枝豆 プランター サイズ。 枝豆のプランターでの育て方・栽培方法

枝豆を育てるプランターのサイズはどのくらい?どう栽培するの?

枝豆 プランター サイズ

枝豆に適したプランターサイズとは?意外と簡単な栽培方法! プランターのサイズは、 育てたい苗の量で決めましょう。 大体60㎝幅のプランターで、2つの苗を育てることができますので、中~大サイズのプランターが適しています。 形は四角でも丸でもかまいません。 丸いプランターは、〇号、と大きさが号で表してあり、 1号が直径約3cmの大きさになるので、目安として覚えておいてくださいね。 プランターの素材はプラスチックのものや素焼き、木材を使ったものなど色々ありますが、プラスチックがおすすめです。 大きめのプランターを使いますし、たくさん土を入れるので、どうしても重くなってしまうからです。 プラスチックは、経年劣化はあるものの、軽くて持ち運びしやすいのが特徴です。 プランターの底を見て、ネットが付いていない場合は 鉢底石も同時に用意しておきましょう。 他に用意するものは、枝豆の種、野菜用の培養土、化学肥料、鳥から種を守るためのネット、支柱、麻ひも、はさみです。 必要なものが揃ったら、日当たりと風通しの良い場所にプランターを置き、鉢底にネットが付いていない場合は鉢底石を入れてから培養土を、プランターの6分目ほどまで入れます。 15~20㎝間隔に3㎝ほどの深さの穴をあけ、種を4粒ずつまきましょう。 まいたら土をかぶせて上からしっかりおさえ、たっぷり水を与えて発芽を待ちましょう。 発芽するまで水やりは不要です。 発芽したら、一つの穴につき、元気な株を2つずつ残して、あとは間引きします。 そして、土の表面が乾いたら水やりをするようにしましょう。 種をまいてから発芽するまでの1週間から10日間は、鳥に食べられないように ネットをかけて置くことが必要です。 また、本場が4~5枚になったころ、茎の先を手でつまんで摘心をすれば、収穫量が増えます。 せっかく育てるなら、たくさん実らせたいですよね。 そして、丈が30㎝くらいになったら、支柱を立てて暴風や豪雨から守ってあげてくださいね。 美味しい枝豆を育てよう!枝豆のプランターに必要な深さとは? 枝豆の場合、ある程度深さのあるプランターを選びます。 具体的は、 15㎝以上のものを選びましょう。 途中で増し土をすると、株が安定します。 土が減ってきたら、増し土をすることによって株が倒れるのを防ぐことができるのです。 まとめ いかがでしたか? 初心者でも育てやすい枝豆。 ぜひ、最適な大きさのプランターを選んで、美味しい枝豆をたくさん実らせてくださいね!.

次の

プランターで枝豆(エダマメ)の栽培方法と育て方のコツ

枝豆 プランター サイズ

<枝豆のプランタ栽培について> プランタ栽培初心者です。 枝豆のプランタ栽培について教えてください。 現在、発芽用のプラスチックケースに種まきして1週間たち、一番大きな発芽双葉からさらに葉っぱが出てきている状態です。 先ほど、プランタに植え替えをしたばかりです。 みなさん、どうぞよろしくお願いいたします 私は5月に早生種を植え、今月は晩生種を種から育ててます。 プランターのサイズと苗の数は、65cm位のプランターで、早生種は3株、晩生種は2株にしました。 あと、間引きというのは、一ヶ所に数粒の種を蒔いて発芽してから、発育がおかしいと思う株を切り、元気の良さそうな株を残す事です。 ポットや苗床で育苗した場合は、定植する前に間引き作業をします。 …入力してるうちに、ちょっとワケが分からない文章になってきましたが、参考になりましたでしょうか? <補足> プランターに植える本数は、私の場合は他の人の栽培方法 成功例も失敗例も をネットで見て、「このくらいならどうかな?」と考えて出した結果です 私も初心者です。 晩生種はポットに種まきして、最近、庭の隅とプランターに定植しましたが、ポットから出す時、意外に根っこが張ってて「うわっ!」と思いました。

次の

枝豆の育て方|プランターでの支柱立てと摘心・種まきや間引き・虫対策も│Lettre du Nature

枝豆 プランター サイズ

育てた枝豆の苗を、プランターに移すまでの方法をまとめます。 追加購入したもの 私はあまりお金をかけずに、作り・育てる農業を楽しみたい!という思いもあったのですが、どうしても購入しなければならないものは買います。 必要なものは、その都度チョコチョコ買うか、もらうかで良いと思います。 苗の状態をチェック! 苗の状態をチェックしていきましょう。 今日が2016年7月2日で、タネを購入してポットに入れたのが6月19日なので、ちょうど2週間経過しました。 2週間でここまでに成長するなんて、「自然のチカラってすごい!」と1人で感動していました。 上から、 ・成長が1番良いAランクが、5ポット。 ・成長が2番に良いBランクが、5ポット。 ・成長が3番目に良いCランクが、6ポット。 ・成長が一番悪く、今後も成長が見込めそうにないDランクが、4ポット。 こうやって並べてみると、大体同じような数になるようです。 面白いですねー。 ちょっと小さいですね。 残念だなあ。 Dランク全体として望みが薄いです。 かなり土で汚くなっています・・。 キレイにしよう。 そうしよう。 予想以上にキレイになりました。 ラベルをはがすと、ホチキスごと取れてしまうので、もう一度ホチキスでしっかりと止めておいきます。 水はけや根腐れを防ぐ効果があるとのことです。 この辺は、慣れてくれば大体になりそうですね。 目安で良いと思います。 理由は、風通しを良くする効果があるとのこと。 なるほどー。 植える枝豆はAランクにします。 あとのランクは、もうちょっと待ってもいいかも。 ところで、なぜここまで育てた苗をわざわざカットするのか?というと、カットすることで、自己防衛本能が働いて、根や葉が急激に生えるそうです。 結果的に、この方法を採用することで「収穫が増える」ことになります。 カットすることで、ここから一気に芽が伸びて成長します。 苗は全部で6つになります。 まずは、ネットの骨格部分(グラスファイバー)です。 100円ショップのダイソーで購入しました。 2本入りで100円です。 土に刺してグイッと曲げることができます。 写真は2本刺さっていますが、横1本で十分でした。 家にあった事務用のクリップが大活躍してくれました。 まとめ ということで、以上で枝豆の苗からプランターに移すまでの全工程を終了します! その他の項目をまとめておきます。 ・2週間育てた苗(Aランク5本【12cm】、Bランク1本【9cm】)を6本移す。 ・作業時間は1時間くらい。 ・畑に移す場合は、根は切らない。 茎の部分だけカット。 ・今後、花芽がつくまで水を控えめにやる。 ・花芽が出たら、液体肥料を入れる。 今回はこの辺で終了したいと思います。 続く! 記事の続きは、です。 186• 2 アーカイブ•

次の