いびき を 治す 方法。 「いびき」を自分で治す方法。寝方は仰向け・横向き、どちらがいい?/医師監修

いびきを治す方法まとめ

いびき を 治す 方法

「いびきを指摘されて悩んでいる」「家族のいびきがうるさくて眠れない」という人は、多いのではないだろうか。 いびきは、単に「うるさいもの」「迷惑なもの」と考えられがちだ。 しかし、放置しておくと体や心のさまざまなところにダメージを与え、最悪の場合、突然死につながるような病気のリスクも高めてしまう非常にこわいものだということは、あまり知られていない。 それだけでなく、うつ病などのメンタルの不調、EDや薄毛・抜け毛(AGA)など、思わぬところにも影響を与えることもわかってきました」という(以下、「 」は白濱医師)。 「いびきは、しっかり治療や対策をしていけば、改善が見込めます。 専門医療機関で診察を受けるのが望ましいですが、いきなり病院に行くのはハードルが高いでしょうし、なかには今のところ軽症という方もいらっしゃるでしょう。 ですので、私は病院に行く前にまず、自分でいびきを治すことを目指す『いびき解消メソッド』を考案しました」 白濱医師は、近著『睡眠専門医が考案した いびきを自分で治す方法』でいくつかのメソッドを紹介している。 加齢などに伴い舌の筋肉が衰えてくると、寝ている間に舌が喉の奥に落ち込んでしまう舌根沈下(ぜっこんちんか)という現象が起こりやすくなり、この現象により気道が狭くなると、いびきにつながるのだ。 「『いびき解消メソッド』で推奨しているのは『舌の筋トレ』です。 舌を効率よく鍛えるトレーニングで筋肉を強化することで、いびきの改善が見込めます。 1日5分程度でできる簡単なものなので、いびきが気になる方はぜひ試してみてください。 舌で歯の表面と歯茎を舐めまわす感じで。 「いくら舌の筋肉を鍛えても、寝ている間は身体中の力が抜けてしまうから、効果がないんじゃないか?と思われるかもしれませんが、心配には及びません。 2009年にブラジルのサンパウロ大学の睡眠研究チームが、舌を中心にした口周りのトレーニングを続けることが、いびきの軽減につながるという研究結果を発表し、医学的に効果がある行為と認められています」 この5つの筋トレを毎日続けることで、舌の筋肉を強化し、いびきの原因となる舌根沈下が抑制できる。 1日の中のどの時間帯でも効果は変わらないが、就寝前に行うのがルーティン化しやすくおすすめだ。

次の

いびきの原因と治し方!【女性・男性・こども】予防改善方法は?

いびき を 治す 方法

Q15 夜、いびきをかく、と言われました はじめに 家族から、「いびきがうるさくて眠れない」といわれたことはありませんか。 自分自身は眠っているので自身のいびきに気がつかないことが多いですが、意外と多い症状です。 あまりいびきがひどいと、友人や家族から嫌がられ、一緒に旅行してもらえないこともあります。 また、十分な時間の睡眠をとったにもかかわらず、日中に眠気を感じる場合は、いびきが社会生活に影響を及ぼしている可能性もありますので、専門医の診察を受けるのが望ましいでしょう。 どうしていびきをかくのですか。 やはり病気ですか? いびきの原因は、咽頭(のど)が狭くなって、息を吸うときに狭くなった部分に空気が通過するため、のどが振動して音がでることです。 特に眠ってしまうと、のどを支えている筋肉がゆるむため、よけいに咽頭が狭くなるのです。 もともと日本人は、顎(あご)が小さい人が多く、肥満や飲酒や睡眠薬によっていびきが出現しやすくなります。 いびきを引き起こす病気としては、咽頭扁桃(アデノイド)が腫れた場合や口蓋垂(のどちんこ)が大きい場合、かぜや鼻炎で鼻が詰まっている状態、鼻中隔彎曲(鼻の骨が曲がった状態)、極端な肥満、次の項で述べるなどがあります。 本人は眠っているので気がつきませんが、一見熟睡しているようでも睡眠が不安定なため睡眠不足に陥っています。 現在のところいびきは疾患として認められていませんが、慢性的ないびきは決して望ましい状態とはいえません。 放っておいても大丈夫ですか? 飲酒した時、あるいはかぜを引いた時だけいびきをかく場合は、おおむね心配ありません。 しかし、病気が原因となっているときは、慢性的な睡眠不足となり生活に支障をきたすこともあり、いびきの原因となった病気を治す必要があります。 特に、症状があったり、中等症以上のでは日中の過度の眠気のため事故の危険があり、また、高血圧などの生活習慣病の原因や、悪化の原因にもなりますので、早めに診断と治療が必要です。 どのような治療法がありますか。 いびきが軽い場合は、横向きで眠るといびきをかきにくくなります。 またいびき防止のマウスピースを装着するといびきが減ることもあります。 特に小児の場合は咽頭扁桃(アデノイド)が腫れた場合は、のどを狭くしている部分を手術で切り取ることで治します。 副鼻腔炎(ちくのうしょう)や鼻中隔彎曲症も手術が有効です。 アレルギー性鼻炎は吸入薬や飲み薬で鼻づまりを抑えます。 これらの治療は、一般に耳鼻咽喉科で行われます。 肥満が原因の場合は、ダイエットに取り組みましょう。 飲酒と肥満は密接に関係していますので、アルコールを控えながらダイエットするとよいでしょう。 最も問題となるも、肥満が原因であることが大半です。 の治療は次項の「」を参照して下さい。 どの科にかかったらよいですか。 症状がいびきだけの場合は、咽頭に問題がある場合が多いので耳鼻咽喉科で診てもらうのがよいでしょう。 しかし、前述したように、原因が極度の肥満や、であるときは、呼吸器科(呼吸器内科)が適切な場合もあります。 診断に呼吸機能検査やポリソムノグラフィー検査、MRIやCTなど放射線検査が必要となるからです。 診断や治療は、耳鼻咽喉科の医師と呼吸器科の医師が連携して適切に判断しなければならないこともあります。 詳しく調べて適切な治療を受けるには、耳鼻咽喉科と呼吸器科のある総合病院を受診するか、かかりつけ医や近所の耳鼻咽喉科医から紹介してもらうのがよいでしょう。 病院によっては、「いびき外来」や「無呼吸外来」といって、いびきや睡眠時無呼吸を専門に扱っているところもあります。

次の

いびき解消「3つのメソッド」で自分で治すことを目指す|日刊ゲンダイヘルスケア

いびき を 治す 方法

いびきは一緒に寝ている人に負担になりますし、本人にもダメージがあります。 いびきが原因で 夫婦関係や 恋人関係がこじれたりすることもあります。 なぜ、いびきが起こるのでしょうか。 いびきの原因や いびきによる合併症についてまとめました。 今日からできるいびきを治す方法もご紹介しますので、さっそく チャレンジしてみてください。 お互いにぐっすり眠れた朝は、 心も体も軽くなるはずです。 いびきと睡眠時無呼吸症候群との関係 健康成人においては、飲酒を行った場合、肉体疲労のため無意識に口呼吸を呈する場合には上気道の狭窄によりいびきを生ずるが、これらは一時的なもので疾病ではない。 しかし、習慣性のいびきがあり、断続的に一晩中いびきが持続する場合には、睡眠中の上気道に何らかの異常があり、睡眠呼吸障害を呈している可能性があると考える必要がある。 そのため、 家族や 恋人など、または 友人などから指摘を受けて、 ようやく自分がいびきをかいていることに気付くことがあります。 いびきのしくみとは、どのようになっているのでしょうか。 いびきのしくみと種類について まず、 うまく鼻で呼吸ができない場合に、 いびきをかいてしまうことがあります。 例えば花粉症の季節や、急に風邪を引いてしまった際に起こることがあります。 別の種類としては、 のどの贅肉が邪魔になり、そこからうるさい騒音を起こしてしまうことがあります。 前者の場合は、時が経過すれば、または花粉症対策の 薬を飲めば改善することがあります。 後者の場合は、 合併症を引き起こしてしまっている可能性もあります。 いびきの合併症にはどのようなものがあるのか 贅肉が邪魔でしっかりと呼吸が出来ずに、寝ている最中にいびきをかいてしまっている場合は、例えば 糖尿病が隠れていることがあります。 これは 贅肉が多い人ほど、 首や喉の周りにお肉がつきやすいために、必然的にこのような症状を出してしまっていることなどがあります。 病気として糖尿病が進行してしまうと、他の症状として、異常なほど甘いものが食べたかったり、やたらと喉が渇いてしまうことがあります。 また同時に、しっかりと睡眠がとれていないことがあり、そのような際には、 睡眠時無呼吸症候群が併発してしまっていることが多くあります。 そのため、車を運転している最中などに 急に眠気が襲ってくるなど、危険なことが多々あります。 いびきサポートサプリおすすめBEST3 いびきが原因で自分でも気づかないうちにパートナーに迷惑をかけていたりします。 寝息の乱れには 筋肉成分の低下が関係することから、筋肉成分の強化・改善を促進するサプリメントがおすすめです。 いびきサポートサプリメントの効果と続けやすい価格を徹底比較したランキングが下記になります。 本サイトからの購入数に基づいたランキングになりますので参考にして下さい。 しかし、 パートナーのいびき によって、健康を害してしまう悩みを抱える人も案外多いようです。 パートナーのいびきによって寝つきが悪くなったり、途中で起きてしまい眠れなくなったり、睡眠が浅くなるなど 睡眠障害を抱えてしまったりする場合があります。 そして、疲れがとれずに翌日の仕事に支障を来してしまうなど生活全般に いびきの悩みが及んでしまうときは、何らかの対策を講じる必要があると言えるでしょう。 旅行中のいびき対策 また、普段は平気なのに 旅行中だけ気になって、一緒に旅行に行くのが苦痛だという話も聞きます。 普段とは違う寝具を使うため寝る姿勢が異なるため• 普段と違ってお酒を多く飲んだせいなど そういう場合には、• いびき防止の マウスピースを装着してもらう• 鼻腔を広げるテープなどをつけてもらう• 横向きに意識的に寝てもらう 方法などがあります。 また、いびきは 肥満とも密接な関係があるために、太めの人の場合は長期的な視点で ダイエットをしてもらうのも手でしょう。 どうしてもいびきが酷く気になる場合は、部屋を思い切って別にしてみるのもお互いのストレスを減らすための一つの手かもしれません。 お互いにどの方法がベストかよく話し合う必要があります。 睡眠時無呼吸症候群という病気の可能性も ただし一つ注意したいのが、いびきをしているときに本人の睡眠が浅くなるだけでなく、途中で呼吸が止まっているような症状がある場合は 睡眠時無呼吸症候群 という病気の可能性もあります。 睡眠時無呼吸症候群は、 高血圧や 糖尿病、 不整脈などの生活習慣病とも密接な関連性がある病気です。 放っておくと危険なため、疑いがある場合は速やかに 耳鼻科や 睡眠外来などの 医療機関を受診してするとよいでしょう。 睡眠時無呼吸症候群であるかは、簡易検査をはじめ、寝ている状態でのポリグラフ検査などの精度の高い入院検査もあります。 医師の指示のもと、必要であれば受けると良いでしょう。 いびきの原因は肥満と鼻のつまりなどがある いびきには、いくつかの 原因が考えられます。 まずは、 肥満について考えましょう。 肥満の人は、 のどが狭くなっています。 脂肪はいろいろな場所につくのですが、咽喉の壁などのどの周辺にもついてしまうために、のどが狭くなります。 横になると、 気道がさらに狭くなってしまうために、寝ている間に呼吸をするたびに大きな音が出てしまいます。 鼻のつまりもいびきの原因の一つ 特に太っていないのに、いびきをかいている人は 他の原因が考えられます。 鼻のつまりもその一つです。 鼻がつまっているときは、 口呼吸になってしまいます。 口呼吸をしているときは、 舌がのどの奥に落ち込んだ状態になってしまうので、 気道が狭くなってしまいます。 そのため、花粉症で鼻のつまりが毎日のようにある人は特に気を付けてください。 口呼吸をなるべくしないようにするためにも、鼻のつまりを解消しましょう。 アルコールとタバコも要注意 お酒が大好きな人や ヘビースモーカーの人は、いびきをかいているのではないでしょうか。 適度なお酒なら良いですが、量が多くなることで 気道が狭くなってしまいます。 タバコの場合は、タバコ自体が有害ですから のどに負担がかかります。 これは、 副流煙を吸った人にも当てはまることです。 アルコール・タバコは、両方とも気を付けなくてはなりません。 いろいろな病気が潜んでいる可能性も いびきをかいている途中で、突然呼吸が止まってしまう 睡眠時無呼吸症候群の場合もあります。 他にも いろいろな病気が潜んでいる場合があります。 そのため、肥満でもなく、鼻づまりでもなく、お酒もタバコとも無縁の人は、何か 体に異常が起こっているのではないかと疑ったほうが良いかもしれません。 病院へ行けば、治療することもできますので、治したいと思ったら治療してみませんか。 はっきりとした原因を突き止めることもできますし、 いびきが改善すれば、自分にとっても周りにとっても良いことです。 いびきと無呼吸症候群は関係のある症状を知って改善しよう 夜、眠っている時に、自分の大きな いびきで目が覚めてしまったことはないでしょうか。 そのような経験が今までにある方は、 医療機関を受診して治療することをおすすめします。 睡眠時の呼吸がしにくくなっているために目が覚めてしまうのですが、 たびたび自分のいびきで起きてしまうほどなら問題は深刻となります。 隠れた 他の病気が、症状の陰に潜んでいる恐れがあります。 いびきと無呼吸症候群は関係性は深い その可能性が高い病気として、 無呼吸症候群が考えられます。 いびきと無呼吸症候群は関係性が深く、睡眠時に無呼吸になるため併発している場合もあるのです。 睡眠時の呼吸は筋肉の働きも関係しているので、 加齢による呼吸の妨げでの症状が起こりやすくなります。 筋肉量の低下によって、呼吸量が悪くなることでなる慢性的なタイプや、疲れがたまることでなる 一時的なタイプは程度として軽いので心配する程ではありません。 脳や心臓、血液に負担がかかり命に関わる病気が潜んでいることもある しかし、 度々起こる大きすぎるいびきは、無呼吸症候群であるため危険があります。 SASとも呼ばれる症状は、眠っている間に一時的に呼吸が止まってしまうので、 脳や心臓、血液に負担がかかるようになります。 脳に空気や血液が巡回しにくくなることで 脳梗塞などに、呼吸は心臓の働きに重要であるので呼吸が度々止まることで 心疾患などに、体のポンプの役目をしている心臓の機能が低下することで 血液の流れもスムーズでなくなります。 これらの体の問題は 命に関わることがあり、健康のためにも適した治療を行うことが必要です。 肥満気味の方は脂肪を減らして気道を広げると改善することも いびきや無呼吸症候群のある人は、大半が 肥満気味になっています。 体に脂肪がつくと 喉にも脂肪がつくので、 気道が狭くなってしまうようになります。 そうなることによって睡眠時に呼吸がしにくくなり、それが進行してSASを発症してしまうのです。 改善するための治療法としては、いびきの改善効果のある薬を使う他に 減量も心がけましょう。 太り過ぎでなっていることが多いので、脂肪を減らして気道を広げることで改善されるようになります。 手軽にできるいびき治療は、薬・サプリメントやダイエットを試そう 男性、女性ともに中高年になると悩む問題に、 いびきをかきやすくなるというものがあります。 この症状は 喉の気道が何らかの原因で狭くなることで、軟口蓋や口蓋垂が肉に埋まり息が通りにくくなることで起こります。 症状の程度が重くなると音も大きくなるので、 きちんと睡眠がとれないようになってしまいます。 いびきは気づいた段階で、 早めに治療するほうがよいでしょう。 いびきをかきやすい人の特徴 症状が出る人はどのような人が多いのかというと、 肥満気味の方、 筋肉量が低くなっている、 あごの作りが小さいなどの人となります。 太ると 喉の部分にも脂肪がつくので、 気道の幅が狭くなります。 呼吸は筋肉の動きが作用しているので、中高年になり筋肉量が減ると呼吸がしにくくなります。 あごは小さい人だと寝ると舌で気道が塞がれやすく、睡眠時に息が通りにくいのです。 自分の状態にあった改善方法を選択しましょう いびきを治療するには、• 市販で入手できる薬・サプリメント• マウスピースを装着する• いびき体操をする• ダイエットをする• 手術を受ける などの方法があります。 これらの中から 自分の状態にあった 改善方法をすることで、睡眠時の呼吸の問題も解決することが可能です。 手術や マウスピースでの治療は、体への負担が大きく費用も高くなるので 最終手段として考えるようにします。 喉を切開したり長時間口の部分に専用の器具をつけることになるので、自分で改善できる方法を試しても効果がなかった時に選ぶようにしましょう。 薬・サプリメントやいびき体操は費用を多くかけずに自分でできる方法なので、はじめはこちらで改善をしていくことがおすすめです。 まずは自分できる対策をしてみましょう アレルギー抑制効果やビタミンEの成分が鼻の通りを良くする効能があるので、それらの成分が配合された 薬・サプリメントを飲みます。 気道の部分の筋肉の動きを向上させるには、舌を回したり思い切り出したりする体操が有効です。 舌を動かす いびき体操は簡単ですので、毎日続けることで 筋肉の量も増え気道が狭くなる問題も改善できます。 肥満気味の人はダイエットは、一緒に必ず行うようにしましょう。 太ることで 喉に脂肪がつき気道が狭くなっているので、痩せて脂肪自体を減らすことが必要です。

次の