中欧ツアービジネスクラス。 中欧旅行・ツアー|ヨーロッパ|海外旅行|JTB旅物語 首都圏発

お知らせ

中欧ツアービジネスクラス

日本からのフライト時間 日本からウィーンまでのフライトは、直行便で約12時間。 その他都市はヨーロッパの都市を経由して約14〜16時間。 日本からの直行便がある都市 ウィーン 言語 オーストリアの公用語はドイツ語、チェコはチェコ語、ハンガリーはハンガリー語となります。 ですが中欧は隣接する国と陸続きのため隣り合う国の言語を話せるマルチリンガルの方が多いです。 入出国とビザ 【ビザ】シェンゲン協定加盟国のため、日本国籍の方の観光目的での滞在は180日以内、合計90日までの観光目的の滞在ならビザは不要。 その他国籍の方はお問い合わせください。 【パスポート】日本国籍の方は入国の際、パスポートの残存有効期間は出国時に3ヵ月以上必要。 パスポートの査証欄の余白が2ページ以上必要。 その他国籍の方はお問い合わせください。 中欧の10:00が日本では18:00となります。 ビジネスアワー 以下は一般的な営業時間の目安です。 商店やレストランなどは、店や都市によって異なります。 【銀行】銀行により異なりますが、月〜金曜の平日9:00〜15:00。 土・日曜、祝日は休業。 【デパートや一般商店】月〜金曜10:00〜18:00、土曜9:00〜12:00 【レストラン】昼食11:30〜14:00、夕食17:30〜22:00頃。 小さな町では、特に日曜の夜など早めに閉まることがあるので注意。 通貨 オーストリアのみEU単一通貨ユーロ。 チェコの通貨はチェココルナ、ハンガリーの通貨はフォリント。 陸路で入出国する方も多いため駅にも両替所があるので便利です。 チップ レストランやホテルなどの料金には、サービス料が含まれているが、チップを払う習慣がある。 サービスをしてくれた人に対する感謝の意を表す心づけなので、額は特別なことを頼んだ場合や満足度によって異なります。 オーストリア: 【レストラン】店の格にもよりますが、一般には5〜10%が目安。 テーブルでの支払い時にきりのいい金額に切り上げて渡すのが一般的。 【ホテル】ベルボーイやルームサービスを頼んだとき1ユーロ程度。 【タクシー】料金の10%程度。 トランクに入れる荷物が多いときはやや多めに。 【トイレ】掃除の係員が受け取り皿を前に置いて座っていたら0. 20〜0. 30ユーロ程度。 チェコ: 【レストラン】高級レストランでサービスに満足したときには、料金の10%程度が一般的。 【ホテル】ポーターには荷物1個につき10コルナ。 【タクシー】基本的に不要だが、何か特別な頼みごとをしたときには渡す。 ハンガリー: 【レストラン】サービスに満足したときには、料金の10〜20%程度が一般的。 あらかじめサービス料が含まれている場合もあります。 【ホテル】特別な頼みごとをしたときには200フォリント程度が目安。 【タクシー】料金の10〜15%程度。 おつりを切り上げて渡すとスマートです。 宿泊税 オーストリアへ宿泊する旅行者を対象に宿泊都市により「宿泊税」が課税されます。 お1人様1泊あたり0. 6〜1. 5ユーロをチェックイン、又はチェックアウト時にお支払いいただきます。 尚、宿泊税は現地事情により予告なく変更となる場合がございます。 気候 大陸性気候で、日本と同じように四季があります。 季節の違いは極めてはっきりしており、冬は寒さが厳しく、夏は日差しが強いです。 服装 夏は湿度が低いためあまり蒸し暑くはありませんが、日差しが強いので帽子やサングラスが必要です。 寒暖の差があるため上着の準備を。 冬はしっかりとした防寒対策が必要です。 喫煙 オーストリアでは空港、駅、列車内は禁煙。 レストランやカフェの室内席は禁煙または完全分煙で、入口に禁煙と喫煙の別がステッカーで表示してある。 なお、2018年5月からは禁煙のみとなる予定。 屋外席は喫煙可。 その他の国は特に規制なし。 水 オーストリアの水道水は、ほとんどがアルプスの湧き水を利用しており、飲料水として適切だがチェコの水道水は基本的に飲めない。 ハンガリーの水道水も飲めるとされますが、ミネラルウォーターの利用がおすすめです。 電圧とプラグ 電圧は230Vで周波数50Hz。 プラグはCタイプが一般的。 一部SEタイプもある。

次の

中欧旅行の人気ランキングとおすすめツアー|日本旅行でお得に海外旅行!

中欧ツアービジネスクラス

チロルの山々や湖などの美しい世界自然遺産、ハプスブルク帝国の栄光の象徴である華やかな宮殿や教会といった歴史的文化遺産に恵まれたオーストリア。 音楽と芸術の都ウィーンには、モーツァルトやヨハン・シュトラウスの遺作が、今なお生き続けています。 ビジネスクラス航空券は値段が高いと思われがちですが、パッケージツアーや乗継便で予約すれば、実は格安料金でビジネスクラスの上質サービスを利用することができるんです。 【オーストリア・ウィーンに乗り入れている主な航空会社】 <ヨーロッパ系>フィンエアー、ルフトハンザドイツ航空、ブリティッシュエアウェイズ、エールフランス、KLMオランダ航空 <中東系>カタール航空 東京発のみ 、エミレーツ航空 <アジア系>タイ国際航空 point 1 オーストリア、ウィーンへ行く航空会社の選び方 オーストリアへ行く航空会社は、早さ重視ならヨーロッパ都市での乗継便、価格重視なら中東やアジアでの乗継便がおすすめです。 <ヨーロッパの都市の乗り継ぎ> ヨーロッパの航空会社は北回りの飛行ルートを取るため、中東・アジア乗り継ぎに比べて少ないフライト時間ですむのが最大のメリットです。 ウィーンまでの所要時間は約17時間前後。 日本出発した日と同じ日にブダペストに到着するので、翌日までゆっくり休み、翌朝からすぐに行動できるのでアクティブ派におすすめです。 <中東の都市での乗り継ぎ> 中東の航空会社は、その豪華な機内設備やサービスで、世界的にも大きな支持を集めています。 中東の乗継便は飛行距離が長くなってしまうため、フライト時間と乗継時間を合わせて20時間前後かかりますが、ビジネスクラスのサービスが良質なので、時間に余裕があれば、おすすめ。 ヨーロッパの航空会社より格安な料金で行けることが多いのもメリットです。 ヨーロッパ系航空会社の場合、ヨーロッパ内の乗り継ぎ地からブダペストまではエコノミークラス席になるケースがほとんどですが、カタール航空やエミレーツ航空といった中東系航空会社であれば、行き帰り全区間ビジネスクラス席を利用できるのも魅力です。 <アジアの都市での乗り継ぎ> アジアの航空会社は、ヨーロッパのエアラインを利用するよりも格安で行けるのが最大のメリットです。 タイ国際航空は、南回りの飛行ルートになるため、所要時間が20時間前後と少し長めにかかります。 point 2 母娘旅行にも!ビジネスクラスは乗ること自体が旅の記念 オーストリアは幅広い年代に人気があり、新婚旅行や母娘旅行で訪れる人も少なくありません。 ちょっと特別な記念旅行のときは、思い切ってビジネスクラスを選ぶと、移動自体も旅のイベントになり、旅全体がより素敵な思い出になります。 オーストリアは観光スポットが多く、とくにウィーンでは、宮殿や教会などの歴史的文化遺産を観光したり、ウィーン国立歌劇場(オペラ座)でのオペラ鑑賞をしたり、楽しみがいろいろ。 そんなウィーンをおもいっきり満喫するには、往復の飛行機をビジネスクラスにして体力を温存しておくのがおすすめです。 とくに、母娘旅行やファミリーなど、体力に差があるメンバーで旅行をするときはビジネスクラスが安心です。

次の

中欧旅行の人気ランキングとおすすめツアー|日本旅行でお得に海外旅行!

中欧ツアービジネスクラス

チロルの山々や湖などの美しい世界自然遺産、ハプスブルク帝国の栄光の象徴である華やかな宮殿や教会といった歴史的文化遺産に恵まれたオーストリア。 音楽と芸術の都ウィーンには、モーツァルトやヨハン・シュトラウスの遺作が、今なお生き続けています。 ビジネスクラス航空券は値段が高いと思われがちですが、パッケージツアーや乗継便で予約すれば、実は格安料金でビジネスクラスの上質サービスを利用することができるんです。 【オーストリア・ウィーンに乗り入れている主な航空会社】 <ヨーロッパ系>フィンエアー、ルフトハンザドイツ航空、ブリティッシュエアウェイズ、エールフランス、KLMオランダ航空 <中東系>カタール航空 東京発のみ 、エミレーツ航空 <アジア系>タイ国際航空 point 1 オーストリア、ウィーンへ行く航空会社の選び方 オーストリアへ行く航空会社は、早さ重視ならヨーロッパ都市での乗継便、価格重視なら中東やアジアでの乗継便がおすすめです。 <ヨーロッパの都市の乗り継ぎ> ヨーロッパの航空会社は北回りの飛行ルートを取るため、中東・アジア乗り継ぎに比べて少ないフライト時間ですむのが最大のメリットです。 ウィーンまでの所要時間は約17時間前後。 日本出発した日と同じ日にブダペストに到着するので、翌日までゆっくり休み、翌朝からすぐに行動できるのでアクティブ派におすすめです。 <中東の都市での乗り継ぎ> 中東の航空会社は、その豪華な機内設備やサービスで、世界的にも大きな支持を集めています。 中東の乗継便は飛行距離が長くなってしまうため、フライト時間と乗継時間を合わせて20時間前後かかりますが、ビジネスクラスのサービスが良質なので、時間に余裕があれば、おすすめ。 ヨーロッパの航空会社より格安な料金で行けることが多いのもメリットです。 ヨーロッパ系航空会社の場合、ヨーロッパ内の乗り継ぎ地からブダペストまではエコノミークラス席になるケースがほとんどですが、カタール航空やエミレーツ航空といった中東系航空会社であれば、行き帰り全区間ビジネスクラス席を利用できるのも魅力です。 <アジアの都市での乗り継ぎ> アジアの航空会社は、ヨーロッパのエアラインを利用するよりも格安で行けるのが最大のメリットです。 タイ国際航空は、南回りの飛行ルートになるため、所要時間が20時間前後と少し長めにかかります。 point 2 母娘旅行にも!ビジネスクラスは乗ること自体が旅の記念 オーストリアは幅広い年代に人気があり、新婚旅行や母娘旅行で訪れる人も少なくありません。 ちょっと特別な記念旅行のときは、思い切ってビジネスクラスを選ぶと、移動自体も旅のイベントになり、旅全体がより素敵な思い出になります。 オーストリアは観光スポットが多く、とくにウィーンでは、宮殿や教会などの歴史的文化遺産を観光したり、ウィーン国立歌劇場(オペラ座)でのオペラ鑑賞をしたり、楽しみがいろいろ。 そんなウィーンをおもいっきり満喫するには、往復の飛行機をビジネスクラスにして体力を温存しておくのがおすすめです。 とくに、母娘旅行やファミリーなど、体力に差があるメンバーで旅行をするときはビジネスクラスが安心です。

次の