ご 遠慮 いただい て おり ます。 「ご遠慮お願いします」「ご遠慮ください」etc.……は「誤用」なのでしょ

茶禅華 sazenka

ご 遠慮 いただい て おり ます

恥ずかしがりやで奥ゆかしい国民性をもつと言われる日本人にとって、「遠慮」はひとつの美徳とされているところがありますよね。 その一方で、大胆でオープンな欧米人に「遠慮」の概念など無いのでは・・・?と思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、これは間違いです。 ネイティブも、コミュニケーションを円滑化する方法として「遠慮」の英会話表現をたくさん使っています。 そこで今回は、ネイティブがよく使う「遠慮」の英会話フレーズについてご紹介したいと思います。 欧米でももちろん、お客様や目上の人に対して気分を害さないよう気を付けながら注意をしなければならない場面があります。 例)You are requested to refrain from smoking here. ( ここではたばこはご遠慮願います。 ) 例)Please refrain from taking pictures. (撮影はご遠慮願います。 例)Would you mind not smoking? (たばこはご遠慮いただけますか?) 例)Would you mind not using cell phones? 」と伝える表現です。 (ここでは飲食はご遠慮ください。 ) 〇No -ing is allowed. 例)No smoking is allowed. (たばこはご遠慮いただいております。 特にたばこに対する注意喚起は決まり文句のようなものなので、これだけで意味も伝わりますし、失礼な表現だとは受け取られないようです。 海外ドラマSex and the Cityでも主人公キャリーがヘビースモーカーなのでこの表現は頻繁に登場します。 No smoking. (お客様?たばこはご遠慮いただいております。 (外にいるんだし。 ネイティブ相手にこのお断りフレーズが役に立つときが来るかも知れません。 さっそく見ていきましょう!.

次の

市民「ライダイハン・大村知事の写真を燃やした展示」大村知事「誹謗中傷はご遠慮いただいております」

ご 遠慮 いただい て おり ます

「ご遠慮ください」。 たとえば、こんな風に使われる。 「この場所での喫煙は、ご遠慮ください。 」 「この場所への駐車はくれぐれもご遠慮ください。 」 むかーしからこの表現に違和感があった。 まさしく「慇懃無礼」な感じが字面から漂ってくるのだ。 なぜ違和感があるか。 「遠慮する」主体が、「遠慮を求められている側」にあるから、なんである。 でも「遠慮」してほしいのは、この貼り紙を出している側である。 なのに、「私たちが断る」と言わず、「あなたが遠慮しろ」という。 婉曲だからなのか、敬語だか丁寧語だか、なんだか知らないけれど、この表現は、丁寧で「よし」とされている、気がする。 こういう時、なぜもっとストレートに「自分主語」で語らないのか、と思っていた。 20代のころからずっと。 「この場所は、禁煙です。 」 「この場所は、駐車禁止です」 「禁止している」側に言葉の主体があったほうが「潔い」。 ・・・30年もそう考えていたのだが、最近、やはり、「ご遠慮ください」は、他者を尊重している「敬語」では決してないな、と思う経験をした。 あるイベントに申し込んだ時のこと。 その申込みサイトには、申し込み条件に、「人材育成企業はダメ」とは書いてなかったし、Twitterで広く募集もされていたので、堂々と社名も本名を申込みフォームに入力。 事務局からの連絡を待った。 3日後。 先方から電話がかかってきた。 問い合わせたわけではなく、申し込みだったので。 「それでですね、田中さま。 田中さまの所属されていいる会社は・・・上の者と話しましたら、競合ということになりまして」 「ふむふむ」 「それで、今回のイベントは、ご遠慮いただきたいのですが」 ・・・むむぅぅぅぅぅぅ。 "なぜここで、遠慮しろ、と言われなければならないのか""断る、と堂々と言えばいいではないか"・・・"なぜ、"わたし"から"遠慮"しなければならないのか・・・。 ・・・ 「はい、なるほど」 「大変失礼な言い方ですけれど、ご遠慮いただいたほうがよいと上の判断もございまして、ですから、できれば、田中さまには、ご遠慮いただきたいと・・・」 「はい、承知しました。 わざわざご連絡いただき、ありがとうございました」 ・・・何も文句も言わずに丁寧に電話は切ったのだが、ずっと頭の中に残った、3回も連呼された「ご遠慮いただきたい」というセリフ。 Webで広く参加者を募集しているイベントに、たまたま競合が応募してきた。 断るための言い方としての「ご遠慮いただきたい」。 これ、絶対によくない、と私は思った。 「このイベント、お申込みを受けられないんです」 「競合の方はお断りしているんです」 こういう言い方のほうがよっぽど「潔い」。 自分主語だからだ。 これを教訓とし、何かを断る際、「遠慮してください」を今後一生涯使わないと私は決意したのであった。 まさに淳子さんと同じ状況を今日(2015年2月16日)体験しました。 しかも、2週間前の申し込みの時点で「競合でも参加可能」ということを確認しておいたのに、セミナー開催日になって「ご遠慮いただきたいのですが」と一方的な通告。 でも、私は事前にこの記事を読んでいたので淳子さんを見習って、何も文句も言わずに「承知しました。 参加を辞退いたします。 」と丁寧に対応しました。 「辞退します」は自分主語ですしね。 とほほ。

次の

上田菅平高原グランヴィリオゴルフ倶楽部

ご 遠慮 いただい て おり ます

「この記事では、させていただいております、という敬語の正しい使い方についてご説明させていただきます。 」 上記の文章を読んで、皆さんはどう感じますか。 「そうなんだ、どれどれ」と好意的に受け止める方、「なんだか回りくどいな」と違和感を感じる方、「その言い方はおかしい」と不快感を覚える方、いろいろな方がいらっしゃるでしょう。 ビジネスシーンでは最近この「させていただきます・させていただいております」という表現が頻繁に使われるようになりました。 しかし、広く使われている表現である「させていただく」は誤用ではないかという疑惑の声も上がっています。 ここでは「させていただいております」という表現を、その文法から使い方までをできるだけ細かく分析し、よりふさわしいシーンで効果的に使うための方法を考えていきます。 「させていただいいております」は文法としてどうか 「させていただいております」をもう少し細かく分解してみましょう。 「させて/いただいて/おります」となり、さらにそれぞれ原形にすると「させる/いただく/いる」となります。 「させる」は使役の助動詞、「いただく」は「もらう」の謙譲語、「いる」を謙譲語にした上で末尾を丁寧にして「おります」となっていることがわかります。 つまり、「させていただいております」から敬語表現を取り払うと「させてもらっている」という言葉になるということです。 敬語を取り払っても日本語としてきちんと成り立っています。 「させていただいております」は文法としてはどこも間違ってはいません。 それだけでなく、敬語としても文法上は正しい表現です。 それでも「誤用なのでは」という疑問が湧いてくる原因はどこにあるのでしょうか。 誰に向かって「させていただく」のか 敬語を考えるとき、文法と同じくらい大切なのが方向性です。 会話にしろ文書にしろ看板にしろ、言葉は誰かに何かを伝達するために使われています。 その言葉を誰が誰に向かって話しているのかで使うべき敬語が違ってきます。 たとえば、「言う」という動作を、社長が社員にするのを社員の立場から見れば「おっしゃる」、社員が社長に言うのなら「申し上げる」という具合です。 「させていただいております」は「させてもらっている」ということですから、何かを自分にさせている相手が存在していて「それをさせてもらっている自分」がそのことを誰かに表明している、というシチュエーションで使われます。 ややこしくなってしまいまいたが、このあと具体的な例を交えながら説明していきます。 誰に何を「させてもらう」のか 誰かに何かを「させてもらう」のですから、させてくれる人物がいるということです。 例として、ケガで入院した人が医師に無理を言って退院の許可をもらった場合を想定して例文を作ってみました。 「先生、この度は退院させていただいて、ありがとうございます。 」 「皆さんにご心配おかけしましたが、この度、退院させていただきました。 」 上の文では、退院させてもらった人が退院させてくれた医師に直接お礼を言っています。 許可してくれた医師に感謝して、謙譲語を用いて医師に敬意を払う表現として適切です。 一方下の文では、退院したことを周囲の人に報告しているのですが、退院させてくれた医師は聞き手に含まれていません。 謙譲語を使って持ち上げるべき相手がそこにはいないのに謙譲語を使うと、誰に向かってへりくだっているのかハッキリしません。 このあたりに「させていただいております」の違和感の原因がありそうです。 「させていただく」は謙譲表現です。 そう考えると前述の、医師以外に「退院させていいただいた」と報告するのもわかります。 丁寧語であれば相手との関係性に関わらず幅広く使えます。 しかし「させていただく」は謙譲語であると知っている人には、状況によってはふさわしくない表現だと感じられるでしょう。 「させていただいております」を正しく使うためには、ふさわしい場面を選ぶ必要性がありそうです。 引き続き詳しくみていきましょう。 「させていただいております」は二重敬語なのか 正しい使い方の検証の前に、よくきかれる「二重敬語」について考えてみましょう。 二重敬語とは、ひとつの言葉に二つ以上の敬語を使ってしまう誤りのことです。 文法的な間違いなので、状況によっては許されないでしょう。 「させていただく・させていただいております」自体は二重敬語ではありません。 「させて」は使役、「いただく」が「もらう」の謙譲語ですから、文法的な間違いはありません。 しかし、すでに謙譲語である「拝見する」を「拝見させていただく」とするのは二重敬語にあたるとされています。 「見せてもらう」のは「拝見します、拝見いたします」で十分な敬語表現です。 謙譲語だけでなく、尊敬語を重ねる二重敬語にも気をつけたいところです。 余談ですが「お帰りになられる」は「お~になる」と「~られる」を二重に使った間違いです。 「お帰りになる」が正しい敬語です。 「させていただく」のよくある使われ方とは 「させていただく」が「させてもらう」の謙譲表現だということがわかったところで、ビジネスシーンで現在どのように使われているかをみていきましょう。 冒頭でも触れましたが、最近は特に「させていただいております」が頻繁に使われるようになったため、「させていただく症候群」という言葉さえあります。 本日は休業させていただいております 楽しみにしていたランチに出かけ、お店の入口にこんな札が掛けられていたらガッカリするでしょう。 定休日であれ臨時休業であれ、よく見かける表現です。 お店側は「本日は休業です」ということを伝えたいだけで、文法的にも間違いはありません。 しかしながら、「お店が休みでガッカリ」という気持ちに加え、この表現によって怒りを感じる人もいることでしょう。 理由は後述の「正しい使い方」で説明します。 担当させていただいております 取引先の担当者や、店頭でお客様を相手に「この件は私が担当させていただいております。 よろしくお願いいたします。 」などと挨拶することもあります。 相手に対する敬意も感じられる表現ですし、文法的な誤りもありません。 単刀直入に「私が担当です」と言うこともできますが、「させていただいている」とすることで相手にやんわり許可を求めている印象を与えます。 実際に担当させてくれているのは勤務している会社であり、目の前の取引先やお客様ではないのですが、初対面の担当者を相手に「あなたが担当だなんて許しません」という人も少ないでしょうから、こういった表現が使われているのでしょう。 もしクレームが入った時に「私が担当させていただいておりますので」などと言うと、「許可した覚えはないぞ」と怒らせてしまう可能性もあるので注意しましょう。 お席の移動はご遠慮させていただいております 実は、これは間違った使い方です。 しかし、主に話し言葉ではこのような間違いが起こりやすく、「お車でのご来場はご遠慮させていただいております」や「携帯電話のご使用はご遠慮させていただいております」というのも誤りです。 「させていただく」のは「させてもらう」という意味ですから、「遠慮させてもらう」のは言葉を発した人に他なりません。 席の移動を希望するお客に対して、「(店側は)移動は遠慮させてもらっている」では意味が通りません。 遠慮すべきなのはこの場合お客の方で、店側ではありません。 「させていただく」が謙譲語を離れて、単なる丁寧な言い回しとして使われている例だと言えるでしょう。 「させていただく」をよく使いがちな場面とは 個性が尊ばれる時代になったとはいえ、日本人は謙虚さを美徳とする精神が強いと言われています。 敬語表現はその美徳を大切にしているからこそ、現代までずっと残っている言葉の使い方です。 「させていただく」とは、「基本的に相手の許可を得たうえで、それを行うこと」を意味します。 自分がしてもらうこと(相手がしてくれること)で、自分が何かしら恩恵を受けるときに使うのが本来の使い方だとされています。 例えば「体調が悪いので早退させていただきます(いただけますか)」という使い方です。 それがいつしか、「相手が望んでいることを進んでしてあげる」というニュアンスになり、「自分が行うことの丁寧な言い方」としても使われるようになったのでしょう。 CDを出させていただきました アーティストがアルバムを出した時に、こんな風に言っているのを聞くことがあります。 「CD出しました」ではストレートすぎる印象を与えてしまうと考えて、色々な人のおかげで「CDを出すことができた」という受けた恩恵に対する感謝を含ませたいのでしょう。 しかしながら、CD発売に一般の人々やファンの許可は不要なので、「させていただく」という表現をする必要がありません。 あるとすれば、CDを作るにあたって尽力してくれた人と直接話すときでしょう。 お断りさせていただいております これはもはや、許可や謙遜の意味合いではなく強固な意志を主張するための使い方で、敬語の別の使い方にあたります。 敬語は相手に敬意を表すのが主な使い方ですが、敬語を使うことであえて相手との距離を取り、意図的に慇懃無礼をはたらくという使い方もあります。 相手の意志に関わらず「あなたがどう思おうと絶対にお断りです」ということですから、ビジネスシーンにはあまりふさわしくはありません。 むしろプライベートで「もう帰らせていただきます」など立腹を相手にわからせるシーンがふさわしいのでしょう。 申込書などを郵送で相手に届けたいときについて考えてみましょう。 ・お申込書を郵送させていただきますので、ご記入の上ご返送ください。 ・ご希望の方には、パンフレットを送らせていただいております。 書面を郵送「してもらう」のは相手なので混乱しがちですが、こちらの立場からは「相手に郵送させてもらう」行為なので、「郵送させていただく・送らせていただく」と使います。 郵送することについて相手の許可が必要なことから、本来の意味に合った使い方と言えます。 前後の会話次第では、「郵送させていただいてもよろしいでしょうか」と問いかけの形にする方が自然な場合も多いです。 「返送」はお客様がすることなので「返送させていただく」とは言いません。 「返送していただけますか」とすることはできますが、同じ文の中で複数回「していただく・させていただく」を使うのは音声として少々くどい印象があります。 ・明日には納品させていただきます。 ・次回の会議で報告させていただきたいと存じます。 この場合、「納品いたします」「報告いたします」でも十分な敬語と言えるのですが、「させていただく」と表現するとよりこちらの低姿勢を印象付けることができるでしょう。 動詞との相性を考えて使う 「させていただいております」と言い切るのは、相手が快く承諾してくれることが予想される行動に限ったほうが無難です。 報告して欲しいと思っている相手に対して「報告させていただく」のは全く問題ありません。 では「訴えさせていただきます」はどうでしょうか。 誰も望んで訴えてほしいとは思わないでしょうから、許可があって初めて使える「させていただく」の用法とは異なってしまいます。 敬語のもうひとつの側面である「意図的な慇懃無礼」な表現として受け取られかねません。 「破棄する」「断る」など、へりくだる態度と相容れない動詞に「させていただく」をつけると無礼な使い方になるので要注意です。 ここまでで、「させていただいております」が実際に使えるシーンは思ったよりも少ないと感じられた方も多いのではないでしょうか。 しかし、現実には会話や文章において「~させていただきます・させていただいております」という言葉はかなりの頻度で使われています。 その多くが誤用だとは決して言えませんが、「~しております」のより丁寧な表現として捉えられているケースは多いと言えます。 そのため前述したような「お席の移動はご遠慮させていただいております」のような誤用が生まれやすいのでしょう。 「ご遠慮ください」「ご遠慮いただいています」が正しい使い方です。 「休業させていただいております」は失礼なのか 「本日は休業させていただいております」という表現も「本日は休業です」よりはずっと丁寧に聞こえます。 しかし本来は「相手の許可があって初めてできること」に対して「させていただく」と表現するため、「誰の許可を取って休業にしたのか」と感じてしまうのも無理はありません。 しかも敬語のはたらきとして、「相手との距離をとり他人行儀にすることで意図的に無礼にふるまう」という効果もあることから、「休業させていただいております」に不快感を覚えるという人もいるでしょう。 「させていただいております」と言い切る時には、それが自分勝手な行為ではないか、誰かに迷惑をかける可能性がないかを考える必要がありそうです。 多用・濫用に注意しましょう 「させていただく症候群」と呼ばれるように、「させていただいております」の多用を好ましくないとする風潮があります。 謙譲表現「いたします」で十分なところを、それでは丁寧さに欠けると感じてしまうせいか、つい何度も「させていただいております」を使いたくなってしまうのでしょう。 せっかく敬意を表したくて敬語を使うのに、多用により「耳障り」になってしまってはもったいないです。 同じ文章の中で何度も「させていただいております」を繰り返すと、相手もいちいち許可を求められているような気持ちになるので、耳障りに感じるのだと考えられます。 「いたします」も活用して、スッキリとした敬語にまとまるように気をつけましょう。 漢字ではどのように書くのか 「いただく」という漢字には「頂く」「戴く」がありますが、「させていただいております」を「させて頂いております」と書くことはできるのでしょうか。 「いただく」を漢字で書くかひらがなで書くかには、実は明確な決まりがあります。 「させて頂いております」は誤り 「いただく」を本動詞(普通の動詞)として本来の意味で独立的に用いる場合は「頂く」と書きます。 具体的には「食べる」「もらう」の謙譲語として「いただく」と書く場合です。 ・おいしいごはんを頂く ・先生からお手紙を頂いた 一方、動詞に付属して使う補助動詞は文部科学省によって「ひらがなで書く」と定められています。 ここまでずっとみてきた「させていただいております」の「いただく」は補助動詞なのでひらがなで書くのが適切です。 「戴く」は「頭にものをのせる」という意味があり、品物をもらったときなどに「贈り物を戴く」と書きます。 謙虚に「させていただいております」と心に留めて 「させていただいております」という敬語表現について考えてきました。 厳密には正しく使えるシーンが限定された表現であることがわかり、驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 使い方や状況によっては違和感を与えたり、誤用してしまう場合があるということも明らかになりました。 しかしながら、言葉は時代や使われ方によって自在に変幻していくものでもあります。 間違った使い方を恐れるあまり、円滑なコミュニケーションがとれなくなるのでは言葉そのものが役割を果たせません。 「させていただく」はとても謙虚で美しい言葉です。 だからこそ好んで使われるようになっているのでしょう。 謙虚な気持ちを大切にし、相手を思いやる優しい言葉ですから、使い方を工夫してコミュニケーションに取り入れていきましょう。

次の