年末の挨拶 例文。 役員年末の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

年末の挨拶 例文

年末の挨拶 例文

少し長くなるの嫌だなと感じる方は、冒頭の挨拶、1年間お世話になった御礼、会社の年末年始の営業予定日、締めの挨拶だけでも大丈夫です。 簡単に言ってしまえば、『今年一年ありがとうございました。 来年もよろしくお願いします』を文章にしてるだけ。 普段の感謝の気持ちを込めて、相手に伝わるようにするのがポイントです。 年末の挨拶メール送る時期とは? メールの受取主の予定が分かる場合 メールの受取主の予定が分かる場合は、年内最後の出社日から逆算して1週間から3日前にメールを送りましょう。 例えば、最終日にメールを送って見たものの、メールを見てもらえないなかったり・・・。 逆に、メールを早すぎれば受け取り主にとって迷惑となる場合があります。 なので、メールをする時は、受取主の年内最後の出社日から逆算して1週間から3日前にメールを送ると丁度良いと思います。 メールの受取主の予定が不明の場合 多くの会社の年末の仕事納めは12月28日の場合が多く、年内最後の営業日から逆算して1週間から3日前の12月20日から12月25日の間にメールを送りましょう。 もし、受取主と営業最終日までメールのやりとりがある場合は、その中で年末の挨拶メールを送れば良いと思いますし、前もって12月24日頃にクリスマスメールを兼ねて、年末の挨拶メールを送るのも一つの方法です。 社内や上司に送る年末の挨拶文の例文 昨年はお世話になりました。 お互いにとって実りの多い一年になるといいですね。 近いうちにまた会いましょう。 来年もよろしくお願い申し上げます。 友人への新年の挨拶を送るのも何だか少し恥かしくなりますが、不思議と送ってしまうものです。 しばらく会ってない友人やしばらく連絡を取ってなかったら、これを機会に連絡取ってみるのも良いかもしれませんね。 年末の挨拶文をさらに良くするコツとは? 季語と結語を入れる 年末挨拶文の基本的な文章はわかりましたが『もっと良い文章を送りたいな。 』何ていう方も多いかと思います。 確かに、取引先やお客様や社内で感謝の気持ちを伝える時に、丁寧に文章を書いてあると、好印象を持たれます。 なので、年末の挨拶文を更に良くしたい場合は、季語と結語を入れましょう。 季語と結語を組み合わせて入れるだけでだいぶ丁寧な挨拶文に変わります。 なので、丁寧に文章を送りたい場合は、是非試してみてくださいね。 12月の季語 ・忙しい年末ですが、体に気をつけてお過ごしください。 ・ご家族健康で新年を迎えられるようにお祈り申し上げます。 ・来年も素晴らしい年でありますように、心よりお祈り申し上げます。 ・来年もご指導・ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。 ・時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げます。 ・健やかなる新年を迎えられるように、心よりお祈り申し上げます。 まとめ 今回は、年末の挨拶メールについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 普段お世話になっている取引先やお客様はもちろん、普段一緒に働いている社内の上司にも失礼の無い様に、これらの言葉を参考にきちんとした年末年始の挨拶をしましょう。 そうすることで、仕事上での信頼関係も保つこともできますし、恥をかかなくて済みます。 きちんと挨拶をして、良い年末を過ごしましょう。

次の

年末の挨拶 例文

年末の挨拶 例文

通常業務をこなしながらも、社の内外で仕事でお世話になった方々には「年末の挨拶メール」を送らなければならない。 年末の挨拶メールを送る際の注意点と例文をチェックして、多忙な中でもビジネスパーソンとして恥ずかしくない挨拶で1年を締めくくろう。 先方が「おっ」と目を引くような年末の挨拶メールとは? 社内の上司、先輩に年末の挨拶メールを送るタイミング まず、年末の挨拶メールを送るタイミング。 同じ会社内の上司や先輩なら、 年末の最終営業日の朝からお昼くらいまでに送ろう。 相手が確実にメールを読める時間帯を選ぶことがポイントだ。 取引先、社外の人に年末の挨拶メールを送るタイミング 取引先や社外の方に年末の挨拶メールを送る場合、先方の予定を把握しているならば、先方の年内最後営業日から逆算して、 1週間前から3日前に送るのがベストだ。 年末の最終営業日は、業種や勤務体系によって会社ごとに異なる。 あなたの会社と取引先では、年末の最終出社日が違う恐れがある。 自社の年末最終営業日に挨拶メールを送って、先方がメールを見られない……なんてことにならないように、取引先の年末の最終営業日は事前に確認しておこう。 年末の挨拶メールを送るのは「最終営業日の1週間前〜3日前」が無難 先方の年末の最終営業日を知らないときは、一般的な会社の年末の最終業務日(仕事納め)となる12月28日を基準に考えて、 12月28日の1週間前から3日前が無難だろう。 12月28日が土曜日・日曜日と重なる場合は、直前の金曜日が最終営業日となるので注意が必要だ。 ちなみに、なぜ12月28日なのかといえば、この日が官公庁の「御用納め」の日だからである。 官公庁の年末年始の休暇は、翌12月29日から1月3日までと法律で定めれており、これに準じて金融機関など企業活動に関わる重要なところも休みに入るため、仕事納めに設定する企業が多いのだ。 年末の挨拶メールは、早すぎても先方に迷惑がかかる場合もあり、遅すぎたら逆に見てもらえない可能性もある。 適切な時期に年末の挨拶メールを送るように心がけてほしい。 一工夫加えてオリジナルの年末挨拶メールを作る! そして、何よりも大事なのが「年末の挨拶メールの内容」である。 実は、 出来合いの年末の挨拶メール文面にちょっとした工夫を加えるだけでかなり印象が変わる。 当然だが、年末の挨拶はメールであっても最低限のルールを守り、先方に失礼のないようにすることが何よりも大切だ。 それでは、出来合いのメール文に一工夫加えるだけで、オリジナルのメール文になる例文をチェックしていこう。 今年一年、誠にありがとうございます。 この職場で一年を無事に過ごせたのも、課長をはじめ皆様のおかげです。 感謝してもしきれません。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 年明けには、また元気な姿で皆様とお会いできますことを心より願っております。 重ね重ね、今年一年、本当にお世話になりました。 ありがとうございます。 本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。 それでは、良いお年をお過ごしください。 忘年会は本当に楽しかったです。 色々とありがとうございました。 あのお店、雰囲気もとてもよくてプライベートでも、是非使わせていただきます。 私にはちょっと分不相応かもしれませんが……。 この年末の挨拶メールのポイントは、「追伸」の部分。 ただし、あまりにもわざとらしいとおべっかになってしまうので気をつけてほしい。 年末の挨拶メールを送る相手が雲の上のような存在の上司だった場合には、追伸部分は不要だ。 今年も早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。 貴社(の皆様)におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 プライベートなどあれば)など公私にわたり、特段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も誠心誠意努力していく所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、弊社の年末年始の休業期間は下記の通りです。 (年末年始休業期間) 12月xx日()~1月x日() 新年は1月x日()9:00より営業開始となります。 時節柄、ご多忙のことと存じます。 くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけくださいませ。 来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、 歳末のご挨拶とさせて頂きます。 それではよいお年をお過ごしくださいませ。 取引先や社外の方に向けた年末の挨拶メールでも、相手との思い出があれば、それを入れておきたい。 そして、一番のポイントは「件名」と「年末年始の業務案内」だ。 年末の挨拶メールの件名は、文書の中身を明確にしたものがベストなので、 年末年始の営業日を挨拶メールの件名に記載してもマナー違反ではない。 どうしても「業務連絡っぽくて愛想がない」と感じる人は、【本年もお世話になりました】という件名で年末の挨拶メールを送ろう。 もし、年末に挨拶メールを送り忘れてしまったら…… とはいえ、歳末の業務に忙殺されて年末の挨拶メールを送り忘れてしまうことがあるかもしれない。 そうなれば、新年の挨拶メールで挽回するしかない。 新年の挨拶メールも、 基本構成は年末の挨拶メールと同じと考えていい。 相手の性格によっては、年末の挨拶を忘れたお詫びの一文を入れてもよいだろう。 新年の挨拶メールでは気を付けたいポイントがいくつかあるので、送る前に必ずチェックしておこう。 近年は、年末の挨拶メールを一斉送信で済ます人も少なくない。 しっかり心を込めた年末の挨拶メールを送ることで、翌年のビジネスや人間関係にも良い影響を生むかもしれない。 今回紹介した例文やテクニックを活用し、礼儀正しい年末の挨拶メールを送って1年を締めくくりたい。 関連記事.

次の

社外や友達などに送る年末挨拶メール例文まとめ

年末の挨拶 例文

年末年始の文例集• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 時候挨拶• 新年あいさつ• 新年あいさつ• 新年あいさつ• 新年あいさつ• 新年あいさつ• 新年あいさつ• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 他の会合案内• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 司会挨拶• 司会挨拶• 司会挨拶• 司会挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• 忘年会の挨拶• お詫び・謝罪メール「社外」• お礼メール「社外」• 忘年会の挨拶• 他の会合案内• お礼メール「社外」• 忘年会の挨拶• お礼メール「社外」• 伝言・メッセージ• 他のスピーチ• 通知書• 忘年会の挨拶• 年末の挨拶 年始の挨拶• 他の招待状• 忘年会の挨拶• 伝言・メッセージ• 忘年会案内状• 忘年会案内状• 通知書• ビジネス挨拶.

次の