タイラー スキャッグス。 【死因】タイラースカッグス死亡(27歳)の理由は?自殺・事件の可能性を調査!|Media Sunshine

スキャッグス死去!死因は?死の直前の動画、画像アリ!レンジャース戦は中止!

タイラー スキャッグス

2019年7月1日に亡くなったタイラー・スカッグス選手 引用:CBSスポーツ ロサンゼルス・エンゼルス一行は2019年6月30日、次の日の試合に備えてテキサス入り、練習を終えていつも通りホテルに宿泊していましたが、次の日(2019年7月1日)にタイラー・スカッグス選手が 意識不明の状態でホテルの部屋で発見され、警察により その場で死亡が確認されました。 死因は発表されていないものの、 自殺・事件の可能性は低いとみられています。 家族の申し出により、司法解剖など 一連の捜査が全て終わるまで死亡原因について公表しないことが発表され、 すべての捜査が終わるのは2019年10月2日頃とみられています。 タイラー・スカッグ選手は2018年に 妻・カリルさんと入籍したばかりでしたので、奥さんを始め家族へのショックは計り知れませんよね・・。 記者会見で涙ながらにコメントをするマイク・トラウト選手 引用:サンスポ 「昨日、私たちは家族の一人を失いました」。 会見冒頭のあいさつ。 エプラーGMの声が震えていた。 大谷ら同僚と会見場に姿を見せた主砲のトラウトは涙を見せまいと着ていた上着のフードで顔を覆った。 選手や球団関係者、報道陣など、およそ100人が共有する空間が悲しみに包まれた。 おえつを漏らし、涙を流したのはオースマス監督だ。 訃報を受けた後、チーム全体で2、3回集会を開いたことを明かし、「選手たちがタイラーの話をしてくれた。 彼がふざけてやった笑い話や、彼が好きだった音楽の話、…」と言った後、言葉に詰まり、声を絞り出すように「そういう話ができてよかった」と言って、何度も涙をぬぐった。 (引用:Yahooニュース) 試合前には黙祷が捧げられ、チームメイトは全員胸にタイラー・スカッグス選手の背番号「45」のワッペンをつけてプレイしていました。

次の

タイラー・スカッグス

タイラー スキャッグス

ロサンゼルス・エンゼルスの元投手タイラー・スキャッグスさんの死因究明捜査が球団やMLB全体を揺るがすスキャンダルに発展しつつある。 球団幹部による隠ぺいはあったのか、球団内に複数の薬物供給源ルートがあるのか、他にも薬物を乱用している選手はいるのか、疑惑は広がるばかりだ。 薬物関与の関係者の証言から複数選手が事情聴取 ロサンゼルス・タイムス紙が報じたところによると、少なくとも6人のロサンゼルス・エンゼルスの現役選手、あるいはかつて同チームに在籍した選手が連邦捜査官から事情徴収を受けた。 これはこの夏にテキサスでタイラー・スキャッグス投手が麻薬を原因に死亡した事件についての米国連邦麻薬取締局(DEA)による捜査の一環である。 ロサンゼルス・タイムス紙は、今回の情報源を「この事情聴取について知識があるが、公的に発言を許されていない匿名の人物」として、その氏名を公表していない。 同紙は4人の選手の名を特定している。 9月にテキサスでDEAから尋問を受けたトレバー・ケーヒル投手、現役のアンドルー・ヒーニー投手とノエ・ラミレス投手、そして7月21日、スキャッグスさんの死後3週間以内にエンゼルスから解雇されたマット・ハービー投手だ。 スキャッグスさんはテキサス・レンジャーズとのシリーズを前にダラス郊外のホテルにおいて死体で発見された。 同紙の記事によれば、捜査官はこれらの選手たちが「オピオイドの乱用がエンゼルスのクラブハウス内に蔓延していたのか、違法薬物を服用している他の選手を見たことがあるか、そしてスキャッグスさんがどのようにして違法薬品を手に入れたかを知っているか、について何かしらの手がかりとなる情報を与えてくれる」ことを期待していた。 これとは別に、スポーツ専門局『ESPN. com』 はで、もしエンゼルスの球団職員がスキャッグスさんのオピオイド乱用について、7月1日の死亡日より前に把握していたにもかかわらずMLBコミッショナー事務局に知らせなかったとMLBが判断した場合、エンゼルスは重大な制裁措置に直面する可能性があると報じている。 エンゼルスが南カリフォルニアから遠征先のテキサスに到着した翌日の7月1日、27歳だったスキャッグスさんは同州サウスレイクのホテルの1室で死亡しているのが発見された。 スキャッグスさんの体内からはオピオイド系の薬物であるオキシコドンとフェンタニル、そしてアルコールが検出された。 証言者自身も中毒治療、球団レジェンドも認識と証言 ロサンゼルス・タイム誌によれば、ケイ氏は現在オピオイド中毒の治療のために有給での休職中であるが、「もし自分が起訴された場合の減刑を求めてDEA捜査官に協力している」と氏の弁護士が10月12日のラジオ・インタビューで認めている。 ケイ氏は捜査官に対して、オピオイドを使用していたと氏が信じている(認識している)選手が5人いることと、2人の幹部職員(元エンゼルス副社長ティム・ミード氏とチーム遠征責任者のトム・テイラー氏)がスキャッグスさんの薬物乱用について死のずっと前から知らされていた、と供述した模様だ。 MLBの共同薬物協定(Joint Drug Agreement, 以下JDA)では、選手以外のいかなる球団職員は、もしある選手が禁止薬物を使用、所有、あるいは配布していると信じるに足るいかなる情報か理由があれば、それをコミッショナー事務局に通報する義務があるとしている。 JDAが定めるところによれば、ロブ・マンフレッドMLBコミッショナーはエンゼルスに対して最大2百万ドル(約2億1755万円)の罰金を科し、また問題の職員をMLBから永久追放する権限を与えられている。 コミッショナー事務局はスキャッグスさんの薬物乱用について何も知らされていなかった、と匿名のMLB関係者がESPN. comに語っている。 現在は野球殿堂博物館館長を務めるミード氏とテイラー氏はともにケイ氏の証言を否定しており、またエンゼルスは「我々はいかなる球団職員がいかなる選手に対して違法薬物を提供していた、あるいはいかなる選手が違法薬物を要求していたなどという話を一切聞いたことがない」と声明を発表している。 ESPNの匿名情報提供者は、MLBは現在のところ独自の調査は行っておらず、DEAの捜査終了を待っていると述べている。 (翻訳:角谷剛).

次の

ボズ・スキャッグス

タイラー スキャッグス

ロサンゼルス・エンゼルスの元投手タイラー・スキャッグスさんの死因究明捜査が球団やMLB全体を揺るがすスキャンダルに発展しつつある。 球団幹部による隠ぺいはあったのか、球団内に複数の薬物供給源ルートがあるのか、他にも薬物を乱用している選手はいるのか、疑惑は広がるばかりだ。 薬物関与の関係者の証言から複数選手が事情聴取 ロサンゼルス・タイムス紙が報じたところによると、少なくとも6人のロサンゼルス・エンゼルスの現役選手、あるいはかつて同チームに在籍した選手が連邦捜査官から事情徴収を受けた。 これはこの夏にテキサスでタイラー・スキャッグス投手が麻薬を原因に死亡した事件についての米国連邦麻薬取締局(DEA)による捜査の一環である。 ロサンゼルス・タイムス紙は、今回の情報源を「この事情聴取について知識があるが、公的に発言を許されていない匿名の人物」として、その氏名を公表していない。 同紙は4人の選手の名を特定している。 9月にテキサスでDEAから尋問を受けたトレバー・ケーヒル投手、現役のアンドルー・ヒーニー投手とノエ・ラミレス投手、そして7月21日、スキャッグスさんの死後3週間以内にエンゼルスから解雇されたマット・ハービー投手だ。 スキャッグスさんはテキサス・レンジャーズとのシリーズを前にダラス郊外のホテルにおいて死体で発見された。 同紙の記事によれば、捜査官はこれらの選手たちが「オピオイドの乱用がエンゼルスのクラブハウス内に蔓延していたのか、違法薬物を服用している他の選手を見たことがあるか、そしてスキャッグスさんがどのようにして違法薬品を手に入れたかを知っているか、について何かしらの手がかりとなる情報を与えてくれる」ことを期待していた。 これとは別に、スポーツ専門局『ESPN. com』 はで、もしエンゼルスの球団職員がスキャッグスさんのオピオイド乱用について、7月1日の死亡日より前に把握していたにもかかわらずMLBコミッショナー事務局に知らせなかったとMLBが判断した場合、エンゼルスは重大な制裁措置に直面する可能性があると報じている。 エンゼルスが南カリフォルニアから遠征先のテキサスに到着した翌日の7月1日、27歳だったスキャッグスさんは同州サウスレイクのホテルの1室で死亡しているのが発見された。 スキャッグスさんの体内からはオピオイド系の薬物であるオキシコドンとフェンタニル、そしてアルコールが検出された。 証言者自身も中毒治療、球団レジェンドも認識と証言 ロサンゼルス・タイム誌によれば、ケイ氏は現在オピオイド中毒の治療のために有給での休職中であるが、「もし自分が起訴された場合の減刑を求めてDEA捜査官に協力している」と氏の弁護士が10月12日のラジオ・インタビューで認めている。 ケイ氏は捜査官に対して、オピオイドを使用していたと氏が信じている(認識している)選手が5人いることと、2人の幹部職員(元エンゼルス副社長ティム・ミード氏とチーム遠征責任者のトム・テイラー氏)がスキャッグスさんの薬物乱用について死のずっと前から知らされていた、と供述した模様だ。 MLBの共同薬物協定(Joint Drug Agreement, 以下JDA)では、選手以外のいかなる球団職員は、もしある選手が禁止薬物を使用、所有、あるいは配布していると信じるに足るいかなる情報か理由があれば、それをコミッショナー事務局に通報する義務があるとしている。 JDAが定めるところによれば、ロブ・マンフレッドMLBコミッショナーはエンゼルスに対して最大2百万ドル(約2億1755万円)の罰金を科し、また問題の職員をMLBから永久追放する権限を与えられている。 コミッショナー事務局はスキャッグスさんの薬物乱用について何も知らされていなかった、と匿名のMLB関係者がESPN. comに語っている。 現在は野球殿堂博物館館長を務めるミード氏とテイラー氏はともにケイ氏の証言を否定しており、またエンゼルスは「我々はいかなる球団職員がいかなる選手に対して違法薬物を提供していた、あるいはいかなる選手が違法薬物を要求していたなどという話を一切聞いたことがない」と声明を発表している。 ESPNの匿名情報提供者は、MLBは現在のところ独自の調査は行っておらず、DEAの捜査終了を待っていると述べている。 (翻訳:角谷剛).

次の