ミートソース。 うまみがすごい! 絶品『ミートソース』のレシピ【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

ミートソースは日本発祥!? 意外に知らない【ミートソース】と【ボロネーゼ】の違いとは?

ミートソース

料理は大仕事。 調理の時間だけでなく、献立を考えたり、買い物に行ったり、後片づけをしたりするのも料理という家事に含まれる仕事。 忙しい人にとっては、なるべく負担を減らしたいものです。 ここでは食育インストラクターの和田順子さんに、忙しいときにとにかく頼りになる! というミートソースのレシピと、アレンジ方法を教わりました。 7とおりに活躍! ミートソースのレシピ このミートソースさえあれば!アレンジ自在で時短もかなう 今回ご紹介するのは、子育てでとんでもなく忙しかった8年前に考案した「ひと品7役のミートソース」。 今でも「今週はちょっと忙しそうだな」と思ったときによくつくるレシピです。 ミートソースづくりに1時間程度かかりますが、一度つくってしまえば7回献立を考えなくてすみ、キッチンに立つ時間そのものも減らすことができます。 つまりは買い物に行く回数も減らせるということ。 最後のお鍋がキレイになるアレンジレシピまでぜひ試してみてくださいね。 【材料 (ル・クルーゼ24cm鍋いっぱい分)】 ・合いびき肉 400g ・セロリ 2本 ・タマネギ 1個 ・ニンジン 1本 ・シイタケ 6個 ・ニンニク 1個 ・ベーコン 5枚 ・トマト缶 1個 ・コンソメ 2個 ・ローリエ 2枚 ・酒 大さじ4 ・小麦粉 大さじ4 ・塩 小さじ2 ・オリーブオイル 適量 ・水 300ml 【つくり方】 (1) ベーコンと、野菜をすべて1cm角程度に切って、ボウルにひとまとめにしておく。 ニンニクはみじん切りに。 (2) 鍋にオリーブオイルを熱し、弱~中火でニンニクを焦がさないように炒める。 (3) (1)と合いびき肉をいれる。 (4) 合いびき肉の色が変わったら、小麦粉を2~3回に分けてふり入れる。 (5) 酒を入れて炒め、トマト缶と水300mlを入れる。 (6) ローリエを入れ、弱火で20~30分煮込む。 耐熱皿にジャガイモを並べ、その上に、(あれば)ホワイトソースとこのミートソースを重ねてかけて、とろけるチーズをトッピングして、オーブンなどで焦げ目をつけます。 小鍋に移し替えてカレールーを溶かしてもOK。 【材料 (2人前)】 ・ミートソース お玉3杯分 ・ゆでタケノコ(みじん切り) 100g ・キュウリ 適量 ・長ネギ(みじん切り) 1/2本分 ・ショウガ(みじん切り) 1かけ分 ・甜面醤 大さじ1と1/2 ・しょうゆ 大さじ1 ・ゴマ油 大さじ1 ・中華麺 2玉 【つくり方】 (1) フライパンにゴマ油を熱し、長ネギ、ショウガを香りが立つまで炒める。 (2) ミートソースとゆでタケノコを(1)に入れて軽く炒める。 (3) しょうゆ、甜面醤で味つけをし、ゆでた中華麺にのせ、細切りにしたキュウリを添える。 辛くないレシピなので、辛いものが好きな方はラー油やコチュジャンを加えてください。 お鍋がキレイになり、水も汚さず食品ロスも減らせます。 お鍋にお玉1杯分程度のミートソースを残し、水600mlを入れ、鍋肌や鍋底についたミートソースをはがすように混ぜます。 中火であたため、ひと煮たちしたらコンソメ1個と、(あれば)ひと口大のソーセージを入れて、でき上がり。 朝ごはんにもぴったりのひと品です。 冷凍もできるので、大量につくってストックもしています。 これがひとつあるだけで、なんと心に余裕の生まれること! 子どもからの突然の「カレーが食べたい」オーダーにも機敏に対応できます。 Youtubeでは動画でもご紹介しています。 ぜひ試してみてくださいね。 札幌で食育教室を主宰。 YouTubeサイトを更新中.

次の

ミートソースの作り方!簡単・時短ならトマト缶,ケチャップ,トマトジュース,生トマトで本格的プロの味を!

ミートソース

市販のミートソースを隠し味でプロの味にするには、シンプルな味を使用するのがコツです。 もともと香味野菜やハーブが入ったお店の味というような商品よりも、シンプルなトマトソースの方が隠し味との相性が良いでしょう。 例えばレトルト食品のマ・マーのミートソースや、缶詰のキユーピーのミートソースなど、定番の味がおすすめです。 パウダータイプの味の素「ルーミック」は、ミートソース用とされているだけあって、定番の味が簡単に再現できます。 ルーミックには具材が入っていないため、隠し味を加えてのアレンジがしやすくなっています。 湯せんやレンジで温めると、缶のレトルトのパッケージの臭みなどが残り、風味が悪くなることがあります。 市販のミートソースと、隠し味の食品をフライパンに入れて温めると、臭みが消えて風味も良くなります。 温める時には、中弱火くらいにして煮詰めていきましょう。 アルコール分のあるものなどは、苦みが残らないようにしっかりアルコール分を飛ばしましょう。 オイスターソースにはたくさんのスパイスが入り、コクがでて美味しさもアップします。 カレーの隠し味としても使われる万能調味料のオイスターソースですが、味が濃すぎにならないよう入れ過ぎには注意しましょう。 オイスターソースと同じよう使用すると、コクがでて美味しいプロの味になります。 しょうゆは塩分量が多い調味料なので、少量で味が大きく変わります。 仕上げに少しずつ入れるのが良いでしょう。 オイスターソースには劣りますが、とんかつソースに入った野菜やスパイスがコクをだします。 また、とんかつソースとしょうゆと組み合わせて加えると、旨みがアップします。 地方によって味が違い、塩分量も変わってきます。 プロの味にするのには八丁味噌がおすすめですが、いろいろな味噌を試して、好みのものを見つけるのも良いでしょう。 コクが出る隠し味の味噌は、冷蔵庫で保存している方が多いと思いますが、正しい保存方法はご存知ですか?下記の記事では、味噌の鮮度を保って長持ちする保存方法が紹介されていますので、味噌を保存する時の参考にしてください。 市販のミートソースの風味が物足りないと感じた時には、ぜひ加えてみましょう。 また、ミートソースのパッケージや、缶詰の風味が気になる時にも、バターの風味で気にならなくなります。 ミートソースの味わいを保ちながら、めんつゆの隠し味で濃厚さがアップします。 1人分にめんつゆ大さじ1程度を加えて、煮詰めるようにするとコク深い味になります。 さらに、めんつゆはトマトの酸味を抑えて和風だしの甘みでまろやかな味になります。 また、めんつゆに含まれている多くの調味料により、旨みがグッとアップします。 酸っぱいのが苦手な場合には、めんつゆを利用するものおすすめです。 様々な料理に用いられるすき焼きのタレは、市販のミートソースとの相性も良く、コクがでてプロの味に近づきます。 ただし、インスタントコーヒーは入れ過ぎると苦みが強くなるので、味見をしながら少量ずつ加えるのが良いでしょう。 インスタントコーヒーは、ミートソース以外にも煮込み料理に入れると深みが増す隠し味になります。 業務スーパーではコスパ最強のコーヒー豆が販売されています。 下記の記事で業務スーパーのインスタントコーヒーの魅力を紹介していますので、参考にしてください。 ただし、赤ワインは入れ過ぎると渋みがでてしまうので、1人分に赤ワイン小さじ2くらいの量が良いでしょう。 ジャムを入れるとフルーティなミートソースになります。 市販のミートソースの酸味が強い時などにジャムを使用すると、ほんのりとした甘みで味が丸くなる効果があります。 隠し味にとても便利なジャムですが、味や香りがたくさんあり、どれが美味しいのか迷ってしまいますよね。 下記の記事では、おすすめのジャムを人気編・コスパ編・高級編・おしゃれ編などに分類して紹介していますので、ジャム選びの参考にしてください。 市販のミートソースの、まろやかさが足りないと思った時に少し入れてみましょう。 効果がでやすい食品なので、入れ過ぎないように注意が必要です。 牛乳と同じように、ミートソースに少量入れるだけでとてもまろやかになります。 そのため、仕上げに少しずつ入れるようにすると味の調整がしやすくなります。 トマトの酸味が強い時にも、おすすめの食品です。 ジャムと同じように味が丸くなり、小さいお子様も食べやすい優しい味になります。 お子様にはたっぷりのチーズを加えると、トマトの酸味が気にならなくなり食べやすい味になります。 スライスチーズなら、量の調整もしやすく便利です。 肉の臭みが強い時には、できるだけ細かくして加えます。 また、長く煮込むと苦みがでるので、煮込み時間は短くするようしましょう。 バジルは食欲を刺激するスパイシーな香りを放ち、トマトとの相性もとても良いハーブです。 市販のミートソースの臭みを消すだけでなく、風味が増して本格的なプロの味になります。 創味シャンタンは定番の中華調味料ですが、洋風のミートソースにもよく合います。 また、創味シャンタンには清湯スープをベースとして、玉ねぎやにんにく、スパイスなどが20種類配合されています。 そのため、創味シャンタンは少量加えるだけでコクがでる調味料です。 ルーミックは具材の玉ねぎやひき肉を炒めて加えるため、炒める時に使う創味シャンタンは、ルーミックの隠し味として良く合います。 粉末タイプの創味シャンタンが炒めものには加えやすくて便利です。 ほんのりシナモンの香りがして、ルーミックが奥深い味になります。 またシナモンは、ミートソースの酸味が気になるという時に、酸味を抑えるという効果もあります。 ただし、煮込んでしまうと風味が消えるため、仕上げに加えるのが良いでしょう。 ルーミックだけでなく市販のミートソースにも、ひき肉を炒めてから加えると旨みがアップします。 この具材を炒めるタイミングで隠し味を入れると効果的です。 アルコール類は苦みを残さないように、アルコール分をしっかりと飛ばすことが必要になります。 そのため煮詰めるタイミングで入れると効果的です。 また、弱火で煮詰めることでミートソースに深みがでます。 少量で味が大きく変わってしまうため、仕上げに少しずつ味見しながら入れるようにしましょう。 オイスターソースやコーヒーなども仕上げに入れます。 煮込んでしまうと風味が消えてしまうため、仕上げに入れて風味を残すようにしましょう。 市販のミートソースをひと手間かけてプロの味にしよう.

次の

ミートソースは日本発祥!? 意外に知らない【ミートソース】と【ボロネーゼ】の違いとは?

ミートソース

市販のミートソースを隠し味でプロの味にするには、シンプルな味を使用するのがコツです。 もともと香味野菜やハーブが入ったお店の味というような商品よりも、シンプルなトマトソースの方が隠し味との相性が良いでしょう。 例えばレトルト食品のマ・マーのミートソースや、缶詰のキユーピーのミートソースなど、定番の味がおすすめです。 パウダータイプの味の素「ルーミック」は、ミートソース用とされているだけあって、定番の味が簡単に再現できます。 ルーミックには具材が入っていないため、隠し味を加えてのアレンジがしやすくなっています。 湯せんやレンジで温めると、缶のレトルトのパッケージの臭みなどが残り、風味が悪くなることがあります。 市販のミートソースと、隠し味の食品をフライパンに入れて温めると、臭みが消えて風味も良くなります。 温める時には、中弱火くらいにして煮詰めていきましょう。 アルコール分のあるものなどは、苦みが残らないようにしっかりアルコール分を飛ばしましょう。 オイスターソースにはたくさんのスパイスが入り、コクがでて美味しさもアップします。 カレーの隠し味としても使われる万能調味料のオイスターソースですが、味が濃すぎにならないよう入れ過ぎには注意しましょう。 オイスターソースと同じよう使用すると、コクがでて美味しいプロの味になります。 しょうゆは塩分量が多い調味料なので、少量で味が大きく変わります。 仕上げに少しずつ入れるのが良いでしょう。 オイスターソースには劣りますが、とんかつソースに入った野菜やスパイスがコクをだします。 また、とんかつソースとしょうゆと組み合わせて加えると、旨みがアップします。 地方によって味が違い、塩分量も変わってきます。 プロの味にするのには八丁味噌がおすすめですが、いろいろな味噌を試して、好みのものを見つけるのも良いでしょう。 コクが出る隠し味の味噌は、冷蔵庫で保存している方が多いと思いますが、正しい保存方法はご存知ですか?下記の記事では、味噌の鮮度を保って長持ちする保存方法が紹介されていますので、味噌を保存する時の参考にしてください。 市販のミートソースの風味が物足りないと感じた時には、ぜひ加えてみましょう。 また、ミートソースのパッケージや、缶詰の風味が気になる時にも、バターの風味で気にならなくなります。 ミートソースの味わいを保ちながら、めんつゆの隠し味で濃厚さがアップします。 1人分にめんつゆ大さじ1程度を加えて、煮詰めるようにするとコク深い味になります。 さらに、めんつゆはトマトの酸味を抑えて和風だしの甘みでまろやかな味になります。 また、めんつゆに含まれている多くの調味料により、旨みがグッとアップします。 酸っぱいのが苦手な場合には、めんつゆを利用するものおすすめです。 様々な料理に用いられるすき焼きのタレは、市販のミートソースとの相性も良く、コクがでてプロの味に近づきます。 ただし、インスタントコーヒーは入れ過ぎると苦みが強くなるので、味見をしながら少量ずつ加えるのが良いでしょう。 インスタントコーヒーは、ミートソース以外にも煮込み料理に入れると深みが増す隠し味になります。 業務スーパーではコスパ最強のコーヒー豆が販売されています。 下記の記事で業務スーパーのインスタントコーヒーの魅力を紹介していますので、参考にしてください。 ただし、赤ワインは入れ過ぎると渋みがでてしまうので、1人分に赤ワイン小さじ2くらいの量が良いでしょう。 ジャムを入れるとフルーティなミートソースになります。 市販のミートソースの酸味が強い時などにジャムを使用すると、ほんのりとした甘みで味が丸くなる効果があります。 隠し味にとても便利なジャムですが、味や香りがたくさんあり、どれが美味しいのか迷ってしまいますよね。 下記の記事では、おすすめのジャムを人気編・コスパ編・高級編・おしゃれ編などに分類して紹介していますので、ジャム選びの参考にしてください。 市販のミートソースの、まろやかさが足りないと思った時に少し入れてみましょう。 効果がでやすい食品なので、入れ過ぎないように注意が必要です。 牛乳と同じように、ミートソースに少量入れるだけでとてもまろやかになります。 そのため、仕上げに少しずつ入れるようにすると味の調整がしやすくなります。 トマトの酸味が強い時にも、おすすめの食品です。 ジャムと同じように味が丸くなり、小さいお子様も食べやすい優しい味になります。 お子様にはたっぷりのチーズを加えると、トマトの酸味が気にならなくなり食べやすい味になります。 スライスチーズなら、量の調整もしやすく便利です。 肉の臭みが強い時には、できるだけ細かくして加えます。 また、長く煮込むと苦みがでるので、煮込み時間は短くするようしましょう。 バジルは食欲を刺激するスパイシーな香りを放ち、トマトとの相性もとても良いハーブです。 市販のミートソースの臭みを消すだけでなく、風味が増して本格的なプロの味になります。 創味シャンタンは定番の中華調味料ですが、洋風のミートソースにもよく合います。 また、創味シャンタンには清湯スープをベースとして、玉ねぎやにんにく、スパイスなどが20種類配合されています。 そのため、創味シャンタンは少量加えるだけでコクがでる調味料です。 ルーミックは具材の玉ねぎやひき肉を炒めて加えるため、炒める時に使う創味シャンタンは、ルーミックの隠し味として良く合います。 粉末タイプの創味シャンタンが炒めものには加えやすくて便利です。 ほんのりシナモンの香りがして、ルーミックが奥深い味になります。 またシナモンは、ミートソースの酸味が気になるという時に、酸味を抑えるという効果もあります。 ただし、煮込んでしまうと風味が消えるため、仕上げに加えるのが良いでしょう。 ルーミックだけでなく市販のミートソースにも、ひき肉を炒めてから加えると旨みがアップします。 この具材を炒めるタイミングで隠し味を入れると効果的です。 アルコール類は苦みを残さないように、アルコール分をしっかりと飛ばすことが必要になります。 そのため煮詰めるタイミングで入れると効果的です。 また、弱火で煮詰めることでミートソースに深みがでます。 少量で味が大きく変わってしまうため、仕上げに少しずつ味見しながら入れるようにしましょう。 オイスターソースやコーヒーなども仕上げに入れます。 煮込んでしまうと風味が消えてしまうため、仕上げに入れて風味を残すようにしましょう。 市販のミートソースをひと手間かけてプロの味にしよう.

次の