センザンコウ 漢字。 センザンコウとは何?サンド(ポケモン)のモチーフになった絶滅危惧種

センザンコウ(穿山甲)

センザンコウ 漢字

センザンコウの漢字 魚へん 夌 漢字は 魚へん夌(りょう)と書いて「鯪」センザンコウ 穿山甲とも書く。 魚へん夌 センザンコウの特徴 魚へんで書かれるが、水辺の生物などでは なく、地上の動物。 1科1属7種で、インド、ネパール、東南アジア、中国、台湾などに分布。 種類は、センザンコウ、オオセンザンコウ、サバンナセンザンコウ ミミセンザンコウ、キノボリセンザンコウ 、インドセンザンコウ、オナガセンザンコウなど。 センザンコウは全長約 1m,うち尾長 40cm内外。 体は 角質のうろこでおおわれて、ワニのような体表。 餌は主にアリ、シロアリで長い舌を つかって舐めとる、歯は持たない。 よく知られるアルマジロに似る動物 外敵から身を守るときなども、同じように 身を丸めて防御する。 センザンコウに似るアルマジロの画像 センザンコウのウロコや皮に商品価値があり、大量に 捕獲、輸出され絶滅の危機も出てきている。 密漁の額は大きく、10年余りで100万頭 少なく見積もっても、6600匹(約1億3000万円) ぐらいの価値はある。 「世界で最も密売されている哺乳類」 などという称号をあたえらえてしまった動物。 センザンコウの語源 もともとは 中国の伝説上 人の顔と手をもつ魚をした怪物 のことをセンザンコウと言い。 それがそのまま、実際の動物にいる センザンコウに 使われているという説もある。 鯪の漢字 魚偏に夌と書く由来 中国ではセンザンコウを「鯪鯉」などと書き表し、古くは 魚の一種だと考えられていた。 『本草綱目』 魚偏が使われているのはこの為 だろう。 水の中にも潜るセンザンコウの種類もいるようだ 台湾には、ミミセンザンコウ M. pentadactylaが、死んだふりをしてアリを集めるという俗説がある。 『本草綱目』にも、鱗を開いて死んだ振りをしアリが中に入り込んだ所で鱗を閉じて水に潜り浮いたアリを食べるという生態が記されている。 出典 — wikipedia センザンコウ 漢字の由来も実際の動物のセンザンコウ の姿からと考えられる。 魚のように体表に 毛が変形したウロコを持ち 筋が目立つような姿。 つくりの夌(リョウ は、すじめが目だつ 意を表す漢字。 よくセンザンコウの姿の特徴を表している。 TAGS:名前の語源, 魚へん 偏 編 辺 漢字.

次の

センザンコウとはどういう動物なのか?

センザンコウ 漢字

好きなところにジャンプできます• センザンコウってどんな動物?特徴を紹介! センザンコウはセンザンコウ目・センザンコウ科の哺乳類の総称です。 現在センザンコウの仲間は中国、マレーシア、インド、フィリピン、台湾に4種類、アフリカ大陸に4種類の計8種類が存在しています。 8千年前から地球上に存在していたことが化石の発見により分かっていて、これまでに絶滅してしまった種類もいるようです。 アリを食べるという食性、長いベロを持つという特徴からアリクイの仲間とされていましたが現在は独立しています。 食肉目(ネコ科、イヌ科、クマ科などの肉を食べるグループ)と近い遺伝子を持っていることが判明しているんです。 センザンコウは全身にケラチン質(人間の爪と同じ成分)のウロコを300枚ほどびっしりとまとっています。 これは哺乳類で唯一の存在です。 ウロコの重さは体重の20%にも及びます。 体を丸めることができ、やわらかいお腹をガードします。 こうなってしまえばたとえ ライオンやトラのような強力な牙を持っている肉食動物ですら手も足も出ません。 しかもウロコは先端が鋭くなっていて、天敵を攻撃することもできるんです。 中国では「鯪鯉(ラリー)」と呼ばれ、魚類かと思われていたんだ! ウロコがあるから爬虫類や魚類みたいだけど、ぼく達と同じ哺乳類なんだよ! センザンコウの生息地はどこ? センザンコウの仲間はインド、東南アジア、台湾、アフリカ大陸に分布しています。 樹上性なため、ジャングルを住処としています。 夜行性で昼間は木の上か、地面に掘った巣穴で眠っています。 ジャラジャラと重たいうろこを持っていますが、 意外にも木登りを得意としていて、爪を木に突き立てて何十メートルの高さまで登っていきます。 不安定な木の上でも器用に歩くことができ、そして眠ることもできます。 センザンコウはかなり省エネな動物で、1日の20時間を睡眠にあてているとも言われています。 じゃあ次はそれぞれの違いを見てみよう! そもそも生息地が違う! センザンコウはアフリカ大陸~アジアを生息地としています。 一方のアルマジロの仲間は北アメリカ大陸から南米大陸に分布しています。 両者は生息地が違うんです。 それは祖先が違うこともあらわしています。 たまたま同じような進化を遂げたのでしょう。 このように全く違う生き物の見た目が似ていくことを「収斂進化(しゅうれんしんか)」といいます。 アリクイとフクロアリクイ、オオカミとフクロオオカミが収斂進化の代表例です。 センザンコウはウロコ、アルマジロは甲羅 センザンコウには綺麗に重なり合ったウロコがあります。 このウロコは先端が鋭くなっていて、防御だけでなく攻撃にも使えます。 一方のアルマジロは板状の皮膚(甲羅)による防御のみを行います。 センザンコウほどの硬さも無いため、ジャガーに噛み砕かれてしまうこともあるようです。 センザンコウとアルマジロは似ている部分も多いけど、完全に別の生き物なんだね! センザンコウは絶滅危惧種!理由は財布!? センザンコウは全ての種類が絶滅危惧種に指定されています。 理由は革目的の乱獲です。 ウロコを持つ哺乳類は珍しく、革製品の材料として人気が出てしまうんです。 革には独特のひし形模様があるため、財布のデザインとして人気です。 さらにウロコは漢方薬になると信じられています。 法的に規制されていますが密猟者は後を絶たず、現在も闇市場の20%はセンザンコウが占めているとも言われています。 センザンコウは防御手段が体を丸めるという方法のみです。 人間なら簡単に攻略できてしまうんです。 硬いうろこも人間の兵器の前では無力なんですね。 普通に通販にセンザンコウ革の商品があるよね! お願いだから買うのをやめてほしいよね、、、 センザンコウはペットにできる? センザンコウはペットにできません。 現存の8種類すべてが絶滅危惧種に指定され、取引には国同士の許可が必要です。 ペットショップに出回ることはありませんし、万が一売られていたとしても正規ルートではありません。 間違っても買わないように注意しましょう。 この子はワシントン条約違反により回収され、東山動物園が引き取った個体だそうで、2004年に上野動物園にお引越ししてきました。 東山動物園のセンザンコウ こちらも同じくミミセンザンコウです。 密猟により出回ってしまった個体を引き取って飼育してくれているようです。

次の

センザンコウ(穿山甲)

センザンコウ 漢字

先日、で、いろいろ食べた中に、 いたちの仲間と紹介されたのが気になって、 麗君に漢字でどう書くの?と聞くと、 「穿山甲」という。 ウィキで調べると、センザンコウという希少種。 鱗を持つ唯一の哺乳類だそう。 中国では漢方として珍重されてるらしいのだけど、 肉は臭みが強くて一口しか食べませんでした。 しかし、麗君はそのとき、 「蟻を食べるやつだよ、ほらワニみたいでさあ!」 という禅問答のような説明しかしてくれず、 まあ変わった動物なんだろうな、とはおもいましたけど。。 ワニと言われてもねえ(笑) 果子狸(ハクビシン)も食べたけど、あれも臭かった。 白テンもハルビンで食べたけど、鶏舎の匂いがする。 基本、内臓系の臭いものは好きなんだけど、 いたち系の生き物は、外敵から身を守るために、 肉が臭くできているんだろうね、本能的にのどを通りにくい。 それでも希少なものはよく漢方薬にされるんだけど、 本当なんだろうか?ただ珍しいからという気がしないでもない。 ところで、中国の地方へ行くと、 その地域住民のみが狩猟を赦されてる動物がいて、 チチハルではオオカミの肉を食べたことがある。 今回も、山奥の林業関係者が業務上駆逐を赦されているものを、 特定の人間で食べるという範囲でオーナーがやっているらしい。 北京上海の大都市では味わえない愉しみだね。 浜松のずっと山奥へ行くと、そこでも熊や猪が食べられます。 これらは、スーパーに売ってる豚や牛とは違う、 格別の「臭み」と出会える。 たまりません。 中国の羊肉は、ぼくの感覚では半分はニセモノだけど、 西安ではとびきりの羊肉に出会える。

次の