吉祥寺 チーズドッグ。 ウェイキー ウェイキー|超ビッグなソーセージの王道チーズドッグをレポ

驚くほど伸びるチーズドック!吉祥寺「ココマルハートカフェ」の『チーズハットク』のチーズがすごすぎ♡

吉祥寺 チーズドッグ

もくじ• 吉祥寺のチーズハットグは「ココマルハートカフェ」 吉祥寺にチーズハットク専門店「ココマルハートカフェ」 シアター1階に併設 — 吉祥寺経済新聞 kichikei まず紹介するチーズハットグが吉祥寺で食べられるお店は「ココマルハートカフェ キチジョウジ (HEART cafe Kichijoji)」さんです。 パンやサンドイッチをメインに扱っているカフェなのですが、こちらではチーズハットグも販売しています。 営業時間は11:00~20:00までです。 お店の外観には、ピンクのハートのオブジェや看板が多く飾られており目立つため、場所もわかりやすいと思います。 ココマルハートカフェさんで扱っているチーズハットグは、生地に豆腐を使用しているヘルシーなハットグです。 通常のハットグよりもカロリー控えめになっているのも女性には嬉しい点ですよね。 ハットグは全部で3種類あります。 1つは定番の中にモッツァレラチーズが入っている「のび~るチーズハットグ」、1本「480円」です。 2つ目は「赤鬼ハットグ」で1本「600円」。 こちらは唐辛子が使用されているため、辛い味となっています。 最後はイカ墨を使用した真っ黒な「黒墨ハットグ」1本「600円」です。 あとの2種類は個性的な1品でここでしか食べられないハットグですので、ぜひ食べてみてくださいね。 トッピングはケチャップとマスタードの他に、フレンチソースや明太マヨネーズなど、種類も豊富です。 こちらは本場韓国のチーズハットグがいただけるお店で、行列ができる大人気店です。 新大久保駅に本店があり、新宿だけではなく、渋谷や大阪にも店舗があります。 韓国のインスタ映えグルメであるハットグとタピオカドリンクが楽しめるお店ですよ。 お店の住所は東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-6です。 吉祥寺駅北口から徒歩5分ほどのところにあります。 定休日は不定休で、営業時間は、11:00~21:00となっています。 夕方の時間帯は混み合うことが多いため、午前中の時間帯が狙い目ですよ。 ジョンノハットグのハットグは米粉を使用しており、生地はもちもち食感です。 メニューはソーセージが入っているものから、チーズハットグ、韓国のお餅が入っているものまで、多くの種類があります。 その中でも一番人気のメニューは「ポテトモッツァレラ米ハットク」です。 1本「450円」です。 衣は角切りのじゃがいもが使用されています。 おすすめの食べ方は、たっぷりと砂糖をまぶしてから、ケチャップ・マスタード・甘辛ソース・スイートチリソースの4種類のソースの中からお好みのものをたっぷりとかけていただく方法です。 本場ではこれでもかというぐらいソースをかけて食べるのが通のようですよ。 たくさん種類があるので、友達と行ってシェアして食べるのも良いかもしれませんね。 こちらのお店はテイクアウト専門店となります。 スポンサーリンク 吉祥寺駅前のチーズドッグは「白木屋 吉祥寺南口駅前店」 最後に紹介するお店は、「居楽屋白木屋 吉祥寺南口駅前店」さんです。 お店の住所は、東京都武蔵野市吉祥寺南町1-3-3 吉祥寺南口ビル・3階です。 商業ビルマルイの向かい側に位置しています。 定休日はなく、営業時間は、17:00~翌5:00までです。 温かみのある照明がやわらかさを醸し出す店内は、女性客や家族連れに好評で、色々なタイプの座席があるため、宴会などにも利用されることが多いお店です。 フードメニュー、ドリンクメニュー、飲み放題メニューなど豊富にあるので、利用されたことがある人も多いのではないでしょうか。 居酒屋白木屋さんで取り扱っているチーズドッグは、いわゆるのびーるチーズが入っているホットドッグとは少し異なるものです。 その名も、「ロシアンチーズドッグ」です。 白木屋さんで大人気の宴会盛り上げロシアンメニューの新商品です。 今までは2個100円の当たりにはからしが入っている「ロシアンたこ焼き」が定番でしたが、巷のチーズドッグ人気に肖って、開発されました。 「ロシアンチーズドッグ」は1本100円で、こちらも当たりにはチーズではなくからしが入っています。 一口サイズの小さなアメリカンドッグのような形です。 宴会や飲み会で盛り上がること間違い無しのメニューですので、ぜひ1度試してみてくださいね。 まとめ さて今回は、吉祥寺周辺でチーズハットグが食べられるお店を3店舗ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? どのお店のチーズハットグもお店独自の特徴があって、美味しそうですよね。 並んでまでも食べたい気持ちがよくわかります。 一口かじった時に中のチーズがとろーりとのびる瞬間はインスタを意識しなくても、思わず写真を撮りたくなってしまいますね。 色々な味がありますので、自分のお気に入りの1品を探してみるのも良いかもしれません。 吉祥寺周辺にお出かけの際には、ぜひ紹介したお店に足を運んでみてくださいね。 その他のチーズドッグの人気店は次の記事にまとめてあります。 参考になさってくださいね。

次の

【悲報】ハモニカにある人気の高級自家製ホットドッグ店が閉店へ

吉祥寺 チーズドッグ

2020. 24 吉祥寺駅北口から徒歩約3分。 ハモニカ横丁の入り口にあります。 メニューはテイクアウト、食べ歩きにぴったり。 ・ケバブサンド ・ケバブラップ ・ファラフェルサンド ・ファラフェルラップ ・ケバブ丼 それぞれチキンとビーフを選べて、ソースの辛さは甘口・中辛・辛口があり、ガーリックヨーグルトも選べます。 トッピングでチーズ、フライドポテト、ハラペーニョ、ピクルス、アボカドを追加することもできます。 さらに手軽に食べ歩きできるチーズドッグ、ロングポテトもあり。 写真はケバブ丼チキン490円。 ソースは中辛をチョイス。 ピリッとして食欲を誘います。 こってり味でなかなかのボリューム。 辛めのケバブにぴったりの、コロナやハイネケンなどのビールも注文できますよ。

次の

ハート型チーズドックで恋占い♡ 吉祥寺「HEART cafe kichijoji(ハートカフェキチジョウジ)」の『ハートチーズドック』

吉祥寺 チーズドッグ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、テイクアウトや宅配・デリバリーに対応する飲食店が急増しています。 吉祥寺の魅力をつくる個人経営の小さな飲食店も同様で、テイクアウトの場合は正規のメニュー価格より割安にするなど、様々なサービスを実施する店舗も出てきています。 「3密」を避けられるテイクアウト・宅配デリバリーで、気になっていた個人店の味を試してみては? 本ページでは個人経営の飲食店を中心にご紹介。 随時更新していきます。 【ご注意】テイクアウトメニューや価格が変更になったり、急遽テイクアウト・宅配デリバリーサービスを終了するなど、各飲食店の対応が変わりやすい状況にあります。 事前に店舗に確認してから訪問することをおすすめします。 どちらのメニューもテイクアウト・デリバリー可能です。 写真は「バーベキュードッグ」。 フライドポテトのセットで1425円。 肉汁が溢れ出てくる特大ソーセージは食べ応えあり。 別容器に入れてくれるバーベキューソースの香りと程よい辛味が食欲を誘います。 ゆらゆら揺られながら美味しい食事とスイーツを楽しめるカフェ。 写真は塩唐揚げ弁当800円。 唐揚げは脂身が少なくて程よくジューシー。 玄米ご飯やおかずまで丁寧に作られています。 タコライス弁当800円もあり。 通常サイズの3倍はありそうな特大の餃子が名物。 その餃子が3つ入ったお弁当を550円の低価格で提供。 モチモチの皮とジューシーな餡が美味しいです。 国産小麦粉、バターを使用したモチモチの食パンが看板商品。 オレンジ食パン、ブルーベリー食パンなど、カラフルな食パンも多くあります。 小ぶりで可愛らしいので、思わず手にとってしまうでしょう。 写真はたまごサンド(340円)。 バナナサンド(380円)。 2つで1セットの価格です。 広島カープの田中・菊池選手のサインや、Perfume、みうらじゅんのサインも飾られています。 広島お好み焼き850円。 注文後に焼いてくれるので、自宅で熱々の状態を楽しむことができます。 焼き時間に15分ほどかかるので、事前に注文して受け取りにいけばスムーズです。 1923年(大正12年)の関東大震災の時に、当時新宿にあった「やぶ浅」を吉祥寺に移転して営業を続けています。 写真はカツカレー1000円。 ボリュームのある揚げたてのカツに、鰹出汁で煮込だカレーがたっぷり盛られています。 この他にも海老天付き冷やがけそば、カツ丼、親子丼、生そば・生うどんも同じ価格で持ち帰ることができます。 ご高齢のマスターが現役でピザを作る人気店です。 具材が見えなくなるほどたっぷりのチーズがのったミックスピザが人気。 790円。 ピザの他にも各種サンドイッチメニューもテイクアウト可。 宅配デリバリーにも対応しています。 厳選した伊万里牛、鮮魚、野菜などの食材を美しく仕上げた料理は美味しいの一言。 テイクアウトのお弁当も言わずもがな。 写真は伊万里牛カレー1280円。 程よい辛さのカレーには、どこをすくっても伊万里牛が口の中に入ってくるほどふんだんにお肉が使われています。 お味噌汁はたまたまサービスしてくれたので、全ての方に提供されないかもしれませんが、ご了承下さい。 定食は野菜も豊富で、ごはんは十五穀米・白米・玄米から選べます。 テイクアウトのお弁当は日替わり。 注文してから調理して提供するスタイル。 880円です。 金子屋も天丼弁当の販売を開始。 でもやっぱり、天丼は揚げたてが美味しくて。 お弁当は衣がペシャっとしてしまいますが、やっぱりなかなか美味しいですよ。 880円。 真っ赤なフォルクスワーゲンが目印。 ワーゲン内に設置された石窯で焼く直径24cmのピザ。 20種類以上が一律600円で楽しめます。 ピザーラのMサイズが直径25cmなので、なかなかのボリュームです。 全メニューをテイクアウトに対応。 注文後、調理中は店内で待つことを促されますが、念には念を入れたい方は、入り口付近の外で待っていればOK。 写真はパッタイのテイクアウト。 黄色い看板が目印のパイとキッシュのお店。 生地はサクサクで具材はとてもジューシー。 1つ280円からのミニサイズのキッシュもあり。 テイクアウトでランチ・お土産にもうってつけです。 パイ・キッシュの他にも、オムライス、グラタン、タマゴサンドなどのお弁当も販売しています。 店内はテーブル席を間引いて距離をとれるように調整してありましたが、心配な方はテイクアウトで楽しみましょう。 」でも紹介されたハンバーグ専門店。 ゲストの目の前で肉汁たっぷりのハンバーグにたっぷりのチーズソースをかけて仕上げてくれるチーズハンバーグが名物。 テイクアウトでは状態が悪くなるので追いがけのチーズソースは選べませんが、トマト・赤ワインデミ・タイ風カレーソースの中から選べます。 追いがけではない普通の量のチーズは入っています。 ハンバーグ弁当は800円。 写真はハンバーグ&タンドリーチキン弁当タイ風カレーソースがけ。 1000円。 注文後に調理してくれるので、自宅でハンバーグに箸を入れると肉汁が溢れ出てきます。 タンドリーチキンもジューシー。 かなりお得なお弁当です。 あらかじめテイクアウトの弁当を予約していけば、待たずに受け取れます。 吉祥寺通り沿い、ビルの2Fにあります。 写真は「サクサク唐揚げBOX」880円。 唐揚げがとても美味しい。 衣は薄いけどサクサクでジューシー。 ご飯は五穀ご飯で、唐揚げの下にもレタスが敷いてあって。 お野菜も豊富。 桜あんのミニロールも入れてくれています。 この他にも8種のお野菜カレーBOX、週替わりごはんBOXなどもあり。 とても丁寧に作られたテイクアウト弁当です。 パスタランチもとても美味しいのですが、新型コロナ対策で現在ではテイクアウトのみ対応しています。 写真は「自家製サンドウィッチBOX」800円。 ハムとゴーダチーズのサンドウィッチと、日替わりのイタリア惣菜2種(イタリア野菜のトマト煮・カポナータ、ローストポテト)が入っています。 箱がオシャレなのもコーヒートークらしいところ。 小麦アレルギーの方も安心して食べられる、米粉で作られたクッキー、マカロン、ケーキ、タルト、プリンなどを楽しめます。 店内の内装は綺麗で可愛らしく、女性オーナーパティシエの個性がよく出ています。 写真のケーキは「チェリーとピスタチオのムース」480円、「まんまる苺のショートケーキ」500円。 有機玄米、有機野菜を使った手作りのスパイス料理、お惣菜、スイーツなどを提供しています。 写真は車麩のカツ味噌ソースのお弁当1000円。 とても綺麗で春菊などの香りも楽しく、もちろん美味しい。 多くの女性ファンがいるのも納得です。 吉祥寺駅から徒歩約15分くらいの場所にありますが行く価値あり。 本店はサンロード商店街の地下にあります。 写真は鯖と唐揚げのお弁当900円。 この他にも生姜焼き弁当、鶏とナスの辛味噌弁当など、人気メニューを900円でテイクアウトできます。 近隣であればデリバリーにも柔軟に対応してくれるので、配達の最低価格などは問い合わせて相談してみましょう。 成蹊大学の前にある老舗カフェ。 写真は「魚介ピラフ・お惣菜」1000円。 メインのピラフはもちろん、お惣菜まで丁寧な味付け。 シャキシャキの人参は柑橘系の爽やかな香り付けも。 彩り豊かな盛り付けもとても綺麗で、美味しいの一言です。 この他にもベジタブルカレー800円、ハンバーグ・サラダ900円、ナポリ風スパゲティ800円などもあります。

次の