フロン 規制 の 物語。 国語のフロン規制の物語の宿題です。

環境省_現行フロン排出抑制法(令和2年3月31日まで)

フロン 規制 の 物語

批判的ということばは、日本語のニュアンスとしてはマイナスイメージがあるが、この読みは粗探しをするためのものではない。 文句をつけることを奨励する読みでもない。 納得できることはよしとし、腑に落ちないことはそのまま受け入れることはしない読み、文章(=筆者のものの見方や考え方)に対する自分の意見をしっかりともつ読みである。 これは、高度情報社会には必須の読みの力であり、自己を確立していくためにも是非身に付けておきたい力である。 これまで説明的文章領域では、こうした読み方が、研究者や一部の実践家を除いては、なかなか広まらなかった。 それでも、先のPISA調査の影響を受けて、ここ十年くらいでずいぶんと様子が違ってきているのも事実である。 折しも、平成二九年版の学習指導要領が告示され、国語科の「内容」の〔知識及び技能〕の項目の中に「話や文章に含まれている情報の扱い方に関する」事項が位置付いた。 そこでは「事柄の順序」「原因と結果」「具体と抽象」等の論理的思考力を使って「情報と情報との関係」を理解することが要請されている。 説明的文章の学習指導はその担い手として、いっそう重要となった。 また、中学校第三学年の「読むこと」領域の内容には「イ 文章を批判的に読みながら、文章に表れているものの見方や考え方について考えること。 」と明示された。 義務教育最終学年に、批判的読みが位置付いたということは、小・中学校の九年間をかけて批判的読みの授業を積極的に展開し、こうした読みの力を身に付けさせるように、というメッセージである。 筆者に立ち向かい、自分の考えをつくっていく批判的読み。 そうした批判的読みを楽しむ説明的文章の授業が、多くの教室で行われるように願っている。 本書が、そのための一助となれば幸いである。 本書の刊行に当たっては、木山麻衣子編集長に格別なご高配を賜った。 氏の迅速、的確なご助言がなければ、発刊はまだまだ先であったろうと思う。 また校正担当の有海有理氏には、「筆者に立ち向かう、力強い読者(読み手)」を地で行く「批判的読み(クリティカル・リーディング)」でもって、校正作業を遂行していただいた。 記して感謝申し上げる。 二〇一七年 六月 兵庫教育大学大学院教授 /吉川 芳則.

次の

いまさら聞けない「フロン排出抑制法」、ついに始まる「漏えい量」の報告義務 (1/4)

フロン 規制 の 物語

分類 [ ] 狭義の「フロン」は炭素・フッ素・塩素のみからなるクロロフルオロカーボン CFC を指すが、塩素を含まない FC や、水素を含む、臭素を含むも含める場合がある。 に掲載された一連の物質を指して「フロン類」という言葉が使用される場合もある。 具体的な物質についてはを参照。 フロン類は ISO 817 で定められたが付されている。 冷媒番号は一般に、Refrigerant(冷媒)の頭文字Rで始まり、Rの次に2から4桁の数字と英添え字で表される。 冷媒の種類が具体的に知られている場合であればRの代わりに、その物質の名称を付してから冷媒番号を表記する。 たとえば、冷媒番号R12の CCl 2F 2 は CFC-12、冷媒番号R115の C 2F 5Cl は CFC-115 となる。 特定フロンとは、モントリオール議定書で特にオゾン層破壊に影響が強いとされたフロン類を指す。 当初は CFC-11、CFC-12、CFC-113、CFC-114、CFC-115 の5種類であった が、1992年に15種類に増やされた。 歴史 [ ] フロン類は、はじめ家庭用冷蔵庫のとして開発が進められた。 当時の冷蔵庫にはが冷媒として使用されていたが、もっと扱いやすい代替品が求められていた。 1920年代、米国の冷蔵庫メーカー社の親会社であった社 GM は、傘下のゼネラル・モーターズ・リサーチ・コーポレーションのやらに、の代替となる化学物質の研究を命じた。 1928年、GM はフロン12の開発に成功し特許を取得。 1930年から GM はと共同で Kinetic Chemical Company を設立し、「フレオン」というで生産を開始した。 フロンは化学的、熱的に極めて安定であるため、開発当時は「夢の化学物質」としてもてはやされた。 1970年代にが問題化すると、フロン類はその原因物質とされ、のやのにより、製造及び輸入の禁止が決定された。 これにより CFC の代わりとしてオゾン層を破壊しにくい HCFC や HFC がとして利用され始めた。 1990年代には、CFC の他、代替フロンの HCFC や HFC もとして問題になり、を悪化させないように、1997年のにより規制が行われつつある。 日本においては、ウィーン条約やモントリオール議定書を受け1988年にが制定され、1996年までにCFCを含む特定フロンが全廃されている。 また、これまで使用されてきたフロン類の回収・破壊のために、、などの法律が制定され、フロン類の含まれる製品の廃棄時における適正な回収および破壊処理の実施等が義務づけられている。 しかし、モントリオール議定書ではでの使用はまだ認められており、問題となっている。 なお、を含むものは『』と呼ばれ、として用いられているが、クロロフルオロカーボンよりもオゾン層破壊能力が強いため、こちらも現在では規制対象になっている。 性質 [ ] フロン類の構造は多様であり、種類によって物理的性質は異なる。 一般に無色・無臭で、熱的・化学的に安定。 大気中に放出された CFC はによって分解し、塩素が発生する。 塩素ラジカルはと反応し、分子とラジカルになる。 この時発生した一酸化塩素ラジカルは再度オゾンと反応し、塩素ラジカルへと戻る。 このサイクルが繰り返されることによりが破壊される。 但し、理論上そうなるということであり、大気圏中における実際の作用は不明であり、オゾンホールとの因果関係は予測の域を越えていない。 毒性 [ ] 最初に合成されたフロン12はフロン類の中では比較的毒性が低いが、中にはやより毒性の強いものも存在する。 大量に使用する環境では肝障害の発生報告例がある。 用途 [ ] 、、、、噴霧剤などとして使用される。 有機合成に使われる場合はまたはハロアルカンと呼ばれる。 脚注 [ ].

次の

指導案データベース 検索 / 福岡県教育センター

フロン 規制 の 物語

オゾン物語 オゾン層の話……オゾン層と紫外線 その2 オゾン層の話……オゾン層と紫外線 オゾン層の破壊がフロンによるものであることはよく知られていると思います。 実際にオゾン層のオゾンを破壊するのはフロンから離れた塩素の原子と考えられてます。 地上付近で排出されたフロンは対流により上空に至り、更に対流圏の上空から成層圏に拡散していきます。 成層圏では一般に紫外線の働きで多くの分子が原子に分解していきますが、フロンもそこで分解して塩素を放出し、その塩素が次のようにオゾンと反応してオゾンを消滅させていくわけです。 この反応では塩素は触媒として働き、自らは化学変化を起こしてません。 つまりこの反応のサイクルでオゾンは消滅しますが、塩素原子はまたもとの塩素原子に戻るので、1個の塩素原子でオゾン分子を何個でも消滅させることが出来ることになります。 以上がフロンによるオゾン層破壊のメカニズムです。 フロンだけではなく、一般にVOC(揮発性有機物)、すなわちトルエン、キシレンほか全ての有機物を含んだガスも多かれ少なかれオゾン層破壊を起こすと考えられます。 従ってフロンだけを規制してもオゾン層破壊の原因を根絶したことにはならないだろうと思います。 オゾン層が特に破壊された領域をオゾンホールと呼んでます。 オゾンホールの下では有害紫外線のB波が強くなります。 次はオゾン層の厚みと紫外線の強度の関係に関するデータです。 2mmということを意味します) この図から紫外線の量はオゾン層の厚みにほぼ反比例しているようです。 次は気象庁による南半球でのオゾンホールの面積の変化のグラフです。 上の図は1年の間の変動で、下がこれまでの変化です。 オゾンホールの面積は2500万平方キロメートルに達してます。 私が代表取締役をしているエコデザイン株式会社はオゾン発生器を作ってますが、その話をするとオゾン層に出来たオゾンホールをオゾン発生器で発生させるオゾンで埋められるかと聞かれることがあります。 仮に2500万キロメートルのオゾンホールに厚み2mm(200DU のオゾン層を作るとすると、50立方kmのオゾンが必要です。 1立方メートルのオゾンは約2kgです。 従って50立方kmのオゾンというのは1億トンになります。 この量のオゾンを生産するには世界中のオゾン発生器を全てフル稼働したとしても100年以上かかるでしょう。 それにオゾンは消滅していくので、実際にはオゾン発生器のオゾンでオゾンホールにオゾンを満たすのは不可能な話です。 地球のオゾン層を守るにはフロンやVOC(揮発性有機物)の放出を減らす以外の方法はないと思います。

次の