アンチ マター。 ダークマターをアンチマターで探る

【ミニ四駆】高機能充電器アンチマターを紹介する!30歳で復帰するミニ四駆その460

アンチ マター

ダメージ倍率 これが大きいものほど、弾が当たった時のダメージ量が大きくなります。 発射間隔 Rate of Fire RoFとも。 これが短いほどDPS は上がりますが、その分キャパシタや弾薬の消費が激しくなります。 最適射程距離 Optimal Range いわゆる射程距離。 精度低下範囲 Falloff 目標が最適射程距離より遠くにあるときの、命中率の下がり方の緩やかさを示す数値。 長いほど良いです。 最適射程距離に精度低下範囲を足した距離を、一般的に 有効射程と呼びます。 追跡速度 Tracking Speed トラッキング速度とも。 タレットの旋回性能を示す値で、これが高いほど移動目標に対する命中率が良いと言えます。 また、DPSや射程距離は大型のタレットほど良くなっていきますが、 追跡速度は大型のタレットほど悪化していきます。 上を更にまとめると、• 全てのタレットは、それぞれに適合する弾薬を用意し装填しなければ撃つことができません。 弾薬にはいくつか種類があり、それによってタレットの射程や威力が変化します。 標準型の弾薬は、威力が高いものほど射程が短く、射程が長いものほど威力が低くなっています。 また、中射程弾薬はキャパシタの消費を抑えたり追跡速度を向上させたりなどの独自のメリットを持っています。 標準型弾薬とは別に、T2仕様のタレットでのみ使用できる T2弾薬というものがあります。 T2弾薬は癖がありますが、使い方を間違えなければ強力です。 T2タレット限定のためスキル要件は高いですが、使えるようになって損はありません。 Energy Turret エネルギータレットは、船のキャパシタを消費して攻撃するタレットです。 レーザータレットとも呼ばれます。 Amarr艦の大半と、Blood、Sansha及びSoEの艦がこれへのボーナスを持っています。 このタレットの弾薬は、一般的に「レンズ」と呼ばれます。 他のタレット用弾薬とは異なり、レンズはいくらタレットを撃っても数が減らないという特性があります。 このためリロードが必要なく、キャパシタがある限り半永久的に攻撃し続けることができます。 これは 弾薬代がほとんど掛からないということでもあります。 また、レンズの交換にかかる時間も極めて短いため、状況に応じて最適な射程のレンズに随時切り替えて戦う、といったことも容易です。 攻撃属性はEMとThermの2属性で、BloodとSansha に対して特に有効です。 弾薬を消費しないもののキャパシタの消費量はかなり大きく、SpaceshipCommandスキルやBurstControl バースト制御 スキル、キャパシタ関連スキルなどを高めるまでは、キャパシタのやりくりに苦労することが多くなります。 8 8. DPSそのものは全タレットの中でも最大で追跡速度も高いのですが、射程距離、特に最適射程距離が極めて短いため、そのDPSを最大限に発揮するためには目標までの距離を出来る限り詰める必要があります。 静止目標に対しては、その高いDPSを遺憾なく発揮できます。 主に追跡速度や精度低下範囲にボーナスを持つGallente艦と相性が良く、Web強度ボーナスを持つSerpentis艦との相性は抜群です。 逆に、最適射程距離ボーナスの多いCaldari艦との相性はあまり良いとは言えません。 8 8. Minmatar艦の多くとAngel艦がこれへのボーナスを持っています。 このタレットの最大の特徴は、弾薬を替えることによって 射程だけでなく攻撃属性も変えられることです。 短射程弾薬だけでも、EMP弾、Phased Plasma フェーズドプラズマ 弾、Fusion フュージョン 弾がそれぞれEM、Therm、Exp属性となっており、様々な目標に対応可能です。 もう一つの特徴として、他2種のタレットとは異なり、プロジェクタイルタレットは攻撃の際にキャパシタを消費しません。 Minmatar艦は全体的に元のキャパシタ性能が低いので、キャパシタの安定させやすさという点でのメリットはあまりありません。 どちらかというと、キャパシタが枯渇しても攻撃を続行できるという点で、PvPにおけるメリットだと言えます。 Autocannon ダメージ倍率 高 発射間隔 長 DPS 低 最適射程距離 中 精度低下範囲 長 追跡速度 低 キャパシタ消費 無 アーティラリは長射程型のプロジェクタイルタレットです。 連射速度が遅くDPSは低いものの、単発火力は全タレットの中で最も高くなっています。 最適射程距離は比較的長いものの追跡速度が低いため、普通に使うとビームレーザーやレールガンに火力で見劣りする部分が多くあります。 しかし、単発火力に特化しているその性能は、PvP環境において特異な立ち位置を持っています。 例えば、一撃で相手のHPを全て削り切ることができるなら、相手の回復力に対してDPSが負けていても倒すことができます。 一撃で倒せなくとも、シールドあるいはアーマーを一撃で全て削ってその下までダメージを与えられるなら、回復力に関係なくいずれは倒すことができます。 これは、1対1だけでなく、多人数戦においても同じことが言えます。 DPSだけが全てではない、ということを良く表しているタレットです。 パルスレーザーに近い長めの射程と、ブラスター並みの高いトラッキングを併せ持ちます。 ただし、他のタレットと違って精度低下範囲がありません。 そのため、射程外の目標に対して射撃することができません。 最大の特徴は、ダメージ倍率が可変であり、サイクルを中断せず撃ち続けるとダメージ倍率が徐々に上昇するという点です。 基本的には30サイクルで最大倍率に達し 、撃ち初めの2. 5倍のダメージになります。 Triglavian艦の撃ち初めのDPSは同クラス艦船の短射程型タレットFitに比べて低いですが、ダメージ倍率が最大に達したときのDPSは同クラスを圧倒する高いものになります。 サイズやスキル、Fitで変わりますが、最大火力に達するまでの時間は1分半から2分台くらいです。 なお、オーバーロードではサイクルを短縮できません。 ただし、いかなる理由でも一度射撃を中断すると、ダメージ倍率は初期値に戻ってしまいます。 手動停止だけでなく、弾切れ、ECM等によるロックオンの解除などの他、このタレット特有のものとして目標が最適射程圏外に出てしまうことも停止原因に挙げられます。 特にTracking Disruptorの射程妨害によっても止まってしまうことがあるという点には注意が必要でしょう。

次の

X4デブリ暮らし☆2

アンチ マター

歴史 [ ] 、のはの相対論的なを記述するを導いたが、この方程式から導かれる負エネルギー状態の電子の解釈について悩んでいた。 負エネルギー状態の電子は、質量が負であることから、引っ張るとそれと反対向きに動こうとする奇妙な性質を持つため、に似ていることから「ロバ電子」 donkey electron という名前がつけられた。 、ディラックは、真空がロバ電子で満たされており、その中の泡に相当する hole が負エネルギー電子になるだろうという着想を得て、空孔理論 hole theory を提出した。 この理論によると、負エネルギー状態の電子はあたかも正の電荷を持った電子(陽電子)のように振舞うはずであった。 しかし、ディラックは、陽電子が当時発見されていなかったことから、負エネルギー状態の電子は正電荷を持つに対応しているというアイディアを推し進め、なぜ陽子が電子の質量と大きく異なっているかについては未解決の問題としてしまった。 この点はディラックの間違いであり、この論文が公表された直後に他の研究者によって指摘されたが、ディラックによれば「数学上の対称性から空孔は電子と同じ質量を持つ粒子であるべきである」ときわめてはっきり言明したのはであった。 、の研究をしていたのにより正の電荷を持つ、が発見される。 、物理学者のとにより、前年に建設されたベヴァトロンを用いてを発見。 この実験ではも発見されている。 、 CERN との研究チームにおいて、陽電子と反陽子からなる「」が生成された事が分かり、翌年1月に発表。 欧州原子核研究機構でを含む国際共同研究実験グループにおいて、反水素の5万個ほどの大量生成に成功。 11月 欧州原子核研究機構で日本を含む国際共同研究実験グループにおいて、反水素原子38個をに閉じ込めることに成功(反水素原子の存続時間は0. 2秒間)。 4月、米 BNL の実験により、これまでで最も重い反物質である「原子核」が合成された。 10億回の金原子核の衝突によって生じた5000億個の荷電粒子の軌跡を調べたところ、その中で18個が、反ヘリウム原子核と思われる軌跡であった。 これ以上重い反原子核は、何らかの偶然を除けば、生成確率が非常に低いため、人類が手にすることの出来る最も重い反物質であると思われる。 2011年6月、欧州原子核研究機構で日本のや含む日米欧などの国際共同研究実験グループにおいて、反水素原子を1000秒以上閉じ込めることに7回成功。 装置は前回と同様の物を用いた。 2017年11月には、によって空気中で反物質が生成され、を起こしている事が報道された。 対消滅ガンマ線を検出した事が証拠とされた。 性質 [ ] 物質と反物質が衝突するとを起こし、がとなって放出される。 これは反応前の物質・反物質そのものが完全になくなってしまい、消滅したそれらの質量に相当するエネルギーがそこに残るということである。 ただし 発生するが一部のエネルギーを持ち去るため、反物質の対消滅で発生するエネルギーのうち光子などの比較的検出しやすい粒子に与えられるエネルギーは、これより少なくなると言われる。 反物質は自然界には殆ど存在しないので、人工的に作らねば得ることが難しい。 非常に高いエネルギーを持つ粒子どうしを衝突させると、多くの粒子が新たに生成されることは既に知られているが、これは、粒子が衝突前に持っていたエネルギーがそれに相当する質量に変わるためである。 物質と反物質の衝突とは逆の事が起きていることになるので、それによって生成される粒子の中に反粒子が実際に含まれている。 そのため現在では、人工的に高エネルギーの粒子を、という非常に巨大な装置を使って作り出し、それらを衝突させて反粒子を作りだし捕獲することで反粒子を得ている。 反物質の消滅 [ ] 反物質がどうしてわれわれの住む宇宙では殆ど存在していないのかは、長い間、物理学の大きな疑問の一つであったが、最近その疑問への回答が部分的ではあるが得られつつある。 初期宇宙においての超高温のカオス状態の中で、クォークから陽子や中性子が出来、中間子が生まれ、それぞれの反粒子との衝突で光子(電磁波・ガンマ線)に変換されたり再び対生成されていた頃にすべては起こったと考えられている。 従来、物質と反物質は鏡のように性質が逆なだけでその寿命を全く同じだと考えられてきた(CP対称性)。 だが近年、粒子群の中で「物質と反物質の寿命がほんの少しだけ違う」というものが出てきた。 最初はと反K中間子である。 そして、B中間子もはっきりと反B中間子とでは寿命が違うことが確認された。 日本の高エネルギー加速器研究機構 のBelle検出器 による発見である。 「反物質の寿命がわずかに短かった」()。 これにより、初期宇宙の混沌の一瞬の間の「物質と反物質の対生成と対消滅」において、ほんのわずかな可能性だが反物質だけが消滅し物質だけが取り残されるケースがあり、無限に近いほどの回数の生成・消滅の果てに、「やがて宇宙は物質だけで構成されるようになった」と説明できる。 もちろん多種さまざまな粒子群の中のわずか2つの事例であるが、他の粒子での同様の現象の発見やそもそもの寿命のずれの発生機序が解明されれば、この謎は遠からずすべてが解明されると期待されている。 将来の利用法 [ ] 反物質はを使う実験の際に、微量ずつ発生しては、発生の次の瞬間には対消滅で消え去っている事が観測データから確認されているがやなどと異なり自然には殆ど存在せず、そのため反物質を得るには一から生成する必要がある。 ただし、反物質を生成するのに必要なエネルギーは、反物質を燃料として消費するときに得られるエネルギーよりも大きいため、結局は損をする。 これは、水素を燃料として使うために水を電気分解した後、再び燃料電池として電気に戻して消費するサイクルに似ている。 ただ、エネルギー密度だけを考えれば非常に高密度であるので遠い将来の宇宙開発のような特殊な用途での利用が想像されている。 反物質は物質に触れると爆発的な対消滅を起こすので貯蔵や取り扱いには工夫が必要になる。 NASAは反物質動力の推進機関に関心を示している。 宇宙機のエンジンとして比べれば、核分裂では核燃料の質量のおよそ千分の一、核融合ではおよそ百分の一がエネルギーに転換されるのに対し、反物質を燃料として使えばその大部分がエネルギーに転換される。 一方、化学燃料によって得るエネルギーはその質量のおよそ一億分の一相当にすぎず、1グラムの反物質の対消滅によるエネルギーは、の外部燃料タンク23個分に相当する。 小説などでは、強力なとして反物質を登場させる場合がある。 実際に地球上で「反物質兵器」を用いるにはあまりに威力が大き過ぎるため、大質量のが地上に落下する可能性が有る際にその隕石をする為に使う等「に使わない強力な兵器」としての利用法なども考えられている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 読売新聞社2010年11月18日配信記事 [ ]• 日本経済新聞. 2011年6月6日. 2011年6月6日閲覧。 時事通信社. 2011年6月6日. 2011年6月6日閲覧。 2017年11月23日. 2017年12月10日閲覧。 2017年11月27日. 2017年12月10日閲覧。 参考文献 [ ]• 「消えた反物質」『新しい物性物理 : 物質の起源からナノ・極限物性まで』〈〉、2005年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 物質と反物質 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

アンチモニター|キャラクター|DCコミックス|ワーナー・ブラザース

アンチ マター

ステーションの外でいろいろ試してたら赤くマーキングされた船を発見。 犯罪者が警備船に追われているようだ。 サイレンが聞こえる。 助太刀するべく犯罪者に攻撃開始。 数発当てたらあっさり撃沈。 ステーションの管理者から礼を言われ500クレジット貰えました。 不届き者を見つけたらどんどん成敗していこう。 船外活動のチュートリアルを受ける。 これで船体のリペアができるようです。 まず操船中にEnterキーで艦船メニューを開き離席、輸送室を調べ「宇宙服を使用」を選択すると船外へ移動。 Spaceキーで装備中の器具を使用。 まだリペア器具しか持っていないけど他にもいろいろ装備できるみたいだ。 あてもなく放浪していると「スーパーハイウェイ」なるものを発見。 ここを通ると隣の宙域まで高速移動できました。 その後「ARG Argon Defence Platform」を発見。 ステーションの管理者まで知らないと言う。 本当かよ…。 「ARG Argon Defence Platform」でも代表者は見つけられなかった。 船でうろうろしていると遠くの方でなにやらドンパチしている様子。 興味本位で近づいてみるとアルゴンとゼノンのやつらが交戦中。 ゼノンはあらゆる派閥に喧嘩を売っているやつら。 とりあえずアルゴンに加勢することに。 赤いビームがビュンビュン船体をかすめる。 怖っ…。 なんとか戦闘機タイプのやつを一機撃沈させたが、何発か船体にダメージが入ってしまった。 そこらへんの犯罪者とは全然違って、装甲がかなり硬い。

次の