キンカロー。 キンカロー5匹(二匹以上) (鈴木) 牛久の猫の里親募集|ジモティー

キンカローはどんな猫種?【みんなが知りたい猫図鑑】

キンカロー

キンカローの歴史 日本では「マンチカール」という名前でも呼ばれているキンカローは、との交配種です。 キンカローの名前の由来は、縮んでいることを表す「kinky」と、体高が低いことを表す「low」の合成語とされています。 キンカローは20世紀末の頃、マンチカンの短い足と、アメリカンカールの巻いた耳の両方の出現を目的に、アメリカ人テリー・ハリスにより作出されました。 ハリスがキンカローを手がけ始めたのは1994年頃のことでしたが、アメリカの猫の登録団体であるTICAは1997年にキンカローを「研究・実験的な猫種」として登録することになりました。 人為的に作出された短足の遺伝子は、猫だけでなく犬の場合でも、例えばダックスフンドに見られるように骨格の異常を引き起こしかねない遺伝的なリスクがあります。 猫の場合は耳の異形も全身の骨格異常に大きな影響があるため、アメリカンカールやの交配には厳しいモラルが求められています。 キンカローの育種に尽力している繁殖者たちは、ダックスフンドなどの小型犬やスコティッシュフォールドのような骨格異常を引き起こす可能性は低いと主張しています。 しかし、作出が始まってわずか20年ほどの段階では、まだこれからどのように遺伝子的な変異や異常が起きるかはっきりしません。 キンカローの場合、マンチカンの短足で小型の体格とアメリカンカールの耳の形状の両方を引き継ぐため、無理な交配を行うことで、半身不随になってしまったり、死産になったりと不幸な猫が生まれる可能性が高くなると考えられています。 そのため、作出から20年が経過した現在でも、TICAはキンカローの猫種としての登録にはまだ観察・検討の時間が必要であるとして、実験的な猫種として扱っているのです。 そのため、耳は巻いているけれど足が短くない個体や、耳も巻いておらず足も短くない個体が生まれる可能性もあります。 こうした現状を踏まえ、キンカローは今後どのように繁殖及び育種されるのか、将来的に健全な猫種として確立できるのかについて、TICAやほかの猫登録団体、研究者や動物福祉団体などによる観察と検討が続いているのです。 特別な個性をもちながらも健康な猫種を作るため、キンカローには今後さらにほかの猫種との交配が試みられる可能性や、それにともなって現在の標準となっている外見が変化していく可能性もあります。 キンカローを家族に迎えようとする場合、これらの状況をよく理解しておく必要があるでしょう。 キンカローの飼い方 体は小さく前足は短いものの、活発で運動能力にも優れています。 特に若猫の頃はよく動きますので、高さのある遊び場やおもちゃをたくさん用意してあげましょう。 短毛から中毛の個体が多いため、被毛は週に1度程度の割合でコーミングやブラッシングをして抜け毛を取り去るととともに、猫草を用意するなどして、毛球症の予防に努めましょう。 また、キンカローの耳は複雑な形をしていますので、子猫のうちから耳をさわられることに慣れさせ、定期的に丁寧にお手入れをしてあげましょう。 キンカローはさほど依存心が強いわけではありませんが、1人でいるよりも家族と一緒に過ごすことを好みます。 留守がちな家庭では、早い段階で相性のいい猫をもう1頭、または犬などほかのペットを一緒に飼育することも良いでしょう。 キンカローの毛色 ブラック、グレー、オレンジ、クリーム、これらのタビーなどさまざまな毛色があります。 キンカローの気を付けたい病気 キンカローは手の短い体型であるため前足や腰の体重の負担が大きくなりやすく、高齢化するにしたがって関節疾患が起こる可能性が指摘されています。 若いうちからよく運動させて筋肉質の太りにくい体を作り、肥満を防止して関節への負担を軽減してあげましょう。 肥満予防のためにはおやつやフードのあげすぎにも注意する必要があります。 また、一般的なほかの猫同様、毛球症や下部尿路疾患などにもかかりやすいとされていますので、日頃から注意してあげましょう。 キンカローの価格相場 グループサイト、『』における、キンカローの直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約 21万円、最高価格は 39万円、最低価格は 11万円です。

次の

キンカローの性格や特徴、詳しい飼い方と寿命や値段について調査

キンカロー

猫種 キンカロー 性格 陽気、遊び好き 特徴 カールした耳、短い脚 キンカローは、1990年代にアメリカで「マンチカン」と「アメリカンカール」を掛け合わせることで誕生した新しい猫種です。 縮れたという意味のKinky(キンキー)と、短い脚という意味のlow legs(ローレッグス)から「キンカロー」と名付けられました。 性格 陽気で無邪気、飼い主さんと遊ぶことが大好きな性格をしています。 特に運動もできる「取ってこい遊び」をすることが好きですよ。 賢いので、訓練次第では一部犬のようなしつけを覚えさせることもできます。 特徴 特徴は外見によく表れており、アメリカンカールゆずりの「カールした耳」とマンチカンゆずりの「短い脚」が特徴的です。 耳は生後2週間ごろから反ってきますよ。 マンチカンのように足が速くて運動神経が抜群という一面もありますよ。 猫種 ミヌエット 性格 甘えたがり、人なつっこい 特徴 短い四肢、ゴージャスな被毛、離れ気味の目 ミヌエットはマンチカンのファンだった「ジョセフ・B・スミス氏」が「ペルシャ猫」「ヒマラヤン」「エキゾチックショートヘア」などをマンチカンに掛けあわしたことで誕生した猫種です。 性格 ミヌエットは活動的で飼い主さんに甘えたがりな性格をしています。 見知らぬ人に対してもあまり警戒心を示さず、人なつっこい猫ですよ。 特徴 小柄ながらもガッチリとしたセミコビータイプの体型で、ゴージャスな被毛と離れ気味の目が特徴的です。 親猫にあたるペルシャ猫は鼻の低さから呼吸器の病気にかかりやすいですが、ミヌエットの鼻は低くないので呼吸器の弱さは受け継がれていません。 猫種 バンビーノ 性格 愛情深い、社交的、遊び好き 特徴 短い脚、ヘアレス、大きな耳 バンビーノは無毛種の「スフィンクス」との交配で誕生しました。 成猫になっても見た目や性格が子猫に似ていることから、イタリア語で赤ちゃんを意味する「バンビーノ」と名付けられました。 2005年に公認を受けたばかりの新しい猫種です。 性格 バンビーノは飼い主に愛情深いスフィンクスの性格を強く受け継いでいます。 優しくて社交的かつ遊び好きですよ。 特徴 スフィンクスのように被毛がなく、丸みを帯びた頭に大きくピンと立った耳がついています。 しわが全身にありますが、成長と共に少なくなります。 頭部にはシワが多く残っていても良いとされています。

次の

キンカローの性格や特徴、詳しい飼い方と寿命や値段について調査

キンカロー

キンカローの特徴 耳がカールしたトラ キンカローの顔はトラに似た形をしており、耳はカールしています。 もちろん、カールしない個体も存在します。 実はがっしりしています キンカローは足は短く、しっかりしており、前足は後ろ足よりも短いのが一般的です。 小型〜中型の体をしており、がっちりしたようには見えませんが、実は筋肉質です。 長毛種と短毛種がおり、被毛の色も目の色も様々です。 これは両親の性質に依存します。 尻尾は体よりも長いことがあります。 — 2016 7月 2 4:39午後 PDT キンカローの性格 遊び好き キンカローは遊ぶことが大好きです。 これは元の種であるアメリカンカールとマンチカンが無類の遊び好きであることに由来します。 仔猫の時期が過ぎ、高齢期になったとしても、仔猫の時のように遊びます。 これだけ聞くと、運動量が多いのではないかと思われますが、そうでもありません。 ただ単に、遊ぶのが好きなだけです。 賢いだけじゃない!動けます! キンカローはゆっくりとすることも好きなため、いつでも飼い主の側でリラックスしています。 好奇心も強いため、気になることがあれば調べずにはいられません。 賢いためフェッチを学習することも可能です。 高いところに登ることも大好きです。 その知能を生かして、最短の登頂経路を計算し、勢いよく登っていきます。 短足だからといって馬鹿にしてはいけません。 キンカローの社会性 キンカローは忠誠心が強く、愛情深いため、子供や高齢者、すべての年齢の方とうまくやっていきます。 特に飼い主のことは大好きであり、尾行したりします。 もちろん、他の動物ともうまくやっていくことができます。 ペットショップなどでは圧倒的に短毛種のキンカローの方が多いため、比較的お手入れが少ないと言えます。 キンカローは耳がカールしているため、耳掃除は定期的に欠かさず行いましょう。 ただし、耳はデリケートな部分でもあるため、優しく慎重に掃除しましょう。 飼いやすさ キンカローはあまり鳴く猫ではありません。 しかし、知能が高いため飼い主の注意を引くときには鳴くことを学習してしまいます。 気をつけましょう。 遊び好きのため、毎日2回は遊んであげると喜びます。 激しく息切れするまで遊ぶ必要はありません。 食べ過ぎることも少なく、遊ぶことが好きなため、肥満になることは少ないです。 だからといって与えすぎには注意しましょう。 キンカローの罹りやすい病気 今のところ健康 キンカローは基本的には健康体であり、先天的に罹りやすい病気などは少ないです。 しかし、歴史が浅い猫種であるため、今後罹りやすい病気が発見される場合があります。 耳の炎症 キンカローには外耳道が生まれつき狭い個体がいます。 そのような個体は感染症にかかりやすく、外耳炎などを発症しやすい傾向があります。 また、耳垢がたまりやすい傾向にあります。 これらは、日々の耳掃除により予防できるため、必ず耳掃除をしましょう。 Score キンカロー Scoreの点数が高いほど、初心者でも飼いやすいということを示しています。 抜け毛:短毛種の場合は抜け毛が少ないです。 長毛種は普通ぐらいです。 鳴き声:鳴くことは少なく、マンションでも飼うことができます。 ただし、学習には気をつけましょう。 社交性:他の猫、動物、子供、高齢者と問題なく暮らすことができます。 運動量:運動量は普通です。 遊ぶのが好きなため、最低でも毎日2回以上は遊んであげましょう。 お手入れ:短毛種は週1回のブラッシングが必要です。 長毛種は毎日のブラッシングとコーミングが必要です。 また、耳掃除を欠かさず行いましょう。 健康:先天性の疾患はありませんが、耳の疾患には注意しましょう。 歴史が浅いため、これから罹りやすい新たな病気が判明する可能性もあります。 そのため、情報収集を定期的にする必要があります。 知能:賢いため、しつけが簡単です。 注意事項:上記のスコアは、キンカローという猫種自体を評価したものではありません。 あくまでも「飼いやすさ」に注目して、点数化したものです。 また、全てのキンカローにこのような評価が当てはまるものではありません。 個体差があることを忘れないで下さい。 キンカローはこんな遊びが好き! 動くものが好き キンカローは動くものは何でも飛びかかって遊びます。 特にレーザーポインターや羽などが大好きです。 取っ組み合い 多頭飼いをしている場合には、仲間と取っ組み合いをして遊びます。 普通の猫では取っ組み合いをするのは仔猫の時のみですが、キンカローは仔猫の時期以外にも認められます。 マンチカンと同じです。 トランポリン 一部のキンカローは、なんと、トランポリンが好きであると言われています。 あの跳ねる感じがたまらないんだとか。 本当ですかね? 一度、筆者が飼っているキンカローに試してみたいと思います。 キンカローの歴史 1990年代中頃 アメリカのマンチカン、ナポレオンのブリーダー Terri Harris が彼女が好きであったアメリカンカールとマンチカンを交配させました。 その結果、耳はアメリカンカール、足はマンチカンの猫が誕生しました。 その猫をKinkalowと名付け、その後繁殖を続けました。 Kinkalowという名前は最初の仔猫の名前 Kinkalow Louieにちなんでつけられました。 また、Kinkalowの、 Kinkは曲がり、ねじれという意味もあり、耳のカールを表しています。 そして、Lowは低いという意味であり、短足で背が低いということを表しています。

次の