手取り 24 万 年収。 30代で手取り20万円はやばい?気になる平均年収と収入アップのコツ

手取り22万の額面月収や年収|貯金や家賃などの生活費も

手取り 24 万 年収

所得税:3. 1万円• 住民税:7. 3万円• 国民年金:19. 6万円• 国民健康保険:14. 8万円• 手取り:200万円 -(3. 個人事業主の場合は、社会保険料の半分を会社が払ってくれることもないので、税の負担が大きいのです。 個人事業主は税負担が大きいため、経費を上手く使っていかに所得を少なくするかが、節税の鍵になるでしょう。 年収200万円〜290万円の手取り早見表 表中の個人事業主の手取り額は、所得(年収から経費を引いたもの)で計算しています。 年収 (または所得) 会社員 個人事業主 200万円 163万円 155万円 210万円 170万円 163万円 220万円 178万円 170万円 230万円 186万円 178万円 240万円 194万円 186万円 250万円 201万円 194万円 260万円 209万円 201万円 270万円 217万円 209万円 280万円 225万円 217万円 290万円 232万円 224万円 年収200万円の家賃相場は約4万円! 家賃は手取りの約3分の1が良いと言われています。 年収200万円の手取り月収は13万円なので、家賃相場は約4万円です。 もし今住んでいるところの家賃が平均相場より高いのであれば、家賃の低いエリアに移住するのも良いでしょう。 固定費である家賃は毎月発生するものなので、その割合が高いと日々の生活を圧迫してしまいます。 今住んでいる場所が高いと思った方で、「お金がない」「貯金ができない」と悩んでいる方は、家賃が原因の可能性が高いです。 しかし、家賃4万円というと、「狭いのでは?」と思う方もいるでしょう。 これは地方と関東で大きく異なります。 家賃4万円における、地方と関東の部屋の大きさの違いを以下にまとめます。 関東:4. 5帖〜6帖• 地方:5. 5帖〜8. 5帖 上記の通り、関東付近(東京・神奈川等)で4万円となると少し狭い部屋を覚悟しなければいけません。 反対に地方の場合は、4万円でも関東と比べると広い部屋に住むことが出来ます。 むしろ地方なら、3万円以下でも8帖ほどの広さのところに住むことも可能です。 関東で地方と同じ様な広さの部屋に住むと考えると、約2倍の家賃を考慮しなければいけません。 このように、地方と関東より広い部屋で暮らすことができますが、関東の場合は狭い部屋になってしまいます。 家賃相場より高い部屋に住んでいる方は、貯金があるうちは良いですが、後々苦しくなるのも事実です。 自分にあった家賃の物件を選ぶことで、毎月使える金額も増えますし、貯金もできるようになります。 貯金額は多くて2万円!その他生活レベルは? 月々にかかる費用には、大まかに以下のものが挙げられます。 家賃(3万〜4万円)• 水道光熱費• 通信費• その他(交際費・趣味・日用品・交通費・衣類など) 家賃が3万〜4万円くらいが平均ですので、その他の部分で10万円前後に収める必要があります。 それでは、一人暮らしの生活レベルや貯金額を解説していきます。 地方と関東の場合で紹介していきますので、参考にしてください。 年収200万円の関東在住の生活レベルと毎月の貯金 食費 30,000円 家賃 40,000円 水道光熱費 10,000円 通信費 10,000円 その他 20,000円 合計 110,000円 この場合の毎月の貯金額は2万円です。 食費が3万円ということで、自炊をしなければ少々厳しいですが、特別節約をしなければいけないこともありません。 その他が2万円ということで、娯楽や交際費等に使える金額が少ないですが、そこは我慢する必要があります。 貯金を1万円ほどにして、食費やその他に回すということで解決することも可能です。 家賃を抑えることが出来る場合、貯金はギリギリできるレベルでしょう。 年収200万円の地方在住の生活レベルと毎月の貯金 食費 30,000円 家賃 30,000円 水道光熱費 10,000円 通信費 10,000円 その他 30,000円 合計 110,000円 この場合の毎月の貯金額は2万円です。 関東と比べると家賃が1万円安くなり、その他費用にお金を回すことができています。 食費に関してはやはり自炊をしなければいけない金額ではありますが、逆を言えば自炊さえすれば余裕で抑えられる金額です。 ただし、地方の場合は車がないと不便ですので、そう考えると「その他」の金額が関東より増えるのが必然になるでしょう。• 3.年収200万円の結婚は不自由なのか 年収200万円の一人暮らしについては、特に問題なく暮らせることが想像できたでしょう。 ここからは、年収200万円で結婚する場合はどうなるのかを解説していきます。 正直なところ、片働きで年収200万円だと厳しい場合があります。 反対に、 年収200万円ずつの共働きであれば、不自由なく暮らすことができるでしょう。 少し掘り下げて解説していきます。 年収200万円の片働きは少々厳しい 年収200万円で片働きの場合は少々厳しいです。 先程の一人暮らしの表を見て分かる通り、無駄な部分があまりありません。 食費に関しては、二人暮らしでも節約することで3万円程度に収めることができるのは事実です。 しかし、 二人暮らしの場合、その他費用(衣服・日用品等)の消費はどうしても増えてしまいます。 貯金の金額を減らせばやりくりはできるかもしれませんが、それでもやはり厳しいでしょう。 ましてや子供を持つとなると、家賃を上げる必要があったり、教育費のための貯金をする必要があったりと苦しくなります。 食費や日用品の出費も増えることから、厳しいことが想像できるでしょう。 共働きで年収400万円であれば不自由なく暮らせる お互いが年収200万円の場合、世帯収入が400万円になります。 手取り月収は、合わせて約26万円です。 贅沢な暮らしができるわけではありませんが、片働きと比べると余裕を持った生活ができ、ある程度の貯金をすることも可能です。 世帯収入が400万円の二人暮らしの生活レベルの一例を見てみましょう。 食費 40,000円 家賃 70,000円 水道光熱費 10,000円 通信費 (格安SIM) 10,000円 その他 50,000円 合計 180,000円 この場合の貯金額が毎月8万円です。 一人暮らしと比べると家賃は少し高くなっていますが、地方在住であれば家賃5万円ほどでも2LDKの二人で住める部屋はあります。 これからローンを組んで家を建てたり、子供を作って育てることを考えるならば、家賃を抑えて貯金をしていくのが良いですね。 食費に関しては、自炊をすれば3万円〜4万円以内に収めることができるので、外食等をあまりしなければ特別節約する必要はないでしょう。 4.年収200万円でふるさと納税は利用できる! 応援したい自治体に寄付ができる「ふるさと納税」は、寄付金の見返りとして地域の名産品などをお礼として貰うことができます。 そんなふるさと納税ですが、寄付できる最低限の年収が定められているのです。 「年収200万円の自分には関係ない・・・」 と思っている方もいるのではないでしょうか。 しかし、 ふるさと納税は年収200万円の方でも単身であれば利用できて、節税にもなるのです。 【ふるさと納税】独身の場合は年収150万円から納税可能 ふるさと納税を利用できる年収は家族構成によって変わりますが、単身であれば年収150万円以上から利用できます。 利用できる条件を以下に簡単にまとめます。 家族構成 利用条件 単身 (もしくは夫婦で配偶者控除なし) 年収150万円以上 夫婦 (配偶者控除あり) 年収150万円以上 夫婦共働き 年収201万円以上 夫婦+子供 年収201万円以上 表内の配偶者控除とは、年収103万円未満の人を養っているかどうかということです。 「あり」の場合は、養っていることを指しており、払う税金が少なく済みます。 表の通り、 年収201万円以上の方であれば、ふるさと納税を利用することができます。 また、年収200万円を超えていない方であっても、共働きでなければ年収150万円以上で利用可能です。 ふるさと納税で節税することも可能 ふるさと納税を利用することで、節税することができます。 ただし、 支払う金額そのものが減るというわけではなく、返礼品をもらって「実質お得になる」ということです。 ふるさと納税は、「支払った金額 — 2,000円」の税金が安くなります。 納税する金額を1万円とすると、8,000円の税金が安くなるということです。 しかし、これでは2,000円の損をすることになりますが、その損失分をカバーするのが返礼品です。 (例:1万円の納税で1. 5Kgのお肉等) 1万円の納税をすると、8,000円の税金を免除されるため、支払う金額は実質2,000円です。 返礼品は2,000円以上の価値があるものも多いので、返礼品を利用して「実質節税する」ことができるのです。 ただし、年収200万円の場合、15,000円以上を超える寄付をすると実質負担2,000円ができなくなります。 そのため、年収200万円の場合は年間に15,000円以内の納税に留めると良いでしょう。 その他年収も気になる方は、を参考にしてください。 5.年収200万円でローンは組める? 年収200万円でも、住宅ローン・自動車ローンを組むことが可能です。 ただし、年収によって借りられる金額がある程度決まっています。 年収200万円の場合の借りられる金額について、それぞれ詳しく解説していきます。 住宅ローンは1,000万円ほど借りれる 住宅ローンは年収の5〜6倍が目安です。 年収200万円の場合、1,000万〜1,200万円まで借りられるということですね。 それ以上を借りるとなると、返済が厳しいと判断されて審査に通らない場合が多いです。 また、住宅ローンを組む場合は頭金を用意した方が良いでしょう。 頭金とは、物件を買う時に自己負担で先に払う金額のことです。 頭金がなくてもローンを組むことができますが、ローンのみで物件を支払うとなると、それだけ毎月の返済が苦しくなります。 そのため、ローンを組んでから頑張ろうとするのではなく、頭金を用意できてからローンを組むのが良いです。 頭金の目安は、物件の2〜3割くらいが良いでしょう。 自動車ローンは年間60万円〜80万円まで借りれる マイカーローンは、年収の3〜4割が目安です。 年収200万円の場合、年間60万〜80万円まで借りれるということですね。 それ以上の場合は、審査が通りにくくなります。 また、勤続年数もローンの審査に影響し、勤続年数が長ければ、収入が低くても安定していると判断されて審査が通りやすいです。 年間60万〜80万円ということは、2年間でローンを組むとなると120万〜160万円ほどを借りることができます。 ローンの期間が長いほど、生活が圧迫されてしまう可能性もありますが、年収200万円でも希望の車を買うことも可能です。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 年収200万円の手取りは約160万円• 手取り月収は約13万〜13. 5万円• 一人暮らしであれば不自由なく暮らせる• 年収200万円の家賃相場は3万〜4万円• 年収200万円で結婚する場合、片働きは厳しい• 共働きで世帯収入が400万円なら不自由なく暮らせる• 年収200万円でも15,000円まで「ふるさと納税」の控除を受けられる• 実質2,000円負担で2,000円以上の返礼品を受け取ることも可能• 住宅ローンは1,000万〜1,200万円まで借りれる• 自動車ローンは年間60万〜80万円まで借りれる 年収200万円というと、あまり贅沢はできないイメージですが、一人暮らしであれば不自由なく暮らすことができます。 その場合、やはり家賃は気にかける必要があるでしょう。 結婚する場合においては片働きだとかなり厳しい生活になるので、共働きでカバーするのが良いですね。 もしも「年収が上がる見込みがない…」「職場の環境が良くない…」など、今の会社に少しでも不満があるのならば、転職エージェントに一度相談してみましょう。

次の

年収500万円生活の実態!手取り390万円で結婚するとどうなる?|転職Hacks

手取り 24 万 年収

年収240万円の手取りは約16万円 年収240万円を収入として得た場合、その全てが自分の所得としてお金になるわけではありません。 年収が毎月の収入としていくらになるのか、単純に12ヶ月に置き換えると月額20万円となります。 実際には、得られた年収に対して所得税や住んでいる各都道府県ならびに地方自治体の住民に対してかかる住民税など、税金等の負担や健康保険や生命保険等の保険料、老後に必要となる年金等の費用を負担する必要があります。 したがって、自分の手元に残るお金である手取りと呼ばれる金額は、月額約16万円程度になると考えられます。 大卒の平均給与は20万8,000円 平成30年度の厚生労働省による学歴別の初任給に関する調査で、学歴別・男女別に細かく金額の内容や対前年の増減比が具体的な数値として公表されています。 それぞれの数値をみてみると、男女計において一番金額の高い大学院修士課程修了者と高校卒の金額差はおよそ74,000円となっています。 やはり、高学歴であれば初任給が高いことがこの数値からも明らかです。 また、特徴的な内容としては前年に対して、大学院修了の男性と高卒の女性の伸び率が良いことが挙げられます。 就活における中心層である大卒の初任給の金額としては、男女計で約208,000円でした。 男性と女性を比較すると、男性が210,000円に対して女性が203,000円となっており、男女間の金額差が前年より少し開いた数値となっています。 年収は保険料控除前の基本給+ボーナスも含む 年収とは、1年間にもらえる収入の総額です。 実際の所得として手元に残る手取りと呼ばれる収入は、この総額から各種税金や保険料等の控除がされた金額をいいます。 主に年収の内訳としては、次のような内容の金額を基本構成としています。 まず、労働の対価としてもらえる給与のベースとなる基本給です。 この基本給に加えて勤務内容に対して加算される職能給や仕事に必要な資格等を所持することに対して付加される資格手当など、様々な諸手当等が加算される金額も所得として年収に加えられます。 さらに、勤務先が業績に応じた成果給として、定められた内容に基づくボーナスを支給する場合にはその金額も加算されます。 就活生は就職する企業を決める際に、仕事内容や社風、ワークライフバランスを大事にしています。 しかし、それ以上に 年収の高さや待遇を企業選びの基準にしている就活生が多いでしょう。 それでは、どういった考えのもとで、年収の高さを企業選びの基準にしているのでしょうか? お金が多く稼げると贅沢できる 一番多いのが、単純に 贅沢ができるという理由でしょう。 お金が稼げれば、自分の欲しいものが自由に買えますし、旅行にも行けます。 仕事で頑張った分、プライベートを充実させたいと考える人は多いでしょう。 他にも、将来のライフプランを考えて、少しでも多く貯蓄をしたいという人もいます。 年収240万は東京の平均初任給よりかは金額が低い 次に、年収240万を日本で一番平均初任給が高い東京と比較してみましょう。 こちらも調べですが、東京の大卒平均初任給は215,5千円です。 この場合の月手取り額は約18万ですので、年収に換算すると約216万です。 月16万のケースと比べると、年収に約4万も違いが出ます。 ですので、年収240万は 東京の平均初任給を年収に換算した場合よりも低いといえるでしょう。 自分の生活水準と照らし合わせながらしっかりと考える 年収240万はあくまでも全国平均です。 その金額で大丈夫なのかどうかは、 自分の生活水準と照らし合わせながらしっかりと考えてください。 たとえば、各都道府県の中心部で働く場合は、周囲よりも高家賃なケースが多かったり、都市部は物価が高かったりします。 実家暮らしや学生の一人暮らしとは訳が違ってきますので、無理なく生活していけるのかということを考えましょう。 年収240万でお無理なく暮らせる 家賃:5万 水光熱費:1万3千 交通・通信費:1万3千 計:7. 6万 以上が、毎月必ず必要になる出費の目安になります。 これにあわせて、食費や日用品などにもお金を割かなければなりません。 人によっては、セキュリティや立地を考え、家賃が8万や10万になる場合もありますので、あくまでも目安程度として知っておいてください。 社会人になると、会社や同僚との付き合いで、食事や飲みに行くことが多くなります。 飲食代は、意外と大きな金額になりますので、お金の使い過ぎには注意してください。 また、お金が自由に使える環境に浮かれて、何でも欲しいものを買っていると給料を使い切ってしまいます。 そのせいで、月末に家賃が払えないなどの事態に陥らないように、贅沢はほどほどにしておきましょう。 平均年収が高い企業TOP10 最後に、が公開した、多くの就活生が気になるであろう、平均年収が高い企業のランキングを紹介します。 年収の高さを企業選びの基準にしている就活生は、ぜひ参考にしてみてください。 自分の求めている企業の特性を知ることで職業選択の幅も広げることができるでしょう。 では、就活生に人気の高い 21業界の 200社以上の情報を一気に読むことができます。 この機会に 無料でダウンロードし、業界理解に役立てましょう。 年収240万円から色々とかかる費用を差し引いた手取りの月収が約16万円の場合、もらった給与から、1ヶ月間どのように生活すべきか生活にかかる費用をきちんと算出しなくてはなりません。 生活費にかかるものとしては、それぞれの生活環境に影響を受ける部分が多くあります。 ここでは、一般的な一人暮らしの人を想定した内容で考えてみます。 まず、住むところにかかる家賃、住めば必要な電気・水道・ガス等の光熱費、スマホなどの通信費、交通手段に関わる交通費、生命保険等の保険料、一番必要な食費、などここに挙げたもの以外にも様々な内容があります。 今後の人生を考えると貯蓄のお金が必要ではありますが、まずは自分が無理なく生活を送る為の生活費をきちんと計算するように考えましょう。

次の

月給手取り16万は転職すべき?年収240万~の貯金・家賃の額と結婚事例

手取り 24 万 年収

年収240万円の手取りがどれくらいなのか知っておこう 社会人になるうえで、気になるのが給料です。 業界や会社によってもらえる給料の金額に違いはありますが、毎月安定して給料がもらえることが、会社で働くモチベーションのひとつでもあるでしょう。 毎日の生活を送るためにも、毎月給料をもらえることは重要です。 そんな大切な給料ですが、給料には年収と手取りの表し方があります。 この年収と手取りは、会社から支給される点では同じですが、金額は違っています。 2つの会社を比べた時に、A社の年収がB社の年収の2倍だった場合に、A社の手取りもB社の2倍となるのでしょうか。 答えは「ならない」です。 ここでは年収と手取りの違いや、年収240万円の手取りと生活について説明していきます。 自分は内定先で活躍できるタイプなのか、適性を診断してみよう 内定をもらった会社の仕事は、本当に自分に向いている仕事なのか気になりませんか? そんな時は、自己分析ツールのを活用して、自分と内定先の相性を診断してみましょう。 My analyticsで自分が本当に内定先の仕事に向いているタイプか診断し、納得できる決断をしましょう。 平成30年度の平均年収は441万円 によると、給与所得者の平均年収は441万円となっています。 日本中の給与をもらっている人の給与を平均すると441万円になるということです。 平均年収が441万円と聞くと、多くの給料をもらっているように思えますが、ここから税金や各種保険料などが差し引かれるため、実際に自分の手元に残る金額は年収よりも少なくなります。 男女別の平均年収 平成30年度の平均年収は441万円ですが、男女別で比較するとどのくらいの差があるのでしょうか?平成30年度の平均年収を男女別でみると、男性が平均年収545万円、女性が平均年収293万円です。 男性と女性で平均年収に大きな差がありますが、女性の方が結婚や出産で退職する人が多いことで、女性の調査対象者の平均年齢が低いため、平均年収も低くなっています。 また、女性が働きやすい社会になってきてはいますが、役職のポストにつくのは男性の割合が依然として高いため、男性の方が年収が高い傾向にあります。 さらに、女性の場合は管理職ではなく一般職や派遣、契約社員での採用が多いということも、女性の平均年収が低い原因と言えるでしょう。 年収240万円は低い値と言える 平成30年度の平均年収は441万円なので、年収240万円は日本の平均年収と比較すると低い値と言えます。 しかし、平均年収441万円は、入社1年目の新入社員から定年近くの社員まで幅広い年齢の社員を調査対象にしています。 給与をもらっているすべての人の年収を平均した金額が、441万円なのです。 そのため、年収240万円は平均年収441万円と比較すると低いですが、年収は勤続年数や残業時間によって変化するということを理解しておきましょう。 最初は年収240万円であっても、同じ会社に長く勤めていれば、定期的に昇給がある場合が多く、年収は定期的に上がっていきます。 また、仕事で結果を出したり昇格することで基本給が上がり、年収が高くなる可能性もあります。 年収と手取りの違いとは 年収と手取りの違いについて疑問に思った経験のある人も多いのではないでしょうか。 同じ会社からもらうお金なのに、年収と手取りは何が違うのでしょうか。 社会人の中にも、手取りのことを年収だと勘違いしている人はいます。 確定申告やローンを組む際に年収を記入する必要があるので、年収と手取りの違いについて知っておいて損はありません。 給料は入社後すべての人に関係することなので、年収と手取りの違いについて、把握しておきましょう。 年収 年収とは、1月~12月の1年間に会社から支給された金額のことです。 社会保険料や各種税金が差し引かれる前の金額を言います。 年収は会社から支給された金額のことなので、残業代やボーナスも年収に含まれています。 また、住宅手当や家族手当や通勤費などの各種手当もすべて含まれた金額が年収です。 つまり、年収は会社が従業員に対して支払う金額すべてを言います。 年収を12で割って、月単位でみたものが月収です。 毎月の基本給が同じでも、ボーナスが出なかったり、各種手当の金額が少なかったりすると、年収はその分少ないです。 同じ会社でも、残業代や家族手当や通勤費はそれぞれ異なっているので、年収はその人ごとに増減します。 手取り 手取りとは、年収から社会保険料や各種税金を差し引いた金額のことで、実際に毎月給料として振り込まれる金額が手取りです。 私たちは納税や社会保険料を支払う義務がありますが、各種保険組合や税務署に対して個別に支払うことはありません。 なぜなら、会社が私たちの代わりに税金や社会保険料を計算して、納付してくれているからです。 所得税を徴収することを源泉徴収、社会保険料や地方税を徴収することを特別徴収と言います。 この制度のおかげで、私たちは自分の年収から税金や社会保険料を自分で計算して納付する必要がないのです。 給料の手取り分は、源泉徴収や特別徴収をされた後の金額なので、年収から社会保険料や各種税金が引かれた金額のことを言います。 年収240万円における手取りの内訳シミュレーション 年収から社会保険料や税金などを引かれた金額が、手取りだとお分かりいただけたかと思います。 しかし、「年収と手取りの違いはわかったけど、実際の年収で計算したら手取りはどのくらいになるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。 年収と手取りでは、金額が大きく変わってきます。 実際の年収と手取りのパターンとして、年収240万円の場合に手取りの内訳がどのようになるかシミュレーションで見てみましょう。 年収の内訳の例 まずは、年収240万円の場合に年収がどのような内訳になるのか見ていきます。 今回のシミュレーションでは、残業代や住宅手当や家族手当や通勤費などの各種手当はないものと仮定した計算です。 また、毎月の給料にプラスしてボーナスが給料の2カ月分支給されると仮定します。 年収の内訳は、毎月の給料が12カ月分とボーナス2カ月分ですので、給料の14カ月分が年収です。 年収240万円なので、年収240万円を14カ月で割った金額が月収と計算できます。 このように計算すると、毎月の給料が17万円でボーナスが34万円という金額が年収240万円の内訳になると計算できます。 月単位の手取り例 年収240万円の場合に手取りはいくらくらいになるのでしょうか。 手取りは年収から社会保険料や各種税金を差し引いた金額なので、社会保険料や各種税金の金額を計算しなければなりません。 社会保険料や各種税金を計算するには、年収によって社会保険料が変わったり、税金を計算するための給与所得控除や税率が変わってくるので、自分で計算するのはとても大変です。 簡単に手取り額を算出する方法として、年収の8割が手取りになるという計算ができます。 ただし、年収が増えるとその分税金負担が多くなるため、あくまでも目安として使ってください。 年収の8割が手取りとすると、年収238万円の8割である190万円が年間の手取りです。 月単位で計算すると、月単位の手取りは約16万円と計算できます。 年収240万円で一人暮らしは可能なのか 年収240万円だった場合の内訳についてシミュレーションしてみましたが、年収240万円の場合には、家計はどのようになるのでしょうか。 年収240万円の場合だと、月単位の手取りは約16万円です。 一人暮らしをしていると仮定した場合に、毎月どのくらいの出費があり、いくらくらい貯金できるのでしょうか。 年収240万円で一人暮らしをすることが可能なのかどうか、貯金はできるのか、ということを考えてみたいと思います。 家賃は5万円ほどが限度 毎月の出費を考えるうえで、一番大きな金額を占めるのが家賃です。 一般的に家賃は収入の3分の1以内が目安だと言われています。 月の手取りは約16万円なので、家賃は5万円程度が限度だと言えるでしょう。 家賃の次に大きな金額として挙げられるのが食費です。 食費は外食をするか自炊するかによって大きく変わってきますが、月に約3万円と仮定しましょう。 他にも生活するうえで、細かい出費がたくさんあります。 家賃と食費以外の出費として光熱費1万円、携帯電話代1万円、新聞代1万円、交際費2万円、保険料5千円、ネット代5千円、その他生活費1万円と仮定しましょう。 これらの出費をすべて合算すると、月の出費額は約15万円と計算できます。 思っていたよりも多い出費額になったのではないでしょうか。 贅沢はそれほどできない 月の出費額が約15万円と計算できたので、月の手取りと比較してみましょう。 月の手取りは約16万円なので、月に1万円の余裕しかありません。 したがって、年収240万円では、それほど贅沢な生活はできないことがわかりました。 もちろん、毎月の出費額を減らすことはできます。 毎月固定してかかるものを見直すことで、毎月の出費を継続して抑えられるでしょう。 例えば、家賃がもっと安いところに住んだり、携帯電話の料金プランを安いものに見直すことです。 また、自炊して食費を減らしたり、光熱費や細かい出費を節約したりすれば、毎月貯金できる金額も増えていきます。 自分の手取り額を考えて、お金を使うことが大切だと言えるでしょう。 年収が240万の場合の月単位の手取りは約16万円 年収と手取りには大きな違いがあります。 年収で見るとたくさんの給料をもらえているのに、手取りを見てみると思ったよりも少ないと感じることがあるかもしれません。 しかしそれは、会社が私たちに代わって社会保険料や税金を納付してくれているからです。 自分で社会保険料や税金を計算して納付する手間を考えると、とてもありがたいことではないでしょうか。 社会人になると毎月給与明細をもらえます。 給与明細を見て、自分の給与がどれだけあって、いくらくらい差し引かれているのかということを知るのは大切なことです。 自分の年収と手取りがどのくらい違うのか、という視点を持って給与明細を見ると、意外な発見があるかもしれません。 読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナに、オリンピック延期…波乱の今年の就活で、自分が内定をとれるか不安ではありませんか? そんな時は、就活力診断をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の