ケイシ ブクリョウ ガンカ ヨクイニン。 しみ(シミ)、手足の肌あれにヨクイノーゲンホワイト錠|クラシエのハトムギ専科シリーズ|クラシエの漢方 ヨクイニン|クラシエ

無題ドキュメント

ケイシ ブクリョウ ガンカ ヨクイニン

【お客様へ】本商品は医薬品です。 商品名に付記されてございますをよくご確認の上、ご購入下さい。 また、医薬品は使用上の注意をよく読んだ上で、それに従い適切に使用して下さい。 【医薬品による健康被害の救済に関する制度】医薬品副作用被害救済制度に基づき、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(救済制度窓口 0120-149-931)へご相談ください。 活用しよう「医療費控除制度」! 一部の医薬品の場合、ご購入された金額が ご自分と扶養家族の分も含めて年間で「合計10万円(税込)」を超えた場合、確定申告をすることにより、所得税が一部還付されたり、翌年の住民税が減額される制度があります。 使用上の注意 ・相談すること 次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること 医師の治療を受けている人 妊婦または妊娠していると思われる人 体の虚弱な人(体力の衰えている人、体力の弱い人) 今までに薬等により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。 皮膚:発疹・発赤、かゆみ 消化器:食欲不振 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 肝機能障害:全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。 下痢 1か月位(便秘、痔疾に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること。 ・用法用量に関連する注意 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。 ・保管及び取扱上の注意 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。 小児の手の届かない所に保管すること。 他の容器に入れ替えないこと。 (誤用の原因になったり品質が変わる。 083g 丸薬の結合剤としてハチミツ・カルメロースNaを含有する. 【お客様へ】お薬に関するご相談がございましたら、へお問い合わせください。 【ご注意1】この商品はお取り寄せ商品です。 ご注文されてから発送されるまで約10営業日 土日・祝を除く いただきます。 なお、商品によりましては、予定が大幅に遅れることもございますので、何卒あらかじめご了承お願いいたします。 【ご注意2】お取り寄せ商品以外の商品と一緒にお買い上げの場合は、全ての商品が揃い次第の発送となりますので、ご了承下さい。 ア.医薬品販売に必要な許認可証に記載されている情報名 (1)許可の種類:医薬品店舗販売業 (2)許可番号:許可番号 第V00746号 (3)発行年月日:平成30年2月18日 (4)有効期限:平成36年2月17日まで (5)開設者氏名:株式会社メディスンプラス (6)店舗の名称:メディスンプラス物流センター (7)店舗の所在地:大阪府 松原市三宅中7-9-7 トーヨーロジスティック内 1F イ.特定販売届出書 (1)届出年月日:平成26年6月12日 (2)届出先:藤井寺保健所 ウ.医薬品販売(相談応需含む)に従事する専門家の情報 (1)管理薬剤師:稗圃 賢輔 (2)薬剤師免許証 第124203号(長崎県) (3)当該店舗に勤務する者の区別:薬剤師であることを示すネームタグを着用 (4)担当業務:店舗管理、問い合わせ対応 (1)登録販売者:豊田 浩史 (2)販売従事登録番号 第27-10-00250号(販売従事登録年月日 平成22年2月22日) (3)当該店舗に勤務する者の区別:登録販売者であることを示すネームタグを着用 (4)担当業務:発送 エ.厚生労働省薬剤師資格確認検索システム オ.専門家が相談応需を受ける連絡先の情報 (1)電話番号:0120-205-904(フリーダイヤル) (2)相談応需可能時間:営業時間内 (3)緊急連絡先:080-3861-3458/ カ.医薬品に関する注意文言 「医薬品は使用上の注意をよく読み用法・用量を守って正しくお使い下さい」 キ. 医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説 医薬品を適正に使用していたにもかかわらず、副作用により、入院治療程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費・医療手当・障害年金などの給付を行う制度です。 医薬品副作用被害救済制度に基づき、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(救済制度窓口/0120-149-931)へご相談下さい。 お客様がご注文されますと、『購入履歴画面』において、当店の薬剤師からの注意事項とご質問の有無のご確認とともに『承諾するボタン』が表示されるようになります。 お客様は『購入履歴画面』での注意事項をご確認後、 必ず5営業日以内に『承諾するボタン』を押してください。 当店がお客様の『承諾するボタン』のご入力を確認後、ご注文を正式に承ります。 上記の STEP3 まで進んだ後、はじめて正式にご注文を承ります。 医薬品のリスク分類について リスク分類 解説 第1類医薬品 【特にリスクが高いもの】 一般用医薬品としての使用経験が少ない等、安全性上特に注意を要する成分を含むもの。 第2類医薬品 【リスクが比較的高いもの】 まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの。 第 2 類医薬品 指定第2類医薬品。 同じく第2類医薬品であるが、その中でも特に注意を要するもの。 第3類医薬品 【リスクが比較的低いもの】 日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの。 要指導医薬品 【2014年6月12日以降、当店では販売致しておりません】 医療用から移行して間もなく、一般用としてリスクが確定していない医薬品、および その医薬品と有効成分・分量・用法・用量・効能・効果などが同一性を有すると認められた医薬品。 また、薬事法第44条第1項・第2項に規定する劇薬、毒薬。 第1類医薬品、第2類医薬品、 及び第3類医薬品の表示に関する解説• 記載事項:区分表示として「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」と記載し、枠で囲みます。 指定第2類医薬品に関しては【第(2)類医薬品】と表示します• 記載場所:実際の商品の場合、医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載されています。 また直接の容器又は直接の被包の記載が、購入者から容易に見ることができない場合には、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載されています。 医薬品の情報提供について はじめに:医薬品の情報提供に関する解説 以下のように、各々情報提供の義務・努力義務があり、当店では専門家(管理薬剤師)が対応します。 販売に関する許可を有することを、トップページ及び会社概要ページに記載しています。 使用上の注意など、各商品ページに記載またはリンクを設けております。 各商品ページの情報は、医薬品の外包・使用上の注意に記載される情報をもとに作成しています。 ご購入やご使用にあたり、ご不明な点は専門家「稗圃賢輔(管理薬剤師)」が対応しております。 指定第2類医薬品を購入又は譲り受けようとする場合、指定第2類医薬品の禁忌事項の確認を促し、必要であれば薬剤師等に確認していただくようにします。 商品の陳列について• 当ネットショップでは、医薬品(第2類医薬品・指定2類医薬品・第3類医薬品)と他商品とを明確に区別して表示しています。 一般医薬品のリスク区分を、商品名および商品説明に明記しています。 商品情報内に特に記載が無い場合、使用期限1年以上の商品をお届けしております。 劇薬、医療用医薬品はネット販売いたしておりません。 実店舗におきましては、第1類医薬品は、第1類医薬品陳列区画内に陳列しています。 ただし、鍵をかけた陳列設備その他一般用医薬品を購入し、若しくは譲り受けようとする者又は一般用医薬品を購入し、若しくは譲り受けた者若しくはこれらの者によって購入され、若しくは譲り受けられた一般用医薬品を使用する者が直接手の触れられない陳列設備に陳列する場合は、この限りではありません。 第2類医薬品と第3類医薬品は、それぞれが混在しないように陳列しています。 お申し込み時について• 当店で販売しております医薬品には、個数制限を設けさせていただいております。 制限個数を上回るご注文をされた場合、ご利用目的を確認させていただいております。 ご注文内容に関する当店の確認結果によっては、ご注文の変更またはキャンセルをお願いする場合がございます。 引き渡しについて• 誤出荷を防止するため、専門家「稗圃賢輔(管理薬剤師)」が確認いたしております。 販売後の対応について• 専門家「稗圃賢輔(管理薬剤師)」がご相談に対応いたしております。 必要に応じ、お客様にメール等で情報提供をいたしております。 お客様へ :医薬品は使用上の注意をよく読んだ上で、それに従い適切に使用して下さい。

次の

点訳ナビゲーター 点訳者のための点字表記検索システム

ケイシ ブクリョウ ガンカ ヨクイニン

桂枝茯苓丸は女性の味方ともいえる漢方薬です。 女性は体調不良になりやすく、精神的にもまいりがちですよね。 漢方薬は効率的に使っていけば、体の不調を整えあなたの助けとなってくれます。 桂枝茯苓丸を毎日の生活に取り入れ、気軽に服用していきましょう。 桂枝茯苓丸の効能 桂枝茯苓丸はのぼせや冷え性といった、 血の巡りによる症状に効果的な漢方薬です。 医療用漢方製剤では、更年期障害、頭痛、肩こり、めまいなどにもよく処方されます。 配合されている生薬は、桂皮(ケイヒ)、薬(シャクヤク)、桃仁(トウニン)、茯苓(ブクリョウ)、牡丹皮(ボタンピ)で、主に、体力が中以上の方で、赤ら顔、のぼせやすいのに足が冷え、下腹部が張る感じがするような人に向く漢方薬で、生理異常やにきび、しみ、湿疹・皮膚炎、しもやけなどの皮膚のトラブルなどにも効果があります。 血の巡りが悪くなると、月経不順を引き起こすことにもなります。 月経不順が続けばホルモンバランスを乱れさせ、他疾患のきっかけとなることもあるんです。 早めに解消していきましょう。 桂枝茯苓丸の副作用 桂枝茯苓丸にはほとんど副作用がありません。 でも一部副作用を感じてしまう人もいるので、事前に確認しておきましょう。 特に多いのが桂枝茯苓丸を含む漢方薬の過剰摂取があげられます。 漢方薬は、年齢、体重、体質、症状により適宜増減するので、医師や薬剤師の説明をしっかりと聞き、用法・容量を守り正しく服用することが大切です。 万が一異常があらわれるような場合は、使用を中止し病院で診てもらうようにしましょう。 むくみ 体に水分がたまり、皮膚が膨張してしまうことがあります。 主に顔や手足、お腹周りに起き、いつも着ている服が入らないといったことが起こるでしょう。 むくみは自分で分かりにくいことがあります。 家族や友人といった第三者に判断してもらうと確実です。 胃の不快感 桂枝茯苓丸に対し体が拒否反応を起こし、吐き気や胸やけ、気持ち悪さを感じることがあります。 実際に吐いてしまう人もいるでしょう。 舌がしびれる 舌がしびれてしまい不快感を伴うことがあります。 しびれが重症化していけば、 会話や食事が困難になってくるんです。 早めに解消していくことが大切になります。 黄疸 肝障害を起こすことにより、目元が黄色くなってしまうことがあります。 健康を阻害するだけではなく、美容の面にもリスクを伴うことがあるでしょう。 発疹とかゆみ 皮膚に発疹とかゆみが起こることがあります。 発疹の状態は人によって違いますが、 水ぶくれや赤みの症状が出ることもあるでしょう。 そのほかにもさまざまな副作用が起こることがあります。 症状の表れ方は人によって違うので、少しでも体に異常を感じたら、桂枝茯苓丸の使用をやめてください。 症状が続くことがあったら、医師や薬剤師に相談してください。 桂枝茯苓丸の注意点 桂枝茯苓丸はどなたでも使っていきやすい漢方薬ですが、使用に注意が必要な人もいます。 無理に服用すれば、体調不良を起こすことがあります。 事前によく確認し、自分の状況と照らし合わせていきましょう。 妊娠中の女性 桂枝茯苓丸の中には妊娠中の人に向かない、桃仁や牡丹皮が含まれています。 服用することによって体調不良を起こすことがあるので、使用の際はかかりつけの医師に相談しましょう。 持病を持っている人 持病を持っている人が桂枝茯苓丸を服用すると、体調不良のきっかけとなることがあります。 医師と相談しながら服用していきましょう。 ほかの薬を使用している人 ほかの薬を使用している人が桂枝茯苓丸を服用すると、相乗効果によって体調を悪くしてしまうことがあります。 すでに何らかの薬を服用している人は、 医師や薬剤師に相談しながら使用しましょう。 薬でアレルギー症状を起こした人 薬によってアレルギー症状を起こした人が桂枝茯苓丸を服用すると、再び症状を起こすことがあります。 桂枝茯苓丸の中にアレルゲンが存在することがあるからです。 医師や薬剤師に相談するようにするといいですね。 漢方薬の正しい飲み方とは? 漢方薬には正しい服用法が存在しています。 服用法を間違えると、しっかりと効能を感じることができなくなるので注意するようにしてください。 漢方薬は基本的に水やお湯で服用するようにしてください。 ジュースやコーヒーといった飲み物と混ぜると、効能を損ねてしまうことがあります。 水に桂枝茯苓丸を混ぜ電子レンジで1分ほど温めてから、もう1度混ぜる方法が簡単でしょう。 また 食前や食間の空腹状態での使用が大切です。 症状を放置すると他疾患のきっかけになる 冷え性やのぼせといった症状を放置しておくと、他疾患のきっかけとなることがあります。 うつ病 長く体調不調が続くと 慢性的にストレスがたまり、うつ病のきっかけとなることがあります。 うつ病になってしまうとイライラや不安を感じるようになり、体の痛みや発疹を引き起こすこともあるでしょう。 自律神経失調症 のぼせや冷え性は、 自律神経失調症を引き起こすことがあります。 交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり、日常生活に支障を来たすことになるんです。 1度疾患になってしまうと、治療のための時間が必要となります。 少しでも体調不良を感じたら、早めに対策を行っていくことが大切です。 桂枝茯苓丸を飲みやすくしてくれるアイテム 桂枝茯苓丸には独特の苦みがあり、そのままでは服用しにくいことがあります。 便利なアイテムを使って、使用を楽にしていきましょう。 らくらく服薬ゼリー らくらく服薬ゼリーは龍角散が販売している、とても便利なアイテムです。 ゼリーの中に漢方薬を入れ、そのまますくって服用することができますよ。 味もいちごチョコ風味やコーヒーゼリー風味といった、バラエティ豊かな仕様になっています。 子供用も販売しているので、お子さんに漢方薬を使用したいときにも役立てることができます。 空カプセル 空の状態のカプセルが販売しているので、その中に粉末の桂枝茯苓丸を入れてみましょう。 粉末をそのまま服用するよりも飲みやすく、自分流にアレンジすることもできます。 漢方薬を複数飲んでいると管理が大変になります。 カプセルに入れて管理すると、品質保持にも役立ちますよ。 オブラート オブラートは昔から使用されている便利アイテムです。 でも最近では少し様子が違ってきたようで、さまざまな味のついたものが販売しています。 使い方は簡単でオブラートの中に漢方薬を入れてから、お湯や水と一緒に飲むだけなんですよ。 複数購入して、使い分けるようにしてもいいでしょう。 食品に混ぜて飲むものあり できれば食品と一緒に飲まないほうがいいですが、どうしても飲みにくいと感じたら好きな 飲み物やお菓子に混ぜて服用してみるのもいいでしょう。 紅茶やコーヒーは味付けがしやすく、のど越しもいいので使っていきやすいですよ。 そのほか、クッキーやチョコレートに混ぜてみるのもいいでしょう。 まとめて作っておけば、気が付いたときに気軽に食べることができます。 栄養豊富なお菓子にしていきたいなら、ナッツやフルーツを混ぜてもいいでしょう。 自分流にいろいろアレンジしていくことをおすすめします。 桂枝茯苓丸は女性の味方といえる漢方薬 桂枝茯苓丸は血の巡りに不調を抱えている人に、効果的に使っていくことができます。 血の巡りが悪くなると、 冷え性や月経不順のきっかけとなります。 女性が困りがちな、症状の解消が期待できる漢方薬といえるでしょう。 ただ桂枝茯苓丸にはデメリットもあります。 独特の風味があるので服用しにくいんです。 場合によっては食品と混ぜ、飲みやすくしていくのも大切です。 自分でいろいろアレンジし、ストレスなく摂取していってください。

次の

桂枝茯苓丸料加薏苡仁(ケイシブクリョウガンリョウカヨクイニン)

ケイシ ブクリョウ ガンカ ヨクイニン

・体力が中程度 ・赤ら顔である ・月経困難、月経不順がある ・のぼせやすいのに足が冷える ・下腹部が張る感じがする スポンサーリンク 桂枝茯苓丸 の作用・効果 桂皮(ケイヒ)には健胃作用のほか発散作用があり、 のぼせや頭痛に効果があります。 芍薬(シャクヤク)は痛みをとる作用があります。 茯苓(ブクリョウ)は気分を落ち着け余分な水分を取り除く作用があり、桃仁(トウニン)や牡丹皮(ボタンピ)は血液循環をよくします。 これらの生薬がいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 薬効試験では、末梢の血流を改善する作用が確認されており、高血圧の随伴症状の改善や糖尿病の合併症の症状改善にも応用されています。 桂枝茯苓丸は、肩こりや、複合性局所疼痛症候群 complex regional pain syndrome(CRPS)などの、慢性の(長い期間の)痛みに対して用いられることがあります。 長引く痛みは、その部位の血流の障害を伴っていると考えるのが漢方の理論であり、慢性的な痛みに対する桂枝茯苓丸はは微小循環の改善による効果を期待して使用されます。 微小循環によるいたみのは、刺したり絞られるような痛みや、しびれや、夜に悪化する、冷たい、色の悪いというような特徴を持つ痛みです。 これらの痛みの場合、桂枝茯苓丸が効果を発揮する可能性があります。 もう少し深堀りして解説しますと、漢方医学では、 「疾患が慢性化すると微小循環障害(瘀血:おけつ)が生じる」という考え方があります。 つまり長引く病気があると、局所の血の流れが悪くなり、滞ります。 それを気滞血瘀(きたいけつお)と呼びますが、 長引く痛みが続き、循環が悪くなってしまうこの状態のせいで、関節や筋肉の圧を上げたり局所を腫れさせて、痛みの原因になると考えます。 痛みにより交感神経が亢進し、血管が収縮し、血流が悪くなり、血が滞る。 というイメージでもあります。 桂枝茯苓丸は、そういった微小循環を改善させる漢方として、長引く痛みに使用されます。 血の滞りを改善させる働き、活血化瘀(かっけつかお)と呼び、血瘀(けつお)を改善します。 厳密には、活血は循環が悪い細い場所でも循環を保つことで、化瘀は循環の悪さそのものを改善させます。 桃仁・牡丹皮などは化瘀よりの働きをします。 産婦人科領域で桂枝茯苓丸が使用されるのも、女性では、子宮や卵巣などがあるためお腹の中の圧力が男性よりも高くなり、圧力が高くなるので微小循環が障害されるため、その微小循環を改善させる桂枝茯苓丸が有効という考えによります。 桂枝茯苓丸の成分・効能 桂枝茯苓丸は、5種類の生薬からなります。 ・桂皮 ケイヒ :クスノキ科のニッケイの根を乾燥させたもの。 薬効は、「気」の巡りをよくし、発汗によって体表の毒を除く働きがあります。 解熱作用、鎮静作用、血行促進作用、抗血栓作用があります ・芍薬 シャクヤク :ボタン科のシャクヤクの根を乾燥させたもの。 薬効は、「血(ケツ)」のめぐりをよくします。 また、筋肉のけいれんを鎮めたり、鎮痛作用もあります。 ・茯苓 ブクリョウ :サルノコシカケ科のマツホドの菌核を乾燥させたもの。 薬効は、利水作用があり、余分な水を排泄する作用があります。 胃腸を整え、精神を安定化する作用もあります。 ・桃仁 トウニン :バラ科のモモを成熟した種子を乾燥させたもの。 薬効は、血液凝集作用があります。 便秘の改善作用もあります。 ・牡丹皮 ボタンピ :ボタン科のボタンの根皮を乾燥させたもの。 薬効は、血行をよくして、「熱」をさます作用があります。 「血(ケツ)」の滞りによる症状の改善に用いられます。 桃仁、牡丹皮は局所の血流を改善させる生薬として使用されます。 桂枝茯苓丸の副作用 配合生薬の桃仁や牡丹皮は、妊娠中の人には慎重に用いるべき生薬とされています。 大量でなければまず心配はありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。 また、胃腸の虚弱な人は嘔吐や腹痛、下痢が起こることがあります。 桂枝茯苓丸の服用方法 ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒によると、通常、成人1日7. 5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされています。 年齢、体重、症状により適宜増減してください 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の