テニス オープン スタンス。 テニスのフォアハンドスタンスを決めておいたほうがいい理由とは?

「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

テニス オープン スタンス

テニスのフォアハンドの打ち方は、 オープンスタンスが主流となっています。 昔は、踏み込んで打つというクローズドスタンスが主流でした。 踏み込んで、その体重移動でボールを打つので、 踏み込み足が必要になります。 動画はレンドル選手という以前のナンバー1プレーヤーですが、 フォアハンドを踏み込んで打っています。 踏み込むことが必要なため、フォアハンドやバックハンドを打つときは、 クローズドスタンスや、スクエアスタンスが主に使われるスタンスでした。 しかし、今は違います。。 ラケットの素材の進化で、 簡単にボールを飛ばすことができるようになりました。 ボールが飛ぶのをコート内に抑え込むため、 回転をかけることが必要になり、 よりスイングスピードをあげるため、 体の回転を生かしたスイングが主流になりました。 このスイングは体の回転を生かすため、 大なり、小なりひねりを作らないといけません。 そのひねりを作るため、 オープンスタンスがとても 有効なのです。 錦織圭選手も今年からコーチを変え、 マイケルチャンがコーチになりました。 そこで、フォアハンドの改善を行い、 今まで以上にフォアハンドの強化に 力をそそいでいるようです。 その改良点として、 もっとオープンスタンスを活用するように トレーニングしたようです。 そのくらいオープンスタンスを使うのか、 使わないのかで違いが出ます。 事実、錦織選手は今季もメンフィスで優勝しました!! その違いを理解しつつ、 オープンスタンスで打つコツをご紹介します!! オープンスタンスと他のスタンスの違い オープンスタンスは速い展開にとても有効なスタンスです。 横に振られたときに、 オープンスタンスで打った時と、 他のスタンスで打った時の違いはとても大きなものがあります。 大体時間にして、 0. 5秒くらいは違うのではないでしょうか。。 この数秒の違いがディフェンス力の違いにつながります。 オープンスタンスなら、打球後、すぐにセンターに戻り、コートをカバーできますが、 他のスタンスなら、オープンスタンスとくらべて、 余分に1歩おおくステップをしなくてはいけません。 この違いが大きいのです。 ジョコビッチ選手はオープンスタンスの使い方がとてもうまく、 世界最高の守備力とカウンター力を備えた選手です。 これらのスーパープレイもすべてはオープンスタンスで ボールを打つことから、 守備範囲が広がるきっかけをつくり、 相手のミスを誘ったり、 カウンターがうてたりと、 多大な効果を出しています。 オープンスタンスは守備面だけではありません。 オープンスタンスは攻撃面でもとても活躍します。 オープンスタンスで構えると、 とても体をひねることができます。 上半身を最大限ひねり、 さらに、下半身をどっしりと構えることができます。 私もよくここぞ!というときにオープンスタンスを使います。 相手からのボールもそこまでチャンスボールではないのですが、 タイミング的に、ここで打ったらいけるというとき、 オープンスタンスでしっかりと体を素早くひねり、 一気に戻して強打します。 結構強烈なボールが打てますし、 一気に優勢な状況に持っていけます。。 正直、いいとこだらけなんですねw ベースラインから緩いボールを打ちこむときや、 相手からのムーンボールにスピンをかけて返球するときなんかは、 オープンスタンスにもってこいのシチュエーションです。 打点を前にとる感覚も磨かれ、 とても強力なフォアハンドが打てること間違いなしです。 オープンスタンスのコツ オープンスタンスの肝心なところは、 ひねり です。 ひねりを使ってしっかりとしたスイングをすることが とても重要です。 素早く、しっかりとしたひねりをつくり、 一気にボールに向かってスイングしていきましょう。 しっかりとしたひねりがないとオープンスタンスは 完全な意味のないものになります。 私自身、始めたばかりの時は、 ひねりがしっかりと作られていなかったので、 ボールを強く打つことができませんでした。 しっかりとしたひねりをつくるのに コツがあります。 それは、 「利き足を前に出し、上半身を利き足側にひねる」 ことです。 フェデラー選手のように、 利きき足を前に出すことで、 オープンスタンスの形をすぐに作ることができますし、 利き足側にひねることで、 体と下半身にひねりをつくることができます。 これをすることで、 体のひねりを生かしたスイングができるので、 強烈なボールを打つことができます。 よりスムーズに回転したいときや、 うまく体が回らない人は、 テイクバックで、 肘をたたみましょう。 インパクトで脱力しすぎて、 肘が伸びきってインパクトを迎えている人がいます。 インパクトまで、 肘をできるだけ肘をたたむイメージで、スイングすると、 体をより回転させやすくなるでしょう!! 肘と腕の角度を90度に保ちつ、 インパクトまでスイングすることが重要です。 素振りで確認して、実際にボールを打ちましょう!! 最初は違和感があるかもしれませんが、 とても効率のいいスイングなので、 おすすめです。 まとめ• オープンスタンスは現代のスタンス• オープンスタンスはメリットだらけ• オープンスタンスのコツを身に着けよう 以上でした。 後半にお話した回転しやすくなるコツは、 通常のストロークでもかなり有効です。 これは、完成モーメントという物理法則からも 説明でき、 回転半径が小さいほど、物体は回りやすくなります。 回転半径を小さくするためにも、 肘と腕の角度を90度に保ち、 オープンスタンスをしましょう!!! ご意見・ご感想などはこちらに テニス フォアハンド オープンスタンス関連ページ 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!.

次の

オープンスタンス&クローズスタンス どっちが良いの?

テニス オープン スタンス

こんにちは! いきなりですが、テニスはオープンスキルと呼ばれるタイプの競技です。 なので、実際に打ち合ってみると 一球一球飛んでくるボールが変わりますよね。 毎回パターンを同じに出してくれる球出しボールの練習ならば常に同じように打てるかと思います。 しかし、毎球スピードもコースも軌道も回転量も微妙に変化しているボールに対応するには 基本としてずっと練習しているであろうスクエアスタンスだけでは対応し難くなってきます。 初心者はぜひこの壁を突破してほしいと思います! そこで今回は自分の中に新しい風を起こす一つとしてオープンスタンスでのショットも取り入れてもらえればいいと思うのです。 オープンスタンスを覚えるとラリーがグッと楽になること間違いなしですよ! 《関連記事》 目次• オープンスタンスとは? まず初めにオープンスタンスについて説明します。 スタンスはいくつかありまして クローズ・セミクローズ・スクエア・セミオープン・オープン・リバースオープン(言葉がないので独自にこうつけました) の6種類あります。 オープンスタンスは時計の針で言うところの 3時台と9時台に足がセットされている状態のスタンスになります。 一方、スクエアスタンスは6時と12時にセットしてる状態になります。 ネットに対して両足を横にしているのがオープンスタンス ネットに対して両足を縦にしているのがスクエアスタンス という風に覚えておきましょう! 他のスタンスはまた別記事でまとめたいと思います。 オープンスタンスのメリット ・打つコースが予測されにくい しっかり肩の入ったオープンスタンスはどこにでも打てる余裕があるので相手からするとコースがわかり難いです。 ・身体全体の捻り戻しを使ったショットが打てる オープンスタンスはスクエアスタンスに比べると身体全体の捻り戻りを使ったショットがしやすいので良い球が打てます。 ・横に走らされたボールに対して得意 横に走らされたボールを踏み込んでしまうとコートの外に向かって力を出すような形になってしまいます。 オープンスタンスなら前方向・クロス方向にもしっかりした球が打てます ・打球後のコートカバーリングに優れている 踏み込んで打たない分、次のフットワークに向けて移行したすいです。 特にコートの外に追い出された時は返球後はセンターに戻りたいわけなので オープンスタンスが適しているといえます。 応用になりますが、例としてオープンスタンス(右利きとします)を作ります。 もっと素早く動けば極論全部スクエアスタンスでも取れるかも知れませんがそれだと忙しすぎるので僕はやりません。 オープンスタンスのデメリット ・身体を上手く使えないと威力が出ない 腕力だけで飛ばせちゃう人もいますが、捻り戻しが重要なのでそれが出来ないとボールに勢いが出ません。 ・威力のないボールが飛んできたときに前のめりになりやすい 踏み込めそうなボールなのにスタンスを切り替えず踏み込まないまま打とうとすると身体が前に泳ぎます。 オープンスタンスしか頭にないとこういうミスが多発しますのでケースバイケースだということを理解することが必要ですね。 メリットに対してデメリットの方が少ないし、このスタンスの使いどころと身体の使い方さえ覚えてしまえばデメリットは解消されます! オープンスタンスの身体の使い方 身体の使い方・・・特に腰~下半身にかけての動かし方が重要になってきます。 それを覚えていきましょう。 このときの右足のつま先は真横に向かず、斜め前くらいにセットできていると良しです。 (テークバック時) 極端にどっちかに傾かないように骨盤の位置を下げていきましょう。 この状態が出来ていると膝は曲がっていると思います。 特に骨盤を捻った際に右足の膝が外に流れないように注意します。 このとき体重は左足4:右足6くらいの荷重になっているといいと思います。 そうすると左膝の方が右膝に比べると曲がっていると思いますがそれが大事です。 捻った結果として、左足のカカトは浮くようになってるのがベストです。 しっかりとカカトを意識しましょう。 インパクト時の荷重はおよそ5:5くらいになるようなイメージです。 そのような荷重になる為には右足のカカトが上がっている必要があります。 以上です。 まずは素振りでいいのでゆっくり動きを確認して一連の流れの中で行えるように出来るといいと思います。 オープンスタンスの練習法 正確に球出しを出せる人であれば2人組みになり、上記で覚えたオープンスタンスの身体使い方とスイングの打点の場所に手出しでボールを出して踏み込まずにその場で打つ練習法がもっとも最初はいいと思います。 慣れてきたらわざと横のほうに出してあげて、今の身体の使い方が出来るか試してみるといいです。 なのでオープンスタンスで返球できるといいでしょう。 セミクローズスタンスでも返球は出来ますが戻りが一歩遅くなりがちです。 自分の下に飛んでくるのをオープンスタンスで待ち構えて打つくらいがいいと思います。 まとめ オープンスタンスは上級者がやるものだと思われがちですが、初級者もどんどん練習してほしいショットです。 身体のひねり戻しが体感しやすく、全身を使って打つショットの練習にもなります。 そして、色んな状況のボールに対応できるようになる為にはこのオープンスタンスからの派生が大事になります。 球出しのボールは上手く打てるのにラリーが上手に出来ない方は足の形にこだわりすぎてるのかもしれません。 読んでいただきましてありがとうございます!.

次の

3つのスタンスの特徴まとめ

テニス オープン スタンス

道具の改良で生まれたオープンスタンスの打ち方 しかし、近年のテニスプレーヤーはクローズドスタンスを利用するよりもオープンスタンスを利用している人が増えています。 もちろんクローズドスタンスとオープンスタンスではフットワークが異なるので練習をする必要があります。 オープンスタンスが主流になってきた背景には、道具の改良があります。 クローズドスタンスはまっすぐに強く踏み込むことができるのでそのままボールに力を伝えることができるメリットがあります。 しかし、ラケットが改良をされたことによって簡単に速い球を打つことができるようになりました。 そこからしっかりと回転をかけることができる腰の回転を生み出しやすいオープンスタンスを利用する人が増えてきました。 そこで、最近のプロプレーヤーはほとんどがオープンスタンスで打っています。 練習方法はどうするか オープンスタンスで打つことができるようにするためにはフットワークの練習をする必要があります。 右利きの場合、右足が軸になるので、その軸を起点に左足が斜め45度まえぐらいにくるように足を配置します。 そして、バスケットのピボットターンのように右足を軸にして回転をしたり、いろいろな方向に踏み込んだりする練習をすると効果があります。 バックハンド側に返る時には右足を左足の前を通して、左足が軸、右足を踏み出し足にします。 このときにも左足を軸にして、ターンをすることができるようにフットワークのトレーニングをします。 よく行うトレーニングとしては、フォアハンドのオープンスタンスの構えからバックハンドのオープンスタンスの構えに変える流れをしながら素振りをする方法です。 また、逆にバックハンド側からフォアハンド側に変えるトレーニングをする方法もあります。 素振りをする時には腰の回転を意識するとより鋭いスピンのかかっているボールを打つことができるようになります。 フォームを作っていくときの注意点としては、オープンスタンスにする時の足を開きすぎてしまうとボールに力を加えにくくなります。 また、スライス回転がかかって、ボールのスピードも落ちてしまうので、こうならないように足の開き方や幅については試行錯誤をしていく必要があります。

次の