鳴か ぬ なら 鳴かせ て みせ よう ホトトギス 意味。 ホトトギスの俳句で有名な鳴かぬならの後は?武将の性格は?

“鳴かぬなら~ホトトギス”の俳句の作者は実はこんな性格の武将です

鳴か ぬ なら 鳴かせ て みせ よう ホトトギス 意味

特徴 主に太平洋側に自生する多年草であり、日陰のやや湿った斜面の岩場などに見られることが多く、葉のわきに直径2~3cmで紫の斑点のある花を上向きに咲かせます。 日本に自生するホトトギスの仲間は10種類ほどありますが、バナノホトトギスという小型で明るい黄色の種類は、一般のホトトギスよりも水はけの良い所を好み、他の植物との競争に弱いため、鉢植えに向いています。 種類 日本の特産種でもあるので種類も紹介しておきましょう。 ホトトギス(白楽天) 純白花で、非常に丈夫• シロホトトギス 花弁は白に近いピンク、タネで増やすことができる• サツマホトトギス 九州に見られる変種、茎に毛がない• ヤマホトトギス 日本各地の明るい林に見られる、花弁が反り返り花が咲く• ヤマジノホトトギス 日本各地の明るい林に見られる、花弁は反り返らない• タイワンホトトギス 台湾などの森林や低木林に見られる、寒さにとても強い• 松風 花にアズキ色の斑点が多数入り、ホトトギスと誤認が多い• キバナノホトトギス 九州のやや明るい林に見られる、鮮やかな黄色• タカクマホトトギス 九州南部の森林内の崖に見られる、全体的に大型である•

次の

信長、秀吉、家康が詠んだというほととぎすの句の出典を確認したい。「みみぶくろ」とテレビ番組で放送し...

鳴か ぬ なら 鳴かせ て みせ よう ホトトギス 意味

そういう風に「歌われた」武将はいますが「歌った」武将はいません。 これは詠史句(歴史上の出来事や人物を主題とした詩歌)といって後世の人が 武将の性格分析をするおり、ホトトギスを敵側と置き換えた場合の戦国武将の 対応の仕方というか武将の性格というか戦のやり方を象徴的に詩に表したもの だからです。 ちなみに有名な三人の武将をとして歌われたのは 織田信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」 豊臣秀吉「鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス」 徳川家康 「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」 で今回の「鳴かぬなら 逃がしてしまえ~」と歌われた武将は検索したところ 明智光秀さんのものではないでしょうか。。 「鳴かざれば、放してやろう、ホトトギス」 参考URL: A ベストアンサー 私の勝手な解釈を書かせていただきたいと思います。。。 時間の流れ、物事の変化というのは定まっているもので、 過去、現在がこうであるから、未来がこうなる、と予測することは不可能だということだと思います。 未来に起こるさまざまな事象は大小の違いはあれ、予測とは異なってるものだと思うのです。 そのような、なるようになるという世界だから、 自分の意思こそが物事に意味を与えるものなのであり、 どうせ定まっていて変えられないものなら、 自分の信念こそが、自分の世界における時間であり物事だったりすると言えると思います。 過去や現在に憂慮してその気持ちばかりにとらわれていたら、 その気持ちでしか世界が見えない。 だから過ぎたことも先のこともくよくよ考えないで、 おおらかに構えてほんのり前向きな気持ちであれば、 そう信じたように世界は見えてくる。 なっていく。 というようなかんじではないでしょうか? うまく言えませんでしたけれども、いい言葉だなぁと思いました。 かなり生きるヒントですよね! A ベストアンサー 人柄ということですので、ちょっとしたエピソードを紹介したいと思います。 光秀の奥さんは、煕子さんという人だったのですが、 実はこの煕子さんは、光秀の元にお嫁に来る前に疱瘡という病気にかかり 顔に醜い痕が残ってしまったそうです。 煕子さんの実家では、織田の重臣明智光秀の嫁になる人だ 醜い煕子でなく、親戚の子を煕子ということにして、 光秀の下に送ろうと決めました。 だけど、光秀は偽者である事をすぐに見抜いてしまいます。 そして、煕子の実家に使者を送りこう告げます。 「約束の煕子さんが、疱瘡にかかったと噂は聞いてます。 ですが、何も気にしないで、どうかお嫁に来てください。 」と こうして煕子は、無事に光秀の元に嫁入りします。 しかも、光秀は側室を持たず、この煕子を生涯ただ一人の妻として愛します。 以上のエピソードから、光秀は大変潔癖な人物であり、 とても優しい人柄を持ち合わせた、戦国時代には珍しいタイプの人だったようです。

次の

010

鳴か ぬ なら 鳴かせ て みせ よう ホトトギス 意味

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」徳川家康 家康は柿が熟して落ちるのを待つように織田信長の同盟者として戦い、秀吉の政権に参加しその政権の筆頭大老として秀吉を支え続けました。 それはやがて自分の手に天下が掴み取れるチャンスが来ることを自然にまかせ無理をせずに待ちました。 そして秀吉の死後、そのチャンスが巡ってきて関が原の戦いに勝利し政権を手に入れました。 「泣かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」豊臣秀吉 秀吉は頭を最大の武器としていました。 織田家に仕え始めた頃に信長にとってゴミのような存在の秀吉は信長の草履を懐に入れ信長に自分の存在を認めさせたという伝説があるほど頭を使い知恵を巡らせて織田家の出世頭となりました。 本能寺の変の後、明智光秀を討ち、織田政権の存続者となるために筆頭家老の柴田勝家を追い落とし、織田家の同盟者の徳川家康を配下にする等、様々な策を用いて天下を掴み取ります。 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」織田信長 信長は中世の因習を打破し近代を切り開いた「破壊者」「革命児」です。 徹底的に中世的な勢力を打ち壊し、自分に反抗する勢力を打破します。 叡山焼き討ちでは女子供まで皆殺しまでする程です。 3人の性格や手法をホトトギスの鳴かせ方に例えています。 こう言う例えもありますよ! 「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 喰うは徳川」 でも、これは家康にとっては酷ですね。 (苦笑) 家康も馬上天下をとったわけですから。

次の