マルヤクデ 育成論。 【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】マルヤクデの育成論

マルヤクデ 育成論

トゲデマルの育成論 トゲデマルの育成論はこのようになります。 性格:ようき• 特性:ひらいしん or がんじょう• 持ち物:きあいのタスキ or とつげきチョッキ or ラムのみ• 努力値:H4 A252 S252• トゲデマルは基本的に攻撃を活かす形になるので、陽気が良いでしょう。 特性は避雷針と頑丈の好きな方を選ぼう! トゲデマル通常特性で『てつのとげ』と『ひらいしん』、夢特性で『がんじょう』と、どれも優秀な特性なので悩みどころです。 この中でも特に強いのが避雷針と頑丈であり、自分の構築と相談しながら選ぶといいと思います。 避雷針で襷をもたせれば、特性の両立のような形になるので、こちらもおすすめです。 持ち物は行動保証をつけられるものが望ましい トゲデマルは耐久の低いポケモンであるため、避雷針の特性を選んだのであれば、きあいのタスキを選ぶのが良いです。 襷を持たせることで、努力値を火力面に思いっきり振ることができるようになるのも大きいです。 一方、耐久に振るのであれば、とつげきチョッキも相性が良いです。 猫騙しやほっぺすりすりといった、攻撃技でありながらサポートができる技をそなえており、補助技が採用できないというデメリットをあまり気にせず持つことができます。 鬼火も誘いやすいのでラムのみもおすすめです! 努力値は基本的にAS特化で! トリプルならまだしも、ダブルやシングルではサポート役にもある程度の火力が求められます。 トゲデマルは素早さにも長けているため、火力を上げることで上から倒していく動きができるようになるので、基本的には火力を上げるAS振りが望ましいです。 おすすめの技 トゲデマルのおすすめの技を紹介します。 ねこだまし シングルでは不要ですが、ダブルならよほどのことがない限り採用しましょう! ダイマックスには無効化されるものの、エルフーンやドータクンなど、サポーターであることがわかり切っているポケモンには撃っていけます。 ほっぺすりすり ほっぺすりすりを覚えることがトゲデマルを採用する理由と言っても過言ではないのでしょうか? 命中100で襷を削りながら麻痺を付与できるのがとても優秀で、とつげきチョッキと相性が良いのも嬉しいところです。 ポケモン剣盾では、素早さ操作がそのターンに反映されるため、この技で素早さを落として隣のポケモンに仕留めてもらう動きが非常に強力です。 アイアンヘッド トゲデマルの鋼技としてアイアンヘッドもほぼ確定でしょう。 フェアリータイプへの打点として、非常に有効です。 びりびりちくちく ほっぺすりすりを電気技のメインとするには威力が低すぎるので、攻撃技としての電気技もほしい方はびりびりちくちくも合わせて採用しましょう。 ワイルドボルトと違って反動がなく、3割で怯みをとれるのも強いです。 とんぼがえり ねこだまし持ちは交代戦でこそ真価を発揮するので、攻撃しながら引っ込むことができるとんぼがえりもほしいところです。 とんぼがえりで降臨させたポケモンに、隣のポケモンのダイジェットで素早さアップを付与していくなど、おもしろい動きもできるようになるのでおすすめです。 味方の弱点保険を押しながら交代するのもおもしろいですね。 ニードルガード トゲデマル式の守るです。 てだすけ アンコールの圧力から守るを選択されにくいので、てだすけも使いやすくておすすめです。 アンコール わざわざ覚えさせなくても、覚えている前提で相手側は動かなくてはいけないため、持っている可能性があるという択があるだけで十分だと思います。 (技スペが足りない) トゲデマルの対策 トゲデマルは様々なサポートが可能なため、全く仕事させないといったことは難しいです。 そんな中でも有効な対策を紹介します。 地面タイプのポケモンを採用する トゲデマルは電気タイプのほっぺすりすりで素早さを落としていくのがメインの仕事になるので、電気技の効かない地面タイプのポケモンを採用するのが有効です。 トゲデマルが地面4倍弱点なのもあり、地面タイプのポケモンがいればかなり楽になるはずです。 高耐久のポケモンを採用する トゲデマルを採用すると火力があまり期待できないため、攻撃面は隣のポケモンに依存していく形になっていきます。 トゲデマルのコンボ自体を無力化するのは難しくても、攻撃を受けきることは耐久の高いポケモンであれば難しくないでしょう。 トゲデマル自身も耐久が低いポケモンなので、火力のないポケモンでも反撃で十分削っていけるはずです。 まとめ トゲデマルは避雷針の特性で味方を守りつつ、猫騙しやほっぺすりすりで盤面を操作するサポーターとして活躍できます。 避雷針の特性を選んだケースでは、AS振りで襷を持たせて、行動保証と火力を両立させるのがおすすめです。 サポーターとしては優秀ですが、地面タイプのポケモンや高耐久のポケモンを突破するのが苦手なので、トゲデマルを採用する際には、そこをどうカバーするかがポイントになりそうです。

次の

【ポケモン剣盾】マルヤクデの育成論

マルヤクデ 育成論

ニンフィア 種族値 HP 95 攻撃 65 防御 65 特攻 110 特防 130 素早 60 フェアリー 合計種族値 520 特性 ふゆう 直接攻撃を受けた時、3割で相手をメロメロにする ニンフィア (隠れ特性) ノーマルタイプの技がフェアリータイプに変化し威力が1. 2倍になる ニンフィアの特徴 特性フェアリースキンが強力 ニンフィアの特性「フェアリースキン」は、ノーマルタイプの技をタイプ一致技にして更に威力が上がる優秀な効果を持っています。 ニンフィアは技レコードで優秀なノーマル特殊技である「ハイパーボイス」や先制技の「でんこうせっか」を覚えられるのでとても強力です。 そのため、ニンフィアを使う場合には基本的にはフェアリースキンで育成しましょう。 高い特防 ニンフィアにはBが低いという明確な弱点がありますが、その分D種族値130と特殊に対して見た目以上の耐久力を持っています。 多くの特殊ドラゴンに対して強く出れるので、環境にサザンドラなどが多くなってきた時には非常におすすめです。 特にニンフィアの仮想敵であるサザンドラがダイマックスを使っていても無傷で突破できる点が強力です。 今回は性格「控え目」を採用していますが、「臆病」にすることで最速アイアントまで抜くことが出来ます。 マジカルフレイムでダイマックス状態でも確1が取れるので、アイアントをよく見る場合にはそちらを採用してもいいでしょう。 かといってBに厚く振ってしまうと眼鏡を持たれただけで特殊耐久という役割を持てなくなってしまうので、とつげきチョッキを持つことで広く対策していくことが可能です。 受ダメージ計算 ポケモン わざ ダメージ トゲキッス 補正無C252 ダイジェット 29. 他にも単純に素早さの高い物理アタッカーを採用しても勝つことができますが、スカーフ型には注意が必要になります。

次の

マルヤクデ育成論 : 高耐久高火力物理アタッカーマルヤクデ!|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

マルヤクデ 育成論

マルヤクデの基本情報 タイプ・特性 タイプ ほのお、むし 特性 もらいび ほのお技のダメージを無効化し、 ほのお技を受けると攻撃と特攻が1. 特性は 現環境に多いほのおタイプに有効なもらいびを採用しましたが、物理受けを考えている場合は特性をほのおのからだ、持ち物にゴツゴツメットを採用するのがおすすめです。 おすすめ技構成 フレアドライブ 確定技 高火力のタイプ一致技で採用しました。 最も火力が高く命中も安定していますが、HPを削られる副作用があるので体力には注意しましょう。 とびかかる 確定技 相手の攻撃を1段階下げることができます。 自身の被弾を抑えられるだけでなく、後発のポケモンの負担を減らすことができます。 パワーウィップ 確定技 高威力のくさ技です。 相性を考慮して相手がみずやいわタイプを出してきた場合に使っていきましょう。 きゅうけつ 選択技 タイプ一致のHP回復技です。 フレアドライブのHP減少をカバーすることができます。 かみなりのキバ 選択技 マルヤクデが唯一覚えるでんき技です。 パワーウィップで対応できないひこうタイプへの使用がメインです。 現環境で使用率の高いギャラドスに対しても有効です。 はたきおとす 選択技 エスパーやゴーストに対して有利をとれるので、ミミッキュやドラパルト対策になります。 マルヤクデの与ダメージ計算 フレアドライブ いじっぱり、攻撃の努力値が252のマルヤクデがフレアドライブを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 パワーウィップ いじっぱり、攻撃の努力値が252のマルヤクデがパワーウィップを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 マルヤクデの弱点・対策 いわ技で攻めよう マルヤクデは「ほのお」「むし」タイプなのでいわ技が4倍で刺さります。 タイプ一致でなくても4倍が刺されば大抵倒すことができるので、マルヤクデ対策を行う場合はいわ技を覚えさせておきましょう。 おすすめポケモン ポケモン おすすめ理由 ギャラドス ・いかくで攻撃を下げることができる ・ストーンエッジで1発(乱数)で落とせる ドリュウズ ・いわなだれで1発(乱数)で落とせる ・先制を取りやすい ・ほのお技には注意が必要 関連スレッド.

次の