コンクリートミキサー車 中古。 中古 ミキサー車 一覧|中古トラック情報なら【ゲットラック】

ミキサー・ポンプ 23台 中古トラック販売車輌一覧【トラック流通センター】

コンクリートミキサー車 中古

より専門的な呼び名としては、「アジテータトラック」ともよばれますが、一般的には「生コン車」等と呼ばれています。 生コンとは工場で製造された生の固まっていないコンクリートのことで、ミキサー車はこの生コンを工事現場へ運ぶ役目を担っています。 生コンは主にセメントと骨材(砂や砂利)、水からできていますが、これらはそれぞれ比重が違うため工場から生コンをそのまま運んでしまうと、砂や砂利など比重の重い材料は下に沈み、水などは浮き上がって分離してしまい工事現場でコンクリートを流し込めません。 そこで、ミキサー車は生コンが入ったドラムをゆっくりと回転させ、混ぜ合わせながら現場に生コンを運んでいるのです。 コンクリートを混ぜながら運搬できる特別な構造を搭載しているので、いわゆる8ナンバー車(特種用途自動車)となります。 生コン運搬は時間との戦いです。 生のコンクリートはセメントと水が反応し、数時間で固まりはじめてしまうため、工場での製造からスピーディーに建設現場に届けなくてはならないのです。 そのためには綿密な準備が行われます。 事前に道路の混雑状況などを予測し、すばやく確実に届けられる周辺の生コン工場を探したり、現場に到着してからもミキサー車がスムーズに作業できるように誘導したり、もちろんコンクリートの品質をチェックすることも必須です。 品質チェックでOKが出たら、ミキサー車からポンプを使って生コンを流し込む(排出)作業が始まります。 工場で作られた生コンはここから投入されます。 品質確保のため輸送時には専用のカバーをかけて運搬されるのが一般的です。 ・ドラム ミキサー車の肝となる部分です。 ドラム内部の螺旋形のプレートで生コンクリートをかくはんしながら骨材と水が分離しないよう、生コンの品質を保ちます。 ・シュート 生コンクリートを流し込むための樋 とい です。 左右に回転し、上下の動作も可能となっています。 ・水タンク 生コンの荷降し完了後、ホッパ、ドラム、シュートを洗浄するための水を貯蔵するタンクです。 やや大きめの家庭用バスタブと同じくらいのサイズが多いようです。 生コンをすばやく確実に届けるには入念な事前準備はもちろん、現場のチームワークも重要となります。 ちなみに、使い残したコンクリートは「残コン」や「戻りコン」と呼ばれて、そのままミキサー車で工場に持ち帰って大量の水で砂と砂利にわけて再利用したり、細かく砕いて砕石(基礎のコンクリートなどが沈まないよう下に敷かれる石)に使われたりします。

次の

ミキサー車ってどんな車?用途や構造について【キントラ】

コンクリートミキサー車 中古

中古車の最需要時期は決算期の3月、次に中間決算の9月、ボーナス期の6月・12月となり、需要が高まる時期に売却することで通常よりも少し高く売ることができるのですが、車輌全体の需要は時期によって変動するものではなく、様々な分野からの車輌に対する評価や求める声が高まっている時期に高くなるものですので、 高く売るために売却時期を見極めるのであれば1年を通した需要の変動よりも車輌全体の需要が高まっている時期を見逃す手はありません。 また、少しでも高く売るには、高く売れる時期に合わせて売却するといいと言われていますが、当然のことながら年月が経つにつれて年式が古くなってしまいますし、走行距離も増えていきますのでミキサー車の価値が下がってしまうのが実用です。 時期を待っていると反対に損をしてしまう可能性がありますし、現在はミキサー車の需要が高まっていますので、 売却を考えた時点から早期に売却することが中古ミキサー車を一番高く売れる時期と言えます。 需要が高い時期に売却を! 中古ミキサー車を高額売却するには専門的な買取業者を選ぶ!? 買取業者と一口に言っても、乗用車の買取・販売を専門にしているのか、トラックや、ミキサー車などの商用車の買取・販売を専門にしているのかなど、それぞれの買取業者には様々な専門分野があり、 専門的な買取業者を選ぶことがでるだけで中古ミキサー車が高く売れる可能性が飛躍的にアップします。 もちろん、専門分野が違う買取業者に依頼しても高い買取価格が望めないだけではなく、需要の専門性が高いミキサー車の場合は買取自体が難しいのが実情です。 中古ミキサー車を高く売るためには商用車専門の買取業者の中から一番高く売れる買取業者を探す必要があります。 専門業者への申し込み可能! 低年式や過走行、事故車、故障車のミキサー車でも高く売れる!? 商用車専用の買取業者には、国内だけではなくアジア諸国やアフリカ諸国、欧州諸国など海外にも多くの販路を確保している買取業者が多くあります。 日本製商用車は海外需要が非常に高く、 新車よりも購入価格を抑えることができる低年式や過走行の商用車ほうが需要が高いという特徴があります。 また、海外では商用車を走行距離300万km以上、30年以上使用することが一般的で、商用車を長きにわたって使用するために保守管理に徹底しており、中古部品や中古エンジンの需要が高いために多くの部品取り車が必要とされています。 事故車や故障車でも多くの部品を採取することができますので、海外にも多くの販路を確保している専門的な買取業者は、どんな状態の中古ミキサー車でも高く買い求めています。 もちろん、国内で販売した方が高く販売できる中古ミキサー車も多くありますので、国内と海外に多くの販路を確保している買取業者であれば、国内販路と海外販路の中でも最も利益が高い最適な販路を選択することで、 低年式や過走行はもちろん、事故車や故障車等どんな状態の中古ミキサー車でも高く買取ることを可能にしています。 査定前に中古ミキサー車のメンテナンスを行って査定アップ ミキサー車は使用するごとに、ホッパー内からボディ、足回りに至るまで徹底的に洗車を行っていると思いますので、外観はキレイな状態を保っていると思います。 しかし、車内には作業着などからの生コンの付着や放置している期間が長い場合は、外装、車内に汚れやホコリが溜まっていることと思います。 査定時に、 中古ミキサー車の見た目は査定全体に影響がある重要なポイントになりますので、ボディや足回り、車内に至るまで、ミキサー車全体をできる限りキレイにしておいてください。 また、この際に査定項目にある必要書類のチェックを行っておいてください。 必要書類の中でも重要な査定ポイントは、 ミキサー車本体の「取扱説明書」と、車検の内容が記載されている「定期点検整備記録簿」です。 この2点が揃っていればプラス査定になるのですが、メーカー保証の期間が残っている場合は「メーカー保証書」も揃えておくことでさらにプラス査定につながります。 中古ミキサー車の高額査定! ミキサー車を一番高く買取る買取業者を効率的に探す方法とは! 売却を検討している中古ミキサー車を一番高く買取る買取業者を探すには、複数の買取業者から査定を受けて一番高い査定額を提示する買取業者を探す必要があるのですが、 それだけでは本当に一番高く売ることはできません! 本当に一番高く中古ミキサー車を売却するには、複数の買取業者から査定を受ける際にも、 同時査定を行い業者間で価格競争させることと、さらに査定額を吊り上げるには一番高い査定額を他社に提示して価格交渉を行うことで相場よりも高い最高額で中古ミキサー車を売却することができます。 中古ミキサー車をどこよりも高い最高額で売却したいと思う方は、是非実践してください。 予想以上の金額を手にすることができるかもしれませんよ! 商用車の買取、売却をご検討の方は下記バナーをクリックすれば、 口コミで人気の大手5社に一括査定を依頼できます。

次の

ミキサー車 中古 買取|コンクリートミキサー車を高く売るコツ!

コンクリートミキサー車 中古

都道府県 :• 全国のコンクリートミキサー• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 鹿児島 0• 1 カテゴリ :• 全ての売ります・あげます• 自転車 0• 楽器 0• チケット 0• パソコン 0• スポーツ 0• 食品 0• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のコンクリートミキサー• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 鹿児島 0•

次の