二 木 の 菓子。 「二梃木」さんの名字の由来、語源、分布。

二木の菓子

二 木 の 菓子

京都ではちょっとした食事や甘味で小腹を満たすことを〝むしやしない〟と言います。 グゥグゥと鳴くお腹の虫を〝おいしさ〟で治めるのです。 仁々木ではそんなお腹の虫が鳴いたときについ食べたくなる〝むしおさえ〟の数々を取り揃えました。 伝統的な京菓子にとらわれることなく、親しみやすく〝おいしい〟を念頭に素材の組み合せなどに試行錯誤を重ねております。 現代人の趣向に合わせるために乳製品やチョコレート、果物などをどんどん取り入れて革新的な京菓子を創造してまいりたいと思っております。 また、従業員の「まかない飯」から生まれた和洋惣菜米飯の数々は「きっちん ににぎ」ブランドとして磨き上げ、高速道路サービスエリア海老名(上り)など3拠点で展開しておりますので、機会あれば是非お試しくださいますれば幸いです。 店舗一覧• 祇園 仁々木• きっちんににぎ• 営業本部/統括工場•

次の

二木の菓子の歴史

二 木 の 菓子

「ふたつ木 東京」は、ふたつ木ブランド商品を中心としたお菓子のセレクトショップです。 お菓子の専門店(二木の菓子)として70余年。 お客様の「ちょっとした物でも喜ばれるものを贈りたい」を形にしています。 ふたつ木のお菓子の数々は、食べればきっと笑顔がこぼれる幸せの味。 贈り物、お茶うけにご利用いただきたいお菓子となっております。 「ふたつ木 東京」では、ショップお勧めのギフトセット、 お好みの商品を選んでのオリジナルギフト等好評を博しております。 ふたつ木 東京店舗ご案内 ・・ ・ 取り扱い商品のご紹介 ふたつ木 焼き菓子ギフト各種 フィナンシェ(バニラ・抹茶・チョコレート)、最中(つぶ餡・こし餡)、ヴァッフェル(バニラ・抹茶) 至福・贈る人の笑顔と、贈られた方の笑顔を詰め合わせしました。 フィナンシェアラカルト 豊潤・バターをたっぷり使った潤いのある美味しさです。 バニラビーンズ、チョコレート、宇治の抹茶などを贅沢に使い美味しいだけをコンセプトに作りました。 4個入りセット(3種アソート、バニラ、抹茶、チョコレート、季節のフィナンシェなどご用意しております。 金の延べ棒をイメージしたケーキは、金の取引(フィナンシャル)から名付けられたバターケーキです。 (マーガリンは使用しておりません。 ) 最中 アラカルト ふたつ木の最中は、皮とあんこが別々になっております。 食べるときにあんこを挟んでいただくことで、皮の食感が楽しめ、あんことの調和で飽きのこない美味しさを表現致します。 芳醇・国内産のもち米100%で焼き上げた皮を砕き原料に混ぜ合わせる事で香ばしさが増します。 香ばしさの中に、少し苦味のある最中の皮は北海道産の豆を使用した餡にアクセントを与え芳醇な香りと大人の甘さを表現いたします。 お手軽な6個入りセットの他、要望の高かった12個入セットを新発売いたしました! ヴァッフェル 和み・さくさくのクッキーにまろやかなバニラと抹茶と苺のクリームを用意いたしました。 ドイツ生まれ京都育ちといわれるヴァッフェルは口どけの良いクッキーとクリームが女性やお子様にも人気です。 きんつば 伝統・一つ一つ丁寧に焼き上げた金つばは一息つく寛ぎの時間にぴったり!程よい甘さがほっと致します。 原料は、小豆・砂糖・小麦粉のみ無添加のお菓子です。 諸説ありますが金つばは、刀のつばの形に似ていることから、金つばと呼ばれております。 栄養価の高いお菓子として江戸時代から伝わるお菓子です。 その他、ふたつ木 東京には、お勧めのお菓子が程よいサイズで揃えております。 各種をお菓子を箱に入れてのオリジナルギフトなどにご利用頂けます。 (別途送料がかかります。 ショップスタッフにお気軽にお問い合わせ下さい。

次の

店舗ご案内

二 木 の 菓子

かつて林家三平師匠のCM『ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子!』でおなじみ!! 昭和22年、現在のアメ横周辺に簡易マーケットが建設されていた頃、 創業者 二木源治が、現在の板橋区に二木食品工業所と名づけて『おこし』、『バクダンあられ』、 『かりん糖』などの製造、行商を始めたのが始まりです。 この頃は、御徒町の一角わずかダンボール箱1つほどの面積で販売をしました。 これが現在の二木の菓子の原点です。 昭和24年12月になると、御徒町に店舗をかまえ、菓子製造を中止し販売に業態を変化させました。 昭和26年6月には、現在の第一営業所を設立し、現金問屋としての方針を打ち立て『現金問屋 二木の菓子』となりました。 昭和31年1月に第二営業所(現在のアメ横通り二木ゴルフアメ横店の場所)を開設すると同時に社名を『株式会社 二木』と改めました。 この頃の二木の小売りは、現在のようなビニール詰めではなく、『目方売り』、『計り売り』でした。 1キロいくら、2キロで何円という具合に紙袋にその都度詰めていました。 このやり方は、昭和40年代前半まで続きました。 並行して、『混ぜ売り』も行っていました。 例えば、キャンデーとさきいか、品川巻をあわせて千円といった具合です。 昭和40年以降は珍味がよく売れていました。 この頃より、店内の様子も現在に近くなっていきます。 昭和48年、第二営業所の場所にゴルフ用品専門店『二木ゴルフ』開店に伴い、 現在のビック館の位置に第二営業所を移転いたしました。 現在の売り場は、扱う品目も増大し、多種多様な商品が並んでいます。 昔懐かしいお菓子から最新のお菓子、珍しい輸入菓子など見ているだけでも楽しいお店です。 平成8年より、アメ横以外の地区にも出店しています。 菓子・食品の他ペットフードを取り扱っています。 平成15年6月、第二営業所がビック館としてリニューアルオープンしました。 従来より、扱う品目の増大 珍しいものもたくさん)、店内も楽しいイラストでいっぱいなど色々楽しさあふれるお店です。 平成18年1月、埼玉県草加市に草加店出店 平成19年9月26日 千葉県印西市にBIGHOP印西店出店 (SCへの出店開始) 平成20年7月25日 千葉県千葉市にグローボ蘇我店出店 平成23年 多摩市にグリナード永山店出店 そして、平成24年 東京ソラマチ出店 平成25年 ふたつ木ブランド専門「ふたつ木」出店 平成29年 創業70周年.

次の