新 au ピタット プラン n。 auの新料金プランが2020年7月に登場|旧プランとどちらが得?

au 新カケホ割60 の申し込み方法と割引内容を解説!60歳以上ならずっと1,000円割引

新 au ピタット プラン n

【2020年5月版】新規受付終了 au エーユー 旧料金プランまとめ! 公開日時 : 2020-01-18 19:00 更新日時 : 2020-06-05 16:24 au エーユー の新プランが2019年6月開始しました。 auも多くの利用者から指摘されてきた、料金体系の複雑さの解消を目指して以前からあった分離プランを更にアップデートしました。 au新料金プランで特徴的なのはdocomoやSoftbankに加え楽天も参入にし、4キャリアの中で種類は一番豊富でメインが新プラン4種と旧プラン引き継ぎ2種の合計6種類もあることです。 メインの新プランは、月額4,480円 2020年2月1日~ からご利用いただけてMNOとして日本初の月間データ容量に上限がないスマートフォン向けの料金プラン au データMAX プラン Pro と、 2019年9月13日から受付開始した月額4,880円からご利用いただけて月間データ容量に上限がなくNetflixベーシックプランまでコミコミの au データMAX プラン Netflix パック と、 最低月額1,980円から利用できる月間データ容量が1GBからデータ量に応じたプラン 新 ピタットプラン N と、 Twitter ツイッター やInstagram インスタグラム 、Facebook フェイスブック 、+メッセージを利用する際そのデータ通信量を数えない カウントフリーにして、月間データ容量を7GBまで使用できる au フラットプラン7プラス N の4種類があります。 他には以前からある、月額5,150円からご利用いただける「auフラットプラン25 Netflixパック N」と、月額4,000円からご利用いただける「auフラットプラン20 N」の2種類です。 プランに関しては豊富という見方もあれば、わかりづらいというかたもいらっしゃると思います。 くわしくわかりやすく解説していきます。 そこで今回の新料金プランにより、 全て分離型となりました。 では、従来の一体型とはどういったものだったのでしょう? 一体型の特徴 以前はプランを選んでいただくと 一緒に端末の料金を値引きします、というプランでした。 auでいうところの「毎月割」ですね。 しかし、プランによったり端末によったり割引額が異なるので、わかりづらく本当にお得なのか料金が明朗会計に感じられませんでした。 分離型の特徴 そこで登場したのが、今回の分離型です。 auでは、既に2017年に「auピタットプラン」「auフラットプラン」を出していましたが、この度の電気通信事業法の改正による「完全分離」の義務化を受けた新プランとなりました。 端末の値引きなどをなくして分離 単純にiPhoneなどの端末代金は別料金 にすることにより明朗会計になるということになりました。 その方々は最安で端末さえ変えなければ、データ通信量を1GB未満という条件から1,980円からと安い料金で使用できるようになりました。 加入なしも可能。 音声プランってなに? 以前の音声プラン名は?• カケホという国内通話24時間無料・家族間通話無料のプラン• スーパーカケホという国内通話5分以内無料・家族間通話無料のプラン• シンプルプラン:家族間通話無料 通話をする際のプランのことです。 以前はプランによってセットになっていましたが新プランからは個別に組む必要があります。 新しいプランは?• どういうひとに向いているの?• 電話の頻度は多くてかけ放題が必須なひと、または 5分 以上の通話を月に18回以上はするというひとは、 通話定額• あまり電話はしないけど、 5分 以内の通話を月に18回以上はするというひとは、 通話定額ライト• 月額の料金が700円を越えるようなら翌月に通話定額ライトに変更することも可能です。 ISPってなに? 以前は、LTE NETのように、スマートフォン向けプロバイダ(ISP)のことをいいます。 月額300円かかっていたものも、新プランからは音声プラン同様コミコミでの料金となります。 新プランは共通して全てコミコミとなります。 既存プランユーザーは変えないといけないの? ご安心ください。 既存ユーザーについては2019年6月以降も引き続き旧プランを利用できます。 ただし、旧プランのかたが新プランへのプラン変更を行った場合は、「毎月割」の適用は終了となります。 現行のプランは機種変更やプラン変更しなければ、 そのままご利用いただけます。 旧プランから変更する場合の注意点• 2019年9月30日以前機種変更後12ヶ月以内にauの新プランに機種変更をした場合、「 au購入サポート」を利用していて規定利用期間を過ぎておらず新プランへの変更を行うと 解除料が発生してしまいます。 au購入サポートは2019年9月30日をもって終了• 2019年9月30日以前に分割で機種変更後24ヶ月~36ヶ月以内にauの新プランに機種変更をした場合、「 毎月割」を利用していて規定利用期間を過ぎておらず新プランへの変更を行うと割引が効かなくなり、 端末の残債がまるまる発生する場合があります。 新 ピタットプラン N は従来から変わらぬ特徴ですが、使用した データ通信量に応じての従量課金制になり、使用する容量によっては高くなってしまう場合もあるので注意が必要です。 家族割プラスとは? 対象プランに加入のご家族の人数に応じて、月々の料金を割引く新たなサービスです。 2回線以上で各回線の料金から月額500円引き、3回線以上で1000円引きとなります。 光固定回線の割引スマートバリューと併用も可能です。 2019年9月3日 火曜日 より受付スタートしました。 2019年9月以前にauスマートバリューにご加入の場合は、対象プランへのご加入で「家族割プラス」の割引が自動適用されます。 夫:新プラン-1,000円• 妻:新プラン-1,000円• 子:新プラン-1,000円 家族割プラス スタートキャンペーン 2019年7月26日(「 au データMAX プラン Pro 」受付開始日)~2019年9月30日ご利用分は、「家族割プラス」「auスマートバリュー」未加入の場合でも、1,000円/月割引となります。 2019年9月30日をもって新規受付終了 au光やケーブルTVの割引は?新プランでどうなるの? 「auスマートバリュー」は継続して適用されます。 au フラットプラン7プラス N と、 au データMAX プラン Pro ・ auデータMAXプラン Netflixパック は、月額1000円引き• 新 ピタットプラン N は4GB以上の利用で500円引き 期間限定キャンペーンは?どんなものがあるの? au データMAX プラン の料金を、6カ月間月々1,000円割り引く、「auデータMAXプラン スタートキャンペーン」が実施されます。 2019年9月30日をもって新規受付終了 auデータMAXプラン Netflixパック の料金を、6カ月間月々1,000円割り引く、「スマホ応援割プラス」が実施されます。 ご自宅のインターネットも見直しが必要かも知れません。 実は ノジマグループ niftyでも、スマートバリューに対応した光回線サービスを提供しております! nifty光とは?• 光回線だから天候の影響をうけにくい!• もちろん IPv6にも対応! 地域や時間帯の影響が少ない、快適なインターネット環境をご提供!• ウイルス対策や電話サポートなど、充実したオプションで 設定などが苦手な方も安心!• さらにお得な キャッシュバックは期間限定! 詳しくは下記ページにてご案内しております。 もし検討される場合は、見直しは慎重に、そして快適なインターネットライフを楽しんでください。 ざっくり新プランはどれがいいの? ざっくり言って・・・ ほとんど使わずに通信量が毎月4GBで充分たりるひと 毎月変動はするけど、 4GBを超えることはないと言い切れるひとは、 新 ピタットプラン N 毎月SNS以外7GBを越えないひと 毎月 SNS Twitter・Instagram・Facebookなど の使用が多いけどそれ以外は 7GBでおさまるひとは、 au フラットプラン7プラス N 毎月20GBで収まってNetflixも興味がないひと 毎月7GBは辛いけど、 20GBならおさまるひとは、「auフラットプラン20」(20GB) Netflixは観たくて毎月25GBでおさまるひと Netflixが観たくて毎月データ通信量が25GB以内のひとには、「auフラットプラン25 Netflixパック」(25GB) Netflixも観たいし沢山パケットを使いたいひと Netflixも観たいけど25GBでは足りなくてもっと制限を気にせずに観たい!というひとは、 auデータMAXプラン Netflixパック 毎月通信制限に悩んでしまっているひと Netflix観なくていいけど、明らかにデータ通信量を使うので極力安く使いたいひとは、 au データMAX プラン Pro もし、毎月指定した容量を過ぎてしまうと、通信制限というネットが月末までものすごく遅くなってしまい、それを解除するには 1GB毎に、1,000円を課金しないといけません。 そういったリスクを考えて自分自身の適正な料金を選ぶことをオススメします。 定期契約とは? 2年更新は継続です。 2年定期契約がないと違約金はないですが、その代わり月額料金が高くなります。 2年定期契約ありの場合は、途中で解約すると9,500円の解約金がかかります。 いわば、2年縛りは継続と思ったほうが良いでしょう。 今までは2年更新なしの場合は、契約期間内での解約・定期契約のない料金プランへの変更などの場合は9,500円の解約金がかかります。 いわば、 2年縛りですね。 しかし、2019年6月に総務省が期間拘束のある契約の契約解除料を「1,000円」までとするといった規定整備案を作成しました。 これにより解約金が1,000円未満となり、2年契約ありとなしの価格差も170円に抑えられました。 今回の新たな料金プランに適用された2年継続割引サービス「2年契約N」も他社に先駆け、この規制案に準拠しました。 関連記事はこちら 新プラン、どんなひと向け? 以前からauを利用していて端末料金を完済しているひとは、プランを見直してもいいのではないでしょうか。 ただし、 端末が使えるし不満がないという方が対象です。 機種変更した場合は端末代金が別になるので、当然料金は高くなります。 あとは他社で毎月高いというかたも端末代金含めてMNPなどで乗り換えてしまえば安くなる場合もあります。 新プラン、既存プランを変えないほうがいいひとは? MNPなり機種変更なり、でau購入サポートという、1年間はその端末を使わないと、プラン変更でも違約金がかかってしまうひとは、うっかりプラン変更してしまうと、 多額の違約金が発生してしまう可能性があります。 ご使用の端末のバッテリーの持ちや動きが重く機種変更予定の方は、機種によっては分離型は全額負担となるので月額が高くなる可能性は大いにあります。 関連記事はこちら 2019年10月から携帯料金が明朗会計になりました! 度重なるプラン発表により、なんだかんだいってもまだまだわかりづらいところはありますよね。 そこで総務省は追加要項として、契約期間の総額表示や細かい内訳を明記するようにガイドラインを改定しました。 これでよりわかりやすいをまとめられますね。 48ヶ月の分割のアップグレードプログラムEXも新規受付を2019年9月30日をもって終了しました。 2年縛りはないに等しいですが端末の分割の料金は残る形となります。 関連記事はこちら まとめ 新料金プランが発表されましたが、利用者によっては端末代など含めるとまだ高くなってしまう場合があります。 料金プランが安くなったかわりに、端末購入時には割引がない点が今回の大きな変化になります。 中古のiPhoneもノジマオンラインで販売しておりますので、ご興味あるかたは是非をご覧ください。 新料金プランに変更するにあたり、ご自身の契約内容を確認や機種変更した場合お安くなるのか?はたまた高くなってしまうのか?などなど、 ノジマの携帯コーナーにて無料でお見積りができます。 是非、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。 ご来店をお待ちしております。

次の

ずっと1,980円って本当?「新auピタットプランN」の概要や条件を解説

新 au ピタット プラン n

auの新プランが発表され、「分かりづらすぎ」と話題になっている。 発表されたのは 「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」の3プラン。 それぞれ、最安値の時の価格をプッシュしているが、それは 「同居している家族3人が契約」していて「 家のネット回線をauにしている」ことが 前提の価格となっている。 docomoもそうだが、なぜ家族が一緒に契約することが前提の割引になるんだろうか。 更には 一人の場合の価格が表立って表記がされておらず、適用条件を細かくチェックしてやっと発見できる。 一人暮らし、独り身の人は対象外にされている気持ちにすらなる。 そんな分かりづらいと評判の auの新プラン。 お一人様の場合はいくらになるのか簡単にまとめた。 この記事の目次• 新auピタットプラン 「新auピタットプラン」は利用したデータ容量に合わせて3段階の月額料金が自動的に適用されるプラン。 同居家族3人だと1人あたり1,980円/月と謳っているが、1人だと下記の価格になる。 データ利用量 利用料金 au回線を引いている場合 0GB〜1GB 2,980円/月 -500円/月 1GB〜4GB 4,480円/月 4GB〜7GB 5,980円/月 「新auピタットプラン」に向いている人 毎月のデータ利用量が4GB以下の人、または 毎月のデータ利用量が大きく上下する人はこのプランがいいだろう。 殆どの人がこのプランがお得になりそうだ。 auフラットプラン7プラス 「auフラットプラン7プラス」は毎月7GBまで利用でき、それを超過すると通信速度は300kbpsとなる。 同居家族3人だと1人あたり3,480円/月と謳っているが、1人だと下記の価格になる。 また、 毎月のデータ利用量が4GB〜7GB前後の人もこのプランが良さそうだ。 ただ、7GBをオーバーした時に1Mbpsくらいにしてくれれば「おぉ!」ともなるが、 300kbpsだと「その程度でドヤ顔されても…」という印象にしかならない。 対象SNSにせめて LINEは入れて欲しいところ。 YouTubeもカウントフリーに入ればかなり評価できたけど…。 auデータMAXプラン 「auデータMAXプラン」は日本初の月間データ容量に上限がないプラン。 同居家族3人だと1人あたり5,980円/月(翌月から6ヶ月間)と謳っているが、1人だと下記の価格になる。 データ利用量 利用料金 au回線を引いている場合 6ヶ月間 7,980円/月 -1,000円/月 6ヶ月以降 8,980円/月 「auデータMAXプラン」に向いている人 データ通信を全く気にしないで使いたい人はこのプラン。 もちろんそれなりの値段もするが、毎月何十GBと使う人はこのくらい払っても、文句ないだろう。 ただ、「なんじゃそりゃ」という条件がついているので注意して欲しい。 また 、大量のデータ通信・長時間接続をすると通信速度を制限される(通信の切断はない)、 一定期間内に大量のデータ通信をすると混雑する時間帯の通信速度を制限される。 それどころか、 案内すらされていない始末。 「独り身の契約なんていらん」と言う事なのかね? 私は高校時代にIDOを使い、大学〜社会人とずっとauを使い続けてきた。 しかしMNPが施行され、各社が他社から移転してきた人だけに特別な割引を始めたので、それからは各社を渡り歩いている。 auはずっと使っていたこともあって、それなりに良いイメージはあったのだけど、 一人者を排除するような今回のプランにはガッカリした。 しばらくauに戻ることはないかな。

次の

【2020年最新】注意点を総まとめ!au新料金プランを大解剖|モバシティ

新 au ピタット プラン n

auの新料金プランが2019年春から登場 2019年春に発表され続々と受付開始されている、auの新料金プラン。 新auピタットプランの他に、 auデータMAXプランや auフラットプラン7プラスが登場しました。 しかし新auピタットプランは2017年に登場したauピタットプランと名前が似ており、実際は何が新しくなったのかが分かりにくいですよね。 まずはauが大きく打ち出した新料金プランが、従来の旧料金プランとどのような違いがあるのかについて見ていきましょう。 旧プランをお使いの方も参考にしてください。 2019年から始まる新料金プランは、これまで通話スタイルから選択していた料金プランとは違い、 データ容量スタイルから選択する料金システムになっています。 通話メインの旧プラン、データメインの新プラン 旧料金プランでは、 カケホ・スーパーカケホといった「国内通話がどれだけ無料でかけ放題か?」という観点からプランを選択してきました。 データ容量は通話プランにプラスの月額料金を追加する形で選択していくシステムでした。 しかし、 無料通話アプリの台頭により通話の需要が減ってきました。 そのため新料金プランからは、動画アプリやSNSを使う若い人向けに データ容量をメインの料金プランにして、通話はプラスの月額料金を追加する形になりました。 新料金プランからの変更点 新料金プランは「データ容量メインで、通話プランはオプション制」に変更となった以外にも何点かの変更点があります。 1つは、旧料金プランで実施されていた 「毎月割」サービスが撤廃されたことです。 毎月割がないため、他の割引サービスを適用させる必要があります。 もう1つは、 テザリングが無料になったことです。 スマホのデータをWi-Fi代わりにしてタブレットやPCをネットに繋げる機能ですが、従来では別途料金がかかっていました。 新auピタットプランとは まずは2019年6月1日からスタートした新auピタットプランの詳細について確認していきましょう。 このプランは、使ったデータ容量に応じて毎月の月額料金が変わります。 データ使用量を 〜1GB・〜4GB・〜7GBの3段階に区分して、使ったデータ容量に応じて金額が変わります。 使用したデータ容量が低いほどおトクになる料金体系です。 最大でも月7GBまでの使用となるので、7GB以上のデータ容量を超えてしまうと残りの当月末までは 速度制限の状態になってしまいます。 基本料金 月額の基本料金は以下の通りです。 データ利用量 〜1GB 〜4GB 〜7GB ご利用料金 2年契約適用時 2. また、 国内通話は30秒につき20円が別途かかるのでご注意ください。 基本料金の内訳は【 基本料金+データ定額料+LTE NET】です。 基本料金は2年契約を結ぶと980円/月、結ばなければ2,480円/月で料金が大きく変わります。 データ定額料は1,700円/月 〜1GB 、3,200円/月 〜4GB 、4,700円/月 〜7GB と使用した毎月のデータ量によって値段が変わります。 LTE NETはインターネット使用料として毎月300円が徴収されます。 これらを組み合わせると、最低でも月2,980円かかるということになります。 電話が多い人向けの通話オプション 電話が多い方にとっては、国内通話30秒につき20円だと毎月の通話料金が高額になってしまいますよね。 そんな方のために通話オプションが用意されています。 1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題の「 通話定額ライト」は +700円/月、国内通話が24時間かけ放題の「 通話定額」は +1,700円/月で追加できます。 通話アプリを所有していない家族との電話や、ビジネスシーンの電話を個人のスマホでも行うという方にはこちらの通話オプションの加入をおすすめします。 現在、「通話定額ライト」のスタートキャンペーンとして、 適用してから12ヶ月間は+700円/月のところを +500円/月で利用できます。 割引サービス 新auピタットプランには「毎月割」の割引サービスが適用できない代わりに、以下の割引サービスを適用させることが可能です。 auスマートバリュー:1GB〜7GBの使用で、翌月から -500円/月の割引 永年• 家族割プラス 2人 :翌月から -500円/月の割引 永年• 家族割プラス 3人以上 :翌月から -1,000円/月の割引 永年 auスマートバリュー auスマートバリューとは、auのスマホユーザー向けの割引サービスです。 毎月の月額利用料金が 永年で割り引かれるおトクなサービスになります。 適用させるには、ご自宅のネット+電話などブロードバンドを「auひかり」他 対象の固定通信サービスに加入、または「auスマートポート」の購入・契約が必要です。 もともとご自宅がauひかりといった対象のブロードバンドを利用している場合は、auスマートバリューに登録 無料 するだけなのでぜひ確認してみてください。 家族割プラス 家族割プラスは、新料金プランの登場と同時に誕生した新しい割引サービスです。 その名の通り、家族での利用が3人以上でおトクになるサービスとなります。 同居家族内でauユーザーが自分を含め2人以上いる場合は、家族割グループというグループに加入するだけで 永年月額料金が割引されます。 ただし、グループ内に 2人・3人以上という2段階で区分されるので、3人でも5人でも割引料金は変わらないのでご注意ください。 auスマートバリューに加入していれば、同居していない 別居家族もグループに加入することが可能です。 同居内に2人しかいない場合は確認してみましょう。 2019年9月末まで家族割プラス スタートキャンペーン中 2019年6月1日〜 2019年9月30日の期間は、新しい割引サービス「家族割 プラス」のスタートキャンペーンとして 未加入の方でも 毎月-1,000円割引されます。 2019年6月1日から受付開始となった「auピタットプラン」の新しいバージョン• 旧プランは通話メイン、新プランはデータメインの料金設定• 新auピタットプランはデータ使用量を〜1GB・〜4GB・〜7GBの3段階に区分して、使ったデータ容量に応じて金額が変わる• 電話が多い人は通話オプションがおすすめ 旧auピタットプランと比較してみた それでは新auピタットプランを、旧auピタットプランと比較してみていきましょう。 比較方法は、 基本料金・割引サービス適用の場合の2つに分けて料金を比較してみます。 旧auピタットプランも、新auピタットプランと同様に毎月に使用したデータ利用量によって月額料金が変動するという料金システムになっています。 異なる点は、新auピタットプランの料金変動は3段階なのに対して、旧auピタットプランは 〜1GB・〜2GB・〜3GB・〜5GB・〜20GBの5段階で変動しています。 新auピタットプランでは7GBを超えると当月末までは速度制限となりますが、旧auピタットプランは月額最大利用データ量が20GBまでなので 速度制限にもなりにくいです。 基本料金 基本料金から比較してみましょう。 旧auピタットプランでは通話タイプを カケホ・スーパーカケホ・シンプルの3タイプから選択し、それによって月額料金が変わります。 シンプルタイプは国内通話が30秒につき20円かかるため、新auピタットプランの オプションなしと同じ通話プランになります。 1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題のスーパーカケホはシンプルの月額料金に +500円/月、国内通話24時間かけ放題のカケホは +1,500円/月となります。 2年契約 自動更新なし または継続利用による料金割引未加入時の場合は別途金額が変わります。 基本料金で見てみると新auピタットプランの方が、3GB〜7GBの利用が最大で1,000円もおトクですね。 割引サービス適用の場合 続いては割引サービスをそれぞれに適用した場合の月額料金を比較してみましょう。 新旧auピタットプランでは、どちらとも 毎月割が適用されません。 新auピタットプランには auスマートバリュー・家族割プラスが、旧auピタットプランには auスマートバリューのみ適用が可能なのでそれぞれを適用してみましょう。 新auピタットプランの場合は以下の通りになります。 7GBを利用した場合、新auピタットプランでは4,480円/月・旧auピタットプランでは5,980円/月と 1,500円も新auピタットプランがおトクになります。 旧プランから料金プランのみの変更は不可能? auピタットプラン・auフラットプランを利用中の方や 2017年7月13日以前に端末購入を伴う機種変更をして旧料金プランを利用中の方は 機種変更なしに変更が可能です。 ただし、その他の料金プランを利用している方や2017年7月13日以降に端末購入を伴う機種変更をしている方は端末購入なしの変更ができません。 料金プランのみを変更するには、 店頭またはMy auから申し込むことで翌月から新auピタットプランが利用できます。 新auピタットプランはこんな人におすすめ• 家族内にauユーザーが 2人以上いる人(自分を含めて)• auスマートバリューに加入済み・もしくは加入出来る人• 月最大7GBまでの利用で問題がない人 やはり家族割プラスの割引が適用されるかどうかが、旧プランよりおトクに使えるかの鍵になります。 3人以上で-1,000円/月の割引になるのは大きいです。 ただし、旧auピタットプランは20GBまで6,980円/月で利用できるところがポイントです。 ユーザーの利用スタイルによっておトクかどうかが変わる 新auピタットプランは旧auピタットプランと同様に毎月のデータ利用量に応じて月額料金が変動するため、 ユーザーの利用スタイルによっておトクかどうかが変わります。 新しく家族割プラスという魅力的な割引サービスが登場したので、旧auピタットプランであまりデータ利用量を使用していない方は変更してみてはいかがでしょうか。

次の