藤沢 市長 選挙 2020。 藤沢市長選挙の開票結果速報2020|立候補者と当選者一覧‐2月16日|選挙ネット

2020年 藤沢市長選挙 情勢・予想

藤沢 市長 選挙 2020

ここでは、 長選挙の結果の確定(投開票結果の日:2020年2月16日)に至るまでの情報を当選者速報として、長選立候補者の党派別・新旧別情勢と供に記しています。 立候補者の一覧名簿による 開票速報から当選結果確定までの記録となります 2020年の長選挙(長選)立候補者一覧名簿が示す内容は 当選者・落選者・得票数・順位及び定数・です。 また、立候補者の情勢・速報とは、投開票の 結果が確定に至るまでの立候補者の履歴、評判・評価、推薦・支援の状況等を指しています。 2020年 長選挙の結果(開票速報)と立候補者の名簿一覧 2020年2月16日投開票の長選挙の「全立候補者名簿一覧」は次のとおりです。 2020年2月16日投票 長選挙の概要• 下記リストの表記は、氏名・年齢・性別・党派・新旧 となっています。 加藤 なを子 61 女 無所属(共産推薦) 新• 水戸 将史 57 男 無所属 新• 鈴木 恒夫 70 男 無所属 現 数:356,549人 :29. 長選挙 2020 の日程と投票場所など• 加藤 なを子(かとう なをこ)氏[無所属新人:61歳]• 水戸 将史(みと まさし)氏[無所属新人:57歳]• 鈴木 恒夫(すずき つねお)氏[無所属現職:70歳] は、人口43万を擁する都市です。 2020年のでは、そのの将来のビジョンをめぐる論戦が焦点となっています。 3選を目指す現職に、新人2人が挑む構図のです。 加藤 なを子(かとう なをこ)氏 プロフィール(経歴) 党地区委員。 履歴:生保社員、市議、県議。 学歴:東高卒。 推薦:。 公約・政策・主張 拠点整備やが優先されている、と市政の現状を批判。 税金の使い方を大本から変え、暮らしや福祉最優先に切り替える、と強調しています。 自身が公約に掲げた政策の実現は40億円で可能であると具体的な数字を挙げ、高齢者のバス助成制度や有料ごみ袋の半額化、自校方式による中学校給食の実現などに意欲を示しています。 水戸 将史(みと まさし)氏 プロフィール(経歴) 税理士、一般社団法人。 履歴:県議、議員、議員。 学歴:慶大卒。 公約・政策・主張 早急に取り組む課題として小学校給食無償化・交通困難地域解消のためのコミュニバスの導入・市長給与半減を挙げて、1期で成し遂げると明言しました。 市庁舎建設費が200億円へと膨らんだ現市政の財政運営を批判。 民間の力を取り入れ、税金は1円たりとも無駄にしない、と強調しています。 鈴木 恒夫(すずき つねお)氏 プロフィール(経歴) 元県議。 履歴:化粧品販売会社役員、市議長。 学歴:卒。 公約・政策・主張 北口の完成・誰でも立ち寄れる交流スペース「地域の縁側」35カ所の設置・老朽化した公共施設の複合化再整備等の実績に挙げ、藤沢は着実に前進してきた、と自身の2期8年を総括・評価しています。 さらに、江の島での・競技の開催を「市民力、地域力の向上につなげ、まちづくりに生かしていきたい」と強調しています。 長選挙2016の結果(当選者・落選者の名簿一覧) 前回2016年の長選挙の当開票の結果(当選者・落選者)一覧は以下のとおりでした。 長選挙(2016年2月14日投票)の投開票結果• 神奈川県 (ふじさわし)• 長選挙(2016年2月14日投票)• 告示日:2016年2月7日• 投票日:2016年2月14日• 執行理由:任期満了• 数:339,296人• :27. 04 鈴木 恒夫 66 男 無所属 現 すずき つねお 2 17324. 96 鈴木 とも子 66 女 無所属 新 すずき ともこ 3 7366 田中 重徳 49 男 無所属 新 たなか しげのり の過去の選挙結果一覧 gwboy.

次の

藤沢市長選挙 開票結果速報2020 情勢予想・出口調査・立候補者の公約(選挙速報と開票結果)立候補者一覧と当選者情勢・出口調査情報にて

藤沢 市長 選挙 2020

詳しくは下記一覧をご覧下さい。 藤沢市長選挙の前回2016年度投開票結果 2016年02月14日に行われた 藤沢市長選挙の投開票結果は次のとおりです。 将来にわたり医療・介護・福祉の維持向上に向け、強い財政基盤を築く 2. 藤沢の地で最新の医療研究成果を生み出し、安心して歳をとれる街へ 3. 気候変動に対応した新時代の防災基盤を促進 4. 産・官・学の連携により世界の人材を呼び込み、最先端の研究開発都市へ 5. 都市間競争を意識した、通勤・観光・産業等多様な需要を満たす都市計画の実現 6. 時代の要請に対応したバリアフリー・インクルーシブ政策の推進 7. 民間資金を活用した公共施設はじめ市街地の総合的な再整備 8. 教育、子育て支援など未來の投資を重視した財政マネジメントの実施 水戸まさし 公式サイトより 鈴木 恒夫(スズキ ツネオ)氏 【生年月日】1950年1月3日 【出生地】神奈川県藤沢市 【学歴】早稲田大学教育学部卒業 【前職】神奈川県議会議員 【所属政党】無所属 【公約・政策】 「藤沢市は子育て世代を中心に10年程度人口増が見込まれる。 気力、体力も充実しており、引き続き情熱を持って 市政の諸課題に取り組んでいく」と熱弁。 オリンピック開催と観光振興のふじさわ 2. 安心安全子育てサポートふじさわ 3. 健康いきいきサポートふじさわ 4. 文化・芸術、郷土愛育むふじさわ 5. みんなで目指そう、「住みたい街」ふじさわ 加藤 なを子(カトウ ナヲコ)氏 【生年月日】1958年生まれ 【出生地】東京都 【学歴】県立小田原城東高校卒 【前職】藤沢県議 【所属政党】無所属 【推薦】共産党 【公約・政策】 「他市より優れている福祉、子育て支援策の見直しが 33事業で検討され、一方で大型開発が進んでいる」 「市民生活応援の市政にしたい」と熱弁。 小学校のような全員制の中学校給食 2. 高齢者バス助成制度創設 3. 国民健康保険料1人1万円の引き下げ 4. 子どもの医療費の無料化 5. 少人数学級の実現 藤沢市長選挙2020の情勢と争点 藤沢市も急速な少子高齢化社会が到来していて、 65歳以上の高齢者率は、2010年時点では19. この高齢化と若い世代の流出への対策が求められる。 また今回の選挙では、 海岸に面した都市に固有の災害対策、 慢性化した赤字財政など、 多岐にわたる問題への対策などが 争点となってくる。

次の

2020年 藤沢市長選挙 情勢・予想

藤沢 市長 選挙 2020

来年2月に予定されている任期満了に伴う藤沢市長選挙に、元衆議院議員の水戸将史氏(57)が2日、無所属で立候補することを表明した。 水戸氏は本紙の取材に対し、「育ったまちの活力がそがれていくことに危機感を抱いていた。 今までの政治経験を市政に活かしたいと考えた」と立候補の動機を述べた。 また「藤沢市は産業面で自動車、ライフイノベーションなど高いポテンシャルがある。 有機的につなぎ、活性化させることで財政力アップや、福祉の向上につなげていける」などと話した。 政策に関しては3つの「土台」として「2030成長産業都市を創る」「財政力指数ナンバー1の市を創る」「藤沢版・お寺活動支援プラットホームを創る」を掲げている。 水戸氏は小学校時代から社会人になるまで藤沢市で育った。 県立湘南高校、慶応大学卒。 横浜市泉区で県議を3期務めた後、2007年参議院議員初当選。 14年には当時の維新の党から神奈川5区(戸塚区・泉区・瀬谷区)で衆議院議員に比例復活当選した。 17年の衆院選は出馬しなかった。

次の