送っていただけますでしょうか。 メールで「送ってください」と正しい敬語できちんと伝える【メール文例付き】

メールで「送ってください」と正しい敬語できちんと伝える【メール文例付き】

送っていただけますでしょうか

「催促メール」書き方のポイント まずはじめに「催促メール」の書き方のポイントを紹介します。 「件名」は「確認」や「お伺い」の表現にする 催促メールの件名は「〇〇のご確認」「〇〇のお伺い」などとし、確認したいということを示す件名にします。 あからさまに催促しているような件名は避けます。 本文は「催促」を感じさせない言葉で たとえ自分に非があったとしても、一方的に催促されるメールは不愉快な気持ちになるものです。 相手を責めるような催促の表現ではなく、どうなっていますか?という確認の表現や、確認をお願いします、というお願いの表現にします。 本日までとお願いしておりました〇〇の件、どのようなご状況でしょうか?• 〇〇の件につきまして、ご確認をお願いしたく、メールを差し上げます。 〇〇の件ですが、その後の進み具合はいかがでしょうか?• 先日お送りしたメールはご確認いただけましたでしょうか?• 本日までにご回答をお願いした件、いかがなりましたでしょうか?• 現時点でお返事が確認できないのですが、状況をお知らせいただけますでしょうか。 やんわりと伝える「クッション言葉」を加える 直接的な表現を和らげるため、クッション言葉を添えます。 お忙しいご事情があるかとは存じますが、• 何かの手違いかと拝察いたしますが、• 行き違いでご返答いただいているかもしれないのですが、• 催促しているようで恐縮ではございますが、• お忙しいところ恐れ入りますが 締切の「日付」とその「理由」を明記する このような理由のため、いつまでに返事が欲しい、という理由と締切の日付を簡潔に明記するようにします。 この時の理由は、個人的な事情に焦点をあてずに、第三者や行事の都合など、やむにやまれぬ事情であることを伝えます。 会議が明日に迫っておりますため、本日中のご連絡をお待ちしております。 弊社の生産ラインの都合上、〇月〇日までに納入をいただく必要がございます。 「行き違い」を考慮する 返事を郵送や社内便で受け取る予定だったり、振込の催促などの場合は行き違いが発生する可能性があります。 状況により、行き違いを考慮した文言を状況により添えるとよいでしょう。 なお、本メールと行き違いになり、すでにご対応を頂いておりましたら何卒ご容赦くださいませ。 これとは別に、実は返信メールがきていたのに気が付かなかったなど、メールの確認不足で行き違いが発生することは問題です。 そのようなミスがないよう、催促メールを送る時は事前の確認を怠らないようにしましょう。 「お願い」の結びの言葉で締めくくる 最後は、「お願い」の結びの言葉で締めくくるとよいでしょう。 お忙しいところお手数ですが、以上ご確認いただけますようお願いいたします。 内容や相手との関係性によっては、催促してすみません、という気持ちをあえて書くこともできます。 催促のようなメールを何卒ご容赦いただき、ご確認のほどお願いいたします。 せかすようで申し訳ございませんが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。 「催促メール」の例文 次に催促メールの例文を紹介します。 〇月〇日にご依頼いたしました〇〇のお見積もりの件ですが、本日時点でご回答をまだいただいていないようでございます。 〇月〇日に社内会議で検討を行う予定のため、お忙しいところ大変恐縮ですが、〇日までにご送付いただけますよう、お願いいたします。 なお、本メールと行き違いですでにご対応いただいておりましたら、失礼のほどご容赦くださいませ。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 先日は、〇〇のお見積もりにつきましてお時間をいただき、誠にありがとうございました。 その後ご検討の状況はいかがでしょうか。 何かご要望やご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお申しつけ下さい。 なお、お見積の有効期限は〇月〇日となっており、期限を過ぎますと同内容でのご提供が難しくなる可能性がございます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討状況をお知らせいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 (メール署名) 日程調整の催促(上司へ) 件名:〇〇会議日程ご確認のお願い(再送) 〇〇部長 お疲れ様です。 〇日にメールでお伺いしておりました「〇〇会議」日程調整の件ですが、その後いかがなりましたでしょうか? 会議室の予約を間に合わせたいため、お忙しいところ誠に恐縮ですが、本日中にご回答をいただきたく、お願いいたします。 前回のメールでお伺いした内容は下記の通りでございます。 ————————————————————— 〇〇会議の開催日時につきまして、下記の日時でご都合の良い日時はございますでしょうか。 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時~〇時まで ————————————————————— 上記日時でご都合がつかない場合はお手数ですが候補日時のご連絡をお願いいたします。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認をいただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。 (メール署名) 「催促メール」返信の書き方とポイント 催促メールをもらった時の対応の仕方を説明します。 「催促メール」の返信は素早い対応を 自分が「催促メール」をもらったら、素早い対応を心がけましょう。 すぐに回答できない場合でも、いつまでに回答するということをとり急ぎ返信します。 催促メールの返信は、まず謝罪の言葉から始め、現状の報告を簡潔に述べます。 「催促メール」への返信の例文 見積もりの検討状況ついて催促メールが来た時の返信例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇のお見積もりへのご連絡が遅れまして大変申し訳ございません。 ご確認のメールまで頂戴してしまいまして、恐縮に存じます。 実は〇〇の件につきまして、〇日の営業会議で検討を行う予定でおります。 結果につきましては、会議が終了次第、〇日までにご連絡させていただく予定です。 ご心配をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 とりいそぎ、お詫びとご連絡まで申し上げます。 「催促メール」の「返信の返信」も素早い対応を 催促メールを送付して、それに返信が来た場合は、対応してくれたことへの感謝と、確かに返事を受け取ったことを簡潔に伝えるメールを素早く返信しましょう。 「催促メール」への「返信の返信」の例文 催促メールを送ってその返信を受け取った場合の例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇の件につきまして、お忙しい中さっそくご連絡をいただきましてありがとうございます。 〇日までにご回答いただけるとのことで承知いたしました。 何卒よろしくお願いいたします。 まとめ ビジネスの「催促メール」の目的は、こちらの要望通りの行動を気持ちよく起こしてもらうことです。 相手が上司や取引先であっても同僚であっても、不愉快な気持ちにさせないようにお願いの姿勢で丁寧に書き、その返信に対してはお礼のメールを迅速に送るように心掛けましょう。

次の

「いただけない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

送っていただけますでしょうか

【フレーズ】Would you be so kind as to send me the contact information? 《ウジュビソウカインダズトゥセン(ドゥ)ミザコンタク(トゥ)インフォメーション》 【意味】恐れ入りますが、連絡先の情報を送っていただけますでしょうか? 【ニュアンス解説】 Would you be so kind as to 〜で、「恐れ入りますが〜していただけないでしょうか?」という丁寧な依頼のフレーズです。 主にビジネスシーンで耳にするフレーズですが、相手に負担になるようなお願いをする場合には、ビジネス以外の会話で使われています。 【例文】 1. ミーティング A. Do you have the name and the phone number of the person? <その方のお名前と電話番号はお分かりですか?> B. No, I don't. Would you be so kind as to send me their contact information? <いいえ。 恐れ入りますが、連絡先の情報を送っていただけますでしょうか?> A. Certainly. <もちろんです。 > 2. 見積もり依頼 A. Would you be so kind as to send me a quote by tomorrow? <恐れ入りますが、明日までに見積もりをお送りいただけますでしょうか?> B. Of course. I will email it to you by three tomorrow. <もちろんです。 明日の3時までにはメールでお送りいたします。 > A. Thank you so much. <本当にありがとうございます。 > 英語にも実はこのように大変丁寧な言い回しがあります。 今日のゲストコラム World Hot News 〜Australia from Chika オーストラリアの代表スイーツ オーストラリアに住んでいてよく聞かれる質問が、「What about Japan do you miss? (日本の何が恋しい?)」。 やっぱり和食!そして、デパ地下のカラフルなスイーツたちが恋しいです。 でも、ここオーストラリアのスイーツたちも負けてはいません! 私の中のオーストラリア代表スイーツベスト2をご紹介します。 Lamington ラミントン 19世紀末にクイーンズランド州総監だったラミントン卿の名前が由来とされるこのお菓子。 歴史の深いこのお菓子は、ラミントン卿のためにおもてなしのスイーツを用意しておけと命じられたシェフが、前日に焼いたスポンジを使って短時間で作れるお菓子を発明したとも言われています。 スポンジケーキの表面にチョコレートアイシングがコーティングされ、細かく削られたココナッツフレークがまぶされているシンプルなラミントン。 そのシェフの奥さんがタヒチ出身だったことから、ココナッツをまぶしてみては?というアイデアが出たとも言われています。 ピンクマシュマロが挟まった「 Lamington」とオーストラリアの絵本「Possum Magic」(ポッサム親子もラミントンが大好き! 私は毎年オーストラリアデーにこのラミントンを頂き、国民の祝日をお祝いするのが主流となってます。 今年のオーストラリアデーも、ラミントンが登場する息子と私の大好きなオーストラリアの絵本「Possum Magic」を読みながらラミントンを頂きました。 Pavlova( パブロバ パブロバは、メレンゲを焼き、その上に生クリームとフルーツがデコレーションされたスイーツ。 お祝い事やパーティーなどでよく出されるこのパブロバの名前の由来は、実はロシアのバレエダンサーAnne Pavlova から来ています。 ご近所さんからおすそ分けしてもらった卵で私が初めて作った「Pavlova」 ロシア人?オーストラリア代表スイーツなのになぜ?って思われますよね? Anne Pavlova は世界初のワールドツアーをしたバレエダンサーとして知られており、彼女をモチーフにして作られたスイーツということからパブロバと呼ばれるようになったのです。 外側はさくっと、中側はしっとり、私は甘酸っぱいイチゴとラズベリーとパッションフルーツのトッピングが好きです。 オーストラリア人はオーストラリアが発祥だと言い、ニュージーランド人はニュージーランドが発祥だと主張しているようです。 私が生まれて初めてパブロバを食べたのはニュージーランドで誕生日を迎えたときでした。 そのときは「歯茎まで甘さが染み渡る!」って思ったくらいの甘さも、今ではすんなり食べられるようになっちゃいました!.

次の

~して頂けましたでしょうか?

送っていただけますでしょうか

送ってくださいは、「ください」がつくので一見敬語のように見えますが、ビジネスシーンでは「送ってください」という表現はあまりおすすめできません。 相手に何かを送ってもらうときは、「ご送付ください」という表現にした方が失礼にあたりませんので、こちらの表現を使うようにしましょう。 上記でご紹介した「ご送付ください」よりもややくだけた感じになりますが、「送ってください」と書くよりも丁寧になります。 「ご送付ください」という表現がやや堅苦しいかもしれない、と感じたときは「お送りください」という表現で文章を書いた方が良い印象を与えることができます。 送ってもらうものが郵便物の場合に限る表現ですが、送ってもらう必要がある場合は、「送ってください」よりも「ご郵送ください」と表現した方が印象が良くなります。 郵送するとなると、郵便局もしくは宅配業者に依頼しに行く手間を相手にかけることになります。 なのでご郵送くださいという文言の前に一言「お手数おかけしますが」など相手に対して気づかいをする表現を入れておくとより印象が良くなるでしょう。 いただけますでしょうか、という表現と「お」という丁寧表現を追加することで、より丁寧な印象を与えることが可能になります。 「ご送付ください」や「ご郵送ください」に比べると、やや稚拙な表現ですが「送ってください」という文言よりは丁寧な表現になります。 送ってもらう相手に送ってもらえるかどうかわからないときに、訪ねる表現としても使用できるでしょう。 送ってください、という表現を使わずに「ご送付」という表現を使うことで、よりビジネスシーンらしい表現にすることができます。 また、語尾を謙譲語にすることでより丁寧な言い回しにすることが可能です。 「メールに添付してご送付ください」の丁寧表現• ・メールに添付してご送付いただけますでしょうか• より丁寧に表現する場合は、語尾に「いただけますでしょうか」「いただきたく存じます」といった文言をつけると良いでしょう。 どの程度丁寧にするかは状況に応じて使い分けるようにしてください。 「下記住所までご送付ください」の丁寧表現• ・下記住所までご送付いただけますでしょうか• 郵便物を物理的に送って欲しい、送ってもらうときの表現としてよく使われます。 より丁寧に表現したいときは、「ご郵送いただけますでしょうか」など丁寧語の表現も使うと良いでしょう。 「返信用封筒にてご郵送ください」の丁寧表現• ・返信用封筒にてご郵送いただけますようお願い申し上げます• 期限までに郵送してもらいたい郵便物がある場合によく用いられる表現です。 より丁寧な表現としては「期限までご郵送いただけますようお願い申し上げます」などがあります。 「期限までにご郵送ください」の丁寧表現• ・期限までにご郵送いただけますようお願い申し上げます• 語尾に「いただけますでしょうか」とつけることで、より丁寧な印象を与えることができます。 ビジネス文書の形式を指定するときなどによく用いられる表現です。 「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・ワードでお送りいただけますようお願いいたします• 何かしらのアンケートや質問票を贈った時の回答を送って欲しいときに、よく使われる表現になります。 もう少しくだけた感じの文章にしたいときは、「お送りください」だけでも良いでしょう。 「回答をお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・回答をお送りいただけますと幸いです• ファイル形式を指定してファイルを送って欲しいときの表現としてよく使われる文章です。 丁寧な印象を与えたいときは語尾を「いただけますでしょうか」や「いただけますと幸いです」といった表現にすると良いでしょう。 「メールで圧縮してお送りください」の丁寧表現• ・メールで圧縮してお送りいただけますでしょうか• 送付期限があるときによく使われる表現です。 語尾の表現には「いただきたく存じます。 」「いただけますと幸いです。 」などがあります。 状況によって使い分けると良いでしょう。 「期日までにお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・期日までにお送りいただきたく存じます• 送り届けるという表現も、送ってくほしいという意味の表現です。 送り届けるの敬語表現としては、「送り届けていただけますでしょうか」などがあります。 「送り届けてください」の例文• ・誕生日までに送り届けてください• ビジネスシーンで使われることはあまりありませんが、送ってもらいたいものがあるときに使われる表現のひとつです。 芸術的な文章表現や歌の歌詞などに使われることが多いでしょう。 「差し出してください」の例文• ・あなたのハートを差し出してください• こちらもビジネスシーンや丁寧な文章を要求される場面では、使われることがない表現です。 どちらかといえば日常会話で多く用いられます。 「そこのティッシュをこっちによこして」などの使われ方が多いでしょう。 「よこしてください」の例文• ・醤油をこっちによこしてください• 「郵送してください」と意味が同じで、郵便物を送って欲しいときに使われます。 丁寧な表現としては「ご発送ください」や「ご発送いただけますでしょうか」などがあります。 「発送してください」の例文• ・指定された期日までにご発送ください• 移送というと、A地点からB地点まで移動させるという意味合いがあります。 こちらの手元に送って欲しいというより、物を移動させてほしいときに使われる表現です。 「移送してください」の例文• ・A工場まで移送してください• ・大阪まで移送してください また、下記の記事は「ご連絡差し上げます」の敬語表現について書かれた記事です。 「ご連絡差し上げます」の敬語表現のほか、「ご連絡申し上げる」や「ご連絡いたします」の使い方についても紹介されています。 「ご連絡差し上げます」の使い方について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語を使う時の注意点は? 「送ってもらう」の丁寧語を使うときは「ご送付」「ご郵送」を使う ビジネスシーンで「送ってください」を丁寧な表現で使うときは、「ご送付」や「ご郵送」といった単語を使うようにしましょう。 より丁寧で失礼のない文章を書くことができます。 状況に応じて「いただけますでしょうか」「いただければ幸いです」などの語尾にするとより印象が良くなります。 「送ってもらう」の敬語は状況に応じて表現を変える ビジネスシーンであっても、状況に応じて丁寧な文章を使い分けることが大切です。 過剰に丁寧な言い回しをし過ぎても違和感を覚えられることがあります。 適度に丁寧な言い回しをして、印象の良い敬語を使えるようになりましょう。 また、下記の記事は「どういたしまして」の語源と意味について紹介した記事です。 語源や意味のほかにも、類語や「どうたしまして」の使い方、敬語での言いかえについても紹介されています。 「どういたしまして」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語表現は「ご送付ください」を使おう 「送ってください」は「ください」が語尾についているので、一見敬語表現に見えます。 しかし、口語表現では大丈夫でも、ビジネスシーンなどでメールに文章を書くときにはあまりふさわしい表現ではありません。 「送ってください」という意味の文章をビジネスメールで使う場合は、「ご送付ください」や「ご郵送ください」といった表現を使うようにすると、メールを受け取った側の印象が良くなるでしょう。 また、下記の記事は「お変わりございませんか」の例文と、敬語表現などを紹介した記事です。 例文や敬語表現のほか、手紙やメールでの返事の書き方についても書かれています。 「お変わりございませんか」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の