囲に入ると、がされる。 された次のから効果が発生する。 されても出で勝つと、相手に送り付けが可。 の有を問わず、経過で強化となる(1回休み状態の時を除く)。 が高く・上限が上がり、写し絵装備数や(後述)回数などがする。 を上げるには別に対応したを集めて消費する必要があるが、高く要される数・種類が多くなり、がある程度高いでなければ得られないがめられるようになる。 写し絵はやなどで得られるもので、装備するとでの性を上昇させたり、効果を得られたりする。 写し絵にもが設定されており、同じ写し絵同士を合成して性が強化できる(最大)。 下表の「 写し絵」は最大で装備できる数を示し、同名の写し絵を2枚以上装備することは不可。 は強化ではないの強化方法で、強化するをの好みで選べる。 をお別れすることで、対応するの「P」が貯まっていき(は 別れた際のが高いほど多く得られる)、200に達すると1回 ができる。 性が高ければよりその性を上げたり、そのの弱点のを補うといった方法が取れる。 下表の「」は最大で行える回数を示す。 やの編成ではお供を除き、「 + -新装束-」のような違い同士での同名を組むことができない。 ボーカルBGM 名前 と. y t r、 はにーぽけっと. no 維. 、AO. 観測所. -新装束- aye -新装束- -新装束- -新装束- 音 -合戦-. -合戦- -- -- BGM制作 参加サークル 順• アド義塾• 観測所• 舞音G 東方CBでよくあること• での報酬は、一定の獲得ごとにが1つ得られるというものになっている。 切札が使えるようになるまで6とが、の終わりに近づくにつれてその獲得量は増大していく。 上手く行けば10万以上も余裕で、によってはを最大(200個)まで得られることも。 上記のの効果を最大限に発揮するために「1」の切り札持ちのがでに組み込まれるのが定番。 この切り札は、 切り札が使えるようにを1進めるという副次的な効果も備えており、最速で発動できるようにする役割を果たす。 ので性が変更されたが大暴れ。 なんと 1から「 5枚になるまで護符を獲得 (5)」という切り札になり、大抵の切り札が使えない序盤から護符で立ち回りがしやすくなった。 でのや達成、でも十分に発揮できる。 今まで5でも・共に不遇の性と言われただけあって、一気に評価が度変わった例である。 ただし入手した護符に左右されやすくも上がり、「式の苦悩」「のお」などで護符を失ったり、相手にを与えたりすることも・・・。 関連生放送 関連動画 関連コミュニティ 関連リンク• 関連項目•

次の

東方キャノンボールとは (トウホウキャノンボールとは) [単語記事]

東方cb スレ

このゲームは基本的にどのキャラでも戦えるが、主人公操作に向いているキャラクターと主人公の仲間に向いているキャラクターがいる。 主人公操作に向いているキャラクターは要は一人で戦闘をこなせるキャラクター。 主人公の仲間に向いているキャラクターは探索や戦闘でサポート役をこなせるキャラクターになる。 主人公は早くから育てられるので、弾幕戦闘や道具戦闘を育てると強いキャラクターも該当する。 戦闘素質と速度が両方ともそこそこある、もしくは、速度が高い、キャラクターが向いている。 拘束攻撃から脱出する場合とダメージの関係でTPが上がりやすいキャラクターも同様。 積極的に動き回るためダメージを減らす素質もあるといいだろう。 他のキャラクターに初期好感度ボーナスがある場合も仲間にしやすく便利。 特に強いキャラクターは以下。 魔理沙:戦闘素質・速度・サポート素質、全て強力。 フランドール:魔理沙と同等の数値。 魔理沙よりアタッカーに寄る代わりにサポートや防御面が不安。 妖夢:防御面が充実。 特に【哨戒】で睡眠時敵に襲われにくくなるのが優秀。 八雲藍:やや遅いが素質が優秀。 探索と戦闘をこなしやすい。 文:速度が早い、よって強い。 戦闘素質高めでTPも高くなりやすい。 映姫:【一線超えない】と【快感の否定】による高耐久。 捕まるとやや脆いのは注意。 神綺:映姫同様重戦車型。 朱鷺子:道具戦闘を育てて怯み攻撃で相手を封じるのに向く。 低戦闘素質なのも強く霊撃で拘束を外しやすい。 育てば強いキャラ。 他、咲夜・橙・萃香・リグル・慧音・椛・依姫・勇儀・燐・空・こいし・星・白蓮・はたて・影狼・神妙丸・雷鼓・サグメ・純狐、なども向いている。 なお、記載がないキャラクターの多くはやや不向きというだけでPTが揃えば補えるものが多い。 主人公を誰にするか、で最良PTは変化する。 そのため選び方と代表キャラクターの形で説明する。 主人公の役割がどれで、そのために穴埋めに向くメンバーが誰かで考えること。 ・火力アタッカー 戦闘素質が高く、弾幕戦闘で貫通弾を連打し敵全体を落としていく。 速度が遅いキャラクターでも仲間のサポートがあれば大丈夫。 とりあえず戦闘素質重視。 道具戦闘を上げて消耗武器二刀流でも近い火力は出せる。 八雲紫や永琳など。 ・速度アタッカー 主に道具戦闘Lvを上げて戦う。 消耗武器だと汚染度を下げる火炎放射器を二つ装備して二刀流。 非消耗武器だと急所攻撃や下段攻撃のデバフを行う。 回復アイテムを使うのも便利。 単独だと戦闘素質が低くて主人公にやや苦労するとしても仲間なら大丈夫。 霊撃で拘束を外す役も兼任できるように戦闘素質は低い方がいい。 全員速度でそろえても戦える万能型。 急所攻撃三人でずっと俺のターンしたりする。 というかHP高くて速度が遅い敵への対策に速度のある道具戦闘キャラクターが一人はほしい。 火力は伸び悩むので針さばきや体術習熟があるとなおよし。 リグル・朱鷺子など。 ・囮 おねだりで敵の攻撃を集中させアタッカーを守る役。 ダメージを受けにくいように素質が揃っているかテンションが低くなりやすいキャラが良い。 おねだりと前に出るはどちらも敵に狙われやすくなるので活用したい。 おねだりは他ゲームで言うかばうだが攻撃が当たった時受けるダメージが増えるのが難点。 前に出るは一回やるとそのまま。 好感度が下がるので特定素質がないとやや連発しにくい。 TP低いキャラクターが前に出て防御する回避盾は意外と効果あり。 霊撃で拘束を外せる低戦闘素質だと尚良。 もしくは【献身的】か【目立ちたがり】を持っていて前に出ても大丈夫なキャラ。 前者は静葉・蓮子、後者は紅美鈴・鈴仙など。 ・霊撃 拘束を外せる霊撃を行うタイプ。 霊撃は強力だが、戦闘素質が高いほどHPを消耗する。 そのため戦闘素質が低いキャラクターが向いている。 HPを消耗する関係から【痛みに強い】があったり最大HPが高いのもいい。 【痛みに弱い】があっても【回復早い】や【月光浴】でどうにかできる場合も多い。 妖精はだいたいこの役目に適正がある。 他は【痛みに強い】【回復早い】がそろい戦闘素質の低い朱鷺子・穣子など。 ・探索 【好奇心】や【調合知識】、【術式知識】など罠を避けアイテムを入手しやすい素質を持っているキャラクター。 戦闘時に何をさせるかが重要になりやすい立ち位置。 危険感知の上がりやすい囮役が向いてはいる。 青娥・鈴仙など。 ・サポート 【治療】【鼓舞】【裁縫上手】による味方の回復。 【哨戒】や【浄化知識】【回復遅い】【動物耳】による安全確保。 変わりどころだと【覚】など。 特に【哨戒】【結界知識】【裁縫上手】が非常に強いのでPTに揃えると楽になる。 永琳がとりあえず強い。 ・苗床 このゲームのシステムに、妊娠させて生まれた娘を倒して改心させると、速度と戦闘素質が母親より高めの娘が仲間にできるというものがある。 そのため娘をわざと産ませる苗床にし、高いステータスで突破する戦術がある。 霊夢・レミリア・フラン・萃香・文・勇儀・はたて、は特に娘への補正が高く本人も高いステータスを持っている。 知っていたり理解していると難易度が変わるステータスのあれこれ ・HP 最重要ステータス。 低いと回避率逃走成功率拘束脱出率が下がる。 0になると攻撃力が下がり、逃走成功率拘束脱出率が0になり、通常攻撃で怯むようになる。 回避率が下がると拘束攻撃で動けなくなり危険。 MPがなくなると敗北だが、HPがなくなるとなぶり殺しが始まる。 ・CP HPの次に重要。 【裁縫上手】と装備品のブラウニー以外で自然回復しない。 CPが残っていると不意打ちで拘束されても脱出できるし、HPEPへの攻撃のダメージも減る。 ・TP 100がフラット。 高いとお互い受けるダメージが増える。 拘束から抜けやすい。 低いと回避率が上がる。 拘束からは逃げにくい。 TPが高くなりやすいキャラクターはアタッカー、低くなりやすいキャラクターは囮やサポートに向いていることになる。 【悲観的】みたいに影響が大きい素質もあるので、注意。 普通にプレイしていて100より高いか低いか、で大体の適性がわかる。 ・汚れ 強烈な雌の臭いが漂っている…、とかかいているあれ。 汚れていると敵から逃げても追いかけてきやすい。 あと スライムを倒して身体にへばりつかれ母乳体質になって……とかは身体が汚れているのを放置しているとなりやすい。 この部屋を浄化、で結界を張るとお風呂に入れるので綺麗にしよう。 CPが残っているとき着替えセットを使うのもいい。 ・眠気 7以上だとペナルティがつき始めて、命中率-20%回避率-50%くらいになる。 1ターンに1増えて4ターンで1日なので当たり前といえば当たり前。 逆に常に0にした方がいいかというと、二つの理由でそうでもない。 一つは、睡眠で全体回復するので眠りにつける3以上はあったほうがいい。 もう一つは、 見張りを立てた睡眠は不意打ちされないので周りに敵がいて動きたくないときに有用。 この時、【哨戒】があると逆に不意打ちしやすくなる。 ・汚染度と浄化力 部屋の汚染度が高いと戦闘中ペナルティが入ったり、睡眠時にダメージを受けたり、 着替えセットが触手服になったり、移動で通路が触手で覆われたり、と余計な手間がかかる。 【浄化知識】とその上位の【結界知識】で結界を張るに必要な浄化力が変わる。 敵を倒すと浄化力が増え、敵のいる部屋は汚染度が増えるので、序盤から敵を減らすのが重要。 なお浄化力はきっちり保持していないと、浄化する時ダメージを受けることがあるので注意。 結界が張れる浄化力があるなら暴走しない。 ちなみに、ばら撒き弾・貫通弾・火炎放射器による攻撃、は部屋の汚染度を下げる効果がある。 ・寄生 実は薬酒で回復できる。 ・ふたなり コンフィグONでのみ発生。 この状態でCにEPダメージを受けると射精してHPが減る。 さらに戦闘中勝手に発情することがある。 クリア目的なら縛りプレイになりやすい。 これで孕ませた場合絶対に娘が生まれるので、種馬や女王蜂となって強い娘を大量生産するならあり。 触手宮をクリアするためにやるべきこと ・仲間を探す 仲間がいるかどうかは難易度が大幅に変わる。 一人の間は逃げ回るのも手。 ・序盤から敵を倒す 敵がいると、敵のいる部屋の汚染度が増えるし、NPCがダメージを受けて特に寄生されると余計な敵が増えて悪循環を起こす。 弱い敵を仲間と一緒に積極的に減らすといい。 特に、中ボスのバイオプラントは、 いるだけで敵の増殖スピードが上がり、最初から二体配置されている。 これをいかに早く倒すかで難易度が変わる。 ・気配察知を早めに上げる 移動先の部屋にマップ上で敵がいない場合、『突撃』でその部屋に移動すると不意打ちをほとんどされない。 移動が突撃に対して不意打ちを取れるのは『待ち伏せ』なので、移動先の部屋にマップ上で敵が確認できるのだ。 (分類が罠の触手はマップ上に表示されないので不意打ちされる) 移動したい方向に敵がいる場合、『見張りを立てた睡眠』で敵がこちらに来るのを待つのも手。 来ない場合、『待ち伏せ』で移動しない敵の可能性があるので『慎重』がいい。 気配察知のレベルが2以上だと敵がいるかどうか判別しやすいので不意打ちされにくくなる。 気配察知は敵に攻撃されたときに上がるので、序盤から敵を倒すといい。 ・初見殺しを覚える 主に三つ。 1,ドッペルゲンガー 難易度ハード以上で一体だけ初期配置される敵で味方NPCのふりをしている。 対策は何もせず別れる。 毎ターン名前が変わるので見つけるまでは初見のNPCと話をしないようにしたい。 仲間が三人いれば返り討ちが狙えるので炙り出そう。 2,ヒュプノ 裏ボス。 全難易度でどこかにこいつ入り荷物袋が落ちている。 荷物袋を開けない、特に同じ部屋で何度も出てくる荷物袋はこいつ入り。 全マップに一つしかなく、結界を張っている間に探索、をしない限り場所の移動もしないので見つけたら簡単に避けられる。 倒す場合、催眠の維持で勝手にHPが削れるのでそれに耐えきるタイプのボス。 MPかEPダメージ軽減アクセサリを装備して三人で挑むと何とかなったりする。 ちなみにハード以上で倒すとおまけが手に入る。 3,魔法陣 PTがばらばらになる極悪罠テレポートと、体と心が入れ替わって全員弱体化する入れ替わりが大変。 危機回避と【術式知識】が高いと避けられる。 危機回避がレベル3ならどちらも避けられるので育成は頑張ろう。 テレポートはどの部屋でも出て来るが序盤は敵が少なければ影響が薄い。 ・ペットは仲間にしない 罠だ。 回復アイテムは手に入るが維持コストが重い。 ・魔法の拘束具を活用する 弾薬の減っていない魔法の拘束具は、喪失状態のNPCに使うことでキャラロストしなくなる。 キャラロストした場合、単純に強い悪落ち(要コンフィグ)かバイオプラントが産まれるので手間がかかりやすい。 拘束したキャラクターはふたなり発情の処理や、母乳を飲める休憩所としても利用できる。

次の

「東方キャノンボール」のスレッド検索

東方cb スレ

このゲームは基本的にどのキャラでも戦えるが、主人公操作に向いているキャラクターと主人公の仲間に向いているキャラクターがいる。 主人公操作に向いているキャラクターは要は一人で戦闘をこなせるキャラクター。 主人公の仲間に向いているキャラクターは探索や戦闘でサポート役をこなせるキャラクターになる。 主人公は早くから育てられるので、弾幕戦闘や道具戦闘を育てると強いキャラクターも該当する。 戦闘素質と速度が両方ともそこそこある、もしくは、速度が高い、キャラクターが向いている。 拘束攻撃から脱出する場合とダメージの関係でTPが上がりやすいキャラクターも同様。 積極的に動き回るためダメージを減らす素質もあるといいだろう。 他のキャラクターに初期好感度ボーナスがある場合も仲間にしやすく便利。 特に強いキャラクターは以下。 魔理沙:戦闘素質・速度・サポート素質、全て強力。 フランドール:魔理沙と同等の数値。 魔理沙よりアタッカーに寄る代わりにサポートや防御面が不安。 妖夢:防御面が充実。 特に【哨戒】で睡眠時敵に襲われにくくなるのが優秀。 八雲藍:やや遅いが素質が優秀。 探索と戦闘をこなしやすい。 文:速度が早い、よって強い。 戦闘素質高めでTPも高くなりやすい。 映姫:【一線超えない】と【快感の否定】による高耐久。 捕まるとやや脆いのは注意。 神綺:映姫同様重戦車型。 朱鷺子:道具戦闘を育てて怯み攻撃で相手を封じるのに向く。 低戦闘素質なのも強く霊撃で拘束を外しやすい。 育てば強いキャラ。 他、咲夜・橙・萃香・リグル・慧音・椛・依姫・勇儀・燐・空・こいし・星・白蓮・はたて・影狼・神妙丸・雷鼓・サグメ・純狐、なども向いている。 なお、記載がないキャラクターの多くはやや不向きというだけでPTが揃えば補えるものが多い。 主人公を誰にするか、で最良PTは変化する。 そのため選び方と代表キャラクターの形で説明する。 主人公の役割がどれで、そのために穴埋めに向くメンバーが誰かで考えること。 ・火力アタッカー 戦闘素質が高く、弾幕戦闘で貫通弾を連打し敵全体を落としていく。 速度が遅いキャラクターでも仲間のサポートがあれば大丈夫。 とりあえず戦闘素質重視。 道具戦闘を上げて消耗武器二刀流でも近い火力は出せる。 八雲紫や永琳など。 ・速度アタッカー 主に道具戦闘Lvを上げて戦う。 消耗武器だと汚染度を下げる火炎放射器を二つ装備して二刀流。 非消耗武器だと急所攻撃や下段攻撃のデバフを行う。 回復アイテムを使うのも便利。 単独だと戦闘素質が低くて主人公にやや苦労するとしても仲間なら大丈夫。 霊撃で拘束を外す役も兼任できるように戦闘素質は低い方がいい。 全員速度でそろえても戦える万能型。 急所攻撃三人でずっと俺のターンしたりする。 というかHP高くて速度が遅い敵への対策に速度のある道具戦闘キャラクターが一人はほしい。 火力は伸び悩むので針さばきや体術習熟があるとなおよし。 リグル・朱鷺子など。 ・囮 おねだりで敵の攻撃を集中させアタッカーを守る役。 ダメージを受けにくいように素質が揃っているかテンションが低くなりやすいキャラが良い。 おねだりと前に出るはどちらも敵に狙われやすくなるので活用したい。 おねだりは他ゲームで言うかばうだが攻撃が当たった時受けるダメージが増えるのが難点。 前に出るは一回やるとそのまま。 好感度が下がるので特定素質がないとやや連発しにくい。 TP低いキャラクターが前に出て防御する回避盾は意外と効果あり。 霊撃で拘束を外せる低戦闘素質だと尚良。 もしくは【献身的】か【目立ちたがり】を持っていて前に出ても大丈夫なキャラ。 前者は静葉・蓮子、後者は紅美鈴・鈴仙など。 ・霊撃 拘束を外せる霊撃を行うタイプ。 霊撃は強力だが、戦闘素質が高いほどHPを消耗する。 そのため戦闘素質が低いキャラクターが向いている。 HPを消耗する関係から【痛みに強い】があったり最大HPが高いのもいい。 【痛みに弱い】があっても【回復早い】や【月光浴】でどうにかできる場合も多い。 妖精はだいたいこの役目に適正がある。 他は【痛みに強い】【回復早い】がそろい戦闘素質の低い朱鷺子・穣子など。 ・探索 【好奇心】や【調合知識】、【術式知識】など罠を避けアイテムを入手しやすい素質を持っているキャラクター。 戦闘時に何をさせるかが重要になりやすい立ち位置。 危険感知の上がりやすい囮役が向いてはいる。 青娥・鈴仙など。 ・サポート 【治療】【鼓舞】【裁縫上手】による味方の回復。 【哨戒】や【浄化知識】【回復遅い】【動物耳】による安全確保。 変わりどころだと【覚】など。 特に【哨戒】【結界知識】【裁縫上手】が非常に強いのでPTに揃えると楽になる。 永琳がとりあえず強い。 ・苗床 このゲームのシステムに、妊娠させて生まれた娘を倒して改心させると、速度と戦闘素質が母親より高めの娘が仲間にできるというものがある。 そのため娘をわざと産ませる苗床にし、高いステータスで突破する戦術がある。 霊夢・レミリア・フラン・萃香・文・勇儀・はたて、は特に娘への補正が高く本人も高いステータスを持っている。 知っていたり理解していると難易度が変わるステータスのあれこれ ・HP 最重要ステータス。 低いと回避率逃走成功率拘束脱出率が下がる。 0になると攻撃力が下がり、逃走成功率拘束脱出率が0になり、通常攻撃で怯むようになる。 回避率が下がると拘束攻撃で動けなくなり危険。 MPがなくなると敗北だが、HPがなくなるとなぶり殺しが始まる。 ・CP HPの次に重要。 【裁縫上手】と装備品のブラウニー以外で自然回復しない。 CPが残っていると不意打ちで拘束されても脱出できるし、HPEPへの攻撃のダメージも減る。 ・TP 100がフラット。 高いとお互い受けるダメージが増える。 拘束から抜けやすい。 低いと回避率が上がる。 拘束からは逃げにくい。 TPが高くなりやすいキャラクターはアタッカー、低くなりやすいキャラクターは囮やサポートに向いていることになる。 【悲観的】みたいに影響が大きい素質もあるので、注意。 普通にプレイしていて100より高いか低いか、で大体の適性がわかる。 ・汚れ 強烈な雌の臭いが漂っている…、とかかいているあれ。 汚れていると敵から逃げても追いかけてきやすい。 あと スライムを倒して身体にへばりつかれ母乳体質になって……とかは身体が汚れているのを放置しているとなりやすい。 この部屋を浄化、で結界を張るとお風呂に入れるので綺麗にしよう。 CPが残っているとき着替えセットを使うのもいい。 ・眠気 7以上だとペナルティがつき始めて、命中率-20%回避率-50%くらいになる。 1ターンに1増えて4ターンで1日なので当たり前といえば当たり前。 逆に常に0にした方がいいかというと、二つの理由でそうでもない。 一つは、睡眠で全体回復するので眠りにつける3以上はあったほうがいい。 もう一つは、 見張りを立てた睡眠は不意打ちされないので周りに敵がいて動きたくないときに有用。 この時、【哨戒】があると逆に不意打ちしやすくなる。 ・汚染度と浄化力 部屋の汚染度が高いと戦闘中ペナルティが入ったり、睡眠時にダメージを受けたり、 着替えセットが触手服になったり、移動で通路が触手で覆われたり、と余計な手間がかかる。 【浄化知識】とその上位の【結界知識】で結界を張るに必要な浄化力が変わる。 敵を倒すと浄化力が増え、敵のいる部屋は汚染度が増えるので、序盤から敵を減らすのが重要。 なお浄化力はきっちり保持していないと、浄化する時ダメージを受けることがあるので注意。 結界が張れる浄化力があるなら暴走しない。 ちなみに、ばら撒き弾・貫通弾・火炎放射器による攻撃、は部屋の汚染度を下げる効果がある。 ・寄生 実は薬酒で回復できる。 ・ふたなり コンフィグONでのみ発生。 この状態でCにEPダメージを受けると射精してHPが減る。 さらに戦闘中勝手に発情することがある。 クリア目的なら縛りプレイになりやすい。 これで孕ませた場合絶対に娘が生まれるので、種馬や女王蜂となって強い娘を大量生産するならあり。 触手宮をクリアするためにやるべきこと ・仲間を探す 仲間がいるかどうかは難易度が大幅に変わる。 一人の間は逃げ回るのも手。 ・序盤から敵を倒す 敵がいると、敵のいる部屋の汚染度が増えるし、NPCがダメージを受けて特に寄生されると余計な敵が増えて悪循環を起こす。 弱い敵を仲間と一緒に積極的に減らすといい。 特に、中ボスのバイオプラントは、 いるだけで敵の増殖スピードが上がり、最初から二体配置されている。 これをいかに早く倒すかで難易度が変わる。 ・気配察知を早めに上げる 移動先の部屋にマップ上で敵がいない場合、『突撃』でその部屋に移動すると不意打ちをほとんどされない。 移動が突撃に対して不意打ちを取れるのは『待ち伏せ』なので、移動先の部屋にマップ上で敵が確認できるのだ。 (分類が罠の触手はマップ上に表示されないので不意打ちされる) 移動したい方向に敵がいる場合、『見張りを立てた睡眠』で敵がこちらに来るのを待つのも手。 来ない場合、『待ち伏せ』で移動しない敵の可能性があるので『慎重』がいい。 気配察知のレベルが2以上だと敵がいるかどうか判別しやすいので不意打ちされにくくなる。 気配察知は敵に攻撃されたときに上がるので、序盤から敵を倒すといい。 ・初見殺しを覚える 主に三つ。 1,ドッペルゲンガー 難易度ハード以上で一体だけ初期配置される敵で味方NPCのふりをしている。 対策は何もせず別れる。 毎ターン名前が変わるので見つけるまでは初見のNPCと話をしないようにしたい。 仲間が三人いれば返り討ちが狙えるので炙り出そう。 2,ヒュプノ 裏ボス。 全難易度でどこかにこいつ入り荷物袋が落ちている。 荷物袋を開けない、特に同じ部屋で何度も出てくる荷物袋はこいつ入り。 全マップに一つしかなく、結界を張っている間に探索、をしない限り場所の移動もしないので見つけたら簡単に避けられる。 倒す場合、催眠の維持で勝手にHPが削れるのでそれに耐えきるタイプのボス。 MPかEPダメージ軽減アクセサリを装備して三人で挑むと何とかなったりする。 ちなみにハード以上で倒すとおまけが手に入る。 3,魔法陣 PTがばらばらになる極悪罠テレポートと、体と心が入れ替わって全員弱体化する入れ替わりが大変。 危機回避と【術式知識】が高いと避けられる。 危機回避がレベル3ならどちらも避けられるので育成は頑張ろう。 テレポートはどの部屋でも出て来るが序盤は敵が少なければ影響が薄い。 ・ペットは仲間にしない 罠だ。 回復アイテムは手に入るが維持コストが重い。 ・魔法の拘束具を活用する 弾薬の減っていない魔法の拘束具は、喪失状態のNPCに使うことでキャラロストしなくなる。 キャラロストした場合、単純に強い悪落ち(要コンフィグ)かバイオプラントが産まれるので手間がかかりやすい。 拘束したキャラクターはふたなり発情の処理や、母乳を飲める休憩所としても利用できる。

次の