数珠 お葬式。 お葬式に持って行く数珠とは?数珠の色・種類・値段や持ち方まで解説|終活ねっと

数珠、焼香|安心できる葬儀ガイド

数珠 お葬式

仏式のお葬式には持参するのが一般的となっている数珠ですが、その本来の使い方や意味をご存知でないかたは多いのではないでしょうか。 ここからは、 数珠の意味について説明していきます。 数珠は葬儀において必要ない? 数珠は、念仏を唱える際に、 念仏を何回唱えたかを数えるための道具です。 葬儀で念仏を唱えるのは僧侶ですので、念仏を唱えない一般の参列者は、数珠を持参しなくても問題はないということになります。 しかし現在では、仏式葬儀に参列するときにキリスト教や神道の信者でない場合は、 持参するのがマナーとされています。 珠の数の意味 珠の数は、 煩悩の数を表しています。 除夜の鐘では煩悩の数の分、108回鐘をつきますよね。 数珠も、 108個の珠からなるものが基本です。 54・42・36・27・21・18個などの108より少ない珠からなる数珠もあり、葬儀やお通夜で参列者により多く用いられています。 お葬式の数珠の種類 お葬式に持って行く数珠には、パワーストーンとして流行っている数珠風ブレスレットとは異なり、いくつかの決まりごとがあります。 性別や自分の宗派で持てる数珠が異なるため、自分が使える種類を絞った上で、その中から好みの外観や予算に合うものを選びましょう。 本式数珠と略式数珠 お葬式で用いる数珠には、 本式数珠と略式数珠があります。 どのような違いがあるのでしょうか。 本式数珠 本式数珠とは、 二重にして使われる、宗派ごとの正式な数珠のことをいいます。 参列するお葬式ごとに数珠を買いそろえる必要はなく、 自分の信仰する宗派の数珠を持つのが決まりです。 本式数珠を購入するのであれば、 お世話になっているお寺に相談するのが一番です。 もしくは、宗教的な知識のある信頼できるお店 略式数珠 宗教的な道具という観点からは本式数珠が望ましいですが、多く流通しているのは略式数珠です。 略式数珠は シンプルな一連のデザインが特徴で、ほとんどの宗派で使えます。 本来の念仏を数える用途に数珠を使う人はほとんどいない上、自分の宗派がわからなくなってしまった人も多いこと、略式数珠はおしゃれなものが多く好みの数珠を選びやすいことなどが人気の理由です。 日蓮宗など一部の宗派では略式数珠を認めないので注意が必要です。 男性用と女性用 お葬式用の数珠は、 珠の大きさによって、男性用と女性用があります。 宗派によっては、男女で珠の数も異なります。 また、仏具は基本的に1人につき1つです。 たとえ 夫婦でも共有できないので、注意してください。 宗派ごとに数珠の種類・持ち方が違う 仏教の中でも、宗派ごとに 本式数珠の玉の数や材質、房の形などは異なっています。 また持ち方も宗派ごとで大きく違うため、1度 自分の宗派を確認しておくと、葬儀やお通夜の際に困らずに済むでしょう。 下の「終活ねっと」の記事では数珠を含めたお葬式の持ち物について紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。 男性用か女性用か、本式か略式かを決めたら、数珠の価格帯や色などは好みで選んで構いません。 男性用は本式も略式もほとんどが黒か茶ですが、女性用の略式数珠は色が豊富にあります。 ここからは、そんな 数珠の色や素材について解説していきます。 色、デザインの選び方 数珠にはお守りのような意味合いもあり、そう頻繁に買い換えるものではありません。 基本的に「お葬式の数珠でこの色はダメ」といった決まりもないため、 長く使えるもの、 愛着の持てるものを選ぶのがポイントです。 しかし、東海地方や北陸地方の一部地域では、場面によって数珠の使い分けを行うことがあるので、心配な方は地域ごとのルールを確認してみると良いかもしれません。 素材 数珠には、大きく分けて 木製と天然石の数珠があります。 どちらの方がいい、というような決まりはありません。 味の出る木製 木製の数珠の特徴は、使っていくうちに 色が深くなり、味が出てくることです。 また、香木で作られた数珠はいい香りがします。 檀木でできているものが一般的ですが、桜の木や杉の木を使っている数珠もあります。 変わらない天然石 天然石の数珠は、男性はオニキスやタイガーアイといった落ち着いた色、女性は水晶やローズクオーツ、アメジストなど軽やかな色が好まれています。 特徴としては、使い込んでも ほとんど変化しないということです。 また、 琥珀や真珠・サンゴでできた数珠もあります。 高価なものがいい? 先ほど挙げた天然石は、どれも高価なものではなく、 数千円で手に入りますが、ラピスラズリ、サンゴ、翡翠などとこだわっていくと、値段も高くなります。 珠の大きさや天然石の傷や透明度、発色、ブランドなどでも値段は変わります。 マナーを厳しくジャッジされてしまうお葬式で、見るからに安っぽい数珠を持って行くのも問題ですが、お葬式は見栄を張る場所でもないので、 高価である必要はありません。 パワーストーンはNG パワーストーンでつくられた数珠やブレスレット型の数珠が販売されていますが、正式な葬儀の場には 適していません。 日常生活で身に着ける分には大丈夫ですが、 お通夜や葬儀では正式な数珠を着用しましょう。 数珠の持ち方のマナー• 数珠は、念仏を唱える際に何回唱えたかを数える道具である。 珠の数は煩悩の数を表している。 数珠には、仏教の各宗派ごとの正式な数珠である本式数珠と、多くの宗派で共通して使える略式数珠がある。 本式数珠は、宗派ごとに数珠の素材や持ち方が異なるため、購入する際は菩提寺に相談すると良い。 数珠には、木材でできているもの、天然石・サンゴや真珠でできているものなど、様々な種類がある。 パワーストーンでできている数珠を葬儀で使うのは避けるべきである。 数珠は焼香や合掌の時だけでなく、葬儀の間は座っているときや移動中もカバンから出しておくべきであり、またその持ち方には決まりがある。 数珠を持っていない場合でも、貸し借りをしてはいけない。 神道やキリスト教を信じている場合は仏式の葬儀であっても数珠を持参する必要はない。 数珠は本来なくてもいいものですし、仏教以外の宗教を信仰している場合には持つ必要はありません。 しかし特に信仰する宗教がない場合は、日本のお葬式はほとんどが仏式のため、数珠を持っていないと困ることが多いです。 数珠には様々な種類がありますので、好みのデザインの略式の数珠を持っておくことをおすすめします。 「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。 下の記事では葬儀の費用相場ついて紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

通夜・葬儀での数珠の持ち方・使い方・選び方[宗派別早見表]|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

数珠 お葬式

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 数珠とは? 通夜や葬式に参列する際の必需品ともいえるのが数珠です。 「持参するのが常識だから」と考えている方は多いかもしれませんが、ここからは数珠がいったい何のためにあるのか、必要な理由や正しい使い方について解説します。 数珠とは?葬式に数珠が必要な理由 数珠の構成と深い関係にあるのは 「煩悩の数」です。 本式数珠と呼ばれる正式な数珠では、108個の玉とその他の意味を持つ玉によって構成されています。 以下の名前と位置を把握しておきましょう。 ・中通しの紐:玉をつなぐための紐で、観音菩薩を意味する ・親珠:中心につながる房付きの玉 ・主珠:百八煩悩や百八尊を表す108個の玉 ・四天珠:4か所に位置する玉(略式は2か所) ・弟子珠:房に付く小さな玉 ・露珠:弟子珠の下に付ける玉 ・浄明珠:親玉の下にある玉 本来は、「お経を何回読んだか」が分かりやすくなるよう用いられていました。 現代では玉数の少ない略式数珠を利用するケースも多く見られ、お守りの意味を込めて活用されています。 男性と女性では数珠の種類が違う! 数珠選びの際に注意したいのは、各人に適した数珠の種類は 性別ごとに異なるという点です。 玉ひとつひとつの大きさから全体の構成まで、宗派ごとに男女別の仕様が定まっています。 使う方の性別を明確にした上で選べるよう意識しましょう。 夫婦や兄弟という近親者であっても性別が異なれば共有もできません。 使い方は男女ともに同様なので、略式数珠の適切な使い方を知っておきましょう。 ・移動中:房部分が下になるよう、左手で持つ ・座位姿勢:左手首に掛ける ・焼香時:左手親指以外、4本指に通して持つ ・合掌時:焼香時と同様、または合掌した両手に掛ける 通夜・葬式での正しい数珠の使い方 ここでは、一般的な数珠の持ち方を分かりやすくまとめた動画を参考にご覧ください。 (動画は48秒です) 参考動画:<浄土真宗本願寺派>葬儀の際の数珠の持ち方【小さなお葬式 公式】 の動画が見られない場合は 葬儀の最中は、基本的に数珠を出しておきます。 焼香のときにカバンから取り出す方もいますが、これは正しい作法とはいえません。 数珠の持ち方としては、左手に掛け、輪の中に右手を入れて合掌します。 座って読経などを聞いている時は左手首にかけ、焼香などで歩く必要がある時は房を下にして左手で持ちましょう。 左手で持つのは、 左手が仏の清浄な世界を、 右手が現世を表しているためです。 焼香の際には、宗派によって持ち方が変わりますが、基本的には合掌し、親指と人差し指の間に数珠をかけます。 長い数珠を一連のままで使う場合は、中指に掛け渡して手を合わせましょう。 お葬式では自身の宗派に合わせた数珠を用意 数珠は本来、僧侶が読経を唱える数を数えるために使っていた仏具です。 そのため、キリスト教など仏式以外の葬式では使用しません。 本来の意味を考えると仏式でも不要ですが、マナーと考える方もいるため持参したほうがよいでしょう。 仏式の葬式に参列する際は、自身の信仰する宗派に合わせた数珠を用意します。 信仰する宗派が決まってない場合は、宗派を問わない略式の数珠を用意すれば問題ありません。 数珠による宗派の違いはマナー違反にあたらないため、 自分の宗派に即した数珠を持参しましょう。 2つの数珠を組み合わせた構成になっており、 金属製の二連の輪に房がついているのが特徴です。 一連が27玉、もう一連が20あるいは40玉となっています。 二連の輪違いになっているのは、念仏の数を沢山数えるためです。 玉の数自体はほかの宗派の定番である108個よりも少ないですが、2つの数珠の組み合わせで数を数えられるため、結果的に数えられる数ははるかに多くなります。 そのため、片方の房が 「蓮如結び」という形式で結ばれていて、数取りができないようになっています。 もう片方の房には、20個の弟子玉がついているのが特徴です。 親玉から数えて7個目と21個目に 四天という小さい玉がついているのも特徴です。 これは、お経を7回、21回、54回、108回と唱える修法にもとづいているとされています。 振分数珠(ふりわけじゅず)とも呼ばれることもあるので、覚えておきましょう。 このことから、玉を繰りやすくなっていることが特徴です。 また、親玉からは20個の平玉の弟子玉と10個の丸玉の弟子玉が下がっていて、これらを用いるとおおよそ3万回のお経を唱えられます。 3本のうち1本には10個の弟子玉がついていて、これでお経の数を数えます。 また、全部で5本の房には様々な説があり、それぞれが人体を表しているともされています。 曹洞宗だけの特徴としては、数珠に金属の輪が通っていることが特徴で、一連の数珠に、1本あるいは2本の房がついているシンプルな形です。 また、臨済宗と曹洞宗は禅宗であるため、お経をあげる機会が他宗派に比べて少ないといえます。 そのため、檀家であっても正式の数珠を持っている人は多くありません。 片手に掛ける一連の構成が多く、各宗派の本式数珠に比べて小さいものがほとんどです。 略式念珠は自由度が高い種類でもあるため、素材の意味や効果もチェックしながら選ぶとよいでしょう。 数珠は本来、 「お経を何回読んだか」を分かりやすくするためのものでした。 現代では玉数の少ない略式数珠を利用するケースも多く、お守りの意味を込めて使っているのが一般的です。 数珠に関する注意点 数珠の貸し借りはしない 「葬式の直前に破損した」「家族で同じ物を使っている」といったケースも見られますが、持ち主以外との共有は好ましくありません。 「念珠」ともいわれるとおり、お守りと同じ役割を担っているためです。 数珠を持参していなくても問題ないですが、身だしなみを整えて参列しましょう。 直前に購入する場合は、宗派を問わない 略式数珠を選ぶと対応しやすくなります。 カバンの中で見失ったり破損したりしないよう、数珠入れも一緒に購入するのがおすすめです。 パワーストーンやブレスレット式の数珠は使わない 近年パワーストーンが流行したことから、これを使った数珠が店頭に並んでいます。 また、アクセサリーの一環として、ブレスレットタイプになっているものも見かけるでしょう。 こういった数珠は日頃身につける分には問題ありませんが、通夜や葬式の場では相応しいとはいえません。 こういったものとは別に、きちんとした数珠も用意しましょう。 数珠は信仰に合わせて相応しいものを 宗派によって数珠の種類が違うため、宗派が決まっているのであれば 本式数珠を備えておくと安心です。 略式数珠は100円ショップでも取り扱っていますが、マナーの観点から考えると適切とはいえません。 極端に簡易的な数珠は、遺族や参列者に対して不快感を与える可能性があるためです。 時間があるのであれば、葬式用として適した物を選びましょう。 葬儀が終了したら 葬式を終えた後は、数珠に付着した汚れや汗を拭き取ってメンテナンスを行います。 素材によっては変色することもあるため、なるべく丁寧な手入れを心がけましょう。 保管場所として桐の箱を用意できると、劣化を抑えやすくなります。 利用頻度が少ない仏具でもあるため、引き出しに収納するのがおすすめです。 なるべく温度差がなく、日光が当たらない場所で保管します。 メンテナンス中や利用時に数珠が切れた場合は、新しい物を購入しましょう。 「悪い縁を断つ」という意味があるため、劣化による破損は悪いものではありません。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

数珠の持ち方・使い方は?意外と知らないお葬式マナー|パワーストーンコラム

数珠 お葬式

数珠の持ち方はお葬式ではどうすればいいのか? 仏式での数珠の用い方は決まっているのか? 喪服での数珠の扱い方や作法に決まりはあるかはどうすればいいのか? など、数珠は仏を礼拝するときに用いる法具なので、日常でなじみの薄い分、いざという時に多くの疑問があることでしょう。 数珠には、宗派ごとに形や用い方に決まりごとがあります。 「数珠の持ち方のイラスト」「お通夜の数珠の持ち方の画像」「数珠の持ち方の画像」など、 インターネットで数珠に関する多くの情報がありますが、注意しないといけないのは、ご自身の宗派に合わせたものを参考にしないといけないということです。 ここでは、各宗派ごとの数珠の持ち方・使い方・選び方を詳細に解説していますので、すべての宗派の方の手引きとなることでしょう。 【合わせて読みたい】 数珠とは:種類と意味 数珠(じゅず)とは、複数の小さな球に糸を通して輪にした法具です。 仏式の通夜・葬儀ではお焼香の時に用いられます。 仏を念ずる時に用いる珠との意味から「念珠」(ねんじゅ)とも呼ばれています。 字の前後を入れ替えて「珠数」と書く場合もあります。 数珠は念仏を数えるためと、人間が持つ108個の煩悩を打ち消すために持つといわれ「身を護る」などの功徳があるとされます。 そのように数珠は持つ方のお守りの役割もある仏具であるため、 数珠の貸し借りはしないのがマナーです。 数珠には大きく分けて「本式数珠」と「略式数珠」という種類があります。 本式数珠は、それぞれの宗派ごとに決まった形の正式な数珠のことで、 「正式数珠」とも言います。 略式数珠は宗派にこだわりなく、すべての宗派で使える略式の数珠のことで、 「片手数珠」とも言います。 また、数珠は「念珠」や「寿珠」とも言われています。 本式数珠(二重) 本式数珠は一般には二重にして使用し、「本連数珠(念珠)」・「二連数珠(念珠)」・「二輪数珠(念珠)」とも呼ばれます。 本式数珠の形は宗派によって異なりますが、 数珠の正式な形である108玉が揃うものが本式数珠とされています。 我々の持っている煩悩は108あると言われていますが、この108というのは人間の煩悩の数を表しており、最も功徳(くどく)がある数とされています。 本式数珠は、108の煩悩を108の玉で覆い隠す働きをもつものとして、お守りとして使われる場合もあります。 ただ 宗派によっては数珠に関するとらえ方の違いがあり、108個の珠数にこだわりを持っていない宗派もありますので、詳細は、下記の各宗派の項目をご参照ください。 略式数珠(一重) 略式数珠は、主珠の数を簡略化した数珠のことで、一般的には一重で作られており、「片手数珠(念珠)」または「略式数珠(念珠)」とも呼ばれます。 略式数珠は、以前までは 正式数珠の108を基準に、2分の1の54個、3分の1の36個、4分の1の27個などと割り決められていましたが、 現在では、使いやすさや見た目など実用性が重視されています。 通夜・葬儀では、必ず本式数珠を用意しなければいけないという決まりはないので、 通常のお葬式では略式数珠を持参すれば十分使えます。 地域の特性や嫁ぎ先、身内に確認し、家ごとのこだわりなどが特になければ、喪服や袱紗と一緒に略式数珠を用意しておくとよいでしょう。 略式数珠は、男性用と女性用は区別されていますので、購入の際には気をつけましょう。 詳細は、下記の 「男性用と女性用の数珠の違い」をご参照ください。 男性用と女性用の数珠の違い 男性用と女性用の数珠の違いは、主に珠(たま)の大きさや全体の大きさ(長さ)房の色にあり、男性用と女性用を混同して使用することはありません。 また、正式数珠に関しては、宗派によって形や持ち方も違ってきますので、正式数珠を購入される場合は、確認が必要です。 通夜や葬儀などのマナーとして数珠の持ち方を覚えておいてください。 詳細やお勧めの珠のサイズや素材、房の色に関しては、下記の 「男性用の数珠」もしくは 「女性用の数珠」をご参照ください。 葬儀費用がお得に! 最大60,000円割引• 宗派ごとの数珠の持ち方・使い方の違い この項目では、宗派によって異なる数珠の持ち方・使い方について説明します。 各宗派で決められている数珠は、 「正式数珠」と言い、数珠の形や房などが異なります。 また、宗派によっては、男性用と女性用で異なります。 また、ここでは主な宗派の数珠の持ち方・使い方についてだけでなく、各宗派の概略も記載しています。 ご自分の宗派でない通夜や葬儀、告別式に参列される際に参考にしてください。 数珠の持ち方「真言宗」 真言宗とは 真言宗(しんごんしゅう)は、空海(弘法大師)によって9世紀初頭の平安時代に開かれた大乗仏教の宗派です。 真言陀羅尼宗(しんごんだらにしゅう)、曼荼羅宗(まんだらしゅ)、秘密宗(ひみつしゅう)とも称され、中国の青龍寺で恵果から学んだ密教を基盤にしています。 真言宗の数珠 真言宗は、特に お念珠を大切にするという傾向があり、 ほかの宗派に比べ、特に数珠を重要視しています。 主玉108個の他、親玉、四天玉(四菩薩)からなる二重のタイプで、房は菊房で表と裏があります。 また、真言宗の数珠の持ち方は短いほうではなく、長い一連の数珠を二重にして使用する形状なので、 「振分数珠」とも呼ばれています。 男性用・女性用共に同じ形で、大きさだけが異なります。 また、真言宗の数珠の持ち方は高野山真言宗、真言宗豊山派、真言宗醍醐派、真言宗智山派なども数珠の持ち方は同じです。 数珠の持ち方でも「遍路(四国88カ所霊場を巡る)」の疑問が多いですが、お遍路の数珠の持ち方は、「両手の中指にかける」か「右手は中指、左手は人差し指にかける」の2通りがあります。 数珠の使い方「真言宗」 持ち歩く、もしくは座っているときの数珠の持ち方は左手で親玉を上にし、二重にしてかけ、房を握るようにして持ちます。 合掌のときの数珠の持ち方は、両方の中指に数珠をかけ、そのまま手を合わせて合掌をします。 その際、自分の為の行の時は房を手の平の内側に入れ、そのまま房を包むように合掌します。 そして、合掌した手を擦り合わせ、音を立てて使います。 これには、108の煩悩を擦り砕くという意味があり、日本仏教界の重職を務めた高僧の「鳥羽僧正(覚猷)」が修法の終わりを知らせるために合図として音をたてたことが始まりです。 数珠の持ち方「浄土宗」 浄土宗とは 浄土宗は、浄土信仰に基づく鎌倉仏教のひとつで、 「浄土専念宗」とも呼ばれています。 浄土宗は、本尊は阿弥陀如来です。 浄土宗では信心の表れとして念仏を唱える努力を重視し、念仏を唱えれば唱えるほど極楽浄土への往生も可能になると説いた時宗の数珠の持ち方が受け継がれ 「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に住生できるという専修念仏の教えを説き、のちに浄土宗の開祖と仰がれた 「法然上人(源空・げんくう)」を宗祖としています。 また、数珠の持ち方でも高野山では、法要やお葬式の数珠の持ち方とは違い、補処 浄明)の付いている方を右手の中指に、緒留 おどめ を左手の頭指に掛け、房を両手の掌中に入れて持念します。 浄土宗の数珠 浄土宗の数珠は、本式数珠でも珠の数は108玉ではありません。 浄土宗の本式数珠は、2つの輪を交差させ一つに繋いだような独自の形が特徴です。 「日課数珠」「百八数珠」「荘厳数珠」の3種類があり、一般の檀家・信徒は 「日課数珠」を使います。 念仏の数を数えられるような形になっています。 また、男性用、女性用で玉数と大きさが異なるのが特徴です。 念仏を唱えるとき、決められた形式で数珠の玉数に沿って数えていくと男性は3万2千4百回、女性は6万4千8百回唱えることができるため、 男性用は「三万浄土」、女性用は、「六万浄土」とも呼ばれます。 数珠の使い方「浄土宗」 念仏を唱える時は、副玉が入っていない方の輪を左手の親指と人差し指の間に掛け、副玉が入っている方の輪を左手の人差し指と中指に挟み、そのまま握り念仏を唱えます。 そして、副玉の入っていない方の玉を念仏の度に親指で手前に手繰ります。 合掌をするときの数珠の持ち方は両手の親指に2つの輪を揃えてかけ、房を手前(自分の体側)に垂らし、親指を揃えた数珠を押さえます。 【合わせて読みたい】 数珠の持ち方「浄土真宗」 浄土真宗とは 浄土真宗とは、親鸞が始めた浄土教の一派 「本願寺派(通称:西本願寺 正式名称:龍谷山本願寺)」となります。 絶対他力の教えで、信心があれば、往生後すぐに成仏できるという考えです。 浄土真宗は、法然上人を師として仰いでからの生涯に渡り、法然によって明かされた浄土住生を説く真実の教えを継承した 「親鸞(しんらん)」を宗祖とされています。 唱えは 「南無阿弥陀仏(なもあみだぶつ)」と言います。 浄土真宗の数珠 数取りができないように、 房が「蓮如結び」になっています。 これは、煩脳具足そのままで救われる教えなので、数珠を操ることで煩悩の火を消す必要がないからです。 数珠の選び方で浄土真宗には、形や数にこだわりはありません。 数珠の使い方「浄土真宗」 数珠の持ち方は真宗の教えによるものですが、 浄土真宗では「本願寺派(西本願寺)」と「真宗大谷派(東本願寺)」で持ち方が異なります。 西本願寺の数珠の持ち方 房を下に垂らすように2連に巻いて、そのまま両手を合わせます。 数珠を持つ時は、房を下に垂らし、左手で持ちます。 東本願寺の数珠の持ち方 両方の親玉部分が上にくるように2重に巻いて、両手に掛け左手の側に房を垂らします。 どちらも、合掌の時は、数珠を両手にかけ、親指で軽く上から押さえ、指の間をぴったり閉じます。 合掌した手は胸の前、指は斜め45度位上に来るように構えます。 数珠の持ち方「日蓮宗」 日蓮宗とは 日蓮宗は、皇室から日蓮大菩薩と立正大師の諡号を追贈された 「日蓮聖人」を宗祖とする法華経信仰による仏教の宗派の一つです。 法華経の中から選ばれた宗祖の名前がそのまま名称になっています。 日蓮宗の数珠 日蓮宗の数珠には、玉一つ一つに 「珠数曼陀羅」があり、多くの種類がありますが、大きく分けて 「勤行数珠」と 「装束数珠」の2種類があります。 一般の檀家・信徒は 「勤行数珠」を使います。 僧侶は普段は 「勤行数珠」、法要などの儀式の際には 「装束数珠」を使います。 日蓮宗の数珠は、108玉でできており、108個繋げた数珠を持つことで、煩悩を消し、身を清めるご利益があるとされています。 「南無妙法蓮華経」をとなえる数珠の持ち方は、課題を唱える際、数をかぞえるために用いられ、10回繰ったら約1000回のお題目を唱えたことになると言われています。 数珠の持ち方は法華宗、日蓮正宗、不受布施派、本門佛立宗など日蓮宗系の宗派はみな同じです。 また、法華系の新宗教である霊友会の数珠の持ち方も霊友会から分派した日蓮宗系の立正佼成会の数珠の持ち方も同じと言われています。 日蓮宗の数珠は、長い一連の珠数に四十一個の下がり珠の付いた菊房がついているのが一般的です。 数珠の使い方「日蓮宗」 お唱えをするときや回向をするときは、輪を8の字にねじり、2本の房が出ている方を右手の中指にかけ、3本の房が出ている方を左手の中指にかけ、房は手の甲側に垂らして手を合わせます。 特に念を込めるときには、両手に掛けることもあり、移動など、普段手に持つときは二重にして左手に持ちます。 数珠の持ち方「曹洞宗」 曹洞宗とは 曹洞宗は、日本仏教において禅宗のひとつで、お釈迦様をご本尊として仰ぎ、大本山永平寺を開いた道元と大本山總持寺を開いた瑩山を両祖として敬っている宗派です。 「只菅打座(しかんたんざ)」を本旨として、坐禅をすることで真実の自己・仏性に目覚めて悟りの境地へと至るとする教えを根本としています。 曹洞宗の数珠 曹洞宗の数珠は、主珠が108個あり、数珠に金属の輪が通っているのが特徴です。 玉のひとつひとつに煩悩を引き受けてくださる仏様が108尊いるとされており、この数珠を持つことにより、煩悩を消し去り、身を清めるご利益があると信じられています。 そのため曹洞宗では、本式数珠を持つことが檀家・信徒の心得とされており、本式数珠を持つ方が多いです。 なお、 曹洞宗は禅宗のため、お念仏やお題目を唱えることはせず、座禅を重んじていますので、厳しい規定はありません。 数珠の使い方「曹洞宗」 合掌の時の数珠の持ち方は右手を添えるように合わせ、房を下に垂らすように、輪を二重にして親玉が左手の人差し指の上になるようにかけ、両手を合わせて合掌します。 なお、座禅を重んじている曹洞宗(禅宗)では、上記に記載した以外、数珠に関しての作法や規定は存在しません。 数珠の持ち方「真宗大谷派」 真宗大谷派とは 浄土真宗の宗派のうちの1つで、大谷派の根本道場である 「真宗本廟(通称:東本願寺)」を所属するすべての寺院及び教会の本山としています。 基本的な教えては浄土真宗本願寺派と同じとなりますが、唱えの言葉は異なり、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」となります。 真宗大谷派の数珠 数珠の持ち方で大谷派の場合は、浄土真宗と同じく、数取りができないように、房が 「蓮如結び」になっています。 これは、数珠を操ることで煩悩の火を消す必要がないからです。 浄土真宗の大谷派は数珠の持ち方として、形や数にこだわりはありません。 数珠の使い方「真宗大谷派」 数珠を二重に巻き、親玉が上に来るようにし、房を上にして合掌した両手にかけます。 房は左手の甲の方に垂らします。 数珠の持ち方「臨済宗」 臨済宗とは 日本仏教において禅宗のひとつで、中国唐の真定府の臨済院に住み、黄檗希運の弟子であり、興化存奨を初めとする多くの弟子を育てた 「臨済義玄」を宗祖としています。 中国の禅宗の五家七宗の一つとして鎌倉時代に栄西(ようさい)が日本に伝えました。 日本の臨済宗は、「法嗣、はっす(師から弟子への悟りの伝達)」を重んじています。 釈迦を本師釈迦如来大和尚と、ボーディダルマを初祖菩提達磨大師、臨済を宗祖臨済大師と呼びます。 臨済宗では、座禅によって悟りを開くことを自力と言いますが、臨済宗も曹洞宗も禅宗の一派であるため、数珠の持ち方は禅宗が伝えた釈迦牟尼仏に帰依するという意味の 「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」を唱えます。 臨済宗の数珠 臨済宗の数珠は曹洞宗と作りや房は同じで、 主珠が108個ありますが、輪がありません。 男性用の数珠には紐房、女性用の数珠には頭付房が付いています。 臨済宗は曹洞宗と同じく禅宗のため、お念仏やお題目を唱えることはせず、座禅を重んじていますので、厳しい規定はありません。 なお、同じ禅宗である黄檗宗の数珠の持ち方も真如苑の数珠の持ち方も同様です。 数珠の使い方「臨済宗」 合掌の時は、輪を二重にし左手にかけ、右手を添えるように合わせ、房を下に垂らし、両手を合わせて合掌します。 数珠の持ち方・使い方に関しても、曹洞宗と同じく、座禅を重んじている禅宗のため、上記に記載した以外、数珠に関しての作法はありません。 数珠の持ち方「天台宗」 天台宗とは 天台宗は、大乗仏教の宗派のひとつで、諸経の王とされる妙法蓮華経(法華経)を根本経典とするため 「天台法華宗(てんだいほっけしゅう)」とも呼ばれている宗派です。 唐の僧 「鑑真和上」によって天台宗の典籍(書物)が日本に入ったことが始まりで、天台宗の宗祖である、唐に渡って天台山にのぼり、天台教学を受けた 「最澄(俗名は三津首広野:みつのおびとひろの)」が帰国して天台教学を広め、天台法華宗として認められたのが始まりです。 一尊一仏の教えではなく、本尊はおの仏像でも良いとされています。 天台宗の数珠 天台宗の数珠は主珠108個からなり、主玉はそろばん玉のような平珠(ミカンのような形)が特徴です。 房には、20個の平珠と10個の丸珠が付いています。 天台宗の数珠には大きく分けて 「9寸サイズ」「8寸サイズ」「大平天台」の3種類があり、 男性は「9寸サイズ」女性は「8寸サイズ」僧侶は「大平天台」を持ちます。 数珠の使い方「天台宗」 お参りの際は、房を下に垂らし、両手の人差し指と中指の間にお数珠を掛けて手を合わせます。 移動する時や座っている時は、二重にして左手に持ちます。 その時、房は小指側に寄せておきます。 合掌の際は、輪を張った状態で両手の人差し指と中指の間に数珠を挟み、そのまま手を合わせます。 数珠の持ち方「創価学会」 創価学会とは 創価学会は、法華経系の在家仏教の団体で、価値の中心に 「生命の尊厳」の確立を置き、それに基づいた 「万人の幸福」と 「世界の平和」の実現を目標としている日本の宗教法人です。 「創価」とは、 「価値創造」の意味です。 創価学会の数珠 大きな特徴としては、 房が白房であることです。 珠の数は108個となります。 なお、購入の際には、創価学会の数珠専門店で購入することをお勧めされるようですので、購入される場合は、事前に学会員の方にご相談されることをお勧めします。 数珠の使い方「創価学会」 数珠が長いときの持ち方は、数珠を半分におり、3つ房が右側、2つ房が左側に来るように手にかけて合掌をします。 葬儀費用がお得に! 最大60,000円割引• 男性の数珠の持ち方 宗派ごとに男性用と女性用で数珠が異なるものもありますが、一般的な数珠の持ち方としては男の人も女の人も同じです。 また、仏壇での数珠の持ち方も、弔事での数珠の持ち方も、告別式の数珠の持ち方も基本的には同じです。 数珠の持ち方は略式のものを用いる場合、多くの宗派で共通の持ち方があります。 また、数珠の持ち方は線香を備えるときも通夜のときも法事のときも基本的には同じです。 ただし、数珠の種類によって数珠の扱い方が異なりますので、下記をご参照ください。 片手数珠の場合 左手に輪を通して合掌をする、もしくは合掌した両手に輪をかけます。 振分数珠の場合 二重にして、左手に輪を通して合掌をする、もしくは二重にして合掌した両手に輪をかけます。 女性の数珠の持ち方 一般的な数珠の持ち方として、女性特有の持ち方はありません。 ただし、片手数珠と正式数珠(振分数珠)では数珠の扱い方が少し異なりますので、以下をご参照ください。 片手数珠の場合 左手に輪を通して合掌をする、もしくは合掌した両手に輪をかけます。 振分数珠の場合 二重にして、左手に輪を通して合掌をする、もしくは二重にして合掌した両手に輪をかけます。 正しい数珠の選び方 ここでは、数珠の選び方について説明します。 ご自分が特定の宗派の信徒の場合は、ご自分の宗派の正式数珠を持つことが理想的ですが、 最近では初めて自分の数珠を買うという方の多くは略式数珠を選ぶという傾向にあります。 また、高価な数珠にこだわる必要はありません。 なにより大切なのは、ご自分が御仏やご先祖様を尊ぶ心です。 特定の宗派を信仰していない場合は、素材、球の色や房の色、全てにおいて自分が好きなものを選ぶことができます。 また、 数珠は明確に男性用・女性用という区別がありますので、原則として混同することはありません。 各宗派の本式数珠に関しては、それぞれ珠の材質の意味に従って決めることが多く、略式数珠に関しては、気にいったものを選んでかまいません。 可能であれば、実物を持って、自分の手に合ったものを選ぶことをお勧めします。 数珠はお守りとなるため、自分に合った数珠は数珠がその人を選んでいると言われていますが、自分に合ったものは手にはめた時に、気分がとても落ち着き、しっくりきます。 男性用の数珠 男性用の数珠は、略式数珠(主玉が108個ないタイプ)では、基本的な玉のサイズは 22玉、20玉、18玉(10mm〜18mm)となります。 数珠全体の輪の大きさは同じで、違うのは玉数のみとなりますので、玉数が多いほど、1玉あたりは小さくなります。 一般的には22玉の数珠を持つ方が多いですが、手の大きい方やちょっと立派な数珠をお持ちになりたい場合は20玉、貫禄がある数珠が欲しい場合は玉が大きく迫力のある18玉がお勧めです。 房の色に特に決まりはありません。 男性の場合は、落ち着いた青や緑、茶色、黄色を選ばれる方が多いようです。 女性用の数珠 女性用の数珠は、略式数珠(主玉が108個ないタイプ)と八宗用数珠(主玉が108個あるタイプ)があり、玉のサイズは 6ミリ、7ミリ、8ミリが一般的です。 手の大きさに合わせてサイズを選ばれる方もいらっしゃいますが、持った時の感覚で選ばれる方が多いようです。 なお、標準サイズは7ミリとされていますが、人気の大きさは8ミリで、 「みかん玉」や「平玉」など、お洒落な雰囲気に加工された数珠もあります。 女性らしい数珠を希望される方は、水晶などの天然石や星月菩提樹を選ばれると良いでしょう。 房の色は女性らしい、ピンクや水色を選ばれる方が多くいらっしゃいますが、気品のある紫を選ばれる方も多くいらっしゃいます。 房の色に特に決まりはありませんので、お好きな色を選んで頂いて大丈夫です。 また、房は付け替えが可能なので、好みが変わられた場合は、違う色を選ぶこともできます。 子供用の数珠 子供用の数珠は、素材がガラス玉や割れにくいアクリルでできている物が多くあります。 珠の大きさや輪の長さも子供の手にも馴染むよう、小さめにできています。 色は淡く数種類の色が使われていることが多いため、手にはめていてもとても可愛らしいです。 大人用と比べるとおもちゃのように見えてしまうかもしれませんが、子供用数珠は正式な数珠として、通夜や葬儀、告別式(葬式)にお使い頂けます。 創価学会は、日蓮正宗からの分派前から大石寺(日蓮正宗の総本山)の教義・化儀に準じていたので、分派後の現在も踏襲しています。 数珠は片手で持った方が良いの?両手で持った方が良いの? 数珠は、座っている時や移動している時とお焼香やお参りする時で持ち手が変わります。 数珠の持ち方は一般的に、座っているときは左手首にかけ、歩くときは房を下にして左手で持ちます。 お焼香をするときの数珠の持ち方は合掌をするため、数珠の持ち方は親指で軽く押さえて、ほかの4本の指にかけ両手で持ちます。 数珠の持ち方で片手の場合は右手に持つの、左手に持つの? 右手は清浄なる手、左手は不浄の手という考え方がありますので、片手で持つ場合は左手に持ちます。 もしくは、左手の手首にかけても良いとされています。 片手で持つ場合でも、宗派によっては持ち方に決まりがあります。 詳細は、上記の宗派毎の項目をご覧ください。 数珠の選び方で色や素材についての基準はあるの? 基本的に、数珠を選ぶ際はお好きな色や素材を選ぶことができます。 しかし、女性的な色や素材、男性的な色や素材はありますので、下記で説明をします。 房の色や素材について選ぶ基準はあるの? 房の色や種類について説明します。 数珠の中でも、房は目立つ存在なので、購入の際に何色の房を選ぶべきか迷う方が多い項目です。 一般的な数珠(略式数珠)を購入される際は、房の色はご自分が好きな色を選んで問題ありません。 また、房は付け替えが可能です。 もし年齢や好みで色を変えたと思われた際は、数珠専門店(念珠専門店)や数珠を購入されたお店で付け替えをされると良いでしょう。 品質を保つためには数珠専門店での付け替えをお勧めします。

次の